お待ちいただけると幸いです。 今しばらくお待ちくださいって英語でなんて言うの?

ビジネスでの「今しばらく」の意味や使い方、例文、「少々」との違いを解説

お待ちいただけると幸いです

「今しばらくお待ちください」という言葉の「いましばらく」という部分はしばらく、もうすこしのあいだ、などという表現です。 時間を開けて経過させることを説明するためのひとつの表現です。 すぐではないけれど、あまり時間がかからないさまとしても使われる場合があります。 少しの間、しばしなど表現されます。 前置きを使いうまく表現しよう 「今しばらくお待ちください」という言葉の適切な使用方法をしている例をご紹介します。 「いま定期講座の準備期間中です。 たいへんおそれいりますが今しばらくお待ちください」 「予約が込み合っておりまして現在お取り扱いしておりません。 誠に勝手ながら今しばらくお待ちくださいませ」 「現在サイトを改修中です。 今しばらくお待ちください。 」 このような表現によって、会話を構築することができます。 「今しばらくお待ちください」は待機・保留・控えるなどが類義語 「今しばらくお待ちください」の同じ意味と働きを持つ言葉は「少しの間保留にしておいてはいただけないでしょうか」「いましばらく待っていただけないでしょうか」などがあります。 待機・保留・控える・待ち受けるという類義語や、福は寝て待て・石の上にも三年・運は寝て待て ・待てば海路の日和ありなど、「待つ」に関連したことわざもあります。 接客や接待時には使い方に注意する 「今しばらくお待ちください」という言葉は仕事や接客、接待の際には適切な言葉の使用法をこころがけたいものです。 表現や適切な使い方があります。 ビジネスシーンや上司との会話の中で会話がマナー違反にならないように気をつけましょう。 「待っていてください」「ちょっと待っていてください」にならないように常に心がけましょう。 「今しばらくお待ちください」は気配りや心遣いが言葉に現れる 仕事や電話応対のとき「今しばらくお待ちください」という言葉を適切に使えると、とても好印象にうつり相手との交流がスムーズにおこなえるものです。 簡略化させて「今しばしお待ちください」と表現することもとても適切であるといえるでしょう。 こうした小さな気配りと心遣いが言葉に表れて会話のマナーを重要視される場においては大切な意識となってくるでしょう。 あらかじめ断りを入れる際に用いる 「今しばらくお待ちください」の使い方にはタイミングがあります。 主に相手を短・長時間待たせてしまい相手の時間を削いでしまう恐れのある事柄など、あらかじめ断りを入れる必要があります。 電話対応や来客に対して用いる際にも、相手にお待たせしてしまい申し訳ない意思を伝えるために必要です。 人や状況によって意識をはたらかせ言葉遣いを変えるなども問題ありません。 「今しばらくお待ちください」とあらかじめ断りをいれ相手に不快を与えないように努めよう 相手をどうしても待たせてしまって申し訳ない、相手を気遣う気持ちなどを表現するために「お時間をおかけしてしまい申し訳ありません」「今しばらくお待ちください」の適切な使い方をこころがけてコミュニケーションを行ってゆきたいものです。 相手と正しく交流する意識を働かせることで円滑にコミュニケーションをおこなえるよう気を付けましょう。

次の

松下英友 パステル画展

お待ちいただけると幸いです

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の

「いただけると幸いです」の意味と使い方|ビジネスメールでの例文

お待ちいただけると幸いです

お待たせしました、maggy です。 これまでビジネスメールには即レス・即答を心がけていたのですが、最近は少し時間をかけて 戦略的に返信するように気を付けています(ひと夏過ぎて、また大人になってしまいました)。 英語のビジネスメールなら、なおさら気を遣います。 お問い合わせはもちろん、 交渉や 折衝、 トラブル対応などは社内や関係者と調整の上、誤解を招くような表現や失礼な表現がないか、よく見直してから送るようにしています。 そのためにまずは、 「ちょっとお待ちください」 や 「少々お時間いただきます」 と言ったひと言を即レスしておき、時間を稼ぎましょう。 【 少し時間が欲しいことを伝える 】 Please wait for a little while longer. Could you kindly wait for a couple of days? We appreciate your patience as it might take some time. 「具体的な日数」を示すと、相手も安心して待つことができますね。 We will contact you again about the matter within a week. We will get back to you at the soonest possible time. 「お待たせする理由」を付け加えると、相手により理解していただけるでしょう。 【 詳細や状況を確認してから連絡したい場合 】 I will be in touch again shortly with more details. I will get back to you once I get any updates. We will see how things are going and get in touch next week. 【 回答に調査が必要な場合 】 I will look into the matter and get back to you tomorrow. Please give me a few days to investigate about it. We will look into it and get back to you later. 【 担当者が不在の場合 】 If you could kindly wait until Monday, I am sure that my colleague, Tanaka, will get in touch with you. 「お待たせしている間の対応」を提示するのも丁寧です。 【 待っていただく間の対応を提示する 】 In the meantime, please let me know if you have any further questions. In a meanwhile, please see the attached document for additional information. 結構お待たせするかもしれない場合は、相手への 「感謝」をメール末尾などでも再び、十分に示しておきましょう。 【 お待ちいただくことへの感謝を示す 】 Thank you for your patience. We will be back on Monday so we would appreciate your patience until then. 状況が整い、十分に見直したら、さあ返信です! 【 返信をお待たせした場合 】 Thank you so much for waiting. 仕事への真摯な態度が英語にも表れるよう、様々な配慮をしながら英文メールを書きたいですね! おまけ :複雑なビジネス交渉の英文メールはもちろん、英文資料や企画書、報告書などの翻訳が急ぎで必要なときは、「」のプロ翻訳者にお任せください!• Categories• Recent Entries• Monthly Archives• Facebook.

次の