お気 に なさら ない で ください。 「ご心配なさらないでください」と「心配~」について

「お気になさらず」の意味と使い方、類語、返事・返信、敬語、英語

お気 に なさら ない で ください

「気にしないでください」は普段からよく使う言葉のひとつ。 丁寧な言い回しのように聞こえますが、目上の方に対しては軽く聞こえてしまうケースがあるため注意が必要な言葉です。 少し言葉を変えるだけで、相手への印象は大きく変わっていくもの。 今回は「気にしないでください」を伝える正しい敬語表現と使い方のポイントについて解説します。 丁寧語は「です」や「ます」といった言い方で、この場合「する」の丁寧語である「します」を否定形の「しない」としています。 例えば、レストランでお店の人がテーブルにお水をこぼしてしまった場面を想像してみてください。 お店の人が申し訳なさそうに謝ってきたら、「気にしないでください」と返すことがあると思います。 それでは、ビジネスシーンにおいてはどのような敬語表現になるのでしょうか。 「する」の尊敬語である「なさる」を用いることにより、相手への敬意を表すことができます。 例えば、ビジネスシーンにおいて上司と打ち合わせをしている最中、上司あてに急な来客があり、打ち合わせが中断してしまったケースなどに有効な言い回し。 この場合、上司に対して「お気になさらないでください」と伝えるとベター。 さらに「どうぞ」を加えると、相手のことを思いやった丁寧な印象になります。 同じニュアンスを伝える丁寧な敬語にはどんな表現があるのでしょうか。 この場合も「どうか(どうぞ)、お気に留められませんように」と伝えると、柔らかい表現になります。 「心配しないでください」や「あれこれと気を遣わないでください」という意味を表します。 例えば、訪問先でお茶やお菓子を出してくれたシーンなどで、「(どうぞ)お気遣いなく」と伝えます。 相手(親しい間柄)や状況によっては「お構いなく」を使っても問題ありませんが、「お気遣いなく」のほうが丁寧な表現になるため、おすすめです。 例えば、自分は残業をしなければならず、後輩には先に帰るようにと伝える場合を考えてみましょう。 ただ、冷たく聞こえる場合もあるので、「結構です」は目上の人に対しては避けたほうがいい言葉でしょう。 そのような場合は、相手への配慮を表した「気にしないで」の表現が必要です。 ここでは、具体的にどんな敬語を使うべきか、シーン別に解説をしていきます。 どうぞ、お気になさらないでください」 「いいえ」を最初に伝えることで、「上司だけの責任ではない。 心配しなくてもよい」という意味が込められ、相手の気持ちが和らぎます。 さらに、「お気になさらないでください」のように、尊敬語の「なさる」に置き換えることで、上司を高めることができます。 また、 ビジネスシーンで覚えておきたい言葉のひとつに「ご放念ください」があります。 「放念」の意味は「忘れる」「心配しない」「気にかけない」です。 上司や目上の人に対しても使用できます。 お気遣いなく」 この場合「私のことは気にしないでくださいね」の意味合いがあります。 ただ、素直に感謝の気持ちを述べたほうがいい場面も。 今回の同僚が親しい間柄であれば、「わあ! いつもありがとう。 お土産楽しみにしていますね」などと返事をするのがベストです。 「気にしないでください」は冷めた印象を受けることもありますので、「気にしないで構いませんよ」などと言い方を工夫することをおすすめします。 病院へ行って、ゆっくり休んでくださいね。 お大事に」 「気にしないで構いませんよ」は「心配しないで大丈夫ですよ」という意味です。 「構いませんよ」を追加することで、やんわりとした印象を与えることができます。 メールを通じて、取引先から謝罪の言葉をもらった経験はありませんか? 文字として残ってしまうメール。 必要以上に気遣いや心配をさせないためには、どのような返信が適切なのでしょうか。 ここでは、管理業務で間違いをしてしまった取引先を例に、「気にしないでください」といった旨を伝えるビジネスメールのポイントを紹介します。 この度は、新企画の管理業務につきまして早急にご対応、ご連絡くださり誠にありがとうございます。 弊社でも、期日までに間に合うよう受け入れ態勢を整え尽力してまいりますので、 どうかお気に留められませんようお願い申し上げます。 引き続き、貴社と共に新企画を成功したく存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。 加えて、相手との間柄によってはメールだけでなく電話でも伝えると、さらに気持ちが通じますね。 相手にとって、優しく、やんわりとした印象を与えることができるでしょう。 そして、最初に「ありがとうございます。 どうぞ、お気になさらないでください」とお礼をプラスするのがおすすめです。 まず、自分のことを気にしてくれている(心配してくれている)ことにお礼を述べる、相手の立場を考えた言い方ですね。 「気にしないで」の敬語表現は、相手や状況に応じて変化します。 言葉を使い分け、選ぶことで、相手との人間関係がより円滑になることを願っております。

次の

「気にしないでください」の敬語と使い方【メール例文】|「マイナビウーマン」

お気 に なさら ない で ください

「お気になさらず」はどんな時に使う? では、「お気になさらず」を正しく使うためには、どのような文章がいいのでしょうか。 ここでは、シーン別に例を紹介します。 謝罪に対する返事として• 心配などへの感謝として• 気遣いを断るとき• 相手を慰めるとき• これは ビジネスシーンでも多く、使いそうな例題ですね。 例えば、上司や仕事の取引先などとの会話で、相手方が謝罪をしてきた場合を想像してみてください。 可能な限り相手がこれ以上、気を遣わずにすむようにしたいですよね。 そのような場面で、さらっと「お気になさらないでください。 」と言えるとスマートですね。 「大丈夫です」等という言葉より、優しい印象が伝わり、安心感を与えることが出来ますよ。 誰かに心配をしてもらった場合に、 これ以上は触れないで欲しい、放っておいて欲しい場合がありませんか? 友達であれば、直接そのままの言葉で伝えることができても、仕事の場面では不適切ですよね。 特に上司の場合は、言葉を選びたいもの。 そんなときにも「お気になさらないでください」という言葉を使うことが出来ます。 ただし言い方や表情に注意しないと、突き放したようにも聞こえ、失礼に当たる場合があります。 状況次第では、「ご心配なさらないでください」などという言葉に置き換えてもいいですね。 せっかくの気遣いですから、 あまり角が立たないように、やんわりと断りたいですよね。 そんな場合は、「お気になさらず」の前後に言葉を足しましょう。 例えば、ビジネスシーンで相手方の会社に出向いた場面を想像してみてください。 長居せず用事だけ済ませたいけど、お茶を用意しているな、というときに「お気になさらず。 すぐに出ますので。 」とサラッと言ってみてください。 状況によっては、その言葉の後に「お気遣い、ありがとうございます。 」と付け加えると、相手の顔を立てつつ、断ることが出来ますね。 これは1つ目の使い方とも、少し似ていますね。 相手方が失敗してしまい、気にしている様子の時に 「お気になさらず。 大丈夫ですよ。 」と伝えることが出来るとスマートですね。 またその時は、理由も付け加えると更に、相手方が安心する材料になります。 例えば、書類を汚してしまった場合は、「すぐに印刷し直せますから。 」などを加える、といったイメージですね。 これも2つ目の使い方と、少し似ていますね。 例えば、体調が悪いときなど、気にせず、大丈夫である旨を伝えたい場合を想像してみてください。 大丈夫、という言葉では、 目上の方への言葉としては、あまり適切ではないですよね。 そんなときは、「ただの花粉症ですから、気になさらないでください。 」などと使えると、スマートですね。 「お気になさらず」を使った例文 「お気になさらず」の言葉が持つ意味や使い方のポイントを紹介してきました。 ここでは、実際に使う際の例文をご紹介します。 「謝罪に対する返事として」の例文• 「心配などへの感謝として」の例文• 「気遣いを断るとき」の例文• 「相手を慰めるとき」の例文• これはビジネスにおいては、丁寧に対応したい場面ですよね。 例えば、相手方に「この度はお手数をお掛けいたしまして、申し訳ございません。 」 と言われた場合を想定してください。 大丈夫である旨を伝えつつ、これからも円滑な関係を保ちたいですよね。 返事としては、 「どうぞ、お気になされませぬようお願い申し上げます。 」という言葉と共に、連絡をいただいた感謝の意を述べてみてはいかがでしょうか。 これはビジネスだけではなく、日常でも使う機会がありますね。 何か相手に心配をさせてしまったときに、大丈夫だと伝えるためにも「お気になさらず」は使えますね。 ただ言い切りの言葉だと、突き放したようにも聞こえます。 「お気遣い、ありがとうございます。 」という言葉を足しつつ、「お気になさらないでください」と使ってみてください。 感謝の意を伝えつつ、これ以上の気遣いは無用である旨が伝えられますね。 これはビジネスだけではなく、日常でも使う機会がありますね。 例えば、電車の中で席を譲って貰った、けれどもすぐに降りるから気遣いは不要だな、というときありますよね。 そんなときは「すぐに降りる駅ですので、お気になさらないでください。 」と「お声掛けありがとうございます。 」と返してみてはいかがでしょうか。 気遣いを断ってはいますが、相手方も嫌な気分にならずに済みますよね。 これは1つ目の例文と組み合わせることも、想定されますね。 例えば、相手方へ出向いた際に、準備が整っていなかったため再度、日を改める場合を想像してみてください。 そんなときに、「また伺いますので」だけだと、印象は良くないですよね。 ぜひ「またお伺いをいたしますので、どうぞお気になさらないでください。 」と伝えると、 気にしていない旨も一緒に伝わるのではないでしょうか。 特に 気遣いや心配事を減らすときに、使いたいですね。 例えば、上司の突然の休暇により、代わりに会議に出席しなければならない場合を想像してみてください。 「大丈夫です。 」だけよりも、「私のことはどうぞ、お気になさらずに、ゆっくりお休みください。 」と伝えてはいかがでしょうか。 気遣いや心配を交わしつつ、これ以上は大丈夫である旨を伝えられますね。 「お気になさらず」への返事はどうする? 「お気になさらず」が色々な場面で使える、と紹介をいたしました。 では、「お気になさらず」と相手方に言われた場合の、お返事についてもご紹介します。 「ありがとうございます」• 「お気遣いいただき、ほっといたしました」• 「どうぞ、お気になされませぬようお願い申し上げます。 」と言われたら、どうお返事しますか? 感謝の意だけを述べるのも1つの手ですね。 「ありがとうございます。 」だけでも、相手方へ気持ちを伝えることは出来ますね。 もし、より丁寧に返すのであれば、 「お心遣いに感謝いたします。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 」と伝えてみてはいかがでしょうか。 ビジネスであれば、今後も関係が続くことが多いですよね。 今後の仕事へスムーズに繋がるように、感謝の意を述べるとより良い関係を築けますよ。 気遣っていただいたとき、1つ目のケースのように感謝を伝えることも1つです。 またホテルなどスタッフの方に、気遣っていただいたときに感謝を伝えるだけ、安心した気持ちを伝えたいですよね。 「お気遣いいただき、ほっといたしました」と伝えれば、こちらの心情も一緒に伝えられますね。 その時の状況によっては、 事柄の経過を伝えて気遣いの感謝を伝えると、より相手も安心しますね。 メールなどは特に、終わりの目処がどこなのか、難しいですよね。 「お気になさらず。 」と、相手方に言われた場合、どのように受け取るでしょうか。 この言葉は多くの意味を含むため、判断が難しいところですね。 相手方から送られてきた文章だけでなく、相手方の性格に寄るところも大きいのが事実です。 もし返信がこれ以上不要であれば、 無理に返してしまうと返って余計な軋轢を生みますよね。 前後の文章をよく鑑みて、これ以上は大丈夫だ、という意味で「お気になさらず」を使っているか判断してください。 「お気になさらず」に使い方の似た表現 「お気になさらず」を使う場面を紹介してきましたが、その言葉ばかり繰り返す訳にもいきませんよね。 さらに丁寧にしたい場合など、違う言葉で伝える方法を紹介します。 どうぞお構いなく• お気遣いなく• お気に留められませんよう• お気持ちだけ頂戴いたします• 遠慮させていただきます• 滅相もございません• この言葉には、これ以上は放っておいて、気にしないで欲しいという意味がありますね。 「お気になさらず」よりは、こちらの意図をより強く伝えることが出来る言葉でもありますね。 しかしこの言葉は、 ビジネスや日常的に合うような相手に使うことはオススメしません。 「どうぞお構いなく」は、相手方に冷たい印象を与えます。 特にメールなど相手の表情が見えないような場合は、怒っている印象を与える場合もあります。 使うのであれば、せめて口頭のみに止めておくことがベターです。 この言葉は「お気になさらず」と同様に、複数の意味を持つ言葉とも言えますね。 ただしこの言葉も、1つ目と同様に少し冷たい印象を与えてしまいます。 使うのであれば、 「どうぞ、お気遣いなさいませんようお願いいたします。 」と丁寧な言葉にしてください。 この言葉なら、メールなどの文章で使っても相手方に意図を伝えつつ、柔らかい印象を持っていただけるのではないでしょうか。 この言葉は特に、メールなど文章で使うのがオススメの言葉ですね。 2つ目と同じく、丁寧な言い回しですので、 ビジネスシーンでも目上の方に対して使うことも出来る言葉でもあります。 ただ「お気に留められませんよう」だけでは、文章としては完成していませんね。 例としては、「お気遣い痛み入ります。 どうぞ、これ以上はお気に留められませんよう、お願い申し上げます。 」と使用してみてはいかがでしょうか。 気遣いをいただいたとき、断りたい場合もありますよね。 せっかくのご厚意を断るのですから、できるだけ 丁寧に、かつ感謝の意も伝わるような言葉がいいですね。 そんなときに「お気持ちだけ頂戴いたします」と使ってください。 また更に言葉を足して、 「お気持ちだけ有り難く、頂戴いたします。 」と伝えるとより丁寧な言葉になりますね。 目上の方や文章では、こちらの言葉をオススメしますよ。 この表現からわかる通り、3つ目と同様に相手にNOを突きつける言葉ですね。 相手からの気遣いや誘いを断るときに使う言葉になりますが、 この言葉だけを使うことはオススメしません。 「遠慮させていただきます」だけでは、冷たく、失礼な印象を与えてしまいます。 この言葉を使う場合は、「せっかくのご厚意ですが」や「申し訳ありませんが」を一緒に使ってください。 また状況次第で、感謝の意を述べてもいいですね。 何か感謝をされたとき、気遣いを受けたときに使う言葉ですね。 ただし、 「滅相もございません」は正しい日本語ではありません。 正しくは、対等の立場では「滅相もない」を、目上の人には「滅相もないことでございます」になりますよ。 この言葉は、「お気になさらず」よりもより丁寧な言葉になるため、目上の方やお客さま相手に使う言葉とも言えますね。 また謙遜する意味を伝えることも出来ますので、感謝をいただいて嬉しい、という気持ちも合わせて伝えることが出来ますね。 ただへりくだった言い方でもありますので、あまり多用することは良いことではありません。 特に目上の方の場合は、自分の仕事に対してプライドがないと、捉えられる場合もありますので注意してくださいね。 この言葉は、初めて聞いた、という方も多いかもしれませんね。 この言葉は、「お気になさらないでください」をより丁寧に、かしこまって言う言葉になります。 「放念」は、「気にしない」という意味合いをもつため、使い方としては「気にしないでください」と同じになりますね。 ただし、この言葉は使う際には 他の言葉以上に注意が必要です。 当然ですが、言葉は相手に伝わってこそ、意味をなすものですよね。 初めて聞いた、という方がいるように、意味が伝わらなければ、この言葉を選んだこと事態に悪い印象を与えかねません。 ビジネスでは特に、 相手に伝わる言葉を選ぶことも、仕事が上手くいくコツとも言えます。 相手に伝わることを前提で、使ってくださいね。

次の

「気にしないでください」に関連した英語例文の一覧と使い方(2ページ目)

お気 に なさら ない で ください

「お気になさらず」の意味と敬語 「お気になさらず」の意味は「心配しないでください」 「お気になさらず」は「心配しないでください」という意味で、相手に対する丁寧な命令にあたります。 「 気になる」は慣用句で「 その事が気がかりだ、心配だ」という意味です。 「興味がある」という意味で誤解している人が多いので注意しましょう。 「お気になさらず」の敬語の種類は尊敬語 「お気になさらず」を品詞分解すると、 尊敬を表す接頭語「お」+動詞「気になる」+尊敬の補助動詞「なさる」+否定を意味する「ず」 になります。 尊敬を表す「お」と「なさる」が使われているので厳密には「二重敬語」にあたりますが、慣習的によく使われる表現なので誤用とは言えないところです。 よって、「お気になさらず」は、目上の人に対して心配する必要がないことを伝える丁寧な表現、ということになります。 「お気になさらず」の使い方と例文 「お気になさらず」は書き言葉ではなく、話し言葉でよく使われる表現です。 上記でも解説した通り、基本の意味は「心配しないでください」です。 「お気になさらず」は基本義はそのままに、様々なシーンで使われる言い回しですので、場面別で使い方を紹介していきます。 特定の何かを心配しないよう伝える 「お気になさらず」は意味の通り、特定の何かを心配する必要しないよう伝えるときに使います。 例えば、体調不良で欠勤している上司に対して「仕事はお気になさらず〜」などと使うことができます。 「お気になさらず」は敬語ですが、カジュアルな響きがありますので、目上の人には「お気になさらないでください」「お気になさらぬようお願いいたします」などと言う方が無難かと思います。 例文 ・仕事のことはお気になさらず、ゆっくりお休みください。 ・先程のメールは誤送ですので、どうかお気になさらないでください。 ・お気になさらずに、どうぞご放念くださいませ。 (心配せずに忘れてください) 自分のことを気にしないでほしいと伝える 自分のことを気にしないでほしいときにも「お気になさらず」は使うことがあります。 例えば、体調が悪いが気にする必要がないことを伝えるときなどに使います。 この「お気になさらず」の使い方は、言い方によってはぶっきらぼうに聞こえたり、嫌味に聞こえたりするので注意が必要です。 「気にしないでください」と置き換えれば、誤解される心配がなくなります。 例文 ・くしゃみが出ていますが、花粉症なのでお気になさらず。 ・私のことはお気になさらず、お二人で楽しんできてください。 他人の配慮を丁寧に断る(謙遜な態度を示す) 他人の配慮や気遣いを丁寧に断る場合にも「お気になさらず」は使われます。 例えば、人様の自宅に上がりお茶や茶菓子を出そうとする人に対して「お気になさらず」などと言います。 「私のことは心配する必要はありませんよ」と丁寧に断る意味合いがあります。 またお茶を出してもらったあとに「お気になさらず」と言う人もいます。 どちらの場合も、「お気になさらず」と言っても構いませんが、素直に感謝の気持ちを伝える方が無難な場合もあります。 逆にお礼を言うと図々しい場合もありますので、状況を見て発言内容は決めましょう。 例文 ・奥さん、お気になさらず。 すぐに出ますから。 ・私のことはお気になさらず、お二人で楽しんできてください。 謝罪・お詫びに対する返事 「お気になさらず」は謝罪・お詫びに対する返事としても使うことができます。 「大したことないですよ」「そんなに気にしないでください」というニュアンスで使います。 目上の人から謝罪された場合に「お気になさらず」と返事をするのは少しカジュアルすぎますので、最低でも「 お気になさらないでください」と返すべきでしょう。 「 お気に留められませんようお願い申し上げます」とするとなお丁寧でよいでしょう。 例文 ・全くの問題もございませんので、どうかお気になさらないでくださいませ。 ・今回の件は私も確認不足でしたので、お気に留められませんようお願い申し上げます。 ・お気になさらず。 どうか謝らないでください。 他人を慰める 他人を慰めるときにも「お気になさらず」は使うことができます。 失敗や失態をおかし、心配している人や動揺している人に対して、「大丈夫ですよ」というニュアンスで使うことができます。 例文 ・公園で子供が怪我をするのはよくあることですよ。 あまりお気になさらず。 ・またどこかで見つかりますよ。 そこまでお気になさらず。 「お気になさらず」の類語・言い換え お構いなく 「お構いなく」は「 相手の気持ちや周りの状況を気にしないこと」を意味します。 「自分のことは気にしないでよい、面倒を見てもらわなくてもよい」ということを相手に伝える場合に使います。 「お構いなく」単体で使う場合もありますし、「どうぞお構いなく」と使うこともあります。 例えば、訪問先でお茶を出された場合に「気を遣わないでください」という気持ちを込めて「お構いなく」と言ったりします。 相手の配慮を優しく断る表現ですが、相手や状況によっては「放っておいてください」と冷たい印象を与えてしまうこともあるので注意しましょう。 例文 ・私のことはお構いなく、皆さんで召し上がってください。 ・どうぞ私のことはお構いなく、お先に行かれてください。 お気遣いなく 「お気遣いなく」は「 気を使わなくてよいこと」を意味する言い回しです。 「お気遣いなく」は「お構いなく」と同じように使うことができます。 「お気遣いなく」も「どうぞお気遣いなく」と言うことがあります。 相手に気を使わなくてよいということを伝える場合に「お気遣いなく」を用います。 「お構いなく」は同等の人に使う場合が多いですが、「お気遣いなく」は目上の人に対しても使うことが可能です。 より丁寧に「お気遣いなさらず」「お気遣いなさらないでください」と言うこともできます。 例文 ・私は大丈夫なので、どうぞお気遣いなく。 ・私がやっておきますので、どうぞお気遣いなさらないでください、 結構です 「結構です」は「 これ以上は必要でないこと」を表します。 「はい、結構です」「いいえ、結構です」という形で使われています。 「結構です」は「何も問題ありません、満足しています」ということを表します。 また、物事を断るときに「結構です」を使うこともできます。 このように 肯定的な意味でも否定的な意味としても用います。 ただ、二つの意味を含んでいるので反対の意味として相手に伝わってしまう可能性があります。 「結構です」は意外と強意的なので、前に「申し訳ありませんが」「せっかくですが」といった言葉をつけるのがよいです。 例文 ・お茶だけで結構ですので、どうぞお気遣いなく ・申し訳ございませんが、飲み物は結構です。 お気持ちだけ頂きます 「お気持ちだけ頂きます」は、 返礼をやんわりと断る言い回しです。 自分が相手に贈り物をした際の返礼を断る場合に用います。 相手の厚意を優しく断る表現となっています。 「お気持ちだけ頂きます」は「お気持ちはしっかりと受け取ります」と 感謝の思いが込められています。 ですので「必要ありません」「いりません」などと断るよりも「お気持ちだけ頂きます」と言った方が、相手によい印象を与えることができます。 「お気持ちだけ頂きます」の他に、「お気持ちだけ頂戴します」「お気持ちだけで十分です」「お気持ちだけで嬉しいです」などとも言えます。 例文 ・ありがとうございます。 お気持ちだけ頂きます。 ・そのお気持ちだけで嬉しいので、どうぞお気遣いなさらないでください。 大丈夫です 「大丈夫です」は「 きちんとしていること、間違いないこと」を意味します。 「大丈夫です」は「結構です」と同様に、 否定的な意味でも肯定的な意味でも用います。 例えば、相手に「お茶でもよいですか」と言われて「はい、大丈夫です」と答えた場合は、「お茶で問題ありません」と肯定的な意味として「大丈夫です」を使っています。 「お箸はお付けいたしますか」と言われて「大丈夫です」と答えた場合は、「箸は必要ありません」と否定的な意味として「大丈夫です」を用いています。

次の