野鳥 ジョウビタキ。 野鳥写真集・ジョウビタキの写真

ジョウビタキ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

野鳥 ジョウビタキ

秋の深まりと共に ジョウビタキの姿が、どこかしこに見える様になります。 ジョウビタキの雄は黒っぽい紺色に白い点の模様、雌は少し赤っぽいベージュ色。 山の中でも見えますが、民家の庭の木の枝、野原でも出会えるのでシャッターチャンスは多いかも。 地面の虫や、草の実等を夢中で啄ばんでいる ジョウビタキの姿は、なんとも可憐ですね。 鳴き声はルリビタキとほぼ同じなので、聞き分けはむづかしいと思います。 BORG89ED撮影。 BORG 89ED PENTAX K-3撮影 ジョウビタキの大きい画像です。 目の周りの羽毛と背中の羽毛や風切り羽の白い羽毛の解像感をご覧ください。 BORG 89ED PENTAX K-3撮影 ジョウビタキの大きい画像です。 背中から尾羽の解像感に注目です。

次の

ジョウビタキの特徴は?生態や分布、鳴き声は?

野鳥 ジョウビタキ

大きさ• 15cm 外見の特徴• オスは頭が銀白色• 翼の中央に白色の斑点 ジョウビタキは全長15cmほどの小さい鳥で、スズメよりもやや小さいです。 オスは頭頂部が銀白色で目の周りは黒色です。 外見は白髪の人間を連想させますよ。 昔は高齢の男性を「翁」や「尉」と呼んでいましたが、「ジョウビタキ」の「ジョウ」の由来にもなっています。 オスのお腹は赤茶色ですが、光の加減で鮮やかなオレンジ色にもみえますよ。 ジョウビタキを紹介する写真でよく見かけるのはオスですね。 メスの体の色は、全体的にやや灰色を帯びた薄い茶色です。 翼はワントーン濃い色をしていますよ。 後ろ足から尾羽にかけて、わずかに赤茶色をしています。 オスとメスに共通している特徴は、翼の中ほどにある細長い白い班点です。 ジョウビタキに近い種と区別できる特徴ですよ。 ジョウビタキの生態は? 生態• おじぎしながら鳴く• 警戒心が薄い おじぎしながら鳴く 繁殖期ではないときには単独行動になりますよ。 縄張り意識が強いので侵入者はオスメス関係なく縄張りから追い出します。 縄張りを主張する行動として、おじぎをしながら鳴く姿がみられますよ。 日本へ来るとまず縄張りを確保します。 ジョウビタキがおじぎをしながら鳴いている姿を見かけたら、その後は同じ場所で観察ができますよ。 警戒心が薄い 人間に対しては警戒心が薄く間近で観察できます。 近くまで寄っても逃げないため、写真家や野鳥愛好家の被写体になることが多いです。 ジョウビタキの分布は?どこに生息している? ジョウビタキの繁殖地はチベットから中国の東北部、ロシアの極東部である沿海地方、バイカル湖周辺です。 非繁殖地は日本、中国南部、インドシナ半島北部です。 日本へは冬鳥としてやってきて越冬しますよ。 平地や低い山の林、公園、河原などで姿をみかけますよ。 民家の庭先にきて木の実をついばむ光景もよく見かけられます。 近年では北海道や長野県といった積雪地帯で繁殖する姿が確認されています。 北海道での繁殖が増えていますよ。 ジョウビタキの鳴き声は? ジョウビタキの地鳴きは「ヒッ、ヒッ、ヒッ」という甲高い声です。 一定のリズムで聞こえてきますよ。 低い声で「カッ、カッ、カッ」と鳴くこともありますね。 日本で繁殖する個体がでてきたため、繁殖期のさえずりも聞かれるようになりましたね。 「ピーヒョロピ、ヒヨ、チチ」とさえずりますよ。 なつきやすく親しみやすいジョウビタキ ジョウビタキは鳴き声からみつけやすく、人間の住む場所の近くにいることから親しみやすい鳥として知られていますね。 庭先にやってくるジョウビタキに餌付けをしているとそのうち手の平にも乗ってくるようになりますよ。 野鳥ですので、もしなついてきても飼育することは法律で禁止されていますよ。

次の

ジョウビタキの生息地と探す際のポイント

野鳥 ジョウビタキ

分布 [ ] から東北部、、周辺で繁殖し、非繁殖期は、中国南部、北部へのをおこない越冬する。 日本ではとして全国に渡来する。 日本での繁殖例 [ ]• 1983年 - 麓で繁殖が確認されている。 2010年6月21日 - 諏訪の会長が、富士見町の林でジョウビタキの繁殖を確認する。 2012年6月3日 - 日本野鳥の会旭川支部長の柳田和美が、町内の空き家の屋根裏で営巣しているジョウビタキの繁殖を確認する。 6月8日付の北海道新聞朝刊にヒナにエサを与える親鳥の写真が掲載された。 2012年7月25日 - 6月に続き、同じつがいが再び繁殖したのを、柳田和美が、町内で撮影された写真で確認する。 8月22日付の北海道新聞朝刊にヒナの写真が掲載された。 2013年8月5日 - 大阪府立岸和田高校生物部夏期合宿で兵庫県鉢伏高原のロッジ裏で巣立ちビナを含む家族群を見つけたのが西日本での最初の繁殖例である。 2014年6月23日 - 岡山県在住の獣医師(笹野聡美)が、真庭郡新庄村の民家の排気口痕に営巣しているのを発見し、巣立ち直前の雛を確認した。 西日本では初認事例として、日本鳥学会誌に掲載された。 その後岐阜県、鳥取県でも繁殖が確認されており、今後国内での繁殖拡大傾向が続くのか注目されている。 豊橋総合動植物公園での繁殖 [ ] 2002年にが日本の動物園で最初にジョウビタキの繁殖に成功し、のを受賞した。 ケージ内で縄張りをもち、ペアを形成し抱卵14日目に雛がし、雛6羽中2羽が成育した。 形態 [ ] 体長は13. 5-15. 5 、体重13-20。 よりわずかに小さい。 オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴である。 メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられる。 胸から腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしている。 翼は黒褐色だが中ほどに白くて細長い斑点があり、ここで近縁種と区別することができる。 分類説によって、もしくはに分類される。 ヒタキ類のように樹上から飛び立ち羽虫を空中捕獲で捕食する他、ツグミ類のように地上に降りることも多い。 オスとメス 生態 [ ] 平地からの低山の明るく開けた林の中に生息する。 冬の日本では人里や都市部の公園などでもよく見られ、身近な冬鳥の一つである。 非繁殖期はオスメスともに単独生活を行い 、を作って同種を排斥する習性があり、異性個体やに映った自分の姿にも攻撃を加えるほどである。 おじぎのような姿勢で鳴き声をあげて縄張り争いをする。 しかし人間に対する警戒心はわりと薄く、3-4 くらいの所に降り立つこともある。 やクモ類などを捕食するが、冬には などの木の実もよく食べ、など実をつけた木によく止まっている。 樹洞、崖のくぼみなどに枯葉や苔を使って皿状の巣を作る。 5-7個の卵を産み、主に雌が抱卵する。 国内での繁殖は全て建物の隙間など人工構造物での営巣である。 地鳴きは自転車のブレーキ音を短くしたような声で、「ヒッ」や「キッ」と聞こえる甲高い声と軽い打撃音のような「カッ」という声を組み合わせた特徴的なものである。 「ヒッ」の声はかなり遠くまで届く。 早朝にも鳴くことが多く、2度「キッ、キッ」、続いて打撃音の「カッ、カッ」がくる。 この打撃音が、火を焚くときのを打ち合わせる音に似ていることから、「火焚き(ヒタキ)」の名が付いたとされる。 和名のジョウ(尉)はを意味する。 近縁種 [ ] Phoenicurus ochruros S. Gmelin, 1774 オスは頭部の白い部分が狭く、顔から首、胸、背中まで黒っぽい。 メスには特徴的な模様がなく、一様に淡い褐色をしている。 中央アジアから南アジアにかけてとヨーロッパに分布する。 日本では迷鳥としてたまに記録される。 Phoenicurus phoenicurus Linnaeus, 1758 オスは頭から背中、翼まで灰白色をしている。 メスもやはり背中が白っぽい。 繁殖域は中央アジアからヨーロッパまでで、冬はアフリカ熱帯域で越冬する。 日本では迷鳥として記録されるが、観察記録はクロジョウビタキより少ない。 2011年12月20日閲覧。 2011年12月20日閲覧。 2011年12月19日閲覧。 2010年8月5日. 2011年12月19日閲覧。 2012年6月8日. 2012年6月8日閲覧。 2012年8月22日. 2012年8月22日閲覧。 大橋秀一、井上康子、林美喜男、梅田秀夫、山口仁(豊橋総合動植物公園). 科学技術総合リンクセンター. 2011年12月20日閲覧。 2011年12月19日閲覧。 参考文献 [ ]• 『ひと目でわかる野鳥』中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月。 高木清和『フィールドのための野鳥図鑑-野山の鳥』、2000年8月。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の