エクセル 省略 波線。 【エクセル2013】途中を省略した棒グラフの作り方

エクセルできれいな波線(省略線)を引く!

エクセル 省略 波線

波線は2本の波線の組み合わせ この波線を作成していきます。 この波線は下に青の波線、その上に少し小さくした白の波線の2つを重ねて表現しています。 波線を描く まずは下の青い波線を作っていきます。 上部の<挿入>メニューの中から図形を選択します。 すると、メディアパレットが出てきますので、その中から 曲線ツールを選びます。 始点をクリックし、枠線をガイドにして波の頂点を等幅にクリックしながら山と谷を書いていきます。 最後はダブルクリックすると線が止まります。 描いた線を太くする 先程描いた波線を選択した状態で上部メニューから書式>図形を選択すると書式設定パレットが開きます。 パレットの左メニューから「線」を選びます。 ここでは「線の色」「グラデーション(今回は不使用)」「太さと矢印」の設定が出来ます。 まずは「線の色」タブを選択し、色を指定します。 続いて、「太さと矢印」タブを選びます。 線の太さを入力します。 今回は14ptにしました 線にドロップシャドウが入っている場合は、左メニューの影を選択し、ドロップシャドウを無効にしましょう。 線をコピーする 描いた線を選択した状態でオプションキーを押しながらドラッグして、波線を下にコピーします。 コピーした線を白くする このコピーした線が、完成図の白い部分になります。 (今回は説明の為、薄い水色にしています) 線を選択し、先程と同じように書式設定パレットを開きます。 色は白、太さは12ptに設定しました。 線を重ねる 白い線を選択した状態で、シフトを押し(移動方向を上下左右にロック出来ます。 )最初に描いた青い線と重ねます。 ズレている場合は、上下左右キーで微調整します。 または、青い線と白い線を選択した状態で、書式設定タブをクリックします。 配置メニューにある「配置」から「中央揃え」、続いて「上下中央揃え」を選択して2つを揃えることも可能です。 グループ化する 2つの線を選択した状態で右クリック>グループ化を選択します。 サブメニューのグループ化を選択してもグループ化出来ます。 図に配置する この波線を使用したいグラフの上にコピペで配置します。 作成した波線は自由に拡大縮小などが可能です。 好みの縦に拡大縮小して好みの山の大きさにしてください。 サンプルデータ エクセルで作成した波線のサンプルをこちらからDL出来るようにしました。 波線の描き方の練習に使ったり、そのままコピペして資料に使ったり、どうぞご自由にお使いください。 合わせて参考になさってください。

次の

【エクセル時短】飛び抜けたデータを何とかしたい! 棒グラフを波線で省略して整える方法

エクセル 省略 波線

黒い曲線をコピーして白い曲線を作成 作成した黒い太い波線をコピーして2本にします。 曲線を選択して[Ctrl]キーを押しながらドラッグするとコピーすることができます。 コピーした曲線を選択して、 [色]を白に、幅を8ptにします。 作成した白の曲線をドラッグして黒の曲線に重ねます。 綺麗に揃えるのが難しいときは[Ctrl]キーと方向キーを使って調整してください。 2本の曲線のグループ化 後は、2本の曲線をグループ化ですね。 [ホーム]タブの[検索と選択]から[オブジェクトの選択]をクリックして、 曲線を囲むようにドラッグします。 以下の画像では、左上から右下に向かってドラッグしていますが、選択しにくい場合は、右下から左上に向かって選択してみてください。 そしてします。 または、[検索と選択]から[オブジェクトの選択と表示]をクリックして、 フリーフォームを2つ選択します。 曲線でも、[フリーフォーム]と表記されるんですね。 そして、[書式]タブの[グループ化]から[グループ化]をクリックします。 ドラッグで選択した場合も、ここでグループ化します。 下のような曲線が作成できたと思います。

次の

エクセル 棒グラフの縦軸を省略したグラフの作り方を覚えよう!

エクセル 省略 波線

A ベストアンサー エクセルはワープロ「ではない」ので、そういった細かな微調整をする機能はありません。 どうしてもそういった飾りが必要なら、餅は餅屋でワープロソフトを使ってください。 敢えて行うとすれば >文字間隔 セルの書式設定の配置の横位置を「均等割り付け」にしておき、セル(列)の横幅によって調整します 文字間隔を「狭める」機能はありません。 >行間隔 こちらも同様に、セル内の行間隔を「狭める」機能はありません。 セルの書式設定の配置の縦位置を「均等割り付け」にして、行の高さを高くします。 セル内にたとえば3行記入してあったとしたら、それを3行の、つまり上下3つのセルに分割して記入します。 この3行の行の高さを調整してください。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 A ベストアンサー 既に、正解が出ていますが、図形を描画する、または、修正する場合、「Shift」キーを押しながら操作すると、色々便利なことがあります。 ・「直線」を引く時、水平・水平・45度の斜め線が引けます。 ・図形をマウスでドラッグして、「回転」させる時、15度刻みに回転させることが出来ます。 など、色々な場面で試してみて下さい。 なお、Office 2007には、少し問題がありましたので、ご注意下さい。 eurus. dti. html.

次の