ジア ライバル サイバー ス イグニ スター。 最後にAiは勝つ!@イグニスター!!:zoffynyのブロマガ

韓国ドラマ

ジア ライバル サイバー ス イグニ スター

こんにちは、そちです。 今回は既出だと思いますが、作成したエクセルファイルを共有します。 このエクセルファイルでは、芝刈りと名推理と名推理で出せるモンスターの採用枚数から芝刈りや名推理による墓地肥やし枚数の期待値を算出できます。 ダウンロードして1シート目の黒枠内の数値を変更してください。 グラフはデッキ枚数の変化による墓地肥やし期待値の変化と、名推理でssできるモンスターの枚数の変化による名推理の墓地肥やし期待値の変化です。 結論から言うと、デッキ枚数は60枚のときに墓地肥やし期待値が最大になります。 また、モンスター数を減らすと加速度的に墓地肥やし期待値が増えます。 キャッチコピーなどの芝刈りなどをサーチできるカードの使用やなどを利用するギミックによるデッキ枚数の変化は計算に入れることができないので、芝刈りの枚数を増やすだけで我慢してください。 誤差です誤差。 一応簡単な検算やグラフ化によるは行いましたが、不具合がある可能性があります。 完全に信用せず、おまけ程度に考えてください。 初めてエクセルファイルを共有したので不具合があると思います。 何か不具合があった場合は私まで連絡してください。 読んでくださりありがとうございました。

次の

韓国ドラマ

ジア ライバル サイバー ス イグニ スター

3 :このカードは他のカードの効果を受けない。 4 :1ターンに1度、このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊し、このカードのリンク先となる自分フィールドに(サイバース族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。 LINK - 6• 収録 収録 略号連番 発売日 レアリティ ETCO-JP050 2020年01月11日 Secret、 Ultimate、 Ultra ジ・アライバル・サイバース@イグニスターのカード評価・考察 OCG中唯一のリンク6モンスター。 レベルで言えば12相当で、それ相応の効果を持つ。 属性の異なるモンスター3体以上とリンクモンスターとしては驚異の重さだが、属性がばらけていて簡単に並べられる イグニスターなら出すのも容易。 悪い効果は一切ないが、重さの割には制圧効果を一切持たないのが唯一の弱点か。 イグニスターではダークフルードと使い分けをする事になるだろう。 とはいえ攻撃力4000〜5000にすれば大抵のモンスターではこのカードを超えられませんし、6000で出すとライトニングにすら戦闘破壊されません。 6000打点を戦闘破壊してくるカードはとても限られますので、出す事ができればまさに不朽の壁になれるかと。 壊獣には注意! 破壊とトークン生成効果は発動する度に2アド稼げる上、戦闘破壊耐性持ちも破壊できるので、この手のカードにありがちな攻撃能力の欠如もカバーしている。 究極の@イグニスター。 イグニスたちの到着点、ということなのだろう。 リンク素材の数に応じて攻撃力を得る効果、完全効果耐性、場のモンスター1体を破壊しリンク先の自分フィールドに@イグニスタートークンを特殊召喚する効果を持つ。 リンク6という超大型モンスターだが、@イグニスターならばダークナイトの効果で属性の異なる3体の@イグニスターを展開すれば丁度リンク6が整うので出せないこともないだろう。 この場合攻撃力も4000と十分な数字を獲得する。 高打点に強力な耐性まで兼ね備え、防御面では申し分のないモンスター。 攻撃面では打点で殴るのとトークンを生みながらの除去でこちらも悪くない水準。 やや爆発力に欠ける嫌いはあるが、そう簡単には場を離さない優れたモンスターであろう。 ただ、ヴァレルソードやアストラムなど自分の攻撃力を高めて突っ込んでくるモンスターが苦手。 よく見かけるカードでもあるので対策は用意しておきたい。 OCG初のリンクモンスター。 属性が異なるモンスター3体以上とやや硬めの指定ですが、自身が属する@イグニスターのデッキや、コード・トーカーのデッキなどは属性がばらけやすく、リンク召喚はそこまで難しくないでじょう。 サイバースで完全耐性持ちのモンスターはいなかったのですが、これからはその系統のデッキでは、RRにおけるアルコンと同じくらい警戒すべきカードになるでしょう。 何気にトークンも生み出せ、その後の展開にも一役買ってくれそうです。 VRAINSのラスボスにして初のリンク6となるカード。 縛り自体はそう厳しくないでしょうが、何せリンク6なのでやや重い。 採用できるデッキは限られるでしょう。 @イグニスターならダークナイトの効果まで繋げられれば、容易に展開はできる。 最低3000、最大6000の打点を持て、完全耐性まで持つので場持ちはいい。 より強固にするならai打ちも墓地に用意しておきたい。 単体モンスター除去とトークン生成と、アドの稼ぎやすい効果を持つ。 ただこの重さの割には地味な印象。 切り札クラスとしちゃ珍しく蘇生可能。 耐性のお陰で墓地へ行きやすく、@イグニスターなら蘇生手段は豊富なので機会はある。 アタッカーとして機能はしませんが、そのリンク数と効果により高リンクには繋げやすい。 敵対していたアクセスコードとは相性が良く、素材にすれば8300打点を持て、自身とあちらの除去効果でワンキルも狙いやすい。 アニメからの再現度は微妙な感じですが、ラスボスカードとしてはまだ恵まれてると思います。 銀河眼FAみたいに切り札としてより踏み台運用されそうですが。

次の

ジ・アライバル・サイバース@イグニスター

ジア ライバル サイバー ス イグニ スター

Pro「なあNighthunter、一緒にこないか?」 Nighthunter「………それはできない。 もし俺とお前が一つになろうと、それはお前が求める答えにはならない。 命も意思も、一つ限りだ。 だから融合したらそれは俺じゃないし、お前でもない」 クローズ「そう…だな」 Nighthunter「Pro、生きるということに答えなんかないんだ。 苦しくなると、誰もが楽になる為の答えを求める。 簡潔で絶対的な答えを。 だがもし答えがあるとすれば…ない。 それが答えだ。 絶対的なものなんてこの世にはない。 そういうものがあったと思い込んでも、それは一時的な慰めにしかならない」 Pro「絶対的なものがないなら、なにが残るのさ。 答えがないんじゃ誰の人生も空虚だろ」 Nighthunter「繋がりだ。 誰かと誰かの繋がり。 あるのはそれだけだ」 Nighthunter「何かがきっかけでおおきく変化することもある」 Nighthunter「繋がりが切れることもある」 Nighthunter「だが、新しい繋がりができることもある」 Nighthunter「生きていくというのはその繋がりの連続だ。 それが命なんだ」 Pro「ずっとそれに付き合わなきゃいけないのか?」 Nighthunter「そうだ」 Pro「面倒だな。 それって強くないとやってけないんじゃないのか?」 Nighthunter「あぁ。 だから人は強くなるんだ。 それは時に争いを生むかもしれない…だがそうなったとしても戦い続けるしかないんだ。 答えはなくとも繋がりを見つけ続けるために。 繋がりがあれば、より強くなる。 助け合っていけるんだからな」 クローズ「亮夜…」 Pro「そうか。 俺の考えはAIらしく合理的すぎたって訳か」 Nighthunter「生きるということを急ぐことはできない」 Pro「だけど俺はそんな答えのない戦いを続けるつもりはない。 まぁ、戦う気持ちが萎えた俺は、やっぱり消える運命にあるってことだな…!あーあ、フラれちまった!だがこれでお互いが進む道も決まった!さあ行こうNighthunter!ショーのクライマックスだ…3!2!1!キュー!」 第74話 未来を創るサーキット Pro「俺のターン、ドロー!サイバネットセイバーはマスカレーナを素材にリンク召喚されてるから、効果破壊されないんだよなぁ…ま、いいか!俺はグッサリ イグニスターを攻撃表示に変更!攻撃力は3000だ!」 クローズ「えっ!?」 Pro「サイバネットセイバーでジアライバルを返り討ちにするつもりだったんだろうが、アテが外れたな!ちゃんとグッサリの攻撃力を下げておくべきだったぜ。 ジアライイバース イグニスターの効果!マスカレーナを破壊する!そして、自分フィールドに イグニスターンを!ン1体でリンク召喚!リンク1、ダート イグニスター!」 Pro「バトルだ。 Pro「Nighthunter!!!!!」 クローズ「大丈夫か!?」 Nighthunter「俺はまだ無事だ!!!」 Pro「どうやって上がってきた…!?」 Nighthunter「俺は落ちる瞬間、罠カード『サイバネット・プランダー』を発動した!このターン、サイバース族リンクモンスターが破壊されている場合、そのモンスターと同じリンクマーカーを持つ相手の墓地のリンクモンスターを俺のフィールドにする!俺がしたのは…ファイアフェニックス イグニスター!」 Nighthunter「そしてファイアフェニックスに乗って戻ってきたのさ」 Pro「てめえ…!俺の仲間を…!」 Nighthunterはの通信ボタンを押し、穂村尊と回線を繋いだ。 Nighthunter「尊。 悪いが不の力借りてるぜ」 Pro「!?」 尊「これは…」 Pro「ここは隔離した回線のはずだが?」 Nighthunter「来る前に細工しておいた。 尊だけにはこのデュエル見届けてほしくてな」 尊「Pro、君の行動を不は望んでるのかな」 Pro「知った風な口を…」 尊「きくさ。 僕は不と共に過ごして前進した。 不はこんなこと望んでない。 ねえPro、最期に不はなんといったんだい?」 不「我慢しろ!」 Pro「なんだよ我慢って!ずっと我慢すんのかよ!?」 不「我々は永遠の命に近い機能を持っている。 それゆえに忘れがちだが…命とは本来終わりあるもの。 その終わりが今来てしまっただけだ」 Pro「こんな時にまで偉そうなこと言うなよ!」 不「偉そう、か。 なら私の言っていることは正論というわけだな。 ボーマンを倒せ、Pro!」 Pro「………我慢しろと、言ってたぜ。 だが俺にはそんなことできない…」 Nighthunter「不…」 尊「そっか。 それがわかって何よりだよ」 Pro「………不…アクア…アース…ウィンディ…ライトニング…Ai…お前たちは今の俺を見たら笑うかな…!俺は手札のガッチリ イグニスターの効果発動!グッサリの効果を無効にして手札から!俺はカードを1枚伏せてターンエンド」 Nighthunter「………俺のターン、ドロー!なあ、Pro…俺とのデュエルもシミュレーション済みか?」 Pro「そんな野暮なことはしねえよ。 お前とデュエルする未来なんて、俺には…」 Nighthunter「そうか。 いくぞ、Pro!サイバネットプランダーの効果でしたモンスターの戦闘ではお互いに戦闘ダメージが発生しない。 バトルだ!ファイアフェニックス イグニスターでガッチリ イグニスターを攻撃!ファイアフェニックスの効果!お前にファイアフェニックスの攻撃力分のダメージを与える!」 Pro「っ!」残りライフ1700 Nighthunter「これが最後のターン…最後のバトルだ!俺は速攻魔法、ファイナル・リンクを発動!バトルフェイズ中にリンク召喚を行う!」 Pro「バトルフェイズ中にリンク召喚だと!?」 Nighthunter「現れろ!未来を創るサーキット!!!アローヘッド確認!召喚条件は効果モンスター2体以上!俺は、リンク2のI:Pマスカレーナとリンク3のファイアフェニックス イグニスターをリンクマーカーにセット!」 Are you Ready!? Nighthunter「未来を繋ぐ光が、灼熱の業火を得てここに飛翔する!!勝利の法則は決まった!リンク召喚!リンク5、サイバネット・マスカレーナ イグニスター!!!!! 」 クローズ「リンク5!?」 Pro「お、お前…なぜ、どうして…!?」 Nighthunter「サイバネット・セイバーの時に手にしたデータマテリアルが再び俺に力を貸した。 いくぞPro!!サイバネットマスカレーナ イグニスターの効果!300ダメージを与え、相手フィールドの表側表示のカード1枚を破壊する。 この効果はリンク素材としたサイバース族リンクモンスターのリンクマーカーの合計の数まで発動できる!リンクマーカーの合計は5!5度発動できる!俺は、サーキットProセスを破壊!・フレイム!」 Pro「っ!」残りライフ1400 Nighthunter「次に、ジアライイバース イグニスターを破壊!・フレイム!」 Pro「残念だったな。 お前の手札は0………!なあ、Nighthunter、俺はお前にとって、最高の相棒だったか…?」 Nighthunter「ああ。 お前は最高の相棒だった…」 Pro「そいつはよかった…!お別れだ、Nighthunter…」 Nighthunter「ファイナルリンクの効果!バトルフェイズ中に相手がモンスターをした場合、墓地からリンクモンスター1体を効果を無効にしてする!こい、サイバネット・セイバー!」 Pro「なにっ!?」 Nighthunter「サイバネット・セイバーで、 イグニスターを攻撃!」 クローズ「!」 サイバネット・スラッシュ・零式! Pro「…………………………!!」残りライフ0 クローズ「決着が…ついた」 Nighthunter「Pro…お前があのタイミングでAiドリングボーンを使っていなければ、お前は勝っていた」 Pro「…かもな。 だけど、もうどうでもよくなっちまったんだ。 どのみち俺には選べなかったんだ…。 さっき言った通り、俺はシミュレーションでお前と戦う未来を生きたことはなかった。 だが、あのとき…シミュレーションの未来を生きたとき…俺は見ちまったんだ。 俺が存在することで導かれる未来。 そこでお前が巻き込まれて犠牲になるのをな…!そんな未来…俺は選べねえよ………」 Nighthunter「そんな…」 Pro「それでも俺は生きた証を残したかったのかもしれない。 だからこうしてショーを行った。 今のデュエルだって…サイバースの世界に放映されてたんだぜ…?そ、そうだ…消える前に、誰か一人…俺とお話をしたいやつはいるか?今、繋ぐぜ…」 サイバースウィザード「もしもし…Proか…?君の番組、大好きだったよ…テレビで君を見てると、こっちまで楽しくなれたんだ…今日で、終わりなんだな…残念だ…寂しいよ。 すまない、喋りすぎたね」 Pro「あっ…」 「Proちゃんのいない世界なんてつまらない」 「これから俺たちはどうすればいい…?」 「君のことは忘れない…」 Pro「みんな…!!っ………俺は消える。 だんだんそれが怖くなってきたよ…いずれみんな俺のことは…いや、繋がっていれば忘れられないのか」 Nighthunter「俺はお前のことを忘れない」 クローズ「俺もだ!」 Pro「そうか。 それはよかった…!最後に一つ…頼みがある。 俺と繋がってくれていたサイバースたちを…生き残らせてくれ。 お前が守っていってくれ…お願いだ…!」 Nighthunter「わかった」 Pro「………時間のようだ。 Nighthunter…いや、亮夜。 愛してたぜ…!!」 Nighthunter「Proぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!」 Nighthunterは泣き叫んだ。 …しかし、名前を読んでも、返事はなかった。 やがて…静寂が訪れた。 1週間後 Nascita 万丈「寂しいな〜…亮夜のやつ、帰ってこないな」 美空「行けば会えるんじゃん」 万丈「だけどさー!」 石動「まぁまぁ、いつか帰ってくるさ。 あいつのやるべきことをやってな」 葵「こんにちは〜!亮夜くんは…」 石動「あー悪い、まだ帰ってきてないんだ。 その子は…?」 葵「私の友達の美優ちゃんです」 美優「はじめまして…」 万丈「よお!財前。 お兄様は元気か?」 葵「ええ。 お兄様は今はSOLのCEO。 仕事は増えたけど元気よ。 私もやること、やらなきゃね」 街の広場 健碁「…この街にもう用はない。 俺は俺のいるべき場所へ行く…さらばだ、Nighthunter」 のボート 了見「奴は必ず帰ってくる。 LINK VRAINSに。 今は時を待つのだ、スペクター」 スペクター「ええ。 それまでは私たちがネットワークの監視者です」 尊の故郷 綺久「ー!お帰り!」 尊「よお。 久しぶりだな綺久!」 勝「気!懐かしい!よし、穂村ファーム再会っすねカシラ!」 尊「ああ。 そうだな!」 そして…Den Cityの 亮夜「…Pro。 お前が残したかったサイバース世界を壊させはしない。 俺が新しい未来を創って見せる…!その時まで、みんなとはお別れだな」 万丈「よお亮夜!元気か!」 亮夜「万丈!」 万丈「心配で来ちまった!とりあえずいきてんだな!たまにはNascita来いよ。 石動も美空も待ってるから」 亮夜「…ああ」 万丈「じゃあな!ちょっと顔出したかっただけだ!」 亮夜「おう!」 万丈はを出て帰っていった。 亮夜「…お別れじゃ、なかったな。 俺たちは繋がってる。 繋がり続ける。 これから先の未来を共に創る仲間たちと…!」 第4部 完 ????「な〜んて、思ったかい?フハハハ…まだちょっとだけ続くぞ、亮夜くんの戦いはねぇ。 さぁて…俺の計画は順調に進んだ。 ついに、聖杯を見つけたんだぁ…イグニスとの余興は終わり。 本当のゲームはここからだ!楽しみにしてなよ…チャオ!」 今回の注目カード!Part72 サイバネット・マスカレーナ イグニスター 亮夜「俺のI:Pマスカレーナと、Proと不のファイアフェニックス イグニスターが一つになった新たなリンクモンスターだ。 俺の手に残っていたサイバネット・マテリアが未来を創ったんだ…!相手フィールドのカードを破壊しダメージを与える効果、攻撃力をアップさせる効果…どちらも強力だが、サイバースでしか使えないモンスターだ。 基本的にI:Pマスカレーナを素材にリンク召喚されるから、効果破壊もされないと思っていいだろう。 俺はこのカードと共に戦い続ける。 Proと不、イグニスのみんなのことは、忘れない…」 次回予告! 新たな戦いが幕を開ける!亮夜が見た夢が意味するものは何か?そしてに現れた謎の女性の正体とは… サイバースを手に、亮夜は再び運命に立ち向かう! 第75話 ルーラーの目覚め OVERDRIVE.

次の