汗 を か かない 病気。 汗をかかない人ほど夏は危険!「無汗症」になる3大要因とは

うつや脳梗塞も…怖い病気が潜む“汗のかき方”に注意

汗 を か かない 病気

汗は体温調整としての機能や血液中のミネラルをろ過して体の外に排出する働きがあります。 発汗の種類としては主に3つあります。 暑い中運動して汗がたくさん出るようなら別に問題はないんですが、そんなに汗かくことしていないのに、汗が止まらないような 異常な量の汗は病気のサインとも考えられるので注意が必要です。 スポンサーリンク• 手のひらの汗 手のひらの汗が異様に出るって人は手掌多汗症という可能性があります。 どのくらいの汗が出るのかっていうと、手からぽたぽた汗がたれる、ハンドルが汗でぬるぬるして掴みにくい、書いていた紙が濡れてよれよれ、と軽い症状の人から手からぽたぽた汗がたれるような症状の人もいます。 そして手のひらの汗は自律神経と深く関係しているため、精神的な疾患や、うつが原因で起こる可能性もあります。 顔の汗 パセドウ病 パセドウ病の人は代謝が物凄い高いです。 そのため大量の汗をかき、一見多汗症にも思えるのですが、多汗症との違いは動悸があり、食べても食べても太らないというのが特徴です。 更年期障害 気温関係なく顔の汗が出やすい人は要注意です。 合併して出る症状としては、下半身が冷えてるのに顔に汗をかいている、うつのような状態や女性の場合は生理不順が起こります。 主に女性に多く見られる病気です。 参考記事:• 上半身の汗 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症では体中の代謝を促進させるため全身に大量の汗をかきます。 他にもイライラしたり、代謝が良いので体重が減るなどのことが起こります。 糖尿病 末梢神経に障害をうけたことで、減少してしまった汗を補おうとして上半身からの汗を増やします。 足の裏の汗 足の裏の汗も手のひらと同じように緊張してストレスが溜まることで出やすい傾向にあります。 足の汗が多い人は腰の骨が歪んでいて、神経が圧迫されやすく、冷え性にもなりやすいのです。 足の裏の汗は大量にかくと、しもやけや水虫の原因にもなるので注意してください。

次の

夏なのに汗をかかない...甲状腺機能低下症かも

汗 を か かない 病気

この記事の目次• 汗が頭や顔から大量にでる原因は? 汗が頭や顔から大量にでる原因のひとつは、 脳を守るためと言われています。 脳が熱くなり過ぎて、ダメージを受けないように、汗をせっせと出して、熱を発散させているのです。 本来は、全身で熱を発散できればいいのですが、頭以外の汗腺の働きが鈍っていると、それができません。 頭や顔からの汗は、その分も補うように、大量にでる! というわけなのです。 汗腺の働きを回復させることはできるの? 汗腺の働きを復活させることは不可能ではありません。 そして、汗腺がしっかり働いて、全身でしっかり汗がでれば、イヤな汗の臭いを減らすこともできます。 それでは、全身の汗腺を復活させる方法を見ていきましょう。 復活させるのは汗腺だけじゃない!? 全身の汗腺を復活させる1番目の方法はやはりこれ、 運動です。 普段、運動していない方は、汗腺に雑菌が繁殖しやすく、汗も臭くなりがちです。 しっかり運動して、頭や顔以外の汗腺を復活させましょう。 運動の中でも、特に有効なのが 有酸素運動です。 血行を良くして、全身に酸素を届けることで、汗腺を目覚めさせ、 サラサラの汗をかく事もできるようになります。 まずは、「運動してでもがんばって汗腺を復活させるぞ!」というあなたの中に眠っている気合いも一緒に復活させましょう。 運動と言っても、難しいことはありません。 Sponsored Links 半身浴で頭や顔からの汗を減らす! 頭や顔からの汗を減らすための2番目の方法は、半身浴です。 半身浴は血行と新陳代謝を改善し、眠っている汗腺を目覚めさせる効果があります。 みぞおちくらいの深さまで、少しぬる目のお湯を入れたお風呂の中に、 15分くらい入るのがいいでしょう。 やはり、お風呂に入る前と後に、水分補給をしてくださいね。 手足を温めて頭・顔からの汗をおさえる 次にご紹介する、頭や顔からの汗を抑える方法も、お風呂を使ったものです。 お風呂にいつもより少し熱い目のお湯を、 20センチくらいの深さまでためます。 そこに肘と膝を曲げて、四つん這いの姿で入り、 10分間くらいじっとしています。 それだけです。 簡単な方法ですが、ちょっと痛いかもしれません。 無理をしないで、初めは5分くらいから初めてもいいでしょう。

次の

夏なのに汗をかかない...甲状腺機能低下症かも

汗 を か かない 病気

靴を長時間履いていたり、靴下やストッキングで足を長時間絞めつけていると、次第に汗が溜まって、足が蒸れてしまい、 「うぉ~、足が臭い~!」と皆さんご存じの、あの独特な酸っぱい臭いがしてきます。 「送別会で、足の裏が臭くて泣いた・・・。 」 私は20代の頃アパレル販売をやっていたのですが、結構忙しいお店だったので、毎日朝8時~夜23時まで就業して、家に着くころには次の日になっているなんて当たり前でした。 接客という事で、朝から晩までずっと立ちっぱなし、そして体育会系なノリで、移動する時には必ず走らなければ怒られるんです。 ・・・夕方頃になると決まって足が悲鳴。。 立っているのが、超~きつくなってくるんですよね。 もちろん、足が汗で蒸れているのも、自覚があるくらいです。。 ある日上司の送別会があったのですが、その日もなんだかんだで22時まで仕事。 そこから、みんなでお店を閉めて、送別会のお店に移動をしたんです。 もちろん、 その日も足が大分蒸れているのが、分かっていたのですが、なんと着いたお店はお座敷。。。 「マジか・・・。 足の臭いがみんなにバレてしまう。。 」と焦っていたのですが、どうすることも出来ずそのまま靴を脱いで、お座敷へ。 そして、5分くらいしたら、案の定足の酸っぱい臭いが漂ってきたのです。 しかし、部屋にいた20人が、 「やばいオレの足臭いかも。。 」「私の足臭くない?大丈夫?」とか、男女問わず、自分の足の臭いではないか?と確認をしていたのです。 そうです、部屋の中にいた20人ほぼ全員が朝から晩まで、激務により、足が蒸れていて、超~臭くなっていたんです。 部屋の中には、足の酸っぱい臭いが充満してしまい、送別会が始まる前から、涙を流す男女。 その日の送別会は、いつも以上に涙そうそうでした。。 そんな私の話しはさておき、足の裏が臭くなってしまうのは、当たり前なのですが、大量に足に汗をかけばどうして超~臭くなってしまうのです。 そうです、靴を履いて外に出て長時間経過すれば、足が蒸れて臭くなるのは、当たり前。 しかし、なかには 家にいるのにも関わらず、汗を大量にかいてしまうかたもいるのです。 うん、これは少し心配になりますよね。 という事で今回は、 足の裏に大量の汗がっ!これって病気なのか?について詳しく確認していきましょう。 では早速一緒に確認していきましょう。 足の裏に大量の汗!これって病気なの? 「足のアンモニア臭や納豆臭に、ハマる人続出!?」 先ほどもお伝えしましたが、靴、靴下、ストッキングを長時間履いていれば、汗をかくのは当たり前のこと。 しかし、なぜ汗が出てしまうのか? 汗は、体液を分泌させる汗腺と呼ばれる外分分泌によって出てきます。 足の裏にある汗腺はエクリン腺と呼ばれ、特に手の平、足の裏に多く存在しているので、少しでも温度が上がったりすると、汗を一気に大量にかいてしまう場所ということなのです。 手の平であれば、何かに覆われていることはないため、すぐに蒸発して臭いが発生することはあまりないのですが、 足に関してはやはり、靴、靴下、ストッキングで覆われているため、汗が溜まりやすく蒸れやすいのです。 また緊張やストレスも汗をかく要因の一つでもあるので、手の平に汗をかいている時には、同時に足の裏にも大量の汗をかいているのです。 そしてこの汗が足裏で蒸れてしまうと、あの独特な足の裏の臭いが発生するのです。 なかには、あの独特な臭いにハマってしまって、家に帰ったら、臭いをついつい嗅いでしまう人が続出しているとか、いないとか。 では、なぜあの 独特な『アンモニア』や『納豆』のような、いや~な臭いが足からしてしまうのか?またなぜ、足の爪の垢からチーズ臭がしてしまうのか? この原因に関しては、 『疲労臭』と『イソ吉草酸(いそきっそうさん)』が原因です、特に病気ではないので、心配しないでください。 しかし、気になるかたや対策を知りたいかたは、是非下記の記事を参照くださいませ。 ここまでで、足裏から汗が出てしまうのは、わかりましたね。 それでは、続いて今回の本題である、 自宅にいるのに足裏から汗が出てしまうのは、病気なのか?を確認していきましょう。 家にいるのに足汗!これが病気のサイン! 汗をかく量というのは、体型や体質、または疲労度によっても異なってきますが、足裏に汗をかくというのは、体の働きとして、正常であるのです。 上記でもお伝えした通り、足の裏や手の平は汗をかきやすく、また足の裏に関しては、覆われていることが多いため、余計蒸れやすく、汗や臭いが気になってしまうかたが多いのです。 しかし、 家にいて動いていないのに、足の裏から汗が・・・。 ストレスや緊張がないはずの家にいるのに、足の裏から汗が・・・。 これは病気のサインかもしれません。 このような場合には、主に2つの病気の可能性があります。 その病気とは…• 『更年期障害(こうねんきしょうがい)』で異常な足汗が出てしまう! 上記の2つ、 『更年期障害(こうねんきしょうがい)』と『多汗症(たかんしょう)』の可能性があります。 では、この2つの病気で足裏から汗が出てしまう原因を順番に確認していきましょう。 1、『更年期障害』で異常な足汗が出てしまう! まず、更年期障害とは自律神経失調症の一つの病気であり、ホルモンバランスの乱れが原因で、身体や精神的な不調が発生するのです。 この更年期障害の症状には、めまい、冷え、のぼせ、頭痛、体が怠い、などがあります。 そして、今回の 運動もしていないのにかいてしまう異常な汗も更年期障害の症状の一つなのです。 この更年期障害で発生する汗は 『ホットフラッシュ』と呼ばれ、自律神経のバランスが崩れて、血管の収縮や拡張が上手く出来なくなり、同時に汗もコントロールすることが出来なくなって、暑くもないのに汗が出てしまったりするのです。 このような場合には、更年期障害が原因となって、汗が発生してしまっている可能性があります。 また汗腺は足の裏に多くあるため、特に大量にかいてしまう足の汗が気になってしまうかたも多いのです。 更年期障害は女性特有の病気というイメージがありますが、今では、 精神的な問題やホルモンバランスの乱れとされているため、男性であっても、20代の若いかたでも発生する可能性はあるのです。 2、『多汗症(たかんしょう)』で大量の足汗が出る! 暑くもない、、運動もしていない、、それなのに、汗が出る。。 しかも、 大量に手の平や脇、足の裏から・・・。 この原因とは多汗症の可能性があります。 多汗症は主に、精神的ストレスが原因と言われていて、人前に出て緊張をしたりすると、汗が大量に出てしまいます。 また 家でくつろいでいるのにも関わらず、大量の汗が出てしまうことがあるのです。 要するに、体はリラックスしているが、心はリラックスはしておらず、緊張状態にあるという事。 自宅に居ても、不安を感じたり、嫌な事を考えてしまい、緊張状態になってしまうことってありませんか。 この原理と一緒で、多汗症で精神的ストレスを抱えている人は 無意識に極度の緊張状態になってしまうため、くつろいでいるはずなのに、汗が出てくるのです。 いかがでしたでしょうか。 ここまでで足の裏の汗は、「更年期障害」「多汗症」の可能性があるということがわかりました。 それでは、原因が分かったら一安心ですね。 ただ、根本的に解決させないといつまでも足汗に悩まされる日々が続いてしまいます。。 じゃあどうすればいいのか?・・・もしかして、「制汗関連の商品しかないでしょう」とか思いましたか? そんな方はかなり危険です。 今まで使っていた方もかなりマズいです。 なぜか分かりますか? 実は、汗を抑えるために制汗関連の商品を使ってしまうと、余計に汗やニオイが発生してしまうんですよ。 つまり、汗を抑えるために、制汗関連の商品を使います。 では、どうしたらいいのか?というと、「簡単です。 」 乾燥させないように、保湿をして殺菌すればいいんです。 「でも!そんな商品あるの?」と思いましたか? 実は私も友人から進められて、試してみたところ、足汗・ニオイに10年間以上悩んできた私ですが、何ともうすぐ根本的に改善されそうなんです。 私が実際に試した専用クリームは、という商品です。

次の