京 アニ マスコミ。 京アニ放火事件、25人の身元公表 全犠牲者明らかに:朝日新聞デジタル

京アニ放火事件の容疑者を治療するということ 葛藤と苦悩(中山祐次郎)

京 アニ マスコミ

京都アニメーション第1スタジオで7月18日に起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、犠牲になった35人のうち25人の身元を公表した。 府警は今月2日に亡くなった10人の身元を公表しており、事件発生から40日を経て、犠牲者全員の氏名が公表された。 府警によると、公表された25人は、京都府や大阪府、奈良県に住む21~49歳の男性8人と女性17人。 京アニの人気アニメ「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や「響け!ユーフォニアム」で、原作の小説から、アニメのキャラクターを描いた寺脇(池田)晶子さん(44)も含まれていた。 寺脇さんは京アニの取締役の一人でもあった。 事件発生から犠牲者全員の身元公表まで時間がかかった理由について、府警の西山亮二捜査1課長は「被害者のご遺族と実名公表に反対しておられる会社側の意向を丁寧に聞き取りつつ、葬儀の実施状況を考慮し、公表の方法とタイミングを慎重に検討を進めた結果」と説明した。 すべての犠牲者の葬儀が終了しているという。 府警は、25人のうち5人の遺族からは実名公表への承諾を得られたが、20人の遺族は拒否の意向だったと説明している。 そうした状況で、実名公表した理由について、西山捜査1課長は「事件の重大性、公益性から実名を提供すべきだと判断した。 報道機関や一般の方も非常に関心が高く、身元を匿名にするといろんな臆測も広がり、間違ったプロフィールも流れる。 亡くなった方の名誉が著しく傷つけられる」と話した。 身元の公表を巡って、京アニ側は先月22日、府警に対し、「プライバシーが侵害され、ご遺族が甚大な被害を受ける可能性がある」として実名公表を控えるよう要望。 京アニの代理人は27日、「度重なる要請や一部ご遺族の意向にかかわらず、実名が公表されたことは大変遺憾」とコメントした。 今回の放火殺人事件で亡くなり、京都府警が27日に身元を公表した25人は次の方々。 年齢は事件当時。 犠牲者の方々のプライバシーに配慮しながらも、お一人お一人の尊い命が奪われた重い現実を共有するためには、実名による報道が必要だと考えています。

次の

京アニ火災 屋上へ逃げ切れず 十数段の階段で19人を発見

京 アニ マスコミ

報道各社はこれを受け、一斉に犠牲者全員の実名を報道した。 これまで府警は犠牲になった35人のうち25人分の住所氏名に関して、「遺族の了承が得られていない」などとして発表を延期していたが、早期公表を求める報道各社の要請に折れた。 京アニ側代理人の桶田大介弁護士は同日、ツイッター上で「弊社の度重なる要請及び一部ご遺族の意向に関わらず、本日被害者の実名が公表、一部報道されたことは大変遺憾です」と表明。 ネット上では、同社の作品のファンらを中心に遺族の意向に反した身元公表に疑問の声が上がっている。 「身元公表求めない」署名に1万5000人 未公表の犠牲者の身元をめぐり、京アニは事件後、公式サイト上で次のように説明していた。 「警察及び報道に対し、本件に関する実名報道をお控えいただくよう、書面で申し入れをしております。 遭難した弊社社員の氏名等につきましては、ご家族・ご親族、ご遺族の意向を最優先とさせていただきつつ、少なくともお弔いがおえられるまでの間は、弊社より公表する予定はございません(原文ママ)」 これを受けて、インターネット署名サイトChange.Orgでは「京都アニメーション犠牲者の身元公表を求めません」と題した署名活動が行われ、28日正午現在、1万5000人以上が賛同している。 一方、京都府内の報道12社でつくる「在洛新聞放送責任者会議」は20日、植田秀人府警本部長宛てに「速やかな公表」を求める申し入れ書を提出していた。 申し入れ書で報道各社は「事件の全体像が正確に伝わらない」「過去の事件と比べて極めて異例」として実名公表を求めた。 警察庁の介入と報道各社の反発 公表することになった背景に、何があったのか。 全国紙社会部記者は、こう打ち明ける。 「当初、京都府警は遺族の了承がなくても、公表する予定だったようです。 早期に身元や了承が取れた犠牲者10人を先に公表して、8月中旬までに残りの25人を公表しようとしていた。 そんななか、世論の『遺族の意向を無視するな』という意見に影響された警察庁が公表をストップさせたらしい」 確かに歴史的な事件とはいえ、警察庁が地元警察にこれほど大胆に介入するのは異例だ。 これにより京都府内のマスコミ各社は「国による報道の自由の侵害」と見て一層態度を硬化させ、前述の申し入れにつながったと見られる。

次の

7月18日に発生した事件について(初出7月21日、改訂11月28日)

京 アニ マスコミ

令和元年7月18日 午前10時30分ころに発生したこの度の凄惨な事件により、将来ある若者たちをはじめとする弊社社員の生命が奪われ、傷つけられました。 アニメーションを志し、全国から集まった若者たち、長年に渡って共に作品を創りあげてきた弊社社員がこんなかたちで将来を閉ざされてしまったことが残念で、残念で言葉に出来ません。 本当に優秀で素晴らしい仲間たちでした。 当社にとって、そして業界にとっても、本当に大きな痛手です。 事件の詳細は伏見警察署から発表のとおりです。 弊社からはそれ以上、申し上げるべきことはございません。 弊社は現在、傷ついた社員のご家族・ご親族、そして亡くなられた社員とご家族・ご親族に対し、出来る限りの取組みに努めております。 つきましては、メディア等の対応は下記の弁護士に依頼することと致しました。 当面の間、弊社、弊社社員及び弊社社員のご家族・ご親族、ご遺族及びご友人、弊社お取引先等に対する直接のご取材等はお控えいただきますよう、お願い申し上げます。 なお、弊社は警察及び報道に対し、本件に関する実名報道をお控えいただくよう、書面で申入れをしておりました。 遭難した弊社社員の氏名等につきましては、ご家族・ご親族、ご遺族のご意向を最優先とさせていただきつつ、少なくともお弔いが終えられるまでの間は、弊社より公表する予定はございません。 記 弁護士 桶田大介(おけだ だいすけ) シティライツ法律事務所 E-mail:daisuke. okeda citylights.

次の