カリオストロ の 城。 「ルパン三世 カリオストロの城」ロケ地・舞台紹介!モデルはどこ?

awards.dramadesk.org

カリオストロ の 城

予めご了承ください。 【4K UHD 4K Ultra HD ブルーレイとは? 】 4K UHD 4K Ultra HD ブルーレイとは、これまでのブルーレイをより進化させたもので、 解像度・輝度・色域の3要素が従来のものを遥かに超えた、新しいメディアです。 見違えるような精細さで映像をよりリアルに、立体的に。 臨場感も格段に向上。 映像がよりリアルに。 国営カジノの金庫から大金を盗み出すことに成功したルパンと次元。 車中、札束に囲まれていたルパンは、その札が「幻の偽札」とまで呼ばれるゴート札であることに気づく。 国営カジノまでを汚染し始めたゴート札に興味を持ったルパンは、次のターゲットをゴート札の発信源、ヨーロッパの小国・カリオストロ公国に定める。 カリオストロ公国に潜入したルパンと次元は、花嫁衣装を着た少女が武装集団に追われているところに出くわす。 ルパンは追っ手を撃退し、少女を救おうとしたものの崖から落下して気を失い、その間に少女は別の一団にさらわれてしまう。 その少女がルパンを介抱する際に使った手袋に残されていた指輪をみつけたルパンは、 彼女がカリオストロ公国大公家の正統な継承者クラリスであることを思い出す。 まだ泥棒として駆け出しだったころのルパンは名を上げるためにゴート札に手を出し、カリオストロ城で負傷。 そのときに幼少時のクラリスに助けられていたのだった。 7年前にクラリスの父である大公が死去して以来公国の実権を握るのは、大公の摂政だったカリオストロ伯爵。 彼はクラリスを妻に迎えることで、実権のみならず公国を手中に収めようとたくらんでいた。 クラリスはその結婚を拒絶し、ドレス姿のまま逃亡したのだった。 それを知ったルパンは、かつての命の恩人クラリスを救うために彼女が幽閉されている城の塔への潜入を計画。 ルパンが伯爵に予告状を送りつけたことで、インターポールの銭形警部も公国入りし、ルパンvsカリオスロ伯爵の戦いの火蓋が切って落とされる。 国営カジノの金庫から大金を盗み出すことに成功したルパンと次元。 その札が「幻の偽札」と呼ばれるゴート札であることに気付いたルパンは、ゴート札の発信源であるヨーロッパの小国・カリオストロ公国に潜入する。 こんにちは。 久々にカリオストロが見たくなったので、取り寄せてみました。 緑色ジャケットのジブリ版となります。 物語や内容は、こちらを拝見する前にも、幼少時より何度も見ていて名作なのは存じていました。 私は古い時代の人なので、TV放映版の録画VHSを擦り切れるまで見返したものです。 各シーンのセリフを覚えて、ごっこ遊びしてしまうくらいでした。 正直、所持しているアニメDVDとそんなに画質は変わらないかなーと思っていました。 しかし、全然そんなことはなかったです。 フィルム揺れが起こらない、輪郭がくっきりして滲まない、動作がブレない、色調に違和感が無い、と全く違いました。 引越しの際にVHSを紛失して、15年振りにカリオストロを拝見しましたが、本当によく出来たルパン映画だと思います。 手持ちの洋画は徐々にBDに変えていっているのですが、これからはアニメもBDにしたいと思えました。 ご精読ありがとうございました。 モーリス・ルブランのルパン・シリーズの「カリオストロ伯爵夫人」からカリオストロとクラリスの名前を貰って、モンキー・パンチの原作から離れた、宮崎駿監督のオリジナル・ストーリーが展開されるのが、この「ルパン三世/カリオストロの城」です。 私は封切り時に地方の映画館で、この作品を観たのですが、たしか、同時上映が「Mr. Boo! /インベーダー作戦」でした。 あまりの面白さに、電車に乗って、他の町の三番館まで追っかけたのも、良い思い出です。 まず、画質ですが、「カリ城」の国内ブルーレイ盤を所持していないので、「風の谷のナウシカ」の国内BD盤と比較しますと、「ナウシカ」がフィルムの粒子感が強く、時々、画調がソフトになるのに比べると、「カリ城」は粒子感がなく、均一のきっちりした画質ですね。 ちなみに、昔から、冒頭で用心棒たちの車が切断されているのに、「どうして、五エ門がいないのか」と不思議だったのですが、このBDの画像だと、ルパンたちが飛び乗るフィアット500の後部座席に、座っている五エ門の頭のてっぺんと仕込み刀の柄が、ちゃんと見えます。 音声は、うちの安価なホームシアターセットで聞く限り、日本語5.1chの音の分け具合も結構で、楽しめました。 輸入盤のDVDやBDは、日本のものに比べると、ジャケットのレイアウトがお粗末だったり、印刷の質が悪かったりするのですが、この商品は非常にキレイです。 ジャケットの裏に横長ポスターの画を入れたり、裏表紙やメニュー画面に「カリオストロの城を見つめる、十年前の若きルパン」を用いたり、極めつけはディスクの表にクラリスの指輪の画を印刷するとか、スタッフの「カリ城」愛がビンビン伝わってきます 添付画像を参照のこと。 興味深いことに、この作品の1992年版と2000版の英語吹き替え音声を聞くと、日本の声優の方々の演技力がどれほど高いか、まざまざと実感できますね。 どちらの英語役者陣もそれなりに頑張っていると思いますが、変幻自在の山田康雄さんの演技に追いつけないのは仕方ないとしても、石田太郎さんのカリオストロ伯の重厚さの足下にも及ばないのは、困ったものです。 クラリスは、2000年版の女優さんに軍配を上げますが、島本須美さんの可憐さと清らかさには、まだ遠いです。 演技力の差というよりも、精神論のようでイヤなのですが、二次元のキャラに自分の声で命を吹きこもうとする気迫の差のような気がします。 特典映像の中に、ボビーの「炎のたからもの」が流れるノンテロップのオープニングがありますが、英語訳の歌詞と一緒に、原語で唄いたいマニアのためか、日本語歌詞のローマ字表記が流れていたのが微笑ましいです。 昭和の三十、四十年代に、洋楽の歌詞に、カタカナで英語の発音が書かれていたのを思い出しました。 TVシリーズの「未来少年コナン」とともに宮崎監督の初期の代表作であり、作品そのものが、世界のアニメ史に残る傑作であることは疑いもないですし、公開から四十年近くたっても全く古ぴることのない面白さを存分に味わえるこの商品は、値段以上の価値があると思うので、激しくオススメです。 旧VAP版、ジブリ版、4K版の比較です。 旧VAP版:画質はノイズがのっているが、ノイズリダクションをあまりかけてないのだろう。 今見るとざらつきがきつい。 音質は初めて聞いたとき細かいニュアンス、とくに銭形が伯爵に最初に謁見した箇所でセリフにエコーがかかっており、広い部屋で離れた場所で会話しているのが聞き取れた。 ジブリ版:画質、音質ともにノイズリダクションかかりまくり。 のっぺりした画質、特に音質には辟易する。 4K:画質はノイズは減らされている。 ラストでルパンがクラリスにキスするところでセルを重ねてある部分の発色の違いなどよくわかる。 地下での死体などもくっきり。 音質は旧VAP版と比べるとやや高域にノイズリダクションかけているかもしれないが、セリフがよりオンに聞こえ、悪くない。 山田康雄が宮崎駿から指示された「クリント・イーストウッドを吹き替える時のような抑えた声」のニュアンスがよくわかる。 黒澤明と宮崎駿。 時代も映像領域も異なるが、人への造詣の深さや時流を捉えたテーマ性、妥協を許さない仕事は共通で、結果として海を越えて世界で愛される作品群を世に送り出した偉大な監督達だ。 「カリオストロの城」はルパン三世では「複製人間」との双璧だが、国内アニメの枠を越えて誇り・勇気・慈愛等の大人としての普遍性に世界の人々も共感したからだろう。 ルパン三世のレガシーを宮崎駿が演出したのだから当たり前かも知れないが、大人から子供達に語り継ぐべきエッセンスが凝縮された、もはや遺産とも言うべき存在だ。 「なんて気持ちの良い連中だろう」 この老庭師の一言が一番好きだ。 ルパン一味だけが主役じゃない。 この作品で宮崎監督が伝えたかったのは、銭形警部も機動隊も敵の衛兵すらも「皆で世界は変えられる」、ではないかと勝手に思っている。 その為のきっかけを作る汚れ役、ダークヒーローの走りが40年以上も前からルパン三世シリーズとして子供達の目の前に有るのだから、東北新社の先見の明には今更ながら畏れ入るしかない。 中年オヤジの自分が今も面白いと感じるアニメはヤマトとジブリ系の二作品なのだが、中でも「さらば宇宙戦艦ヤマト」と「カリオストロの城」が一頭図抜けた場所に居る。 今思えばこれらを観た好影響は間違いなく自分の人生に寄与している。 この素晴らしい映像コンテンツ遺産を画質クリアなBlu-rayで何時でも楽しめ、また後世に残せる事に素直に感謝しています。 古いアニメで4Kの恩恵があるのか疑問でしたが、後期パッケージのカリオストロのBlu-rayも所持しておりますので見比べて観ましたら、4Kの方が思ってたよりも更にくっきり見えるし画像があまりぶれません fpsの関係? 因みに最初にジブリのロゴは出ません。 音はBlu-rayの場合ステレオから5. 1chまで、UHDは7. 1chへ変更されておりますので音質、臨場感もアップしてると思います。 ただ元が古いので、最近のジブリの映画のBlu-rayを観るのと映像的にはあまり変わりません。 最近のジブリもUHDで出ると、やはりより綺麗なのかな? それ以外のDVD、又は緑ジャケットに白のシルエットのジブリ版Blu-ray(2014年発売)はOKです。 私が買ったのは後者、緑ジャケットに白シルエットのものですが、こちらは、大変良かったです。 VAP版の何がダメかと言うと。。。 とにかく、作りが死ぬほど雑で、DVDの方が解像度では負けてもクオリティーは上です。 VAP版はまず、なぜかトリミングしているので、本来あるはずのが画像が上下左右ともに切り取られていて、全体の縮尺がおかしくなっています。 また、「色かぶり」が激しく、本来白くなければいけない部分がピンクがかってたり、全体的にボケて色が雑です。 そして、フィルムから「適当に」読み取ったようで、ゴミやブレがいたるところにあって、売り物の体を成してません。 対するジブリ版(緑ジャケット)はというと、、、 さすが、ジブリから出てるだけに、色かぶりもなく、輪郭もシャープ、ゴミも除去されていて、画質も音も非常に良いです。

次の

「ルパン三世 カリオストロの城」ロケ地・舞台紹介!モデルはどこ?

カリオストロ の 城

なににしてもこの頃から変わらず胃袋を刺激する食事シーンですねぇ。 カリオストロの城への侵入相談をしながら、ルパンと次元が超大盛りのミートボールスパゲッティを取り合うシーン! ミートボール、ゴロゴロっ!! この豪快にミートボールが入ったスパゲッティを自分も食べたいと思った人は星の数ほどいるでしょう。。 上記の通り、厳密には「ジブリ飯」ではないのですが、もはや「ジブリ飯」の定番の一つになっていますね。 ただまあ…。 実はミートボールスパゲッティってアメリカでは非常にポピュラーな食べ物なので、とある有名エンターテイメント会社の超有名アニメ映画にも登場していたりします。 ルパンと次元のように豪快に取り合いをしてみたいですね。 実際にこんな取り合いしたら母親に叱られそうな行儀の悪さですが笑 この微妙に行儀の悪い感じが、なぜかなおさら食欲をそそるのはなぜなのだろうか…。 ニンニク、玉ねぎはみじん切りにします。 鍋にたっぷり目にオリーブオイルを注ぎ、ニンニクの香り出しをしたのちに、玉ねぎをきつね色になるまでじっくりと炒めていきます。 玉ねぎが色づいて、甘みが出てきたらカットトマトを加ます。 玉ねぎと馴染ませて、軽く炒めたら、水をひたひたに加えて煮込んでいきます。 さて、トマトソースを煮込んでいる間に、ミートボールを作ります。 ボウルに合挽きミンチを入れ、塩を加えて揉み込みます。 十分に粘ばりが出てきたら、水でふやかしたパン粉と塩、粗挽きブラックペッパーを加えて、さらに捏ねていきます。 満遍なく捏ねられたら、手のひらでピンボール大の肉団子を作ります。 フライパンに多めの油を注ぎ、熱してから肉団子を加えて揚げ焼きにしていきます。 菜箸でひっくり返しながらしっかりと火を通したら、油から上げてキッチンペーパーなどに油を吸わせます。 この揚げ焼きの過程で、余分な脂が落ちます。 なのでこの過程を省くとトマトソースと煮込む際にものすごく脂っぽいソースになってしまいます。 要注意です! さて先ほど煮込んでいたトマトソースに、肉団子を加え、ひたひたになるくらいに水と白ワインを加えます。 肉の臭み消しのためにベイリーフを加え、さらに15分ほど煮込んで水気を飛ばしていきます。 これでミートボールのトマトソースの完成です。 別の鍋にお湯を沸かし、スパゲッティをたっぷりと湯がいていきましょう!! 今回は大盛りパスタなので3人前ほど湯がいていきます。 茹で上がるタイミングに合わせて、フライパンに先ほどのソース 肉団子は除いておく を入れ、パスタの茹で汁を加えて乳化させます。 ソースの乳化が終われば、茹で上がったスパゲッティをフライパンに加えてソースと和えていきます。 この際に肉団子が入っていると、和えにくいので横によけておくのがオススメです。 大きいお皿に山盛りに盛り付け、先ほどよけておいた肉団子を外周を取り巻くように盛り付ければ完成です!! そのままでは食べにくいので一人用のお皿に取り分けていただきます。 ルパンや次元のようにフォークだけで大量にスパゲッティを巻きとるなんて離れ業はできないので、素直にトングを使います。 パセリなどをかけても美味しいです。 なんだかテンション上がります。 作って、食べるだけでテンションが上がるというのは素晴らしいことです。 肉団子の存在感がものすごいです。 ただ問題は作中のボリュームを再現するために、通常の3倍量を作ってしまったこと!! なんとか食べきりました。 食べきりましたとも。。

次の

awards.dramadesk.org

カリオストロ の 城

好きなところに飛べるよ!• 「わわわわぁぁぁ」ルパン以外クラリスの部屋までジャンプできないな。 踏み台にしたやつすごく手前www ルパン以外できなそうですね。。。 オートジャイロを奪う気だわ(止まれるスペースはなさそう) 引用元: サンバデスペラードが流れてルパンが城のてっぺんまで登って不二子が 「オートジャイロを奪う気だわ!」というシーンありますよね? でも実際の写真を見てみるとオートジャイロは止まれなそうですね! ジョドーの背中かを踏み台にしてオートジャイロから降りるカリオストロ伯爵ごっこも無理そうです。。。 (ひそかに夢だった) 街のモデルは「サン・レオ」 続いてジョドーたちと戦ったり、誰もが1度は食べてみたいミートボールスパゲティなどが出てくる カリオストロ公国のふもとの街ですが、こちらのモデルはイタリアのサン・レオという町らしく。。。 この街をもともと作ったのは石工師のレオーネさんという方でお仲間に石工師のマリーのさんというかたもいらっしゃるらしく このお友達のマリーノさんがサンマリノ共和国を作成されたのだとか。。。 イタリアンゲームでの設定ではカリオストロ家は錬金術士的な設定でしたので ここらへんにも何か裏設定などが仕込まれていそうですねw 新宿でリアルミートボールスパゲティを目のあたりにした結果。。。 で食べてみるとおいしいんですが。。。 量が多すぎて残してしまいました。。。 (次元二人分くらいよく食えたな。。。 ) 現在はもうスパゲティ公式ではやっていないみたいですが今回4DXに際してやったりしてほしいですよね?? ルパン店でもかなり買い物したのですがスパゲティに関してはもういいかな。。。

次の