神戸 教諭 いじめ 加害 者。 《神戸・教師いじめ》親族も困惑する、リーダー格 “女帝” 教員のあきれた素顔

神戸教諭いじめ 激辛カレー食べさせた加害者ら2人を懲戒免職 女性1人は停職3カ月

神戸 教諭 いじめ 加害 者

問題点は山積みで、神戸教委もまだまだ対応を強いられることになることが目に見えています。 いじめに加担した教師が、また学校現場に来ることを保護者はどう思うか これは温情だな。 まあ、こんな教師に子供触れさせたくないから、もしも担任とか言われたら親に拒否されるだろうが。 — such such04 当然ながら、いじめ加担してワイドショーを騒がせたような人物を、教育現場にまた戻すことは保護者たちが許しません。 万が一、子供が学校でいじめられた時。 このいじめ加害教諭に相談しようと思うでしょうか? 相談できないだけでなく、信頼関係も築けないことは安易に想像できます。 また悪知恵の働く子供であれば、「先生がやっていたんだから」を言い訳にいじめを行う動機にすらなりえます。 懲戒処分になれば二度と子供に関わることはありませんが、 教諭はいくらでも転勤可能であなたのお子さんの学校で働くかも・・。 これだけの騒動なら、普通辞めますからね。 そんな図太い神経をしている教諭の復帰を保護者はどう思うのでしょうか。 女帝の噂は本当?忖度に次ぐ忖度で、神戸教委への不信感が増すばかり 神戸教員いじめ問題、1人は懲戒免職の方向らしいけど、主犯格の女をさっさと処罰してほしい。 主導したのはこの女だけど、どうせ「私は何も手は出してない。 他の教員たちが勝手にやっただけ。 」とでも言うのだろう。 腹立つな、どこにでもいるお局おばさんな。 絶滅してくれ。 若手教員の未来返せ。 学校校長がお気に入りの先生をスカウトできるなど、他地域では考えられないシステムがあったのです。 こういった風土があるのか、結果的に女性教諭に忖度した結果が出ていると言えます。 一般的な解釈でいくなら、問答無用で全員揃って懲戒解雇。 それにも関わらず、2名だけ辞めさせて罪をなすりつけて終わってしまう怖い話へ。 とても考えられない展開が続くため、 神戸教委への不信感はより強いものとなりました。 少なくとも、体質が腐ってしまっていて、まともに自浄作用できるだけの機能が備わっていない。 子供の間でいじめ事件が起こっても、結果的に大人の都合で問題を消されそうで怖いです。 大きなニュースにぶつけて逃げる気満々の神戸市教委 コロナパニックに乗じて教員いじめ問題を今のうちに片付けるとか大人として恥ずい 大きなニュースが出てくるまで、タイミングを伺っていたんだろうね 激辛カレーなど教員間暴行の加害教員4人処分 神戸市教委(神戸新聞NEXT) - Yahoo! ニュース — マスクの高額転売者 Huo26Ifbcp4FXNM またこのタイミングで発表したのもおかしな話です。 コロナウイルスで列島パニック&経済的な打撃の真っ只中。 ここで発表してしまえば、今はワイドショーにされない。 仮にされても短時間で終わることを理解していると言えます。 混乱に乗じておけば、時期が過ぎて古いニュースで扱われもしなくなりますから。 こういった背景が読み取れることも、この問題の怖いところでしょう。 加害者が喜ぶ展開で、まさに逃げ得。

次の

神戸市の教諭いじめ問題 加害者教諭が児童に「反抗して学級をつぶしたれ」【動画】

神戸 教諭 いじめ 加害 者

「12月に入り通院の頻度も減り、薬には頼っていますが夜も眠れるようになってきました。 早ければ来年度には教壇に戻れるように調整をしているようです」(X教員の代理人弁護士) 30〜40代の先輩教員4人が20代のX教員に対し、いじめの限りを尽くした兵庫県神戸市の東須磨小学校で起きた教師間いじめ事件。 X教員を羽交い締めにし、激辛カレーを無理やり食べさせ、大笑いしている教員たちの動画が報道されると、加害教員たちへの怒りは列島を駆け巡った。 ネットで晒し者、外出できず 暴力、暴言、教師とは思えない非道な行為は50項目以上。 追い詰められたX教員は2019年の夏休み明けから登校できなくなり、事件が明るみになった。 市教委は同年10月に外部調査委員会を設置。 12月20日に報告書を公表、'19年内にも加害教員らを処分する予定だったが、 「X先生が被害内容を訴えたメモなどの資料10点ほどを調査委員会に提出し忘れていました。 隠蔽ではないです」 と前出・市教委の担当者は謝罪。 公表時期は年度内とはされるが未定だ。 X教員は被害届も提出。 兵庫県警は4人から任意で事情も聞き、慎重に調べを進める。 加害教員たちは自分たちの行為を省みているのだろうか。 「加害教員たちは精神的に憔悴していました。 するとD教員は「不当だ」と訴え、市の人事委員会に審査請求。 D教員は関与を認めているものの、「激辛カレー強要など悪質性の高い行為には関わっていない」と主張、納得できないとしている。 「加害者からは弁護士経由で定型的な謝罪文など文書が届いていますが、示談の申し入れはない。 本人たちはすっかりどこかに雲隠れしている様子だった。 しかし、学生時代を知る同級生らの間では女帝の昔話がひそかな話題になっているとか。 同じ学校に通っていた同級生の親は、 「彼女はわがままというか、当時から性格がきつくて友達も少なかったみたい。 高校で不登校になったこともあったそうですが、そのときはお兄さんが世話をしたそうです」 今回もまた教育関係者の兄たちが骨を折るのだろうか。 外部サイト.

次の

【教員いじめ】加害教諭が謝罪文 40代女性教諭の文章に恐怖を感じる人続出「異常」「ズレてる」

神戸 教諭 いじめ 加害 者

小学校の先生にとっての夢、それは教壇に立つことだ。 その機会を閉ざされること、これは、私たちには窺い知れない大きな罰なのかもしれない。 先月2月28日、昨秋、発覚した神戸市教員間いじめ・暴行事件の加害4教諭への処分が下された。 加害4教諭のうち、蔀俊教諭(34)、柴田祐介教諭(34)が懲戒免職。 残る女性教諭(45)が停職3ヵ月、男性教諭(37)を減給3ヵ月(10分の1)の処分が下された。 同時に、管理責任を問われた現校長の仁王美貴神戸市立東須磨小学校校長(55)は減給3ヵ月(10分の1)、前校長の芝本力校長(55)は停職3ヵ月の処分が決まっている。 神戸市立東須磨小学校 この処分内容に不満の声を上げる市民は少なくない。 懲戒免職となった加害2教諭はさておき、残る女性教諭と男性教諭の2教諭の処分が、それぞれ停職、減給と、ごく一般の市民感覚からみれば、あまりにも軽すぎるということ、そして、彼、彼女らが晴れて処分明けとなり、ほとぼりが冷めた頃、学校教育現場に戻って来て、もしかすると自分の子どもを担任するのではないかとの不安がそこにある。 もっとも、公務員の世界では停職3ヵ月、減給3ヵ月というのは、とても厳しい処分だという。 元、現を問わず、公務員ら何人かに話を聞くと、停職3ヵ月というのは、組織から「もうあなたの居場所はありません」「自発的に依願退職して下さい」、減給3ヵ月とは「今後、公務員として厳しい生き方を強いられます」というメッセージなのだそうだ。 単に職場に出なくてもいい、給与を減額されるという軽いものではないようだ。

次の