路線 バス の 旅。 「ローカル路線バスの旅Z 第13弾 大宮→黒部」の正解ルートを考える。「運命の分かれ道」はどこにあったか

いままでの放送|路線バスで寄り道の旅|テレビ朝日

路線 バス の 旅

その他のスペシャル版は 『 路線バスで寄り道の旅』(ろせんバスでよりみちのたび)は、にてより毎週日曜日15:20 - 16:25に放送されているである。 レギュラー放送に先立ち、の「」枠にてからにかけて不定期で放映された。 概要 [ ] とにゲスト1人を加えた3人 で、主に関東地方(全国に足を伸ばす回もある)を運行するを乗り継ぎ、名所など巡りながら自由気ままに旅をする番組である。 特筆すべき点として、類似番組である「()」()では、での移動が禁止されているのに対し、この番組ではそれを使った移動が許されている。 実際に単発第2弾・第11弾などで出発地から目的地まで高速バスを使って移動している。 沿線の飲食店や博物館等、乗車するバス路線沿線での「寄り道」を中心としているため移動距離が短く、時間には比較的ルーズで進行していく。 ゴールを決めてから旅を始めるが、時間がなくなり、「寄り道」したまま番組が終わることもある。 また、番組内で流れるには、主になどの曲、1970年代から80年代の歌謡曲や過去にテレビ朝日で放送されたアニメの劇伴なども使用されている。 徳光は当番組内でマイペースな面を垣間見せる事が多く、走行中のバス内で居眠りをしてしまう場面が番組の定番となっている。 よりレギュラー放送開始。 なお徳光にとってテレビ朝日のレギュラー出演番組はフリーになってから25年半(26年)にして当番組が初であり 、3月末に『』『』(いずれも)が終了して以来約4年ぶりに、地上波テレビ放送における徳光のレギュラー番組が復活した。 放送分から5分繰り上げ・拡大し、15:20 - 16:30での放送だったが、放送分から再び5分短縮し、現在は15:20 - 16:25での放送となっている。 2018年秋からはおおむね3回に1回はとなっているが、「再編集」と称し、新録の最新スポット情報が挿入されている。 現在、のにて不定期で再放送が行われている。 出演者 [ ] レギュラーナビゲーター [ ]• (フリーアナウンサー・元)• ナレーション [ ]• - 2020年4月12日 や5月10日 放送分など再編集回の一部ナレーション(「路線バスで寄り道の旅 さらに寄り道」)を担当。 - 2020年5月24日 放送分の一部ナレーション(過去の名場面集の部分)を千葉と共に担当。 単発番組時代(2013年 - 2015年) [ ] 放送日・放送時間 [ ] 放送回 放送年 放送日 放送時間() ゲスト 備考 1 14:00 - 15:25 2 3 4 13:55 - 15:20 5 関東以外は14:00 - 15:25に放送 特別編 新山千春、磯山さやか 第2・5回の再編集版。 年末スペシャルの再編集版 2015新春5時間スペシャル 13:00 - 18:00 、 、 、 、 特別編 13:59 - 15:25 中山エミリ 土曜日の放送。 内容は第6回の再放送 10 13:55 - 15:20 11 徳さん珍道中 すべて見せますスペシャル 15:30 - 17:25 (総集編) 「スペシャルサンデー」最終番組として放送 当日は、へもネット 各回のルート [ ] この節のが望まれています。 第7弾(南房総編) 【】 - (・八幡台ニュータウン線) - 【羽鳥野6丁目】 - (徒歩で移動) - 【】 - (日東交通・) - 【】 - (・市内線) - 【】 - (館山日東バス・市内線) - 【】 - (館山日東バス・市内線) - 【】 - (・) - 【】 - (JRバス関東・洲の崎線) - 【】 第9弾(日光・鬼怒川編)• 一日目 【】 - (・) - 【陶芸メッセ入口】 - (・益子真岡水橋線) - 【】 - (・) - 【】 - (徒歩で移動) - 【】 - (徒歩で移動) - 【日光総合支所】 - (関東自動車・JR宇都宮駅 - 日光東照宮線) - 【下今市】 - (徒歩で移動) - 【】 - (・鬼怒川線) - 【中央口】• :(KBC) - 開始当初から同時ネットで放送していたが、2015年7月5日をもって打ち切り。 不定期放送• :(ABA)• : abn• :(ABC)• :(OAB) 補足 [ ]• あくまで 全編ローカルセールス枠の番組のため、日によって臨時非ネットとするネット局がある。 本番組を拡大版SPで放送する場合、「」枠(13:55 - 15:20)とTVクリップ(15:20 - 15:25) を休止の上、13:55から2時間35分にわたって放送される。 ただし、ネットしている局であっても、その週は番組休止(別番組に差し替え)する場合もある。 (、など)がある場合、放送枠の繰り上げ移動もしくは休止となる場合がある。 徳光は当番組のレギュラー放送開始前より、同時間帯に放送されている『』() に、競走開催日に不定期出演していた。 レギュラー放送開始後も『BSイレブン競馬中継』不定期出演を継続し、2015年5月24日(開催日)に初めて、当番組との重複出演となった。 毎年8月に、徳光が同時間帯に放送されている『』()に出演している 関係上、 同番組が放送される週は休止となり、別番組に差し替えとなる(ネット局も同様)。 うちは『特別編』 、2019年は『・最終日』 (15:00 - 16:25)に差し替えとなった。 2019年12月1日は14:30 - の拡大版SP として放送するも、同時間帯にで徳光司会の『』の生放送SP(14:30 - 16:00) を放送し、一部地域では地上波とBSにおいて徳光の二重出演が発生する事態となった。 2016年10月から [ ] 2013年3月3日の単発放送時代から2015年4月5日のレギュラー放送開始時から2016年9月26日まではナレーターの生野文治が「75歳を過ぎても未だ多忙な毎日を送る徳さん! 」と徳光和夫を紹介した。 2016年10月2日からはナレーターの生野文治が「70歳を超えても未だ多忙な毎日を送る徳さん! 」と紹介したが、2016年12月18日放送分からはナレーターの生野文治が「70歳を超えて益々元気な徳さん! 」と徳光和夫の紹介の仕方を微妙に変更した。 2016年11月から [ ] 2013年3月3日の単発放送時代から2015年4月5日のレギュラー放送開始時も徳光和夫が旅の出発地点で辺りを見たり、おやつを食べながら田中律子とゲストを待ち、田中律子とゲストが登場して徳光和夫に挨拶して旅がスタートするパターンだったが。 2016年11月6日からは田中律子とゲストが徳光和夫に挨拶するシーンがなく、カメラが回り始めた時はロケが始まってるのに気付くパターンも追加された。 また2016年11月27日からは、ゲストのプロフィール及びこれまでの経歴のVTR紹介がない放送回もある。 路線バスで寄り道の旅のさらに寄り道 [ ] 2015年4月5日から2016年3月27日までは放送時間が15:25 - 16:30で不定期で再編集版を放送する場合は過去に放送した本放送に最新の内容を加えて放送したが、2016年4月3日から放送時間を15:20 - 16:30に拡大したのに伴い、不定期で再編集版を放送する場合は、さらに「路線バスで寄り道の旅のさらに寄り道」として、放送日間際に番組スタッフが別の店を訪れて撮影した内容を加えて放送している。 2020年8月2日放送分以降 2020年8月2日放送分からは等の観光バスも路線バスに含めてはとバスを貸切運行にして、徳光和夫がバスの中でオープニングの挨拶を済ませたら田中律子も既にバスに乗っていてゲストがバスに乗って挨拶する方式に変更され、ロケを再開で寄り道スポットは、スタッフや寄り道スポットの広報や責任者ががリモート中継をして対応。 2015年4月5日放送分から2020年4月26日までは徳光和夫が田中律子やゲストに食事のごちそうやお土産のプレゼントをしていたが、2020年8月2日放送分からは徳光和夫と田中律子とゲストが寄り道スポットに立ち寄り、バスから降りずにリモート中継で番組スタッフに買って来て貰う方式に変更された。 徳光和夫と田中律子とゲストがロケが終了するまでバスから降りられない内容も追加された。 コラボレーション企画 [ ]• とのコラボが行われたのはこれが初。 スタッフ [ ] レギュラー版 [ ]• 構成:上野耕一郎、高梨武志、水野英昭• 撮影:永島良一()、磯村進• 音声:西野和洋• 車両:佐藤達雄 極東電視台• 音効:齋藤俊郎(OPUS-1)• メイク:石野敦子、八巻明子• 編集:賀古勝利(G-Link STUDIO、第1 - 7, 9 - 11弾)• MA:田村佑資• イラスト:ちたまロケッツ、リトルベア、• CG:グレートインターナショナル• 編成:田中真由子(テレビ朝日、レギュラー版の途中から)• 宣伝:石田みう(テレビ朝日、レギュラー版の途中から)• デスク:由利倫梨子(テレビ朝日、レギュラー版の途中から)• 制作協力:(第8弾まではクレジット表記なし、第9弾から)• AP:高橋由佳・大内涼子(えすと)、犬飼真未• ディレクター:神山友和(ホールマン)、植田俊平、飯田亮太、武井陽介、石垣俊介、黒原竜二、高柳大輔、桑幡翔• プロデューサー:寿崎和臣(テレビ朝日、第8弾まではAP、第9弾からプロデューサー)、(えすと)• ゼネラルプロデューサー:(テレビ朝日、第8弾まではプロデューサー、第9弾からGP)• 制作:テレビ朝日、 特別編 [ ] 2014年10月5日放送分• 構成:水野英昭• 撮影:永島良一(千代田ビデオ)、磯村進、石島卓也• 音声:西野和洋• 車両:佐藤達雄(極東電視台)• 音効:齋藤俊郎(OPUS-1)• 編集:鳥塚幸輔(G-Link STUDIO)• MA:田村佑資• イラストレーター:カリカチュア・ジャパン• CG:(森三平)• 編成:島川博篤(テレビ朝日)• 宣伝:井上恵莉子(テレビ朝日)• 制作協力:ホールマン• 制作スタッフ:奥野雄士• ディレクター:神山友和(ホールマン)、今井雄大• プロデューサー:寿崎和臣(テレビ朝日)、大垣信良(えすと)• ゼネラルプロデューサー:寺田伸也(テレビ朝日)• 制作:テレビ朝日、えすと 過去のスタッフ [ ]• 撮影:小松淳(第1,11弾)、石井友幸(第7弾 -)、宿南和茂(第8弾)、大鋸玄記・佐藤岳人(2人共第9弾)、石坂良雄(第10弾)• ロケ美術:高橋徹(、第1弾のみ)• 編集:鳥塚幸輔(G-Link STUDIO、第8弾)• MA:橋本光平(第9弾)• イラストレーター:松田りおん• CG:()• 協力:横浜文化観光局• リサーチ:菅原秀典• 撮影協力:• デスク:原利加子(テレビ朝日、第10弾 - レギュラー版の途中)• ロケ進行スタッフ:野々垣慶太(第8弾)、渡邊正人、鈴木信広• AP:倉田圭子・川名佳菜(えすと)、肝付誉子• ゼネラルプロデューサー:藤井智久(テレビ朝日、第6弾から第8弾まで) 関連項目 [ ]• シリーズ - テレビ東京系列「」で2007年以降に不定期放送している番組。 ナレーションの生野は第1シリーズの第1弾のナレーションを担当している。 両方の番組に出演したゲストなどは以下の通りである(カッコ内は放送回)。 うち、伊藤は「タカトシ・温水のバス旅」にも出演。 シリーズ1 伊藤かずえ 3 、藤田朋子 5 、山田まりや 6 、中山エミリ 7 、田中律子 13 、森尾由美 20 、はいだしょうこ 23• シリーズ2 IMALU 1 、真琴つばさ 9• - テレビドラマ版最終回に徳光がゲスト出演しており、当番組のパロディシーンが存在する。 また、ドラマ出演者の成田凌は当番組のゲストとして出演したことがある。 他バス番組出演者 元力士・把瑠都はタカトシとBSTBS、NHKのバス番組に出演したほか、大鶴義丹はテレビ東京系「高速バス乗り継ぎの旅」に、篠原ともえもタカトシ・温水のバス旅に出演。 脚注 [ ] []• ほとんどの場合が女性ゲストだが、ごく稀に男性ゲストとなる場合がある。 拡大版などの場合は、2人以上のゲストが登場することもある。 同局系列ではそれ以前より特別番組で司会を担当したことがあるほか、『』・『』などでゲスト出演を経験している。 ミニ番組「おべんとレター」が、土曜日から枠移動したため。 単発放送の第1回目は、ゲストとしての出演。 第2回目より正式レギュラー。 2014年10月5日放送分および2015年10月25日放送分は出演が無かった。 (ただし、2015年10月25日放送分は、2014年10月5日放送分の再編集版)• テレビ東京系列「」第13弾(2013年1月5日放送分)には、マドンナとして出演。 テレビ東京系列「」第1弾(2007年10月20日放送分)でも、ナレーションを担当。 猪鹿蝶Blog 2020年4月9日. 2020年5月10日閲覧。 猪鹿蝶Blog 2020年5月9日. 2020年5月10日閲覧。 猪鹿蝶Blog 2020年5月23日. 2020年6月2日閲覧。 『』散歩人。 徳光の単独ロケ部分を再編集して放送。 『路線バスで寄り道の旅』のロケ部分を再編集して放送。 現在の鳴戸親方(当時は琴欧州親方)は、2015年1月2日放送の新春5時間スペシャルにゲスト出演している。 14:50 - 15:40に『 祝 ご婚約内定! 小室さん』を放送のため。 13:25 - 15:30に『対』戦を放送のため。 、幕張倉庫店を訪問。 16:00 - 17:25に『2018・最終日』を放送のため。 番組の途中で急遽のニュースで3分間カットされた。 開始当初から同時ネットで放送していたが、2016年10月9日放送分以降は基本同時ネット。 不定期枠「IATサンデー」のラインナップの一つという扱いであり、編成の都合上非ネットの回がある(など)。 次週放送の有無にかかわらず、次週予告は必ずカットされる。 2019年12月からは次週も同時ネットで放送する場合は、次週予告も同時ネット放送する様になった。 2018年4月1日からレギュラー放送開始。 開始当初から同時ネットで放送していたが、2016年3月をもって一旦打ち切り。 2017年4月16日より同時ネットで再開。 2017年8月6日からレギュラー放送開始、以前は不定期で放送されていた。 不定期で同時刻に遅れネットとなる場合がある。 2話連続放送。 稀に同時ネットの場合あり。 同時ネットの場合は字幕放送対応となる。 14時台が全国ネットの場合は15:20開始。 瀬戸内海放送の編成の都合で休止する場合がある。 定時放送開始前は不定期で放送されていた。 2016年3月までは同時ネットだったが、同年4月からは遅れネットとなっている。 不定期で再放送となる場合もある。 関東地区以外は別のミニ枠。 同番組は『JRA競馬中継』のタイトルで、14時台に、、()に同時ネットしている。 後述する2015年5月24日は2時間半SPのため、『JRA競馬中継』とも重複出演となった。 徳光は2010年まで総合司会を務めた後、2011年はチャリティーマラソンランナーを務め、2012年からは「24時間テレビサポーター」として引き続き出演している。 『帰れマンデー〜』は2018年3月まで『帰れまサンデー・見っけ隊!! 』のタイトルで、本番組に続けて日曜16:30 - 17:30の枠で放送していた(現在は月曜19:00 - 20:00枠で放送)。 この日は『』中継の関係上、このような編成となった。 同日は『』のうちの一本として放送。 テレ朝POST、2017年11月22日 外部リンク [ ]• 日曜日 15:20 - 15:25枠 前番組 番組名 次番組.

次の

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z:テレビ東京

路線 バス の 旅

地元民には便利な路線バス。 観光利用としては、わからないことが多すぎる 昨今、路線バスを乗り継いで数人のタレントが旅をするテレビ番組がなかなかの評判である。 テレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を始め、各局がさまざまな形で路線バスを乗り継ぐ旅番組を放映、聞くところによると各局ともけっこう視聴率がとれるのだという。 長年バスに関連した仕事を続けてきた者としては、うれしい現象である。 ただ、それでは実際に地方の路線バスを利用して旅をする人が増えているのかというと、首をかしげざるをえない。 鉄道の場合を見ると、テレビの旅番組で紹介されたり、雑誌などへの露出度が高くなったりしたローカル線には、結構な観光客が訪れる。 JR東日本の五能線(青森・秋田)などは典型的である。 ところが地方のバスでそんな旅行者の姿を目にすることはまずない。 旅行者には利用しにくい 村営バスの停留所。 標識柱には主な停留所が略図で記されているが、観光客にはわかりにくい 鉄道との違いは何なのか、と考えてみると、思いつくことは二つある。 ひとつは、情報が決してないわけではないのだが、全国版の時刻表があり、地図に線路がはっきり記載される鉄道に比べて、バスは「わからない部分が多い」こと。 そしてもうひとつは、バスは地域の生活により近い存在であるがために(それがバスの魅力ともいえるのだが)、地域の通学や通院など、具体的な生活移動ニーズに合わせた運行をしており、明らかに観光地へのアクセスのためにある路線を除くと、よそから訪れた人にとっては必ずしも利用しやすい設定にはなっていないことである。 筆者は1990年代の初めごろ、路線バスを乗り継いで旅をする番組のはしりともいえるTBS系「そこが知りたい」という番組で何回か制作された「各駅停車路線バスの旅」シリーズの初期の段階で、バス乗り継ぎプランをつくるお手伝いをしたことがある。 第1回目は冬季に東京から能登半島の先端の狼煙までをつなぐというもので、その後は関東平野とか、東海道とか、趣向を変えつついろいろなコースづくりをアドバイスした。 当時結構好評な企画で、その後テレビだけでなく、雑誌や新聞などでも特集記事で路線バス乗り継ぎの旅の企画が持ち込まれ、実際に筆者はいくつかのプランを立てた経験がある。

次の

いままでの放送|路線バスで寄り道の旅|テレビ朝日

路線 バス の 旅

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』歴代マドンナ一覧 ローカル路線バスのマドンナと放送日、目的地を一覧にしました。 2007年10月20日 横浜(横浜駅)~ 富山(氷見市) 中島史恵• 2008年3月22日 東京(日本橋)~京都(三条大橋) 相本久美子• 2008年10月8日 北海道・函館(函館駅)~ 稚内(宗谷岬) 伊藤かずえ• 2009年3月28日 京都・三条大橋 ~ 広島・宮島 根本りつ子• 2009年9月5日 栃木・日光(日光駅)~ 宮城・松島(松島普賢堂) 藤田朋子• 2010年2月27日 宮城・松島(松島普賢堂)~ 青森・竜飛岬(たっぴみさき) 山田まりや• 2010年9月4日 青森・青森港~ 新潟(万代シティバスセンター) 中山エミリ• 2011年3月26日 京都・三条大橋~ 島根・出雲大社 川上麻衣子• 2011年7月30日 島根・出雲(出雲市駅)~ 鹿児島・枕崎(枕崎駅) 芳本美代子• 2011年12月3日 徳島・徳島駅~鳴門 遠藤久美子• 2012年4月28日 香川・高松(高松駅)~ 三重・伊勢神宮(内宮) いとうまい子• 2012年9月1日 三重・松阪(松阪駅)~ 長野・松本(松本城) 加藤紀子• 2013年1月5日 東京・新宿(新宿駅西口)~ 新潟・(万代シティバスセンター) 田中律子• 2013年4月27日 愛知・名古屋(名鉄バスセンター)~ 石川・禄剛崎(ろっこうさき、ろっこうざき)道の駅狼煙 森下千里• 2013年8月31日 山形・米沢(米沢駅)~ 青森・大間崎 さとう珠緒• 2014年1月4日 千葉・館山(館山駅)~ 福島・会津若松(鶴ヶ城) ちはる• 2014年4月26日 山口・山口(山口駅)~ 高知・室戸岬 宮地真緒• 2014年9月13日 静岡・御殿場(御殿場駅)~ 新潟・直江津(直江津駅) 野村真美• 2015年1月3日 大阪・大阪城(京橋)~ 石川・兼六園 マルシア• 2015年6月20日 北海道・洞爺湖(洞爺湖バスターミナル)~ 北海道・羅臼町 森尾由美• 2015年9月12日 大阪・堺(堺駅)~ 三重・鳥羽(国崎) 高橋ひとみ• 2016年1月2日 茨城・偕楽園 ~ 長野・善光寺(善光寺大門) 南明奈• 2016年6月25日 宮崎・青島 ~ 長崎・グラバー邸 はいだしょうこ• 2016年9月24日 山口・錦帯橋(錦帯橋バスセンター)~ 京都・天橋立(傘松ケーブル下) 熊切あさ美• 2017年1月2日 福島・会津若松(飯盛山)~ 秋田・由利本荘 新田恵利.

次の