きめ つの や い ば 200。 鬼滅の刃/きめつのやいば200話ネタバレ&画バレ!炭治郎死亡!?201話考察!感想・解説も!【週刊少年ジャンプ18号】

【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』200話(23巻)【感想】

きめ つの や い ば 200

陽光が昇る様を見る 無惨 むざんは 朝日を見て驚き恐れた表情を見せます。 そこで瞬時に 無惨 むざんが またもや衝撃波を放つと・・・ それまで 無惨 むざんに攻撃をするために近くにいた 不死川実美 しなずがわさねみと 伊黒小芭内 いぐろおばないは吹き飛ばされてしまいますが、 炭治郎 たんじろうは右手で尚も日輪刀で 無惨 むざんを壁に串刺しにしています。 すると次の瞬間、 炭治郎 たんじろうの左腕からは激しく血しぶきが飛ぶのが見えます。 それでも 炭治郎 たんじろうは 「放すな」「手を放すな」 「赤く、刃を赤くするんだ」 「心を燃やせ」「赤くなれ」「頼む」 と、持てる力を振り絞ろうとします! するとそこへ誰かの左手が 炭治郎 たんじろうの日輪刀をつかみました! 後ろから、あたかも 炭治郎 たんじろうの足りない左手のかわりとばかりに 冨岡義勇 とみおかぎゆうが援護します! 2人で必至に握った日輪刀は「カッ!」と突然赤くなり 無惨 むざんを串刺しにしている状態にさらに力がくわわり、 無惨 むざんは吐血してしまいます。 さらなる朝日がはっきりと 無惨 むざんの顔をとらえ、 無惨 むざんの顔の左側をジュっとこがすと・・・ 無惨 むざんは 「体を縮めれば一瞬で灼き尽くされる」 「肉体を守れ、肉の鎧を」 と、自分の体が陽光に焼かれるのを防ごうとした時、 無惨 むざんの姿は突然変化しました。 髪は抜け落ち、大きく膨れ上がった体に様変わりしてしまい、 と同時に 炭治郎 たんじろうの体を… 自分の体の中に取り込もうとします・・・ 陽光に当たり、ギャアアアと叫び必死に日陰に隠れようとする 無惨 むざんですが、 産屋敷邸から鬼殺隊の隊士達に目の札を通して指示を送っていた鬼殺隊の当主である 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやは、 「日陰に入らせるな!! 」 「落とせ!! 」 と叫びます。 無惨 むざんを日陰へと隠れさせないようにと、それまで物陰に隠れていた鬼殺隊の隊士達は 建物の上から 無惨 むざん目掛けて本棚を落とします。 すると 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやは「次・・・行きなさい!! 」と叫びます。 今度は乗用車に乗った 隠し達が 無惨 むざん目掛けて車で体当たりを仕掛けます! そして 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやの号令で 無惨 むざんの行く手を阻もうと、 今度は大人数で電車の車両を押します。 必至に 無惨 むざんを逃がすまいと 「下がるな!! 何があっても柱はもう戦えない!! 」 「退がるなァア押し続けろ!! 皆一緒だ怖くない!! 」 と必死でしたが、 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやは 「死ぬな一旦退がれ!! 」 「次の手は僕が考えるから!! 」 と叫びますが、大きく膨れ上がった右手が 隠し達へと向けられてしまいます。 と、そこへ風柱の 不死川実美 しなずがわさねみが 風の呼吸 玖 くの型を出して、間一髪隠し達を救います! それでも死なない 無惨 むざんに 不死川実美 しなずがわさねみは 「しぶてェんだよ!さっさと塵になりやがれェ!! 」と叫びます。 次には 無惨 むざんの背後から 無惨 むざんの頸を鎖で 無惨 むざんを押さえつけようと 岩柱の 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいが力の限りひっぱりると ドオン!という音と共に 無惨 むざんは仰向けにひっくり返ってしまい、 尚も陽光に照らされる体から焦げていきます。 陽光に照らされるのを嫌う 無惨 むざんは、 今度は土の中に潜って逃げようとしますが、 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいが 「地面に潜ろうとしてる」 「攻撃して 無惨 むざんの体力を削れーっ!! 」 と、他の柱達を奮起させます! すると・・・ 水柱の 冨岡義勇 とみおかぎゆうが 水の呼吸拾の型を出し、 風柱の 不死川実美 しなずがわさねみは 風の呼吸伍の型で攻撃し、 蛇柱の 伊黒小芭内 いぐろおばないは 蛇の呼吸肆の型で攻撃を放ちます。 すると鎖で 無惨 むざんを抑えていた岩柱の 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいが 「もう全員が限界だ」 「これ以上無理だ」 「死んでくれ頼む」 「ああああ駄目だ!! 」 と思った瞬間にそれまで 無惨 むざんを抑えつけていた鎖が切れてしまいました。 すると今度は 無惨 むざんの胴体から 炭治郎 たんじろうの腕と日輪刀が現れ 次の瞬間・・・ 無惨 むざんの顔から血が噴き出します! すると、さらに上ってきた陽光に照らされた 無惨 むざんの体は・・・ 無惨 むざんの悲鳴と共に 無惨 むざんの体を陽光が崩していくのでした!! 降り注ぐ全員で紡いだ希望の光・・・・・・!! 本編開幕は傷ついた恋柱の 甘露寺蜜璃 かんろじみつりを抱き上げる蛇柱の 伊黒小芭内 いぐろおばないから始まりました。 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは 伊黒小芭内 いぐろおばないに 「伊黒さん……」 「勝てた……?」 と聞きます。 伊黒小芭内 いぐろおばないは 甘露寺蜜璃 かんろじみつりに 「ああ勝った。 無惨 むざんは死んだ」 と返事すると、 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは 「良かったあ……」 続けて 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは 「体が全然痛くないや…もうすぐ私死ぬみたい…」 すると 伊黒小芭内 いぐろおばないも 「俺ももうすぐ死ぬだろう。 君は独りじゃない」 すると 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは、 「伊黒さんには死んでほしくないなぁ…」 「私あんまり役にたたなかったよね、ごめんね…」 伊黒小芭内 いぐろおばないは 「そんなことはない」 「頼むからそんな風に言わないでくれ」 「初めて会った日のことを覚えているか?」 と 甘露寺蜜璃 かんろじみつりに優しい言葉をかけると、 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは 「うん…伊黒さん…お館様のお屋敷で迷ってた私を助けてくれた…」 と返す 甘露寺蜜璃 かんろじみつりに 伊黒小芭内 いぐろおばないは 「違う、逆だ」 「あの日会った君があまりにも普通の女の子だったから、俺は救われたんだ」 と返します。 「ささいなことではしゃいで鈴を転がすように笑い」 「柱になるまで苦しい試練もあっただろうに、それを少しも感じさせなかった」 そして場面は岩柱の 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいを囲うように、以前鬼に襲われた時に一緒に住んでいた寺の子供達がいます。 子供達は 「謝らないで」 「みんな先生が大好きだよ、だからずっと待ってたの」 と言うと、 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは、 「そうか…ありがとう…」 「じゃぁみんなで行こう…皆で…」 「行こう…」 再び 甘露寺蜜璃 かんろじみつりと 伊黒小芭内 いぐろおばないに戻り、 伊黒小芭内 いぐろおばないが 「君と話しているととても楽しい」 「まるで自分も普通の青年になれたようで幸せだった」 「他の皆もきっと同じだったよ」 と、 「底抜けに明るく優しい君はたくさんの人の心をも救済してる。 胸を張れ」 「俺が誰にも文句はいわせない」 と想いを告げると、 甘露寺蜜璃 かんろじみつりが 「わあぁん嬉しいよぉ」 「わたしっ…伊黒さんが好き」 「伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの」 「だって伊黒さんすごく優しい目で私のこと見ててくれてるんだもん」 「伊黒さん伊黒さんお願い」 「生まれ変わったら、また人間に生まれ変わったら」… 「私のことお嫁さんにしてくれる?」 伊黒小芭内 いぐろおばないは 甘露寺蜜璃 かんろじみつりの言葉に 「勿論だ」 「君が俺でいいと言ってくれるなら」 「絶対に君を幸せにする」 「今度こそ死なせない、必ず守る…」 次の場面は風柱の 不死川実美 しなずがわさねみに場面は変わり、 不死川実美 しなずがわさねみは遠い場所に弟の 玄弥 げんやや家族達が見えています。 「 玄弥 げんや…」 「みんな向こうにいる…」 「お袋?なんで向こうに行かねぇんだ」 「お袋!そこにいるんだろ?」と尋ねると 「私はねぇ、そっちには行けんのよ」 返事をする母に、 「何でだよ一緒に行こう、ほら」と言いますが、 「駄目なのよ…みんなと同じ所へは行けんのよ…」 「我が子を手にかけて天国へは…」と答えると、 不死川実美 しなずがわさねみは 「…わかった、じゃぁ俺はお袋と行くよ」 「俺があんまり早く行ったら 玄弥 げんやが悲しむだろうし」 「お袋背負って地獄を歩くよ」 と話しかけました。 次の場面は 我妻善逸 あがつまぜんいつに変わります。 善逸 ぜんいつは取り囲む鬼殺隊の隊員達に 「頼む、俺が死んだら妻の 禰豆子 ねずこに愛してると伝えてくれ」 「そして俺は勇敢だったと…最後の最後まで 禰豆子 ねずこを…」 あたりまで話すと、まわりの隊員が… 「ずっと喋ってるじゃんコイツ…」 次は水柱の 冨岡義勇 とみおかぎゆうにうつり、 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 「 炭治郎 たんじろうはどこだ…」 「 炭治郎 たんじろうは無事か」 と、自分の怪我のことよりも 炭治郎 たんじろうの心配をしますが… 炭治郎 たんじろうの様子がおかしいようです… 鬼殺隊の隊員のひとりが 冨岡義勇 とみおかぎゆうに、 「息してない、脈がない」 「 炭治郎 たんじろう…」 以前の 炭治郎 たんじろうを思い浮かべながら、 涙がこぼれて来てしまいます……。 そして遅れてやって来た 禰豆子 ねずこにも、 「すまない……」 と繰り返すのでした…。 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいはすでに事切れているような描写になっていて、 炭治郎 たんじろうもすでに脈がなく、息もしていなと鬼殺隊の隊員の一人が話しています… そして、 不死川実美 しなずがわさねみは向こう側には行かないようですし、 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 炭治郎 たんじろうの心配をしています。 我妻善逸 あがつまぜんいつに限って言えば、いつもの調子で何か語っていましたね 笑 そこで上のカラー扉絵を再度ご覧ください! 右側が、死亡フラググループ!? で左側が生存フラググループ!? なのではないのでしょうか!? 正直この右側グループには先頭に 炭治郎 たんじろうがいるのでなまじ信じたくはないのですが、何やらこの絵の配置が作者の意図が込められているようで仕方がありません…。 果たして 無惨 むざんは本当にあとの欠片もなく太陽の陽光によって細胞を残さず焼かれ消滅したのでしょうか!? ここにも疑問があり、今後の新たな展開が待っているような気がしてなりません…。 後半ピンチになってからの 無惨 むざんは何の策もなく今週話まで来ました。 ラスボスにしては妙にあっけなかった。 と、皆さんも思ったのではないでしょうか!? 本当に 無惨 むざんは消えてなくなったのでしょうか!? 私の考察は 無惨 むざん編第1章ー完ー、第2章へと続く的な感じのような気がしてなりません…。 おそらくは今後の展開で 禰豆子 ねずこが鬼になった理由と鬼から人間に戻った理由もあると思ってはいます。 鬼滅の刃の物語の主人公は 竈門炭治郎 かまどたんじろうだったと思うのですが、果たして主人公が死にますかね!? もしも本当に死んでしまったとしたら、物語は本当にこれで終わってしまうような気がしますが… それにヒノカミ神楽の13番目の型の謎も説かれていません…。 なので、次号201話以降では新たに柱の選定が行われ、新章への新たな展開と炭治郎の生死がわかるのではないでしょうか!?

次の

「鬼滅の刃」200話ネタバレ・・・おばみつに涙・・・そして炭治郎について語りたい!【北海道でもジャンプは売ってます】

きめ つの や い ば 200

崩れ落ちる無惨 朝日が昇り無惨が消えていく。 長い戦いに終止符が打たれた。 産屋敷輝利哉(うぶやしききりや)が涙する。 うおおおおおおおおおと 鬼滅隊の隠たちが歓喜の嵐 無惨を倒した 無惨が死んだと 抱き合い喜ぶ 産屋敷輝利哉(うぶやしききりや)が疲労の末、倒れる 心配する妹が産屋敷輝利哉(うぶやしききりや)の頭に手をあてる 鬼滅隊の隠たちが 終わりじゃないぞ 怪我人の手当てだ 急いで救護に回れ 泣くな馬鹿しっかりしろ 他の鬼滅隊メンバーの救護に向かう 悲鳴嶼(ひめじま)の死 悲鳴嶼(ひめじま)が鬼滅隊メンバーの隠たちに よせ、薬を使うな 私は手遅れだ 貴重な薬を溝に捨てることになる 他の若者達の所へ行ってくれと 鬼滅隊メンバーの隠たちに言う 鬼滅隊メンバーの隠たちが泣きながら 悲鳴嶼(ひめじま)見つめる 頼む、私の最後の願いだ 悲鳴嶼(ひめじま)の走馬灯が流れる ああ、お前たちか 生徒たちが あの日のことを 私たちずっと誤りたかったの 先生を傷つけたよね? でも俺たち逃げようとしたんじゃないんだよ 先生は目が見えないから守らなきゃと思って 武器を取りに行こうとしたんだ 外に農具があったから 私は人を呼びに行こうとしたの 子どもたちが悲鳴嶼(ひめじま)に事件があった日のことを話した。 そうだったのかと真実を知る悲鳴嶼(ひめじま) 獪岳 かいがく を追い出したこともごめんなさい だけど理由があるの、嘘じゃないよ いつも通りまた明日が来ればちゃんと話もできたのに 本当にごめんなさい 泣く子どもたち 悲鳴嶼(ひめじま)が そうだ、明日さえきていたら と涙する 私の方こそお前たちを守ってやれず、すまなかった と後悔の念を抱く 子どもたちは 謝らないで、みんな先生が大好きだよ だからずっと待ってたの と悲鳴嶼(ひめじま)を抱きしめる そうか、ありがとう…。 じゃあ行こう、皆で…。 涙しながら逝く悲鳴嶼(ひめじま) 鬼滅隊メンバーの隠たちも涙する 伊黒と甘露寺が結婚を約束をして…。 甘露寺が鏑丸に気付く 伊黒に勝てた?と聞く甘露寺 ああ勝った 無惨は死んだと甘露寺に報告をすると 甘露寺は良かったと安堵する 体が全然痛くないや…。 もうすぐ私死ぬみたい…。 という甘露寺に伊黒は 俺もすぐにしぬだろう 君は独りじゃないと言う 伊黒さんには死んでほしくないな 私あまり役に立たなかったよね、ごめんねと伊黒に謝る そんなことはない、頼むからそんな風に言わないでくれ 初めてあった日のとこを覚えているか?と甘露寺に語りかける 甘露寺は頷き 伊黒さん、お舘様のお屋敷で迷ってた私を助けてくれた 伊黒は 違う、逆だ あの日会った君があまりにも普通の女の子だったから俺は救われたんだ ささいなことではしゃいで、鈴を転がすように笑い 柱になるまで苦しい試練もあっただろうに それを少しも感じさせない 君と話しているととても楽しい まるで自分も普通の青年になれたようで幸せだった 他の皆もきっと同じだったよ 底抜けに明るく優しい君はたくさんの人の心をも救済してる、胸を張れ 俺が誰にも文句は言わせない ぐっと甘露寺を抱きしめる 嬉しいと言いながら泣く甘露寺 わたし、私伊黒さんが好き 伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの だって伊黒さん、すごく優しい目で私のこと見ててくれるんだもん 伊黒さん、伊黒さんお願い 生まれ変われたらまた人間に生まれ変われたら 私のことお嫁さんにしてくれる? 泣きながら甘露寺が伊黒に言う 勿論だ、君が俺でいいと言ってくれるなら 絶対に君を幸せにする 今度こそ死なせない 必ず守る 甘露寺に告白をした 不死川実弥 しなずがわさねみ は生き残る 不死川実弥 しなずがわさねみ の走馬灯に家族の皆が出てくる 玄弥(げんや)みんな向こうにいる お袋?何で無効に行かねえんだ お袋!そこにいるんだろ? 私はね、そっちには行けんのよ 何でだよ、一緒に行こう ほら! 駄目なのよ、みんなと同じ所へは行けんのよ 我が子を手にかけて天国へは…。 母から伝えられる 不死川実弥 しなずがわさねみ は わかった、じゃあ俺はお袋と行くよ 俺があまり早く行ったら玄弥が悲しむだろうし お袋を背負って地獄を歩くよ 母親の手を掴んだ時 父親が出てきて 放せ、志津は俺と来るんだと 父親に手を放せられる てめえ、糞親父 糞野郎、お袋を放せ! 父親が お前はまだあっちにもこっちにも来れねえよ 俺の息子だってことに感謝しろ、特別頑丈だ と言われ、不死川実弥 しなずがわさねみ の意識が戻る くそが…と吐き捨てる 伊之助は治療中に元気に 鬼滅隊メンバーの隠の手を噛む しかし、吐血して鬼滅隊メンバーの隠たちに心配される 善逸は治療中に 頼む、俺が死んだら妻の禰豆子に愛してると伝えてくれ そして、俺は勇敢だったと 最後の最後まで禰豆子を と鬼滅隊メンバーの隠たちに言うと 妻じゃないだろとツッコまれ ずっと喋ってるじゃんコイツと飽きられる 炭治郎の死 動かないでくださいと 鬼滅隊メンバーに止められる冨岡義勇 冨岡義勇は炭治郎を探す 炭治郎はどこだ 炭治郎は無事か 鬼滅隊の隠メンバーにとりあえず手当てをするように促される 冨岡義勇が炭治郎を発見する。 鬼滅隊の隠メンバーが 息していない 脈がない 炭治郎に呼びかける 冨岡義勇が炭治郎の笑顔を思い出して涙する この時、冨岡義勇は炭治郎の死を目の当たりにする 炭治郎に歩み寄り また守れなかった 俺は人に守られてばかりだ 許してくれ すまない、禰豆子 すまないと何度も謝る 勝利の代償があまりにも大きすぎた…。 200話の感想・考察 それぞれの最後の言葉に感動して涙しました。 これで戦いは終わったのかと思うと 少し寂しい感じがします。 特に炭治郎が死んで、冨岡義勇さんが 俺は守られてばかりだ。 すまない。 という最後のシーンは号泣ものでした。 このまま主人公が死んでしまうということは おそらくないとは思いますが、どうなるか気になりますね! このまま最終回までは戦いがなく、回想シーンや エンディングを迎えるための伏線集めになるのでしょうか? 次号が楽しみです! ここから私の考察になります。 実は無惨は生きてるのではないかと思いました。 燃え尽きるシーンでまだ肉片が残ってたのが ちょっと気がかりでした。 さすがに復活してこの後、誰が倒すんだ?ってなってしまうので 可能性は高くないですが、最後の最後まで消えるシーンが描写されてないのが 一番気になりました。 本当に生きてたら次は誰が倒すのか? 炭治郎の復活はあるのか? まだまだ目が離せませんね!.

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』200

きめ つの や い ば 200

ー消える宿敵ー そして陽光に照らされた 無残 むざんは完全に消滅していき、体はこなごなになっていっています。 長き戦いの末、訪れたのは・・・ 勝利を確信した当主の 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやは放心状態になっています 完全に消すくずと変わり果てる 無残 むざんを周囲にいる 鬼殺隊 きさつたいの隊員達が見守っていると、 周囲にいた 鬼殺隊 きさつたいの隊員達がその顛末を確認すると 「ウオオオ!」という歓声とかわり、 一気に喜びへと変わります。 「倒した!! 無残 むざんを倒した!! 」 「 無残 むざんが死んだ!! 」と歓喜の声が飛び交います 一方の 産屋敷邸 うぶやしきていではお館の 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやの心配をする周囲をよそに、 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやは 「怪我人の…手当を…」 と、先に戦闘に加わっていた 鬼殺隊 きさつたいの隊士達の気遣いをします。 そして、 鬼殺隊 きさつたいの隊員達は、 「終わりじゃないぞ!立て!怪我人の手当てだ!! 」 「急いで救護に回れ!泣くな!しっかりしろ!! 」と怪我を追った柱達の救護に回ります。 場面は壁によりかかりながら、隠し達の手当てをうける 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいにうつります。 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいの手当てをしようとする隠し達は必死に薬の投与を試みますが、 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは 「よせ、薬を使うな」 「私は手遅れだ、貴重な薬を溝に捨てることになる」 「他の若者達の所へ行ってくれ」 「頼む…最後の願いだ…」と自分よりも若い者達のことを気遣います。 すると、 「ああ…お前たちか…」と 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは走馬灯のようなものを見始めます… 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいの見ている景色では、かつて自分が世話をしていた子供たちが 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいに訴えかけていました。 「先生…あの日のことを私たちずっと謝りたかったの」 「先生を傷つけたよね?」 「でも俺たち逃げようとしたんじゃないんだよ」 「先生は目が見えないから守らなきゃと思って」 「武器をとりに行こうとしたんだ。 外に農具があったから」 「私は人を呼びに行こうとしたの…」と訴えかけます。 それを聞いた 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは 「ああ…そうだったのか…」と初めて真相を聞かされます。 そして 「 獪岳 かいがくを追い出したこともごめんなさい」 「だけど理由があるの、嘘じゃないよ」 「いつもどうり明日が来ればちゃんと話もできたのに、本当にごめんなさい。 」 それを聞いた 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは 「私の方こそお前たちを守ってやれず…」 「すまなかった…」 子供たちは 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいに抱きつき 「謝らないで、みんだ先生が大好きだよ」 「だからずっと待ってたの」と、 そして 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは 「そうか…ありがとう…」 「じゃあ行こう…皆で…」 「行こう…」 とつぶやきます… 場面は 伊黒小芭内 いぐろおばないと 甘露寺蜜璃 かんろじみつりにうつし、 伊黒小芭内 いぐろおばないの蛇の 鏑丸 かぶらまるを見た 甘露寺蜜璃 かんろじみつりが 「あ… 鏑丸 かぶらまるくん…」と意識を戻し、 「 伊黒 いぐろ…勝てた…」とたずねます。 伊黒小芭内 いぐろおばないは 「ああ勝った」と答えると 甘露寺蜜璃 かんろじみつりが、 「良かったぁ」と喜びます。 続けて、 「体が全然痛くないや…もうすぐ私死ぬみたい…」と言うと 伊黒小芭内 いぐろおばないは、 「俺もすぐ死ぬだろう、君は独りじゃない」と優しく答え 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは 「伊黒さんには死んで欲しくないなぁ」 「私あんまり役に立てなかったよね、ごめんね」と謝ります。 そんな 甘露寺蜜璃 かんろじみつりに 伊黒小芭内 いぐろおばないは 「そんなことはない、頼むからそんな風に言わないでくれ」 そして続けて、 「初めて会った日のことを覚えているか?」と尋ねると、 「うん、お館様のお屋敷で迷ってた私を…助けてくれた…」と話すと 伊黒小芭内 いぐろおばないが 「違う、逆だ」 「あの日会った君があまりにも普通の女の子だったから俺は救われたんだ」 と、 甘露寺蜜璃 かんろじみつりと初めて出会った時のことを思い出します。 「ささいなことではしゃいで鈴を転がすように笑い」 「柱になるまで苦しい試練もあっただろうに」 「それを少しも感じさせない」 「君と話しているととても楽しい」 「まるで自分も普通の青年になれたようで幸せだった」 「きっと他のものも同じだった」 「底抜けに明るく優しい君は」 「たくさんの人の心をも救済している、胸を張れ」 「俺が誰にも文句言わせない」 と、語ります。 それを聞いた 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは喜び目に涙をうかべて 「わあぁん嬉しいよぉ」 「わたしっ… 伊黒 いぐろさんが好き」 「 伊黒 いぐろさんと食べるご飯が一番美味しいの」 「だって 伊黒 いぐろさんずっと優しい目で私のこと見ててくれてるんだもん」 そして、 「 伊黒 いぐろさん 伊黒 いぐろさんお願い…」 「生まれかわれたら」 「また人間に生れかわれたら」 「私のことお嫁さんにしてくれる?」 と尋ねると、 伊黒小芭内 いぐろおばないは、 「勿論だ」 「君が俺でいいと言ってくれるなら…」 「絶対に君を幸せにする」 「今度こそ死なせない。 必ず守る…」 と 甘露寺蜜璃 かんろじみつりを強く抱きしめます。 場面は 不死川実弥 しなずがわさねみにうつり、 不死川実弥 しなずがわさねみはボーッと遠くを見ています。 遠くにいる兄弟達に気が付き、 「 玄弥 げんや…」 「みんな向こうにいる…」 そして次の瞬間近くに母親の存在に気がついたようで、 「お袋?なんで向こうに行かなねぇんだ」 「お袋!そこにいるんだろ?」 すると母親は 「私はねぇ、そっちにはいけんのよ」と返事します。 それを聞いた 不死川実弥 しなずがわさねみは 「何でだよ!一緒に行こう!ほらっ」 「駄目なのよ…みんなと同じところへは行けんのよ…」 「我が子を手にかけて天国へは…」 と答えると、 不死川実弥 しなずがわさねみは 「わかった、じゃあ俺はお袋と行くよ」 「俺があんまり早く行ったら 玄弥 げんやが悲しむだろうし」 「お袋を背負って地獄を歩くよ」と母親の手をひこうとすると、誰かがその手を抑えます… そこに現れたのは父親でした。 父親は、 「放せ、 志津 しづは俺と来るんだ」と、 不死川実弥 しなずがわさねみを突き飛ばします。 「お前はあっちにもこっちにも来れねぇよ」 「俺の息子だってことに感謝しろ特別丈夫だ」と言います。 不死川実弥 しなずがわさねみはそのタイミングで意識が戻り、目を開きます。 その後場面は 嘴平伊之助 はしびらいのすけと 我妻善逸 あがつまぜんいつにうつり、 伊之助 いのすけを手当てしようとする 鬼殺隊 きさつたいの隠し達、 善逸 ぜんいつは 「頼む、俺が死んだら妻の 禰豆子 ねずこに愛してると伝えてくれ」 「そして俺は勇敢だったと…最後の最後まで 禰豆子 ねずこを…」と相変わらずですが… 富岡義勇 とみおかぎゆうは手当てしようとする隠し達の言葉を聞かずに 炭治郎 たんじろうを探します。 「 炭治郎 たんじろうはどこだ…」 「 炭治郎 たんじろうは無事か」 と訪ねていると、 目の前には 炭治郎 たんじろうの周りで泣き崩れる隠し達の姿をとらえます。 炭治郎 たんじろうの様子を見ると、 隠しの1人が 「息してない、脈がない、 炭治郎 たんじろう…」 即座に 炭治郎 たんじろうの微笑みを思い浮かべ、目から涙がこぼれ落ちていきます… そして 炭治郎 たんじろうの右手を握りしめ、 「また守れなかった」とつぶやきます。 「俺は人に守られてばかりだ……」 「許してくれ」 「すまない」 「 禰豆子 ねずこ」・・・ ーーー鬼滅の刃200話【勝利の代償】おしまいーーー seiyuuotaku. 私にはいつも死の影がぴたりと張りついていた 私の心臓は母親の腹の中で何度も止まり、生まれた時には 死産 しざんだと言われ 荼毘 だびに付されようという 際 きわに・・・ その後、場面は 炭治郎 たんじろう達との戦いで傷つき、陽光に照らされて巨大化して 炭治郎 たんじろうを体内に取り込んだ時にまで遡ります。 無残 むざんは 「私の肉体は間もなく滅びるだろう、陽の光により消滅する」 「だが…」 無残 むざんは 炭治郎 たんじろうの様子を見て、 「呼吸も心臓も停止しているが細胞の全ては死滅しておらず生きている」 「まだ間に合う」 と 無残 むざんは 炭治郎 たんじろうに手を伸ばします。 「私の想いもまた不滅なのだ、永遠なのだ」 「私はこの子供に想いの全てを託すことにする」 「 竈門 かまど 炭治郎 たんじろうお前は、陽の光を克服し」 「最強の鬼の王となるだろう」 「なぜならお前は 竈門禰豆子 かまどねずこと血を分けた兄であり」 「あの化け物と同じ呼吸を使うことができた、唯一の者」 「お前が滅ぼせ」 「私の代わりに」 ・・・ 「 鬼狩 おにがりを」 今まで呼吸がなく、脈も止まっていたはずが急に目を開け意識を戻した 炭治郎 たんじろうに周囲いた 富岡義勇 とみおかぎゆうや隠し達は突然のことで驚きますが、 間違いなく目の前で 炭治郎 たんじろうが目を覚まします。 すると、 炭治郎 たんじろうはぎゃあああと苦しみだしますが その後、ギュル!っと突然左腕が肩から生えてきます! それを見た 富岡義勇 とみおかぎゆうは大声で叫びます! 「動ける者ーーーっ!! 」 「武器を取って集まれーーーっ!! 」 これを聞いた者はどうしたんだ?と 愈史郎 ゆしろうも遠い物陰でびっくりし、 我妻善逸 あがつまぜんいつは 「何か騒いでる」と… 続けて、 富岡義勇 とみおかぎゆうは 「 炭治郎 たんじろうが鬼にされた」 「太陽の下に固定して焼き殺す」と叫びます! そして、 「人を殺す前に 炭治郎 たんじろうを殺せ!! 」 陽の光にあたり、 炭治郎 たんじろうの皮膚はジュウウっと焼けるような音がして、 炭治郎 たんじろうは電車の中に逃げ込もうとしますが、 富岡義勇 とみおかぎゆうは 「日陰にはいかせん…!! 」とが行く手を阻みます。 「一瞬遅れてたら間違いなく隠を殺していた」 「頼むこのまま、 炭治郎 たんじろうのまま、死んでくれ…!! 」 と 富岡義勇 とみおかぎゆうも必死になんとかしようとします。 すると、今まで陽光に焼かれ皮膚がとけて苦しんでいた 炭治郎 たんじろうの皮膚が焼かれる音が止まります! 富岡義勇 とみおかぎゆうは「 陽光灼け ようこうやけが止まった!! 馬鹿な…」と、その時 炭治郎 たんじろうは左手で 富岡義勇 とみおかぎゆうを殴ります、続けて右手でなぐろうとした時、 嘴平伊之助 はしびらいのすけが「何してんだーーーっ!! 」と止めに入り、 「 半々羽織 はんはんばおりだぞ、仲間だぞ!! 」と叫びます! その状態を見た 我妻善逸 あがつまぜんいつは 「もうみんな戦えないよ、ボロボロだよ」 「こんなのあんまりだ」 「 禰豆子 ねずこちゃんどうするんだよ」 「 炭治郎 たんじろう」 と悲しみます。 鬼となってしまった 炭治郎 たんじろうは 目の前の 伊之助 いのすけに標準をとらえ、 一気にとびかかります。 伊之助 いのすけは飛びかかってくる 炭治郎 たんじろうを見て、以前共に修行した日に 「俺たちは仲間だからさ、兄弟みたいなものだからさ」 「だれかが道を踏み外しそうになったら止めような」 「どんなに苦しくても、つらくても、正しい道を歩こう」 という言葉を想い出しています。 もしくは、 炭治郎 たんじろうの体内にわずかな 無残 むざんの細胞が残されている。 など・・・ そして、その細胞の鍵は 禰豆子 ねずこが握っていたり… ようやく、なぜ 禰豆子 ねずこがあのタイミングで人間に戻ったのか!? が解明されて、その辺も今後の展開に影響していきそうですね! 正直次週の展開はまったく予想することが難しい状態となってしまっています。

次の