ライン ビデオ 通話。 【LINE】複数人グループでビデオ通話を使う方法、最大200人まで同時接続可能

ラインでビデオ通話は無料?知っておかないと恐ろしい注意点

ライン ビデオ 通話

ラインのビデオ通話は無料なのか ラインは音声通話やメッセージ機能は無料ですが、ビデオ通話は有料じゃないのかと思っている方もいますよね。 ラインではこの「ビデオ通話」も無料です。 ・海外ではどうなのか 海外にいる相手や海外でライン利用してもビデオ通話は無料です。 海外にいるお友達とも通話料金を気にせずおしゃべりできるのはとても魅力的ですよね。 ・PC版ラインとのビデオ通話も無料? PC版ラインとのビデオ通話も、もちろん無料です。 また、自分または相手がPCだと、ネットワーク接続が有線だと回線速度が安定し、映像が途切れたり、音声が途切れたりするという事が少なくなります。 【ビデオ通話をする前に知っておかなければならない事】 ビデオ通話をする前に知ってほしい事、やってほしい事があります。 これを知らずにビデオ通話などしてしまうと結構大変なんです。 ラインは機能は基本的に無料ですが、通話やビデオ通話の際、通信料というものがスマホには存在します。 それは各携帯会社が決めたもので一定通信量までは定額で使えるなど、またその通信量を超えると回線速度制限したりします。 ですのでライン自体は無料ですが、その通信をするのにお金掛かっている事になります。 また、特にビデオ通話は映像も通信するのでその分通信量が掛かります。 Youtubeなどの動画を観た場合と同量の通信が必要になるので、すぐに通信規制が掛かってしまう場合があります。 また、パケット放題に加入していない方が知らずに使っていると、数十万という請求額になってしまったという話も聞いたことがあります。 なので、知っておいて欲しい事は「ライン自体はお金は掛からないがその分通信料が出ている」という事です。 ですが、その通信料が節約できる方法があるんです。 ・Wifiを使う。 Wifiを使えば、パケット通信を使わずラインなど利用する事ができます。 家にWifiの環境がある方はそちらに接続していれば好きなだけ使ってもパケット通信は行わないので節約できます。 また「モバイルデータ通信」のチェックを外しておくとすべての通信をWifiにて行うためラインの他のアプリなどもWifi接続のみで利用できます。 端末によって異なります 注意点なのですが、「モバイルデータ通信」をOFFにすると電話番号からの着信やSMSやメールなどが受信されなります。 着信などは携帯会社のモバイル通信をしなければ利用できないようになっているからです。 また、外出時などはポケットWifiなどを使うか、外出先のフリースポットWifi コンビニ、マクドナルド等 に接続して利用すれば、パケット接続になります。 この利用をしていればパケット通信量が、一か月に1GB未満で済む事だって出来るんですよ。 オススメのコンテンツ まとめ 今回はラインのビデオ通話は無料できるのか?また、知っておいてほしい事などをまとめました。 無料と言っていますが、実はパケットが掛かっているので実質有料だったんです。 完全無料にするには、「モバイルデータ通信」をOFF、通信をすべてWifiに変更すると全くパケット通信が掛からないようになっています。 なので外出時もなるべくフリースポットWifiを見つけて接続するようにしましょう。 現在フリースポットWifiは全国各地に設備されており様々なところで利用できるので便利です。

次の

LINE「ビデオ通話」の使い方ガイド──通信量からエフェクト設定、映らない時の対処法まで

ライン ビデオ 通話

グループまたは複数人トークのビデオ通話に参加する グループでのビデオ通話がかかってきたら、グループのトーク画面に「グループビデオ通話が開始されました」とメッセージが表示されます。 ここで[参加]ボタンをタップすると、グループのビデオ通話に参加できます。 注意したいのは、1対1のビデオ通話と異なり、 グループビデオ通話では着信があっても着信画面に切り替わらない点。 着信音さえも鳴らない仕様なので、グループビデオ通話の着信にはかなり気づきにくくなっています。 グループビデオ通話から退出する ビデオ通話から退出したい場合は、赤い電話のマークをタップすればOK。 全員が退出するまでビデオ通話は続くので、一度退出してまた参加するといったことも可能です。 「リアカメラ(背面)切り換え」:リアカメラに表示を切り替える。 もう一度タップするとインカメラ(前面)に戻る• 「マイクオフ」:マイクがオフになり、自分の音声が相手に届かなくなる。 もう一度タップすると、再びオンになる• 「カメラオフ」:カメラがオフになり、相手側に映像が届かなくなる。 もう一度タップすると、再び有効になる カメラをミュートしてるメンバーの画面は、上の画像のようにアイコン画像のみが表示される仕組みです。 「カメラオフ」と「マイクオフ」を両方オフにすると相手側には映像・音声ともに届かなくなるので、電話の保留機能のように、一時的に映像や音声を隠したい場合に利用するといいでしょう。 フィルターやエフェクト機能を使う(スマホ版LINEのみ) グループビデオ通話中は、豊富なバリエーションの顔認識エフェクトで喜怒哀楽を表現したり、カメラアプリのようなフィルター機能で画面の雰囲気を変えたりといったことも可能です。 エフェクトやフィルターは、随時新しい内容が追加されています。 画面下部の顔マークをタップして好きなものを選びタップすると、ビデオ通話に映っている自分の顔やその周囲にエフェクトを効かせることができます。 美肌のエフェクトを使えば、肌や輪郭、血色などを自動で補正してくれるので、化粧前や寝起きで顔を見られたくないときにも便利です。 また、メニューボタン[ ]から[フィルター]をタップすると、映像にフィルター加工ができます。 約50種類ものフィルターが用意されているので、気分やシーンに合わせて好みのものを使いましょう。 画面シェア(画面共有)機能を使う 同じ画面を見ながら会話できる「画面シェア」機能も便利。 言葉では伝えにくい位置情報や動画などをリアルタイムで共有したり、テレビ会議中に資料を共有したりといったようにさまざまな使い方ができるでしょう。 画面バージョン10. 5以上であれば、LINEから直接YouTubeへ繋いで一緒に動画を見ることも可能です。 共有ボタンをタップ後、通常の共有なら[画面シェア]を、YouTube動画を共有する場合は[YouTube]を選択しましょう。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE [画面シェア]をタップした場合、Android版は確認メッセージが表示されるので[今すぐ開始]をタップ。 iOS版は[ブロードキャストを開始]をタップすると、画面共有がスタートします。 スマホを操作して相手に見せたい画面を表示させましょう。 PC版LINEでも、バージョン5. 0以上ならビデオ通話中にパソコン画面を共有できます。 PC版LINEでグループビデオ通話中、画面左下にあるシェアボタンをクリックし共有したい画面を選択すると、自分のパソコン画面がグループメンバーに共有されます。 パソコンで共有された画面は、スマホ版LINEで受け取ることも可能です。 appllio. ビデオ通話を利用するには、スピーカーおよびマイク・カメラをLINEに接続する必要があります。 これらのデバイスがPCに内蔵されていない場合、別途ヘッドセットやマイク付きイヤホン、ウェブカメラなどを用意しましょう。 PC版LINEからグループビデオ通話をはじめるには グループビデオ通話のはじめ方はいたって簡単。 PC版LINEにログインしたら、該当するLINEグループまたは複数人トークを開き、メッセージ入力欄の右下にあるビデオ通話ボタンをクリックします。 参加する側は、「グループ通話が開始されました」のメッセージにある[参加]ボタンをクリックすればOKです。 PC版LINEでのグループビデオ通話の操作方法 PC版LINEでは、一度に最大16名まで参加者の映像が写ります。 ビデオ通話中、画面の右下にある 1 のボタンをタップすると、マイクがミュートになり音声がメンバーに届かなくなります。 2 をクリックすると他の参加者の音声がスピーカーから聞こえなくなり、 3 のボタンをクリックするとカメラがオフになり他のメンバーに自分の映像が届かなくなります。 画面右上のレイアウトのアイコンをクリックすれば、画面分割を変更できます。 参加者全員を表示させたり、誰か1人だけを大きく映し出したりと、用途に合わせたレイアウトに設定しましょう。

次の

LINEのビデオ通話で音声が聞こえない理由と解決方法

ライン ビデオ 通話

LINEのビデオ通話で音声が聞こえない理由と解決方法 LINEはリアルタイムで情報交換が出来るものとして若者を中心に注目されているSNSですよね。 通話もメールも全てが無料で出来てしまうので、電話代などを気にすることもありません。 さらに、LINEでは「ビデオ通話」の機能も追加され話題になっていますよね。 今回ご紹介する裏技は、「ビデオ通話で音声が聞こえない場合の対処法」についてです。 この裏技についてご紹介していきます。 その前にビデオ通話ってなに? この裏技を紹介する前に、この裏技を使う「ビデオ通話」について簡単に説明しておきます。 「ビデオ通話」は、誰でも簡単に相手と映像を交えながら通話することが出来る機能です。 そのままトークをすることもできるのが特徴です。 音声のラグなどが気になる人もいるようですが、あまりラグなどを感じることが少なく、中々良いサービスだねと、利用者からは 好評のようです。 料金などが気になる人もいるでしょう。 料金はLINEということもあり、無料です。 スカイプの次を狙っているようですので、無料で応戦しているようです。 続きます・・・ スポンサーリンク ビデオ通話で音声が聞こえない場合の対処法 ここまで便利なビデオ通話ですが、中には利用できない人もいたり、 音声が聞こえないという人も多いようです。 「音声が聞こえない」場合は、ほとんどが設定している人の簡単なミスにより発生していることがほとんです。 それを解決する裏技を以下に記述していきます。 まず、音声が聞こえない人の多くは、iPhoneユーザーの人であると言われています。 その中でも、 iOS7にアップデートした人がこの影響を受けているのです。 このアップデートをしている人は、新しく 「マイクの許可」という設定が登場しています。 LINEのビデオ通話をする場合には、「マイクの許可」が必要になってきているのです。 ここで、「許可」に設定していない場合には、マイクの機能がオンにされていないということになりますので、ビデオ通話をすることができなくなってしまいます。 最初にLINEを立ち上げるときに、「このアプリでのマイクの使用を〜」という項目が出てくると思いますので、そこで 「はい」にタップすることで、マイクを許可することができます。 もし、「いいえ」をタップしてしまった人は、設定で自分で変えることができます。 これが、ビデオ通話で音声が聞こえない場合の対処方法の裏技になります。

次の