フランクリン 街 の アパート。 井澤式 建築士試験「実例」暗記法 No.13(ハーレン、シーランチ、アビタ’67、バイカー再開発、ヴァイセンホーフ、ムードン住宅、フランクリン街アパート、加藤学園) : TAC建築士講師室ブログ

フランクリン街のアパート / Rue Franklin apartments

フランクリン 街 の アパート

お笑い建築学校、事務員の松本晴子です。 こんにちは! 週末出勤をいとわぬ勤労事務員になりました。。 さて週末はゆるりと「あのコーナーはいま!」コーナー。 なかなか更新されないカテゴリの復活をねらいます。 本日は「タイル」です。 一見すると、単なる?高級マンション。 しかし、ジーっとみると。 目の前に浮かび上がるのは…。 そう、タイルです。 オーギュスト・ペレ(1874年2月12日 - 1954年2月25日)、パリ16区のフランクリン通りのアパート。 1904年。 オーギュスト29歳の時の作品です。 場所はシャイヨー宮の裏手です。 ペレはベルギーの富裕な建設業者の家に生まれました。 パリのエコール・デ・ボザールを中退後はコンストラクターとしての道を邁進します。 フランクリン通りのアパートは鉄筋!コンクリートを使用した最初期の近代建築として建築史に残ります。 コンクリートの可塑性が建築の自由な造形を可能にした、という感じでしょうか…。 しかし。 この建築の魅力はなんといってもファサードのタイル。 街中に咲く優美な花模様がパリの灰色の空の下で高温の輝きを放ちます。 美しさは説得力をもつもので、コンクリートもいいかもな…と、 同時代人たちに刷りこみを与えたかもしれません。 このタイルをデザインしたのが。 アールヌーヴォー期のセラミック職人でファサードデザイナー。 パリを中心に、ビゴのファサードがいくつか残されています。 大型の商業建築を手がけるなど、売れっ子デザイナーであったようです。 「お笑い建築学校」では、アッベスのサン・ジャン・ド・モンマルトル教会堂のセラミックが登場しました。 すべてジジ校長の受け売りですが。 近代建築とタイルの関係はに詳しいです。 タイルとコンクリートの関係性(?)というのも面白いです。 コレまたジジ校長の受け売りですが。。 ちなみにペレは2月12日生まれで2月25日に亡くなってます。 ペレ誕生会をひそかに企画しようかしらと。。

次の

建築マップ フランス フランクリン通りの集合住宅

フランクリン 街 の アパート

に到着する北行シャトル () 基本情報 路線網 起点 終点 駅数 4 運営者 路線諸元 1,435 mm() 625 路線図 フランクリン・アベニュー・シャトル Franklin Avenue Shuttle は、を走るのに属するシャトルである。 かつて BMT が路線を保有・運営していた区間の一部である。 を走り、からを結んでいる。 駅 [ ] 凡例• - 停車• - 深夜を除き停車• - 深夜のみ停車• - 平日のみ停車 駅名 地下鉄乗り換え 関連・備考 、() 、、、(フランクリン・アベニュー駅) 、() 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 2012年6月10日より.

次の

フランクリン アベニュー(地図/写真/五反田/ハンバーガー)

フランクリン 街 の アパート

経歴 [ ] オーギュスト・ペレは1874年にベルギー、の富裕な建設業者の家に生まれた。 パリのに入学して7つもの賞を獲得するも、中退する。 在学中の1890年には最初の建築設計を手がけた。 兄弟で同じく建築家であるギュスターヴ、クロードとともに、父の建設会社を相続した。 当時、建材としてまだ新しかった鉄筋コンクリートに注目し、1903年、ギュスターヴと共に最初の計画から複数階を持つ建築物である「フランクリン街のアパートメント」の実現に成功した。 2人は早速、鉄筋コンクリート設計専門の看板を掲げた。 ペレは、古典的なシンメトリーやオーダーと鉄筋コンクリート構造の融合を成し遂げた。 代表作のひとつである ()では、ゴシックの空間と、近代合理主義的な直線が組み合わされている。 ペレは、安価で、造形性に富むコンクリートを石材よりも優れた材料であると見ていたが、その視点は主にディテールとテクスチャーに向かっていたと言われている。 彼の作品にはコンクリートを剥き出しの状態で仕上げとする「」が多用され、またプレキャストコンクリートにも多くの実験的作品があり、その影響は計り知れない。 とりわけ、等の建築家におおきな影響を与えた。 ペレの事務所には、若き日のル・コルビュジェやベドジフ・フォイエルシュタイン(後に来日し、と共同でなどを設計)らが在籍していた。 ペレはまたとやから影響されたフレーム構造 の関連と融合にも着目し、古典的でありながら近代的でナショナルな造形にも腐心したとされる。 第二次世界大戦ので破壊され、8万人の市民が住居を失ったフランス北西部の都市の再建に中心的な役割を担った。 現在、ル・アーヴル市街は(プレハブ工法)の効果的な利用、(寸法基準)の機能的な活用、コンクリート構造の革新的な使用を評価され、に登録されており、建築単体のみならずにおいても高い評価を得ている。 1954年、居住していたパリ16区で死去。 同建物はの事務局に用いられている。 主な作品 [ ]• フランクリン街 25番地のアパート(1903年、) 調の鉄筋コンクリート造による最初期の。 フランス語では「フランク ラン」。 ポンテュ街 51番地のガレージ(1906年、、現存しない)• 81: ()(George Godwin)• 82: ()(Heinrich von Ferstel)• 83: ()(Francis Penrose)• 84: ()(William Butterfield)• 85: (Heinrich Schliemann)• 86: (Charles Garnier)• 87: ()(Ewan Christian)• 88: ()(Baron Theophil von Hansen)• 89: ()(Charles Thomas Newton)• 90: (John Gibson)• 91: ()(Arthur Blomfield)• 93: ()(Richard Morris Hunt)• 94: ()(Lord Leighton)• 95: ()(James Brooks)• 96: ()(Ernest George)• 97: ()(Pierre Cuypers)• 98: ()(George Aitchison)• 99: ()(George Frederick Bodley)• 00: ()(Rodolfo Lanciani)• 1901-1930.

次の