足の親指の付け根 痛い。 足の親指の付け根が痛い原因は何?

足の指が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足の親指の付け根 痛い

ホーム 足の親指が痛い 足に合わない靴を、ずっと履いままでいると、親指の骨が変形してしまい、やがて、赤く腫れてきたり痛みが出るようになってしまいます。 また、それ以外の原因として、血液中の尿酸量が増えてしまう事で、親指の付け根の痛みが生じる事もあります。 親指の付け根?痛みの原因 足の親指の痛みや、親指の付け根の痛みの原因は、 外部からの刺激だったり、食生活などが引き金になる事もあります。 脂っこい肉類中心の食生活も、尿酸を増やしてしまうので、関節内に炎症を起こす可能性も高くなります。 もちろん、それだけが原因ではありませんが、他には、真菌に感染し、それらが悪さをしてしまう場合もありますからね(汗) 真菌感染が原因で、足の親指が痛くなったりするのを防ぐためにも、足を清潔にしておく事も大切ですね。 スポンサードリンク 足の親指の痛みを伴う病気 痛風 足の親指の付け根が、赤く腫れていませんか?痛風の痛みは、指先以外に足首にまで及ぶ事もあります。 また、関節の部分が熱く腫れあがって、しびれる?ような?何とも不快な耐え難い、刺すような痛みがでてきます。 この病気は字のごとく、風が吹いただけでも痛む?と言うところから来ているだけあって、痛みのある時の苦痛は大きいものです。 3日ほどで、炎症が治まるので、それまでの辛抱ですが、血液中の尿酸量が改善されないと、またこの辛い痛みがぶり返してしまうので、治ったからと安心はできません。 健康管理には充分注意しましょう。 しかし、効かない場合は、原因が他にあるので、痒みも伴うのであれば、一度皮膚科を受診しましょう。 外反母趾 足の親指が、内側に曲がり変形していませんか?足の親指の痛みの原因の中では、一番多いのではないでしょうか(汗) 合わない靴を履いてしまわないように注意しましょう。 どこででもできる足指体操として、指を開いたり閉じたりする運動があります。 足指を開く時は、指が反り返らないように注意しながら、水平に広げる感じです。 始めのうちは、思うように力が入らないかもしれません^^;(汗) でも、大丈夫^^そんな時は、少し手も使って足の指を広げてあげれば良いのです。 広げて閉じての動きを、5回から10回くらい繰返しましょう。 毎日続ける事で、手を使わなくても自力でできるようになり、足指の可動範囲も広がってきます。 指先の炎症のため、関節の可動範囲も、かなり狭くなってしまったと思われますので、無理のない程度に、ぼちぼちでかまわないので、動かしていきましょう^^ たまには、靴をぬいで、足の指をグーパーしましょう^^ また、5本指の靴下も良いですね。 そして、家にいる時などは、足の指を開くグッズ系のものも、良く売っていますので、そうゆうものを上手く使って、足の指を広げてあげましょう^^ 足の指先を動かす機会は、なかなかありませんからね・・。 足の親指の痛みが取れてきたら、積極的に足指を動かして、足指の筋肉を鍛えてあげましょう。 例えば、手ぬぐいを引き寄せる足指運動などは、普段使わない足の指をまんべんなく使う事ができますので、お勧めです^^ まず、手ぬぐいを用意しましょう。 用意した手ぬぐいは、足の下に広げた状態で置きます。 イスに座り、足の指先だけを使い、手ぬぐいを手前に、グイグイと、たぐり寄せていきましょう。 簡単そうに思いますが、実際にやってみると、足の指がもつれそう?になります・・・。 まぁ・・・それは良し!として・・。 指先を動かす事で、脳の回転もすこぶる良くなりますし、冷え性の方にもお勧めです。 足先で血液の流れが滞るのを防いでくれますからね。 普段あまり使わない足指を、この機にどんどん動かしてあげましょう^^ スポンサードリンク.

次の

痛みが出やすいのは、足の親指の付け根!痛風予防のためにできること

足の親指の付け根 痛い

Sponsored Link 足の裏で親指の下が痛い場合は? 足の裏の痛みの中でも、全体でなく親指の下が痛い場合は、 どのような原因が考えられるでしょうか。 親指は走るときやバランスを取るときに踏み込んだり力を 入れるだけあって、考えられる病気は多岐にわたります。 原因の中でポピュラーなものは、「外反母趾」ではないでしょうか。 外反母趾は親指の付け根の骨が変形し、親指全体が人差し指に 寄りかかるようになってしまう病気です。 高いハイヒールやサイズの合わない靴を履くことによって、 足の裏にかかる体重や負荷が狂って骨が変形してしまうのです。 親指の骨自体が変形しますので、変形して出っ張った親指の 付け根だけでなく、力を入れやすい親指の下は特に痛みます。 もうひとつ考えられる原因として、「種子骨炎」があります。 あまり馴染みのない種子骨ですが、この骨は親指の付け根の出っ張っているところに 二つ並んでいる軟骨で、ハイヒールを履いたときに一番体重が かかるところといえば実感できるのではないでしょうか。 どんなに動かない人でも、食事をしたりやトイレに行くためには何回も 足の裏を使っていますので、痛みや違和感を感じたら足の裏の状態を良く観察してみましょう。 Sponsored Link 小指の下が痛い場合は? 親指ではなく、足の小指の下が痛いときに考えられる病気は何があるでしょうか。 小指は足の指の中でももっとも小さい指なので存在感が薄いですが、 歩行するときにまっすぐ歩けるようにバランスを取る大切な役割を持っています。 そんな小指の下が痛むとなると、多い原因としては「内反小趾 ないはんしょうし 」が考えられます。 内反小趾はあまり聞きなれない病名ですが、簡単に言うと外反母趾の小指版で、 小指の骨が変形して小指が薬指の寄りかかるように曲がる病気です。 原因も外反母趾と同じく靴や歩き方が挙げられますが、ほかにも偏平足で土踏まずが 十分に持ち上がっていない足の形であったり、O脚でまっすぐ立ったときにひざ頭が つま先よりも内側に入り込んでいる脚の形であると内反小趾になりやすいようです。 また、病気ではなくもっと単純に「小指の骨折」の可能性もありますね。 小指は指に見合っただけの小さな骨で構成されており、 ちょっとしたことでひびが入ったり骨折してしまうのです。 サッカーやキックボクシングといった足を使うスポーツをしている人はもちろん、 家具に足をぶつけたり物をつま先に落としてしまったときには、 当たり所が悪ければ簡単にひびや骨折を引き起こしてしまいます。 すねや足首といった大きな骨のひびや骨折は常に強い痛みがありますが、 小さな骨のひびや骨折では時に歩いているときやつま先立ちをしたタイミングでしか 痛みを感じないといったことがしばしば起こるようです。 親指の付け根が痛いのは何なの? 足の裏で、親指の裏が痛いのではなく親指の付け根が痛いときは、 外反母趾や種子骨炎以外に原因となるような病気はあるのでしょうか。 足の親指の付け根が痛むというと、 「痛風」を思い出す人も少なくないのではないでしょうか。 痛風は尿酸が血液中に過剰に混ざることによって起こる病気の一つで、 主な症状は関節の痛みや腫れ・しびれなのですが、多くの患者さんが 左右どちらかの足の親指の付け根に痛みを感じると言います。 一説によると、痛風にかかった80%の人が足の親指の付け根が 痛んだというくらいですから、親指が痛んだときは痛風を疑ってもいいでしょう。 ほかには、メインの症状ではないものの 「足底筋膜炎」もまれに親指の付け根が痛むことがあります。 足底筋膜炎はその名の通りに、かかとから指の付け根まで足の裏全体に 張り巡らされている筋肉と膜が炎症を起こしてしまっている病気です。 足底筋膜炎は炎症ではあるのですが、筋肉が固まっていることが主な原因ですので、 治療をするときは冷湿布で冷やしすぎてしまうと症状の悪化を招いてしまいますので、 症状が少し落ち着いているときは温めてあげるのが効果的です。 まとめ 足の裏の親指の下が痛いときは、外反母趾や種子骨炎が疑われます。 親指ではなく小指の下が痛むのは 内反小趾や小指の骨折の可能性がありますね。 親指の付け根が痛い原因には、痛風や足底筋膜炎の症状が出ているのかもしれません。 Sponsored Link•

次の

足の親指、爪の付け根が痛い!原因は痛風でも巻き爪でもない?

足の親指の付け根 痛い

この記事のもくじ• 痛くなりやすい箇所と痛みの原因まとめ まずは、痛くなりやすい箇所とその痛みの原因をみてみます。 足の親指や小指の側面が靴の内側に擦れたり、あるいは甲に入ったシワが指の付け根に食い込んだりなど、痛くなる箇所とその原因は、いくつかのパターンに分けられます。 親指や小指の側面 おそらく一番多いのは、足の親指や小指の側面が痛くなるケースです。 つま先のスペースが狭い靴や自分の足より小さい靴を履くと、足と靴の内側が擦れて痛くなります。 我慢して履き続けると、痛いだけでなくタコやウオノメができることもあります。 このケースは「 革を柔らかくする」または「 革を伸ばす」のが有効な対策です。 長時間履いて痛くなるのであれば「革を柔らかくする」 朝から履いていて夕方ぐらいになると痛くなるなど、長時間履いて痛みがでるのであれば「革を柔らかくする」のが有効です。 すぐに痛くなるのではなく、長時間履くと痛くなるということは、ある程度は靴が足にフィットしていると考えられます。 ただ、わずかな擦れでも繰り返されると痛みがでてくるので、革を柔らかくして足に馴染ませ、痛みがでないようにします。 履いてすぐに痛くなるのであれば「革を伸ばす」 履いてすぐに痛くなるときは「革を伸ばす」のが有効です。 すぐに痛くなってしまうのは、靴が足の形にフィットしておらず、強く擦れてしまっているケースです。 この場合は、痛くなる箇所を部分的にグイッと無理矢理引き伸ばして変形させることで、足と靴の擦れを軽減します。 甲や指の付け根 次に、足の指の付け根や甲が擦れて痛くなるケースです。 シワが指の付け根や甲に食い込んだり(靴に噛まれると表現されます)、靴の甲が足を圧迫したりすることで痛くなります。 このケースも「 革を柔らかくする」または「 革を伸ばす」が有効な対策です。 長時間履いて痛くなるのであれば「革を柔らかくする」 長時間履いていると痛くなる場合は、親指や小指の側面が痛くなるときと同様、革を柔らかくすることで痛みが軽減します。 履いてすぐに痛くなるのであれば「革を伸ばす」 履いてすぐに痛くなるときも、親指や小指の側面が痛くなるときと同様に、靴が足の形にフィットしていないのが原因です。 痛くなる箇所の革を伸ばすことで痛みがでにくくなります。 かかとやくるぶし 次は、靴の履き口がかかとやくるぶしに当たって痛くなるケースです。 靴擦れもここに含まれます。 触ってみると分かりますが、靴の履き口は裂けたり破れたりしないように丈夫に固く作られています。 この固い履き口にかかとやくるぶしが擦れ続けると、ときには歩けなくなるほど痛くなります。 このケースは、靴を履いたときにどの程度ゆとりがあるかによって、以下の 3 つの対策があります。 全体的にゆとりがあるようであれば「インソールを入れる」 全体的に靴の中にゆとりがあるようであれば「 インソールを入れる」が有効です。 インソールを入れると、インソールの厚みぶんだけ靴の中のスペースがなくなります。 足と靴の間のスペースをなくして履き口周りのフィット感を高めることで、履き口と足が局所的に擦れないようにする方法です。 かかと周りだけゆとりがあるようであれば、「L 字型パッドを貼る」 つま先や甲の部分にゆとりがなく、かかと周りだけゆとりがあるようであれば「 L 字型パッドを貼る」が有効です。 L 字型のパッドとは、かかとを下から側面まで覆うような形状のパッドです。 L 字型のパッドを貼るとこんな感じになります つま先や甲にゆとりがないのにインソールを入れると、かかとやくるぶしは痛くなくなっても、逆につま先や甲などが痛くなるかもしれません。 L 字型のパッドであれば、つま先や甲のサイズ感を変えることなく、かかとやくるぶし周りだけフィット感を高めることができます。 全体的にゆとりがないのであれば「革を柔らかくする」または「小さめのパッドを貼る」 全体的にゆとりがないのであれば「 革を柔らかくする」または「 小さめのパッドを貼る」が有効です。 前者は、擦れて痛い箇所を柔らかくする方法で、フィット感を変えずに痛みを軽減できます。 後者は、小さめのパッドを貼って部分的にフィット感を高める方法です。 パッドの大きさには種類があり、500 円玉くらいの大きさのものや履き口周りだけに貼るようなものもあります。 小さめのパッドを貼るとこんな感じになります 今すぐ対処したい場合 「時間がないけど、革靴をたくさん持っておらず、痛くなる靴を履くしかない。 」 「出先で我慢できないほど痛くなってしまった。 今すぐなんとかしたい。 」 そういう場合は「絆創膏を貼る」で一時的に痛みを和らげることができます。 根本的な解決にはならないので、後日痛みのケースに合わせた対策をするようにしましょう。 足の裏 最後は、長時間履いていると足の裏が痛くなるケースです。 革靴はスニーカーと違いインソールが固く、長い時間履いていると痛みがでてくる場合があります。 歩き方や足の形によって、痛くなりやすい場合があるようです。 このケースの場合は「インソールを入れる」が有効です。 インソールを入れることで、足の裏への当たりを柔らかくして痛みを軽減できます。 痛みの対策まとめ それでは、痛みを和らげる具体的な方法を解説していきます。 私の経験や知識から、これらの対策をすることで痛みはかなり和らぐと思います。 革を柔らかくする 革を柔らかくするには、ミンクオイルを使用します。 ミンクオイルは他のオイルに比べて革への浸透力が高く、すこし塗るだけで油分がぐんぐん浸透して、革が柔らかくなります。 ただ、油分が浸透しすぎて油シミになってしまうことがあります。 一度目立たないところでシミにならないか試してみるのがいいと思います。 また、塗るときは一度にたくさん塗らず、すこしずつ塗るようにしましょう。 モゥブレイのピュアミンクオイルを使って、塗り方を解説します。 ミンクオイルの使い方 痛くなる箇所確認します。 人差し指でオイルの表面をなぞるようにすこし取ります。 痛くなる箇所の表側に塗り込みます。 最後にから拭きします。 これで塗った箇所がすこし柔らかくなって、痛みが和らぐかと思います。 革を伸ばす 革を伸ばすのには「シューストレッチャー」という道具を使用します。 シューストレッチャーとは、シューキーパー(靴の形を綺麗に保つシューケア用品)にコブがついたような道具です。 ところどころ穴が空いており、そこにコブを取り付けて靴の中に入れることで部分的に革を伸ばすことができます。 BeryKoKo のシューズフィッターという商品で、使い方を解説します。 シューストレッチャーの使い方 まず、足に当たって痛くなる箇所を確認します。 痛くなる箇所にコブが押し当たるように、付属のコブをストレッチャーに取り付けます。 ストレッチャーを靴の中に入れます。 靴のサイズに合わせて、ストレッチャーのサイズを調整します。 BeryKoKo のシューズフィッターの場合は、真ん中の銀のネジを巻くことで、かかとのパーツの位置が調整できるようになっています。 さらに、黒いバーを回すとつま先のパーツが横方向に広がるようになっているので、伸ばしたい箇所にコブがくるように調整します。 そのまま 1 日放置すれば、コブを当てた部分の革が伸びて痛くなりにくくなっているかと思います。 革が伸びないときはミンクオイルを使いましょう 革の質やコブの大きさなどによって、革が思うように伸びないことがあります。 そんなときは、ストレッチャーを使う前にミンクオイルで革を柔らかくしておくことで、革が伸びやすくなります。 ミンクオイルの使い方は前節で解説しているので、革が伸びにくい場合は試してみてください。 インソールを入れる インソールを入れることで全体的なフィット感を高め、痛みの軽減を図ります。 インソールを選ぶときのポイントは 厚みです。 インソールを入れるとそのぶん靴の中のスペースが小さくなります。 靴の中にどれぐらいゆとりがあるかを確認してから、ちょうど良さそうな厚みのものを試してみましょう。 C TOKYO のインソールはクッション性が高く、長時間履いても疲れにくいのでおすすめです。

次の