フレッツ光 割引 東日本。 フレッツ光 サービス紹介・料金

移行工事費割引 ADSL乗り換えキャンペーン(フレッツ光東日本)|フレッツ光申し込み・加入キャンペーン

フレッツ光 割引 東日本

フレッツ光東日本・西日本の違い 運営会社の違い まずフレッツ光は東日本と西日本において、それぞれNTTの東と西の子会社が担当している違いがあります。 この点がもっとも大きな差ですが、会社が違う以上細かく分析していくといろいろな違いが見えてきます。 まず同じNTTグループが提供する商品で同一のブランド名が冠せられていますが、商品自体は別物なので内容にも差が存在します。 提供エリアの違い フレッツ光東西の決定的な差は、何といっても提供地域が異なることです。 東日本地域は北海道から新潟・長野・山梨・神奈川地域までで、西は富山や岐阜から九州地方に沖縄をカバーします。 つまり境界線は東西でハッキリと引かれていますから、引越しをしたり利用を始める地域によって、契約相手が明確に決まります。 選べるプランや受けられるキャンペーンは、東西で明らかに異なりますから、住んでいる地域に合わせて内容を確認することが大切です。 基本料金の違い 一番わかりやすいのは基本料金の差で、更に提供プランの種類や名前も異なるのが特徴です。 当然ながら月額料金の差が開きますから、一見して同じように思えるサービスでも実は結構違うことがわかります。 「フレッツ光は東も西も関係なく同じ」 こういう誤解は、ブランド名が同一でNTTが巨大な企業というイメージが根強いのが原因でしょう。 プランの違い NTT東日本のプラン NTT東日本でもっとも速い戸建向けのプランは、ギガファミリー・スマートタイプという名称です。 基本料金は5700円で最大下り速度は1000Mbpsと、この金額と速さが1つの目安ですね。 東日本にはもう1つ、ギガファミリー・スマートタイプの下にファミリー・ギガラインタイプが用意されており、こちらも1000Mbpsなのが特徴となっています。 基本料金は300円の差ですが、無線規格の対応やお得なキャンペーンの適用など、細かいところに違いがあります。 NTT西日本のプラン NTT西日本が提供する戸建向けプランは、ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼という名前で、速度は同じく1000Mbps。 ただし基本料金は5400円ですから、直接的に比較を行えば名前と料金の差が明白です。 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼は、NTT西の戸建向けにおける唯一の1000Mbpsプランとなっています。 その他プランの違い 100Mbpsクラスのプランも東と西に用意されていますが、前者は月額5200円で後者は5400円です。 また200Mbpsプランも同様で、名前はファミリー・ハイスピードタイプで統一されています。 料金の違いまとめ このようにフレッツ光は東と西で名前が共通していたり、一部に独自の名称が用いられます。 基本料金の差は東日本と西日本で異なりますが、上位のプランは東の方がやや高めです。 下位のプランでは差が逆転しているので、そういうところがおもしろい違いになっています。 一方マンション向けのタイプも一部で名称が異なり、料金も前者の2850円から4350円、後者の2200円から4500円と差が開きます。 仮に同名のプラン同士で契約を変更しても、基本料金が変わって月額の負担が増減するケースがあります。 そもそもNTT同士でも東西では企業そのものが異なり、契約相手が変わることから、このような事態が発生しても不思議ではないでしょう。 それどころか「移転の契約契約変更が行えなかった」という問題も生じているので、東から西やまたその逆に引越しをする場合は要注意です。 ケースによっては、一度一方で解約をしてからもう一方で契約する、そんな手間が掛る可能性があるため気を付けましょう。 キャンペーンの違い 基本料金や契約以外の差を挙げるとしたら、いわゆるNTTがグループで力を入れているキャンペーンです。 ギガ推しキャンペーン 中でもギガ推しは代表的なキャンペーンで、こちらも当然ながら東西で内容が違ってきます。 NTT東日本においては、1000Mbpsのプランを例に挙げると、基本料金にプロバイダ料金が加わり、にねん割とともにギガ推し割引が適用されます。 ギガ推しは戸建てだと300円、マンションなら200円の割引ですから、これがキャンペーンの基準となるでしょう。 にねん割の700円引きを適用すると、合計料金は5300円という結果に至ります。 NTT西日本で同様のプランを計算する場合は、基本料金とプロバイダ料金は同じで、にねん割はなく光はじめ割の適用となります。 光はじめ割は月額1100円の割引内容で、3年目以降は1290円にお得感がアップするのが魅力です。 初年度と2年目の月額料金は5200円ですから、東に比べて100円お得ですね。 コストの差は西日本がやや有利ですが決定的な違いとはいえませんし、フレッツ光の契約プランによって簡単に逆転することもあり得ます。 ただ3年目以降はもう少し差が開きますから、長く使うなら西日本地域の方がコスト的なメリットが得られます。 しかし、契約するプロバイダを変えるだけでも差が生じるので、キャンペーンによる料金の違いはあくまでも目安の1つと考えるのが無難です。 まとめ 一緒くたにしがちなフレッツ光東日本・西日本の違いについてまとめました。 親会社はNTTで一緒でも、別の子会社のためそれぞれの地域へ引っ越した際にスムーズに乗り換えできないこともあります。 また料金も多少異なるため、もし引っ越すのであればフレッツ光ではなく別業者への乗り換えがおすすめ。 光コラボレーション事業者や地域に根ざした「NURO光」「eo光」などの光回線業者に乗り換えたほうが得する可能性が高いです。 ぜひご検討ください。

次の

フレッツ光|春日部市のフレッツ光 利用判定結果|埼玉県|NTT東日本

フレッツ光 割引 東日本

「フレッツ光 ネクスト」の料金概要 フレッツ光は東日本エリアをNTT東日本が運営し、西日本エリアはNTT西日本が運営しており、NTT東日本・西日本で、プランの細かい名前と料金が異なります。 また、フレッツ光は住居の建物によって選べるタイプが変わってきます。 戸建ての場合は「ファミリータイプ」、集合住宅の場合は「マンションタイプ」を契約することになり、それぞれで料金が異なります。 現在、フレッツ光の中で、最もスタンダードなプランが「フレッツ光 ネクスト」です。 これは、インターネットを何時間利用しても料金が変わらない「定額制」。 一方、インターネットの通信量に応じて月額料金が決まる「2段階定額制」の「フレッツ光 ライト」というプランもあります。 【NTT東日本】フレッツ光 ネクストの料金を解説 まずは、NTT東日本における「フレッツ光 ネクスト」の料金を見ていきましょう。 これは通常料金で比べると「スマートタイプ」よりも多少お得ですが、適用できる割引が異なり、割引適用後は価格差が100円程度になります。 月々100円差程度でルーターをレンタルできるメリットがあるため、「スマートタイプ」の方がよりおすすめです。 また、表を見て分かるように、速度が1Gbpsのプランと他の速度のプランの料金差は最大300円程度しかありません。 この差をどう考えるかは本人次第ですが、動画やゲームを気兼ねなく楽しむなら「スマートタイプ」がおすすめです。 また、表の料金は回線契約の料金のため、すべての料金は 別途でプロバイダ料金がかかります。 プロバイダ料金は選ぶプロバイダ業者によって変わりますが、安いプロバイダなら800円程度、高い場合は1,500円程度の場合もあり、概ね1,000円程度と考えればOKでしょう。 マンションの各プランの料金に幅があります。 これは、マンションの規模によって、契約できるプランが決まるからです。 ・建物内で16契約以上見込める ・建物内で8契約以上見込める ・建物内で4契約以上見込める で、3つのプランが用意されていて、当然ながら多くの契約が見込める場合の方が低い料金設定です。 各種割引について NTT東日本の割引を簡単に説明しましょう。 【NTT西日本】フレッツ光 ネクストの料金を解説 次に、NTT西日本のフレッツ光ネクストの料金を、戸建て・集合住宅に分けてチェックしていきましょう。 また、マンションの各プランの料金に幅がありますが、これは、マンション(集合住宅)の規模によって、契約できるプランが自動的に決まってくるからです。 ・16契約以上見込める ・8契約以上見込める ・6契約以上見込める で、3つのプランが用意されていて、当然ながら多くの契約が見込める場合の方が低い料金設定になっています。 表の料金は回線契約の料金のため、 すべての料金は別途でプロバイダ料金がかかります。 プロバイダ料金は選ぶプロバイダ業者によって変わりますが、安いプロバイダなら800円程度、高い場合は1,500円程度の場合もあり、概ね1,000円程度と考えればOKでしょう。 西日本限定「光はじめ割」 NTT 西日本では、現在、「光はじめ割」という割引を実施しています。 (2018年4月末までは「光もっともっと割」「Web光もっともっと割」がありましたが、それらの新規申し込みを終了する代わりに、5月から「光はじめ割」が始まりました。 ) 「光はじめ割」の概要は以下の通り。 家族や友人同士、2~3回線のグループを組んでこの割引を申し込むと、グループメンバーそれぞれの月額料金が300円ずつ割引、または代表者の月額料金から600円~900円割引になります。 割引は、解約金に注意しよう NTT東日本の「にねん割」と、NTT西日本の「光はじめ割」はそれぞれ適用すると 2年単位での契約となり、契約更新月に解約しないと自動更新となります。 そして契約更新月に解約しないと解約金が発生してしまうので注意しましょう。 例えばNTT東日本の「にねん割」の場合、文字通りで2年契約となり、2年毎に自動更新となります。 「にねん割」の場合、契約更新月とその翌月以外に解約するとファミリータイプは9,500円、マンションタイプは1,500円の解約金が発生します。 NTT西日本の「光はじめ割」の場合、解約金はさらに高額。 「光はじめ割」の割引適用期間は2年ごとに自動更新。 適用期間満了月とその翌月以外に解約する場合は、戸建て・集合住宅共に10,000円の解約金がかかります。 割引による契約期間に縛りについては、の記事で詳しく解説しています。 まとめ フレッツ光は、 ・NTT東日本orNTT西日本か ・戸建て住宅or集合住宅か ・速度を1Gbpsにするか ・ルーターのレンタルの有無 ・定額プランor従量制プラン といった条件によって、料金が異なります。 数年単位の縛りで契約をすると、割引の適用が可能になり、一見高く見える月額料金も、他社回線の料金とさほど変わらない月額料金となります。 数年以上回線を使用する予定があるなら、「にねん割」「ギガ推し」などの長期契約割引を適用させて契約することをおすすめします。 インターネットおすすめ光回線.

次の

フレッツ光|春日部市のフレッツ光 利用判定結果|埼玉県|NTT東日本

フレッツ光 割引 東日本

フレッツ光東日本・西日本の違い 運営会社の違い まずフレッツ光は東日本と西日本において、それぞれNTTの東と西の子会社が担当している違いがあります。 この点がもっとも大きな差ですが、会社が違う以上細かく分析していくといろいろな違いが見えてきます。 まず同じNTTグループが提供する商品で同一のブランド名が冠せられていますが、商品自体は別物なので内容にも差が存在します。 提供エリアの違い フレッツ光東西の決定的な差は、何といっても提供地域が異なることです。 東日本地域は北海道から新潟・長野・山梨・神奈川地域までで、西は富山や岐阜から九州地方に沖縄をカバーします。 つまり境界線は東西でハッキリと引かれていますから、引越しをしたり利用を始める地域によって、契約相手が明確に決まります。 選べるプランや受けられるキャンペーンは、東西で明らかに異なりますから、住んでいる地域に合わせて内容を確認することが大切です。 基本料金の違い 一番わかりやすいのは基本料金の差で、更に提供プランの種類や名前も異なるのが特徴です。 当然ながら月額料金の差が開きますから、一見して同じように思えるサービスでも実は結構違うことがわかります。 「フレッツ光は東も西も関係なく同じ」 こういう誤解は、ブランド名が同一でNTTが巨大な企業というイメージが根強いのが原因でしょう。 プランの違い NTT東日本のプラン NTT東日本でもっとも速い戸建向けのプランは、ギガファミリー・スマートタイプという名称です。 基本料金は5700円で最大下り速度は1000Mbpsと、この金額と速さが1つの目安ですね。 東日本にはもう1つ、ギガファミリー・スマートタイプの下にファミリー・ギガラインタイプが用意されており、こちらも1000Mbpsなのが特徴となっています。 基本料金は300円の差ですが、無線規格の対応やお得なキャンペーンの適用など、細かいところに違いがあります。 NTT西日本のプラン NTT西日本が提供する戸建向けプランは、ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼という名前で、速度は同じく1000Mbps。 ただし基本料金は5400円ですから、直接的に比較を行えば名前と料金の差が明白です。 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼は、NTT西の戸建向けにおける唯一の1000Mbpsプランとなっています。 その他プランの違い 100Mbpsクラスのプランも東と西に用意されていますが、前者は月額5200円で後者は5400円です。 また200Mbpsプランも同様で、名前はファミリー・ハイスピードタイプで統一されています。 料金の違いまとめ このようにフレッツ光は東と西で名前が共通していたり、一部に独自の名称が用いられます。 基本料金の差は東日本と西日本で異なりますが、上位のプランは東の方がやや高めです。 下位のプランでは差が逆転しているので、そういうところがおもしろい違いになっています。 一方マンション向けのタイプも一部で名称が異なり、料金も前者の2850円から4350円、後者の2200円から4500円と差が開きます。 仮に同名のプラン同士で契約を変更しても、基本料金が変わって月額の負担が増減するケースがあります。 そもそもNTT同士でも東西では企業そのものが異なり、契約相手が変わることから、このような事態が発生しても不思議ではないでしょう。 それどころか「移転の契約契約変更が行えなかった」という問題も生じているので、東から西やまたその逆に引越しをする場合は要注意です。 ケースによっては、一度一方で解約をしてからもう一方で契約する、そんな手間が掛る可能性があるため気を付けましょう。 キャンペーンの違い 基本料金や契約以外の差を挙げるとしたら、いわゆるNTTがグループで力を入れているキャンペーンです。 ギガ推しキャンペーン 中でもギガ推しは代表的なキャンペーンで、こちらも当然ながら東西で内容が違ってきます。 NTT東日本においては、1000Mbpsのプランを例に挙げると、基本料金にプロバイダ料金が加わり、にねん割とともにギガ推し割引が適用されます。 ギガ推しは戸建てだと300円、マンションなら200円の割引ですから、これがキャンペーンの基準となるでしょう。 にねん割の700円引きを適用すると、合計料金は5300円という結果に至ります。 NTT西日本で同様のプランを計算する場合は、基本料金とプロバイダ料金は同じで、にねん割はなく光はじめ割の適用となります。 光はじめ割は月額1100円の割引内容で、3年目以降は1290円にお得感がアップするのが魅力です。 初年度と2年目の月額料金は5200円ですから、東に比べて100円お得ですね。 コストの差は西日本がやや有利ですが決定的な違いとはいえませんし、フレッツ光の契約プランによって簡単に逆転することもあり得ます。 ただ3年目以降はもう少し差が開きますから、長く使うなら西日本地域の方がコスト的なメリットが得られます。 しかし、契約するプロバイダを変えるだけでも差が生じるので、キャンペーンによる料金の違いはあくまでも目安の1つと考えるのが無難です。 まとめ 一緒くたにしがちなフレッツ光東日本・西日本の違いについてまとめました。 親会社はNTTで一緒でも、別の子会社のためそれぞれの地域へ引っ越した際にスムーズに乗り換えできないこともあります。 また料金も多少異なるため、もし引っ越すのであればフレッツ光ではなく別業者への乗り換えがおすすめ。 光コラボレーション事業者や地域に根ざした「NURO光」「eo光」などの光回線業者に乗り換えたほうが得する可能性が高いです。 ぜひご検討ください。

次の