卵 読み方。 「窩」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

卵 読み方

鶏の知識 鶏の用語解説(は〜ほ) 鶏の用語解説(は) 用語 読み方 解説 胚 はい 卵黄表面にある径2〜3ミリメートルの白い部分をいう。 [胚盤] 孵化の初期段階における発生した個体(ヒヨコになる部分)をいう。 廃鶏 はいけい 採卵期間を終えた、または採卵のピークを過ぎた卵用鶏のこと。 廃鶏は鶏肉としても市場に出荷され鶏肉全体の10%近くを占めます。 配合飼料 はいごうしりょう これのみ与えれば必要な栄養分を充分まかなえるように種々の原料を配合した飼料。 飼料はその栄養価によって濃厚飼料(のうこうしりょう)と粗飼料(そしりょう)とに分類される。 また、配合飼料の他に混合飼料(こんごうしりょう)と単体飼料(たんたいしりょう)がある。 配合飼料は完全配合飼料(かんぜんはいごうしりょう)とも呼ばれています。 羽色 はいろ 鶏[鳥]の羽の色。 嘴打ち はしうち ヒヨコが孵化するときに嘴で卵殻の内側から穴を開ける行為。 放飼い はなしがい 平飼いのうち、日中屋外において鶏を飼育する方法。 採卵鶏の場合、あまり広い敷地だと卵を集める手間も人件費もかかります。 地鶏などの肉用鶏の飼育に向いています。 発生 はっせい 主に孵化中の受精卵に胚が形成された状態のこと。 「発生が確認出来ました」などと喜び表現します。 破卵 はらん 卵殻および卵殻膜が破れている、またはヒビの入った卵。 飼育環境(気温)によるストレス、カルシウム不足、高齢による卵殻質の低下などが考えられます。 攀禽類 はんきんるい 木によじ登る習性をもつ鳥。 キツツキ、カッコウなど。 晩成雛 ばんせいびな 孵化直後、羽毛がなく巣内にて親の保護や給餌を必要とする雛のこと。 パンティング Panting 鶏が体温を下げる目的で口を開けて行う呼吸。 [喘ぎ呼吸(あえぎこきゅう)] 口を開けてハッ、ハッ、ハッ(ハァー、ハァー)と息を切らしている状態をパンティング状態という。 体温を下げるもう一つの行動は羽を膨らませ、ときにはパタパタとさせ熱を放出します。 パンティングによる影響は、鶏の基本知識「鶏のストレスについて」を参照。 鶏の用語解説(ひ) 用語 読み方 解説 ビークトリミング BeakTrimming デビーク(DeBeak)を参照。 ヒートストレス HeatStress 暑さから来るストレス。 ヒートストレスによる影響は、鶏の基本知識「鶏のストレスについて」を参照。 雛鶏 ひなどり 成鶏(せいけい)前の鶏のこと。 ひね鶏 ひねどり 主に採卵期間を終えた廃鶏(はいけい)のこと。 [拈鳥(ひねどり)] 古鶏(ふるどり)、老鶏(ろうけい)などとも呼ばれます。 ヒヨコ ひよこ 鶏の幼雛(ようすう)時期の呼び名。 平飼い ひらがい 鶏舎内又は屋外において、床面又は地面を自由に運動できるようにし鶏を飼育する方法。 ケージ飼いと比べ鶏はストレスを感じることなく育ち、産卵箱に卵を産みます。 卵はヨゴレやキズが付く前に人手により集める必要があるため人件費がかかり、 高価になります。 ブランド卵(特殊卵)などの少量生産に向いています。 床面積と飼育羽数の関係は、1坪当たり10羽程度と言われています。 地鶏と称される肉用鶏の場合は、28日齢以降は平飼いで1平方メートル当たり 10羽以下と決められています。 鶏の用語解説(ふ) 用語 読み方 解説 孵化 ふか 卵が孵(かえ)ること。 受精卵が発生してヒヨコが産まれること。 孵化器 ふかき 卵を人工孵化させるための保温装置。 不断給餌 ふだんきゅうじ いつでも好きなだけ餌が食べられる状態の給餌方法。 非生殖羽。 ブラッドスポット BradSpot 血斑(けっぱん)を参照。 孵卵 ふらん 「孵化(ふか)」を参照。 孵卵器 ふらんき 「孵化器(ふかき)」を参照。 ブランド卵 ブランドたまご 鶏の品種、飼育方法、鶏に与える飼料などに工夫を凝らした卵をいう。 ブランド卵は特殊卵とも呼ばれ、その種類は600種類を超えると言われている。 古鶏 ふるどり ひね鶏(ひねどり)を参照。 フレーク飼料 フレークしりょう 穀類原料(トウモロコシ、マイロ、大麦等)を加熱・加湿し薄片にした飼料。 飼料の配合成分を均一に維持できるため飼料効率の改善を目的とする。 フレーク(Flake):薄片。 薄片に加工した食品。 ブロイラー Broiler 肉用の鶏の一種。 肉用鶏(にくようけい)を参照。 鶏の用語解説(へ) 用語 読み方 解説 ペレット飼料 ペレットしりょう 粉状の飼料を短い円柱状、または粒状に加圧成型した飼料。 飼料の配合成分を均一に維持できるため飼料効率の改善を目的とする。 ペレット(Pellet):小粒、錠剤。 粒状のえさ。 ヘンデイ産卵率 ヘンデイさんらんりつ 一定の期間における群れの産卵個数を延べ羽数で割った数値。 ヘンデイ産卵率は、生存した鶏の1羽あたりの産卵率といえる。 ヘンハウス産卵率 ヘンハウスさんらんりつ 一定の期間における群れの平均産卵数を開始時の羽数で割った数値。 ヘンハウス産卵率は、鶏の死亡率も加味した産卵率といえる。 鶏の用語解説(ほ) 用語 読み方 解説 抱卵 ほうらん 親鶏が卵を温めること。

次の

卵油の飲み方は?|FAQ|【ちえの輪卵油】

卵 読み方

卵と玉子の違い 卵と玉子の違いを分かりやすく言うと、 基本的には卵という表記が使われて、玉子は料理名にときどき使われることがある表記という違いです。 卵が一般的に使われている言葉であるのに対して、玉子は時々しか使われません。 二つの言葉の使い分けに明確な基準はありません。 現代的な用法では、生物の卵を玉子と表記することは出来ませんが、料理名には卵も玉子もどちらも使うことが出来ます。 一つ目の「卵」は広く一般に使われている表記です。 産卵された状態で殻に守られたものは卵で、料理のために割られて卵黄と卵白の状態になったものも卵で、それがかき混ぜられたものは「とき卵」です。 またとき卵を加熱して作る料理には「卵焼き」「だし巻き卵」「錦糸卵」などがあります。 また加熱されていなくても、例えば「卵かけご飯」などの料理名があります。 二つ目の「玉子」は限定的にしか使われない表記です。 生物学的な意味では玉子という言葉は使われません。 つまり動物の「たまご」は「卵」と表記されます。 玉子は、料理名に時折使われる言葉です。 例えば「玉子焼き」「玉子丼」「玉子豆腐」などがあります。 ただし、玉子を使わなければならないという決まりはありません。 「玉子丼」の場合は玉子と書かれる場合が多いですが、「玉子焼き」と「玉子豆腐」は卵の表記も多く、玉子よりも卵の方が一般的だと考えられることもあります。 よく「卵は生のもので、玉子は加熱したもの」という区別がされることがあります。 確かに生卵とは言いますが、生玉子とは言いません。 しかしこれは間違った考え方です。 「卵焼き」「だし巻き卵」「錦糸卵」という表記がそれでは説明がつかないからです。 卵と玉子の違いは、生物も料理も基本的には卵という表記が使われて、玉子は料理名の時に時々使われることがある表記という違いです。 分かりやすさでは「卵は生、玉子は加熱」と考える方が上ですが、それは正確な理解ではありません。 なお、料理名に関しては漢字ではなくひらがなで表記する傾向も顕著です。 こうした傾向は、卵と玉子が厳密には区別出来ないこととも関係しています。 卵の意味 卵とは、 「たまご」の一般的な漢字表記を意味しています。 生物学的な意味での「たまご」も、料理としての「たまご」も、どちらも一般的に卵と表記されます。 「生物のたまご」と「加熱していないたまご」が「卵」と表記されると説明されることがありますが、それは間違った説明です。 確かに「ヘビの卵」は生物の意味で卵と表記され、「生卵」はスーパーで買ってきたままの、加熱前の調理用の卵です。 しかし「厚焼き卵」や「ゆで卵」など、加熱していても卵と表記される例が無数にあります。 「加熱していないたまごが卵」と考えることは、分かりやすいですが、例外が多すぎて規則にはなりえません。 間違いです。 「卵は一般的な表記」と考えることが、卵と玉子と使い分け方を一言で説明することは出来ていないので分かりにくいですが、正しい理解です。 比喩的な意味で卵という言葉が使われることがあります。 例えば「医者の卵」「画家の卵」のように、専門的な分野の駆け出しで、みずみずしさに溢れている若者を表現する言葉として主に使われます。 また、戦後の高度経済成長を支えた集団就職世代のことは「金の卵」と呼ばれたことが歴史の教科書などに載っています。 響きの良い言葉ですが、それは若者たちの潜在的能力を称揚ないし美化し、現実の劣悪な労働、生活環境を隠すスローガンでもありました。 卵の字を使った別の言葉としては、動物が卵を産むこと意味する「産卵」、卵の中身の黄色い部分を意味する「卵黄」、コロンブスの逸話から生まれた、だれでも出来る簡単なことでも、最初にやることはことは難しいという意味の「コロンブスの卵」などがあります。 玉子の意味 玉子とは、 料理の名前に使われることもある表記を意味しています。 玉子は限定的にしか使われません。 実際に、玉子という表記を載せていない辞書も多くあります。 玉子という表記は生物学的な意味では使われませんし、料理名に使われる時でも「玉子でなければ駄目」ということはありません。 ただし「玉子丼」の場合は、玉子と書かれる割合が高くなっています。 玉子の子は親子の子です。 玉子丼という表記の割合が高いのは、類似の食べ物に「親子丼」があるからだと考えられます。 親子丼は鶏肉を「鶏卵」(読み方:けいらん)でとじたものを丼ぶりのごはんの上にかけるものですが、玉子丼には鶏肉は入っていません。 たまごという食材そのものが玉子丼を玉子と表記させているのではなく、親子丼に似ているからという理由が、連想力がそう表記させています。 また、卵を略して玉と表記することもあります。 例えば「煮卵」を「味玉」と呼んだり、「温泉卵」を「温玉」と略したりします。 玉は球体や円形を意味する字です。 卵の形が、卵を玉と呼ばせています。 そしてこうした略語からフィードバックされる形で、「煮玉子」「温泉玉子」という表記も多くなっています。 また「目玉焼き」という料理名も単なる形に過ぎませんが、卵を玉子と表記させることに影響しています。 いずれも連想力の問題です。 このように、卵は玉や子を連想させ、実際に玉子と表記することも多くなっているのですが、基本的なのは卵の方です。 「生のものが卵で、火を通したから玉子」と言うことが出来ないのは、「卵焼き」という言葉からも明らかです。 確かに、若い世代では「生卵・玉子焼き」というように「生のものが卵で、火を通したものが玉子」と使い分ける傾向があるという調査結果がありますが、現状ではそうした使い分けが徹底されているとまでは言えません。 卵の例文 5.卵と玉子の使い分けはややこしいし、ひらがなでたまごと書いておけば間違いじゃない。 この言葉がよく使われる場面としては、「たまご」料理を表現したい時などが挙げられます。 玉子という表記はたまにしか使われない言葉です。 「玉子丼」は卵よりも玉子と表記される傾向がありますが、卵丼と書いても間違いにはなりません。 同じように「卵焼き」は「玉子焼き」、「錦糸卵」は「錦糸玉子」と表記されることもあります。 この二つの料理では卵表記が一般的ですが、玉子でも間違いではありません。 また「動物のたまご」は原則的には卵と書き、玉子は用いられませんが、スーパーで売りものや冷蔵庫に入っている卵は、食材ということが強く意識されて玉子と表記されることもあります。 二つの言葉は使い分けがあるようでない、ないようであるという微妙な関係をしているので、料理ではひらがなで「たまご」と表記することも多いです。

次の

「卵」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

卵 読み方

卵と玉子の違い 卵と玉子の違いを分かりやすく言うと、 基本的には卵という表記が使われて、玉子は料理名にときどき使われることがある表記という違いです。 卵が一般的に使われている言葉であるのに対して、玉子は時々しか使われません。 二つの言葉の使い分けに明確な基準はありません。 現代的な用法では、生物の卵を玉子と表記することは出来ませんが、料理名には卵も玉子もどちらも使うことが出来ます。 一つ目の「卵」は広く一般に使われている表記です。 産卵された状態で殻に守られたものは卵で、料理のために割られて卵黄と卵白の状態になったものも卵で、それがかき混ぜられたものは「とき卵」です。 またとき卵を加熱して作る料理には「卵焼き」「だし巻き卵」「錦糸卵」などがあります。 また加熱されていなくても、例えば「卵かけご飯」などの料理名があります。 二つ目の「玉子」は限定的にしか使われない表記です。 生物学的な意味では玉子という言葉は使われません。 つまり動物の「たまご」は「卵」と表記されます。 玉子は、料理名に時折使われる言葉です。 例えば「玉子焼き」「玉子丼」「玉子豆腐」などがあります。 ただし、玉子を使わなければならないという決まりはありません。 「玉子丼」の場合は玉子と書かれる場合が多いですが、「玉子焼き」と「玉子豆腐」は卵の表記も多く、玉子よりも卵の方が一般的だと考えられることもあります。 よく「卵は生のもので、玉子は加熱したもの」という区別がされることがあります。 確かに生卵とは言いますが、生玉子とは言いません。 しかしこれは間違った考え方です。 「卵焼き」「だし巻き卵」「錦糸卵」という表記がそれでは説明がつかないからです。 卵と玉子の違いは、生物も料理も基本的には卵という表記が使われて、玉子は料理名の時に時々使われることがある表記という違いです。 分かりやすさでは「卵は生、玉子は加熱」と考える方が上ですが、それは正確な理解ではありません。 なお、料理名に関しては漢字ではなくひらがなで表記する傾向も顕著です。 こうした傾向は、卵と玉子が厳密には区別出来ないこととも関係しています。 卵の意味 卵とは、 「たまご」の一般的な漢字表記を意味しています。 生物学的な意味での「たまご」も、料理としての「たまご」も、どちらも一般的に卵と表記されます。 「生物のたまご」と「加熱していないたまご」が「卵」と表記されると説明されることがありますが、それは間違った説明です。 確かに「ヘビの卵」は生物の意味で卵と表記され、「生卵」はスーパーで買ってきたままの、加熱前の調理用の卵です。 しかし「厚焼き卵」や「ゆで卵」など、加熱していても卵と表記される例が無数にあります。 「加熱していないたまごが卵」と考えることは、分かりやすいですが、例外が多すぎて規則にはなりえません。 間違いです。 「卵は一般的な表記」と考えることが、卵と玉子と使い分け方を一言で説明することは出来ていないので分かりにくいですが、正しい理解です。 比喩的な意味で卵という言葉が使われることがあります。 例えば「医者の卵」「画家の卵」のように、専門的な分野の駆け出しで、みずみずしさに溢れている若者を表現する言葉として主に使われます。 また、戦後の高度経済成長を支えた集団就職世代のことは「金の卵」と呼ばれたことが歴史の教科書などに載っています。 響きの良い言葉ですが、それは若者たちの潜在的能力を称揚ないし美化し、現実の劣悪な労働、生活環境を隠すスローガンでもありました。 卵の字を使った別の言葉としては、動物が卵を産むこと意味する「産卵」、卵の中身の黄色い部分を意味する「卵黄」、コロンブスの逸話から生まれた、だれでも出来る簡単なことでも、最初にやることはことは難しいという意味の「コロンブスの卵」などがあります。 玉子の意味 玉子とは、 料理の名前に使われることもある表記を意味しています。 玉子は限定的にしか使われません。 実際に、玉子という表記を載せていない辞書も多くあります。 玉子という表記は生物学的な意味では使われませんし、料理名に使われる時でも「玉子でなければ駄目」ということはありません。 ただし「玉子丼」の場合は、玉子と書かれる割合が高くなっています。 玉子の子は親子の子です。 玉子丼という表記の割合が高いのは、類似の食べ物に「親子丼」があるからだと考えられます。 親子丼は鶏肉を「鶏卵」(読み方:けいらん)でとじたものを丼ぶりのごはんの上にかけるものですが、玉子丼には鶏肉は入っていません。 たまごという食材そのものが玉子丼を玉子と表記させているのではなく、親子丼に似ているからという理由が、連想力がそう表記させています。 また、卵を略して玉と表記することもあります。 例えば「煮卵」を「味玉」と呼んだり、「温泉卵」を「温玉」と略したりします。 玉は球体や円形を意味する字です。 卵の形が、卵を玉と呼ばせています。 そしてこうした略語からフィードバックされる形で、「煮玉子」「温泉玉子」という表記も多くなっています。 また「目玉焼き」という料理名も単なる形に過ぎませんが、卵を玉子と表記させることに影響しています。 いずれも連想力の問題です。 このように、卵は玉や子を連想させ、実際に玉子と表記することも多くなっているのですが、基本的なのは卵の方です。 「生のものが卵で、火を通したから玉子」と言うことが出来ないのは、「卵焼き」という言葉からも明らかです。 確かに、若い世代では「生卵・玉子焼き」というように「生のものが卵で、火を通したものが玉子」と使い分ける傾向があるという調査結果がありますが、現状ではそうした使い分けが徹底されているとまでは言えません。 卵の例文 5.卵と玉子の使い分けはややこしいし、ひらがなでたまごと書いておけば間違いじゃない。 この言葉がよく使われる場面としては、「たまご」料理を表現したい時などが挙げられます。 玉子という表記はたまにしか使われない言葉です。 「玉子丼」は卵よりも玉子と表記される傾向がありますが、卵丼と書いても間違いにはなりません。 同じように「卵焼き」は「玉子焼き」、「錦糸卵」は「錦糸玉子」と表記されることもあります。 この二つの料理では卵表記が一般的ですが、玉子でも間違いではありません。 また「動物のたまご」は原則的には卵と書き、玉子は用いられませんが、スーパーで売りものや冷蔵庫に入っている卵は、食材ということが強く意識されて玉子と表記されることもあります。 二つの言葉は使い分けがあるようでない、ないようであるという微妙な関係をしているので、料理ではひらがなで「たまご」と表記することも多いです。

次の