いかがだったでしょうか?。 ブログの締めの一文「いかがだったでしょうか」いちいちそんな丁寧にしなくていい

「いかがでしたでしょうか」敬語として正しい?意味と使い方、注意点

いかがだったでしょうか?

ビジネスの場面において、敬語は会話でも文書でも必ず使用しなければなりません。 意味を間違ってはならないのが敬語です。 敬語の意味の使い方を苦手としているフレッシュマンの諸氏は大変多いのが実情です。 ひょっとしたら間違っているかもと問題意識を持っているならまだ改善される可能性はあります。 敬語の間違った使い方に気が付かないと恥をかく 厄介なのは自分では意味を正しく敬語を使っているつもりで、間違いに気付いていないというケースです。 敬語に関する記事にできるだけ目を多く通し、誤った用法を解消する努力が大切だといえます。 では「いかがでしょうか」は正しい敬語だと思いますか。 またそうであるなら「いかがでしょうか」の意味を敬語ではない表現に変えるとどうなるでしょうか。 敬語のもともとの意味を理解する 敬語を正しく身に付けるには、謙譲語や尊敬語の意味を理解しましょう。 敬語ではない普通の言葉で表した場合には「行く」となりますが、こうした普通の言い方と敬語での言い方をペアで理解することが大切です。 敬語だけで覚えようとすると単純な暗記となり忘れやすくなります。 「いかがでしょうか」の意味は意見をたずねる それでは「いかがでしょうか」の意味を解説します。 「いかがでしょうか」は「いかが」という形容動詞に「でしょうか」という丁寧語が組み合わせられたフレーズで敬語としては正しいと言えます。 「いかがでしょうか」とは相手の気分や状態、意見等を尋ねるという意図でどう(でしょうか)といった表現が元になっています。 「いかがでしょうか」は相手に対して改まった意味もある 「いかがでしょうか」の意味としては相手の気分や状態、意見を尋ねることだと理解できましたね。 では「どう」に「でしょうか」を加えた「どうでしょうか」ではいけないのでしょうか。 実は「いかがでしょうか」に対しては相手に対して改まって尋ねる意味があります。 その点で「どう」はそうした改まったニュアンスはなく、疑問をそのままぶつける印象があります。 上司には「いかがでしょうか」を使うのが正しい 上司やお客様に対して意見等を求める場合には「どうでしょうか」ではなく「いかがでしょうか」という言葉が正しいのです。 「いかがでしょうか」のように本来的な意味と共に、それを改まった表現や敬語としての表現を対比的に理解しましょう。 「いかがでしょうか」に対する理解が深まりますし、「どうでしょうか」といった表現より「いかがでしょうか」という表現の方が望ましいことも知識として定着しやすくなります。 「いかがでしょうか」は改まった意味があるので上司や目上の人に使う敬語 「いかがでしょうか」など、敬語に関わる意味や表現は暗記だけに頼ってはなかなか定着しません。 ご紹介した「いかがでしょうか」と「どうでしょうか」のように、元の意味や表現を踏まえた上でそうした敬語を学ぶようにすると理解が深まりますし、知識も定着し、誤用等も解消されてゆくことになります。

次の

「いかがでしたでしょうか」に感じる違和感のお話。

いかがだったでしょうか?

「いかがでしょうか」の意味と漢字 「いかがでしょうか」の意味は相手に改まって聞く言葉 「いかがでしょうか」は相手に様子や感想など、改まって聞いたり尋ねたりするときに使う言葉です。 「いかがでしょうか」の漢字 「いかがでしょうか」は漢字だと 「如何でしょうか」と書きます。 「如」は音読みだと「ジョ」、訓読みだと「ごとし」「しく」と読みます。 「如」は「そのとおり」「そのまま」を意味します。 「何」は音読みだと「カ」、訓読みだと「なに」「いずれ」と読みます。 基本的に 「いかがでしょうか」はひらがなで表記します。 ただ、「いかがでしょうか」は口頭で使うことが多いため、それほど気にしなくて良いですが、もしメールや手紙で使うことになったときは、「いかがでしょうか」と表記した方が見やすいため、ひらがなで表記するのが無難でしょう。 「いかがでしょうか」は敬語?正しい使い方 「いかがでしょうか」は 相手に、感想や意見を求めるときに使います。 「いかがでしょうか」には改まって聞くという意味が含まれているので、取引先やお客様など目上の人に対して使うことができます。 例えば、「今のお気分はどうでしょうか」と尋ねるよりも「今のお気分はいかがでしょうか」と聞いた方が丁寧な感じがしますね。 また「いかがでしょうか」は、「お飲み物はいかがでしょうか」といったように、何かをすすめる場合にも使うことができます。 「いかがでしょうか」をより丁寧にするには、「いかがいたしますか」「いかがなさいますか」とします。 「いかがでしょうか」は口頭だけではなく、ビジネスメールや手紙などでも用います。 例えば、取引先などから予定している日が過ぎても連絡がこない場合に、「進行状況はいかがでしょうか」などと送ることができます。 「でしょうか」は不明・不確定のことについて、疑問・質問の意を表す、「だろうか」の丁寧な表現です。 「いかがでしょうか」は 相手の気分や状態、あるいは感想などを尋ねる際の言い回しになります。 「いかがでしょうか」は「どうでしょうか」をベースにした表現です。 ・お身体の調子はその後、いかがでしょうか。 ・しばらくご無沙汰しておりますが、お身体の具合はいかがでしょうか。 ・大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 「欲しいのか否か尋ねる」という意味の例文 「いかがでしょうか」は体調を尋ねる以外にも、欲しいのか否か尋ねる場合にも使うことができます。 よくお店などで、「コーヒーのおかわりはいかがでしょうか」「こちらの商品はいかがでしょうか」などと聞いたことがあると思います。 この「いかがでしょうか」は、 「誘ったり勧めたりすること」を表しています。 ・お客様、お飲み物はいかがでしょうか。 ・食後にケーキはいかがでしょうか。 ・ご飯のおかわりはいかがなさいますか。 ・こちらの商品は、今お買い上げいただくと割引で1000円となります。 ご検討のほどいかがでしょうか。 「提案・催促する」という意味の例文 「いかがでしょうか」は提案・催促する場合にも使います。 また、「私考えたA案はいかがでしょうか」といったように、何かを提案するときにも使うことができます。 この「いかがでしょうか」は、 「状態・意見などについて尋ねること」を表しています。 ・御社に明日の14時にお伺いしたいのですが、ご都合の方はいかがでしょうか。 ・今回ご注文いただいた商品は、今月未には再入荷の予定です。 よろしければ、優先的に確保いたしますが、いかがでしょうか。 ・演説についての原稿はいかがでしょうか。 「感想を求める」という意味の例文 「いかがでしたか」と過去形にすると、相手に感想を求めるような意味合いになります。 例えば「先日の演奏会、いかがでしたか」「私の作ったお料理はいかがでしたか」「海外旅行はいかがでしたか」などと使うことができます。 ・今日のプレゼンテーションはいかがでしたか。 ・沖縄旅行はいかがでしたか。 ・先日のパーティはいかがでしたか。 ・初めての海外での生活はいかがでしたか。 もし、都合が悪く「いかがでしょうか」と聞かれてもお断りする場合は、最初に感謝を言った後に、謝罪の言葉、お断りする理由を述べます。 断る前に、「申し訳ありませんが〜」「恐れ入りますが〜」といった言葉を付けるのが良いでしょう。 「欲しいのか否か尋ねる」という意味 「いかがでしょうか」と欲しいのか否か尋ねられたときは、 ・お願いします ・はい、ください ・それでお願いします などとします。 断る場合は、 ・結構です ・大丈夫です ・要りません と返すのが適切です。 「いかがでしょうか」の類語・言い換え よろしいでしょうか<様子、気分を尋ねる・提案する> 「よろしいでしょうか」の意味は 「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」となります。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらよりも丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 例えば「来週休みをいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、許可を求める言い方になり、「今お時間をいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、相手に支障がないか尋ねる言い方になります。 「よろしいでしょうか」は丁寧な表現なので、目上の人に対して使える敬語になります。 例文 ・お時間少しだけいただいてもよろしいでしょうか。 ・今呼んできますので、こちらでお待ちいただいてもよろしいでしょうか。 「どうでしょうか」は「いかがでしょうか」と同じ意味ですが、「改まって聞く」というニュアンスが含まれません。 また「どうでしょうか」には、自分の思っていることを相手にそのままぶつけるという印象があります。 ですので、 「どうでしょうか」は同等もしくは、親しい間柄の先輩といった、比較的関係が近い相手に使うのが適切となります。 上司など目上の人に使うと、失礼な印象を与えてしまうので注意しましょう。 ・少し遠くまで出掛けるのはどうでしょうか。 具合はどうですか<様子、気分を尋ねる> 「具合」は「物事の状態や調子、人がおかれている状況」を意味します。 「具合はどうですか」は相手に、 「調子はどうですか」「状態はどうですか」と尋ねることになります。 ただ、「どうですか」だと少々軽い感じがする言い方なので、「具合はどうですか」は目上の人には不適切な表現です。 例文 ・今回の計画の進み具合はどうですか。 大丈夫ですか<様子、気分を尋ねる・提案する・欲しいか尋ねる> 「大丈夫」は「構わない」「問題ない」を意味します。 「大丈夫ですか」といった場合は「構いませんか」「問題ないですか」という意味になります。 「大丈夫ですか」は親しい間柄の相手や同等に使える表現ですが、目上の人に使うと失礼な印象を与えてしまうので気をつけましょう。 例文 ・お水は大丈夫ですか。 ・ご連絡は明日でも大丈夫ですか。

次の

「いかがでしょうか」という敬語の正しい意味と使い方

いかがだったでしょうか?

ちょっと意地悪なレスです。 ごめんね。 」が、トピ主さんのいう同じ意味できれいな言い方になりますね。 どちらも相手の意見を聞いていることに違いはないのですが、「いかがでしたか」の方が率直な表現 私も好きです 、それに対して、「いかがだったでしょうか」は、相手の意見を聞く姿勢を前面に出した表現。 単にこの違いだと思います。 「〜でしょうか」と聞かれても、私はいやな感じは受けませんが、主さんがいやな感じを受けるとしたら、簡潔な言い方を好む方なのか、もしくは、相手におもねった表現と感じるかのどちらかでは? ちなみに、私の「どちらかでは?」も、言い換えると、「どちらかではないでしょうか」です。 相手がどう考えているか分からないから、「どちらかです」とは言い切れません。 ユーザーID: 4081910621• 論理的に説明はできませんが 「御母堂がくたばりやがったこと,お悔やみ申し上げます」 という例文をどこかで見た覚えがあります. 丁寧さや格式(?)が違う言葉を混ぜて使うと珍妙な日本語に なるという例として. 「いかがだったでしょうか」も,丁寧で謙譲的な表現の中に, 「だった」というぞんざいな言い方が混じっているから へんなのかな?と感じました. トピ主さんが挙げてらっしゃる「いかがでしたか?」なら, 「でした」と丁寧な言い方なので,文章全体の丁寧レベル(?) と矛盾がなく,きれいに聞こえるのではないのでしょうか? 別の例: 「メチャ良かった」:友人同士の会話ならアリ. 「メチャ良かったでございます」:ふざけているのでなければ,こんな言い方はしない. ・・・という説明ではいかがですか? あまり論理的(文法的)ではありませんけど. ユーザーID: 7837322007• 私は狙い通り落ちそう.

次の