秘書 検定 3 級 過去 問。 秘書検定3級 過去問題

医療秘書技能検定試験/過去問題と解答速報

秘書 検定 3 級 過去 問

秘書として働くためには、公益財団法人・実務技能検定協会が主催する 秘書検定の資格が無ければならない!というわけではありませんが、実務で役立つ職務知識やビジネスマナー(言葉使いなど)が学べるとして、社会経験のない学生(全体の約8割)を中心に受験される方が多いようです。 秘書検定は、受験者の能力に応じて4クラス(1級|準1級|2級|3級)に分かれますが、社会経験のない学生が、いきない1級試験に挑戦したとしても、合格する可能性は低い(もちろん、ゼロではありませんが…)ので、まずは入門レベルの 3級合格を目指し、1ランクずつステップアップしていった方が賢明かと思われます。 そこで、秘書検定3級とは、いったいどのような試験制度で、どんな問題が出題されるのか・・・? 本試験で実際に出題された問題(いわゆる 過去問)を基に、3級試験の全体像(試験内容や難易度など)について、把握しておきましょう。 秘書検定の試験内容は、階級によって異なってきますが、 3級は筆記試験によるペーパーテストのみで合否判定が行われます。 なお、検定試験の出題範囲に関しては、各級共通であり、ほぼ変わりありません。 技能 面接試験 ・ロールプレイング形式 準1級 筆記試験 ・マークシート方式 [5肢択一] ・記述式 面接試験 ・ロールプレイング形式 2級 筆記試験 ・マークシート方式 [5肢択一] ・記述式 3級 筆記試験 ・マークシート方式 [5肢択一] ・記述式 そのため、出題される問題のレベル(難易度)を変える(上位ランクほど、より深く高度な知識・技能が求められる)ことでクラス分けしているというのが秘書検定の特徴といえるでしょう。 また、試験内容は大きく5つの分野で構成されていますが、過去問を分析してみると、下記のような配分で出題されていることが分かります。 \ 理論科目 実技科目 必要とされる資質 職務知識 一般知識 マナー・接遇 技能 択一問題 マークシート 5問 5問 3問 10問 8問 記述問題 ----- ----- ----- 2問 2問 ここでひとつ注目すべき点は、秘書検定の〝合格基準〟です。 秘書検定には合格基準があり、理論科目と実技科目ごとに合格に必要とされる最低点が設けられているのです。 理論科目、実技科目ともに60%以上の得点 つまり、仮に理論科目が合格基準を満たしていたとしても、実技科目の方が基準点を下回っていると不合格になってしまうため、両科目ともにバランスの良い学習を心がけることが大切だということです。 秘書検定3級は、一部の記述問題を除くと、その大半はマークシート方式で出題されるため、実務経験のない学生受験者にとっては〝面接試験〟がない分、受けやすい試験制度といえそうです。 しかし、先にも述べたとおり、理論科目と実技科目、それぞれに一定の合格基準が設けられていることから、両科目、バランス良く学習し、極端な苦手科目を作らないようにしなければなりません。 特に実技科目に比べ、理論科目は対策が立てづらい上に面白みに欠けるため、試験対策に苦労されている受験者も少なくないようです。 しかし、秘書検定は合格者のレベルを、ある程度安定させる必要上、 過去問が重視される傾向が強いことから、比較的、試験対策の立てやすい試験といえるので、数年分の本試験問題をまとめて収録した市販の過去問題集等を利用することで、独学でも十分合格の狙える試験といえるでしょう。 参考までに、秘書検定3級では、実際にどのような問題が出題されているのかを肌で感じ取ってもらうため、本試験で出題された問題の一部をいくつか載せておくので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 問1:秘書A子が先輩の急ぎの仕事を手伝っていたとき、上司から私用を指示された。 急ぎの仕事はあと1時間ほどかかりそうである。 このような場合どのように対処したらよいか。 次の中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 1)上司には承知したと言って、先輩にどのようにしたらよいか相談する。 2)上司にいつまでにすればよいか確認し、急がないようなら急ぎの仕事を続ける。 3)上司に急ぎの仕事が終わるおおよその時間を言って、私用はその後でよいか尋ねる。 4)自分は上司の秘書なので、先輩に急ぎの仕事は中断させてもらうと言って私用を先に行う。 5)さほど時間はかからないことなので、先輩に切りのよいところで中断して私用を済ませてもよいか尋ねる。 【必要とされる資質:理論】 問2:新人秘書A子は先輩から、秘書の仕事には特に教えられたり指示されていなくても、自分で考えて積極的にしないといけないこともあると言われた。 次はA子が、それはどのようなことか考えたことである。 中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 1)上司が出張中で時間に余裕があるときは、上司のロッカーの中を整理しておくなどのことではないか。 2)よく指示される仕事は、仕事ごとに手順をマニュアル化しておき、ミスなく速くするなどのことではないか。 3)外出するときは行き先を言って、ついでに済ませる用事はないか周りの人に尋ねるようにするなどのことではないか。 4)郵便にはいろいろな書類や送り方があるので、発送物を適切に送るために郵便の知識を得ておくなどのことではないか。 5)上司から仕事を指示されたときは、忘れたり期日を間違えたりしないように、自分の予定表に記入しておくなどのことではないか。 【マナー・接遇:実技】 問5:次は秘書A子が、会議の資料を準備するときに心掛けていることである。 中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 1)資料は、予備として会議の出席者数より二、三部多く用意するようにしている。 2)資料の大きさがまちまちのときは、大きさをそろえた方がよいか上司に確認している。 3)丁合を取った資料をホチキスでとじるときは、横書き資料の場合は右上を斜めにとじている。 4)資料をセットするときは、それぞれのページのコピーの枚数を確認してから丁合を取っている。 5)部外秘の資料をコピーしていてミスコピーが出てしまったときは、シュレッダーで処理するようにしている。

次の

秘書検定3級は合格率60%以上!独学で十分に合格できる試験

秘書 検定 3 級 過去 問

スポンサードリンク 秘書検定3級 過去問題 秘書の資質 次は新人秘書A子が先輩から、秘書の仕事のしかたとして教えられたことである。 中から不適当と思われるものを選べ。 上司の指示がよく分からないときは、上司に尋ねず自分で考えて処理すること。 上司から指示された仕事は、上司の私用であっても、ほかの仕事と同じように行うこと。 上司から指示された仕事が期限までにできそうもないときは、事情を話して延ばしてもらうこと。 上司からの指示を待って仕事をするだけでなく、しておいたほうがよさそうな仕事は、自分からしておくこと。 上司の指示内容に誤りがあったと思われるときは、自分が聞き間違えたかもしれないがと言って、改めて確認すること。 第74回 2004年11月7日実施 職務知識 秘書A子の上司(営業部長)は自室で部下と打ち合わせ中である。 そこへ他部署のR部長から「取引先のことで急いで部長に確認したいことがある」と内線電話があった。 このような場合、A子はR部長にどのように対応すればよいか。 次の中から適当と思われるものを選べ。 「部長は打ち合わせ中だが、急ぐのならすぐに尋ねてみる」と言う。 「どのくらい急ぐのか、すぐでないといけないのなら取り次ぐ」と言う。 「部長は打ち合わせ中なので、自分が話を聞いておこうか、伝えておく」と言う。 「確認する内容を教えてもらえば自分が部長に確認してくるが、それでよいか」と言う。 「部長は打ち合わせ中なので、終わったら連絡する。 それまで待ってもらえないか」と言う。 第74回 2004年11月7日実施 一般知識 次は、用語とその意味の組み合わせである。 中から不適当と思われるものを選べ。 トピック=話題• リザーブ=調整• メディア=媒体• レポート=報告• リアクション=反応 第74回 2004年11月7日実施 マナー・接遇 新人秘書A子は、社外で行われたマナー研修会に参加した。 そこで講師から、外部の人に対して上司のことをどのように言っているかと質問された。 次は、いろいろな職種からの参加者が答えた言い方である。 中から不適当と思われるものを選べ。 会社に勤めているB子は、上司が山田部長なので「部長の山田」と答えた。 病院に勤めているC子は、上司が吉田先生なので「先生の吉田」と答えた。 支店に勤めているD子は、上司が中村支店長なので「支店長の中村」と答えた。 業界団体に勤めているE子は、上司が高橋理事長なので「理事長の高橋」と答えた。 販売店に勤めているF子は、上司が鈴木マネージャーなので「マネージャーの鈴木」と答えた。 第74回 2004年11月7日実施 秘書検定3級 解答.

次の

秘書検定(2級・3級)試験問題or過去問┃問題集.jp

秘書 検定 3 級 過去 問

Web講座で効率的に学習するなら 講義映像を活用したWeb講座だから効率よく、たったの2ヶ月で必要なスキルが学習ができます。 共通している部分の多い秘書検定3級と2級の同時合格を目指すことも、試験のポイントを抑え、分りやすい、効率を重視したWeb講座だから短期間でOKです!! 一般的に他の資格にも言えることですが、4級、3級、2級と級が上がる場合、1級や準1級に比べると2級までは比較的簡単に取得できる資格が多いのです。 秘書検定の場合も同様で、2級の取得を目指すなら、独学でなく通信講座などでしっかり勉強しておけば合格できるため、どうせ取るなら2級をと考える人が多いのです。 しかも、秘書検定3級は基礎的なレベル、2級は一般的なレベルという位置づけになっているため、いきなり2級に挑戦してもしっかり準備しておけば合格できるのです。 秘書検定2級を取るなら独学か通信講座か 秘書検定2級までは、筆記試験のみなので独学で参考書や問題集に取り組めば大丈夫という人もいますし、実際に独学で合格した人も少なくありません。 ただし、多くの参考書や問題集の中から適切なものを選び、計画的に学習してく洞察力や忍耐力は必要でしょう。 独学に必要な書籍も1冊あたり1,500円から2,000円くらいするものが主流で、最低でも数冊を購入しなければならないため、 独学でも費用がゼロというわけにはいきません。 一方、秘書検定2級取得のための通信講座では、長年の実績と過去問の分析などから、受験に最適なテキストや問題集などを独自に用意し、学習の進め方についてもしっかりとカリキュラムが組まれているので安心です。 自分を律して学習するのが苦手な人は、通信講座を受講してカリキュラムに沿った学習をする方が確実に合格力が身に付くでしょう。 秘書検定試験スケジュール 令和2年度の秘書検定の試験スケジュールは次の通りです。 秘書検定試験は、 年に3回の試験が行われるので比較的試験対策が立てやすい試験ということができます。 概ね3ヶ月程度の学習期間を見越して通信講座を受講すれば秘書検定資格をゲットできるでしょう!! 第121回秘書検定試験 秘書検定3級試験 2020年6月14日 日 11:50 ~ 13:50 願書受付:2020年4月8日 水 ~5月13日 水 秘書検定2級試験 2020年6月14日 日 14:50 ~ 17:00 秘書検定準1級試験 2020年6月14日 日 11:50 ~ 14:10 秘書検定1級試験 2020年6月14日 日 14:50 ~ 17:20 第122回秘書検定試験 秘書検定3級試験 2020年11月15日 日 11:50 ~ 13:50 願書受付:2020年9月2日 水 ~10月14日 水 秘書検定2級試験 2020年11月15日 日 14:50 ~ 17:00 秘書検定準1級試験 2020年11月15日 日 11:50 ~ 14:10 秘書検定1級試験 2020年11月15日 日 14:50 ~ 17:20 第123回秘書検定試験 秘書検定3級試験 2021年2月7日 日 11:50 ~ 13:50 願書受付:2020年12月7日 月 ~2021年1月12日 火 秘書検定2級試験 2021年2月7日 日 14:50 ~ 17:00 秘書検定準1級試験 2021年2月7日 日 11:50 ~ 14:10 秘書検定1級試験 2021年2月7日 日 14:50 ~ 17:20 秘書検定2級を目指せるおすすめ通信講座 秘書検定の取得を考えているなら、2級を目指した学習をして、試験では3級と2級を併願受験するのが良いでしょう。 また、秘書のスキルを秘書業務にきっちり活かしたい人は、是非とも準1級を目指すべきです。 秘書検定2級を目指す通信講座比較 先にも述べたように、秘書検定3級程度なら参考書や過去問の問題集を買い込んで、独学で勉強するということもできるでしょう。 しかし、2級取得を確実に目指すなら秘書検定用の通信講座を受講した方が、結果的に効率的で経済的であることが分ります。 目指せる資格、講座費用、学習期間などを見て、気になる講座の詳細資料を取り寄せて検討しましょう。 資料請求は無料です!! 講座名 秘書検定+ビジネスマナー講座 秘書検定3級・2級・準1級筆記試験対策Web 秘書検定 3級・2級・準1級 講座 取得資格 秘書検定2・3級 ビジネス実務マナー検定2・3級 秘書検定3級・2級・準1級 秘書検定3級・2級・準1級 スクール ヒューマンアカデミー通信講座『 たのまな』 日建学院/通信 生涯学習のユーキャン 学習期間 3ヶ月 2ヶ月 4ヶ月 費用 13,200円 27,500円 35,000円 テキスト 秘書検定テキスト、ビジネスマナーテキスト、秘書検定試験対策問題集、添削問題(秘書・マナー)、秘書検定模擬試験問題集 Web学習が主体、ポイントをまとめたサブテキスト メインテキスト、問題演習BOOK、準1級面接対策本、準1級面接対策DVD、過去問題集、最頻出ポイントチェック集、添削課題集、ガイドブック、添削関連書類一式 講座の特徴 ビジネス実務マナー検定と秘書検定を同時に目指せる人気講座 最新の出題傾向を分析し、合格ノウハウを盛り込んだ秘書検定試験対策Web講座 共有内容の多い秘書検定3級、2級、準1級の3階級の内容をまとめて一挙に学べる講座 資料請求 秘書検定とは 秘書というと社長室の横に座っている女性をイメージしてしまう人も多いと思いますが、社会人であれば誰もが持っておくべきスキルを持っているかを見るのが秘書検定です。 秘書検定に挑戦することで、電話対応、来客対応、文書やメールの書き方、スケジュール管理、一般社会常識やマナー、立ち振る舞い、臨機応変なその他の雑務処置など、社会人に不可欠なスキルを身に付けることができます。 また、秘書検定は、公益財団法人の実務技能検定協会が主催している公的資格なので、履歴書にばっちり明記してアピールできる資格なので、就活や転職にも大いに役立ちます。 試験範囲についても理論と実技の2分野からの出題で、理論では必要とされる資質、職務知識、一般知識などが問われ、実技ではマナー、接遇、技能などが問われ、問題の難易度に差はあるものの試験範囲は同じです。 審査基準を見てみると3級と2級の主な違いは次のようになっています。 2級と3級に必要とされる資質 秘書検定2級と3級に求められる資質について審査基準から見てみると、初歩的なスキルか一般的なスキルかで線引きされていて、技能面ではより高度な技能が2級には求められていることが分ります。

次の