アウディ ロゴ。 会社の歴史を物語るロゴマーク |Audi(アウディ)

アウディが新ロゴを2パターン登録。フォーリングスは時代に合わせて「繋がる」デザインに?

アウディ ロゴ

ドイツの高級自動車メーカー「アウディ」といえば、やはり画像の特徴的なエンブレム。 一見するとオリンピックのロゴマークにも見えますが、非常に洗練されたシンプルなデザインだと個人的に思います。 でも気になるのは「 アウディのマークは何故4つの丸なのか?」という点。 確かに見た目的に美しいデザインですが、五輪マークが5つの世界の大陸を現しているように、このアウディのロゴにもなにか意味はあるのか? 実はアウディのロゴマークに深い意味がございました。 そこで今回は「 アウディのロゴマーク(エンブレム)のナゾ」をカーギークでは解説していこうと思います。 ロゴマークの正式名称は「フォーリングス」 まずはエンブレムの正式名称。 一応、名前があるらしい。 このロゴマークは 正式には「フォーリングス」と呼びます。 そのまんまの読み方。 日本語に訳すなら「四輪」みたいなところか。 じゃあアウディは自動車メーカーだから、そのまんま「4WD(四輪駆動車)」を意味しているんでしょうか?でも残念ながら関係ない模様。 エンブレムは「4つの会社」の連帯を意味してる まずアウディの歴史を振り返ってみると、ヨーロッパの自動車メーカーだけあってかなり歴史は古い。 遡ること1909年に創設者・アウグスト・ホルヒが「Audi」を設立しました。 何故ヨーロッパ人の名前はもれなくカッコイイんでしょうか。 それはさておき、アウディはその後不況に見舞われます。 具体的には1932年の世界大恐慌。 そこでアウディは 「ヴァンダラー」「ホルヒ」「DKW」といった自動車メーカーと共に、「アウトユニオン」という合弁会社を作って難を逃れる。 今でも自動車メーカー同士の糾合は存在しますが、クルマという文明の利器が発明された時からそうだった模様。 そして、この時に「フォーリングス」のエンブレムが生まれた。 つまりアウディの ロゴマークは「4つの会社」を意味しているらしいです。 冒頭で五輪マークと似てると言いましたが、あながち外れてない。 五輪マークも世界の五大陸を意味しており、平和や連帯を訴えてるエンブレムですから。 アウディにとって「4」の数字は重要? だからアウディにとって 「4」という数字は重要な意味を持つらしい。 アウディが誇る「クワトロシステム」は言うまでもなく、例えば「A4」も最たる例に挙げられるのではないか。 このA4のライバル車種は、BMWやメルセデス・ベンツだと「3シリーズ」や「Cクラス」が挙げられます。 どうしても売れ筋のCセグメントカーは、順番的に「3番目」のモデルに位置付けられる。 でもアウディはA4をCセグメントカーに設定するために、あえて更に最小サイズのA1をベースにブランディングを始めてる。 何故、あえてアウディはこんなことをするのかずっと個人的に疑問だったものの、確かにフォーリングスが持つロゴの意味や歴史を考えると当然っちゃ当然の車名なんだと思います。 主軸モデルを「4」に設定したいのもむべなるかな。 アウディにとってはロゴマークやエンブレムはブランドを示す以上の価値を持つ模様。 また常に「原点回帰を忘れないでおこう」という意味合いも込められているのかも知れない。

次の

Audiの歴史からみるロゴの由来とエンブレムの意味|豆知識|ヤナセアウディ公式情報サイト

アウディ ロゴ

自動車メーカーのロゴマークは、ほぼすべての自動車のフロントグリルに付いており、自動車自体のデザインにも影響を与える大事なパーツです。 今回は、4つの輪が重なったロゴで有名なアウディのロゴマークについて、アウディジャパン株式会社 広報担当の岩野絵美さんにお話を伺いました。 この4つのリングのシンボルマークは「フォーリングス」と呼んでいます。 これは、アウディの歴史と密接に関わっています。 現在のアウディの「フォーリングス」は、ドイツの4つの自動車メーカーが連合して始まったことからきているのです。 Audi、Horch ホルヒ 、DKW デーカーヴェー 、Wanderer ヴァンダラー という4社が「Auto Union AG」 アウトウニオン という自動車メーカーを結成しました。 4社を象徴する「4つのリング」がそのブランドロゴとして採用されたのが「フォーリングス」の始まりです。 少々話しが逸れますが、アウディの創設者アウグスト・ホルヒが一番最初に設立した会社はHorch社なんですよ。 アウグスト・ホルヒは技術と品質を過度に重視し、残念ながら経営面への配慮を欠く傾向がありました。 ホルヒが設計・開発する車は素晴らしかったのですが、金に糸目を付けぬホルヒの方針のため出資者である経営陣との対立が起き、1909年には経営陣から自分の名前の付いた会社を追われてしまったんです。 ホルヒ Horch というドイツ名は、「耳を傾けて聞く」という意味のホルヒィエン horen という単語を基にしています。 これと同じ意味を持つラテン語のアウディ Audio をその新会社の社名とし、同年 1909年 にAudiを設立したのです。 その後の「現在のアウディ」に至る変遷 現在のロゴマーク ・現在のロゴマーク 銀のフォーリングスの横に「Audi」とスローガンの入ったものです。 そうですね。 やはり100年以上という長い歴史を持つ会社ですので。 「フォーリングス」と企業理念の「Vorsprung durch Technik」 フォアシュプルング・ドゥルヒ・テヒニーク = 「技術による先進」が一体となったものです。 このロゴマークは2009年から使用しています。 これは元のフォーリングスからの進化となります。 いかがだったでしょうか。 シルバーに輝くアウディのフォーリングスには歴史的背景があったんですね。 街でアウディの自動車を見掛けたら思い出してください。 そのほかのロゴの秘密も紹介中.

次の

【レポート】アウディのロゴに描かれた一つひとつのリングの意味を知っていますか?

アウディ ロゴ

2011年は R18 TDIとして参戦。 より改良型の R18 ウルトラ R18 Ultra と、を搭載する R18 e-tron クワトロ R18 e-tron quattro へと交代した。 2016年より R18として参戦。 R18 TDI [ ] 12月10日にで発表された。 TDIは Turbocharged Direct Injectionの。 、、、といったのこれまでのLMP1マシンとは異なり、クローズドボディを持つ。 アウディとしては1999年の参戦初年度の以来のクローズドマシンとなる。 エンジンレギュレーションの変更を受け、は5. 5 L から3. 7 L へとされた(バンク角120度・製シングルターボ)。 クローズドボディ化にはを減らす効果があり、エンジンパワーの低下を差し引いても、性能の改善でR15より全体対的なパフォーマンスは上がったとアウディ側は発表会で話している。 操縦席はこれまでであったが、前部のフットスペースの関係上右ハンドルに変更された。 新技術として、このカテゴリのマシンとしては初となるフルを採用。 ル・マンの夜間走行に対応できるほどの光量を確保しており、速度やステアリング操作に応じて照射方向を調節する。 デイタイムランプのフォルムは、アウディの旧にちなんだ"1"の形である。 R18 ウルトラ [ ] 後述のR18 e-tron クワトロのベースとなる車両であり、「ウルトラ」とはアウディの市販車の軽量化技術の名称。 R18 ウルトラはハイブリッドシステムを搭載しない分、を積んで重量配分を調節している。 また、フロントサスペンションが改良され、空力部品の形状が見直された。 他にも、LMPマシンとしては初の「デジタルリアビューミラー」を採用している。 ルーフ上に超小型カメラを設置し、コクピットのルームミラーの位置に置かれたモニターに後方視界を映し出す。 クローズドボディーの視界の悪さをカバーし、ドライバーの疲労を軽減する効果もある。 R18 e-tron クワトロ [ ] 2012年モデル [ ] アウディが持つ技術「」と、開発中のシステム「」の名を冠したプロトタイプレーシングカー。 後輪をディーゼルエンジンで駆動し、前輪を製のモーター・ジェネレーター・ユニット MGU 2基で駆動する。 制動時にフロントで発生した電気エネルギーは、コクピット内部の助手席に置かれたに運動(回転)エネルギーとして保存され、放出時には逆のルートをたどって前輪を駆動する。 システムは WHP 製で、アウディの前にはがに搭載してに出場している。 カーボン製のフライホイールは最高45,000 で回転するため独特の高周波音を発し、最大360 を貯蔵可能。 TDIエンジンの出力は375 510 PS 以上。 2013年モデル [ ] 2013年3月8日、R18 e-tron クワトロの2013年仕様が公開された。 また、排気をマシン下部に排出して空力効果に利用するを採用している。 フロントとリア両方のフェンダー後方に改良を加えた他、リアウィングの翼端板が2枚構成となった。 2014年モデル [ ] 2014年3月25日、のの地において、R18 e-tron クワトロの2014年仕様が公開された。 排気量を3. 7リットルから4. 0リットルに変更し、車幅は微減されて車高は微増された。 ヘッドライトには「マトリックスLEDライト」にハイビームを複合して搭載する。 規定により、1周あたりの燃料使用量が2. 空力面ではフロントフェンダーにエアインテークが開口され、ヘッドライトの形状も縦長から横長に変更されている。 2016年モデル R18 [ ] Audi R18 2016 2016年より車名は単純に「R18」となり、基本コンセプトも変更された。 エンジンは従来と同じ4L直噴ディーゼルターボだが、回生エネルギー貯蔵装置は電動フライホイールからに代わり、回生エネルギー放出量も6 MJに増加。 フロントMGUの出力も200 kWから350 kWに強化された(ル・マンのみ規定により上限300 kW)。 ギアは7速から6速になった。 空力面ではノーズ部分がのハイノーズのように極端に細く高くなっている。 これは、ヨルグ・ザンダーのデザインがいかされている。 間の空間が広がり、そこにまたがるプレートはウィングのような3次元形状となった。 また、ルーフはラウンドシェイプからスクエアシェイプになり、リアウィング翼端板の形も変更されている。 カラーリングは白ベースから、黒・グレーベースに赤を配したデザインにイメージチェンジした。 活動歴 [ ] 2011年 [ ] 2012年のル・マンで優勝したR18 e-tron クアトロ1号車 WECへのエントリーは開幕戦にR18 TDIの改良型を3台。 第2戦と第3戦にR18 ウルトラ・R18 e-tron クワトロの両車を2台ずつ、第4戦と第5戦にR18 ウルトラとR18 e-tron クワトロを1台ずつ、第6戦以降はR18 e-tron クワトロを2台となる。 シリーズ開幕から4連勝し、第3戦ル・マンでは前年の優勝トリオが乗るR18 e-tron クワトロ1号車が総合優勝を果たした。 これはル・マンにおけるハイブリッドマシンの初優勝となった。 2位はR18 e-tron クワトロ2号車、3・5位はR18 ウルトラの2台という完勝だった。 しかし、ル・マンから参戦開始したが強力なライバルとなり、後半4戦はトヨタに対して1勝3敗という成績だった。 最終的にはLMP1クラスのマニュファクチャラーズチャンピオン獲得、ドライバーズランキング1〜4位独占という成功を収めた。 2013年 [ ] 2013年よりR18 e-トロン・クワトロのみで参戦。 第1戦シルバーストン、第2戦スパと連勝し、第3戦ル・マンでは終盤の雨による混乱をくぐり抜け、トム・クリステンセン/ロイック・デュバル/アラン・マクニッシュ組が優勝。 3号車が3位、1号車が5位となった。 前年に比べると燃費(1スティントあたりの周回数)は落ちているが、その分スピードに磨きをかけてトヨタを上回った。 成績 [ ] 2011年ル・マン24時間レース [ ]• 1位 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト - 2:M. トレルイエ• リタイア アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト - 1:T. ロッケンフェラー• リタイア アウディ・スポーツ・ノース・アメリカ - 3:R. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 ポイント ランキング 2012 1• 2013年2月19日時点のよりアーカイブ。 2019年10月12日閲覧。 2013年2月19日時点のよりアーカイブ。 2019年10月12日閲覧。 2016年4月11日時点のよりアーカイブ。 2019年10月12日閲覧。 2016年8月10日時点のよりアーカイブ。 2019年10月12日閲覧。 ヘッドランプのフルLED化はロードカーの(オプション仕様)で先に行われている。 左右対称にデザインされているため、右側(正面に向かって左側)は裏文字となる。 オートスポーツ. (2010年12月13日)2013年4月30日閲覧。 レスポンス. (2012年5月28日)2013年4月30日閲覧。 1348)、三栄書房、2013年、40-41頁。 " 2013年5月28日, at the. Audi Japan. 2013年4月30日閲覧。 ボッシュ株式会社. (2012年6月26日)2013年4月30日閲覧。 オートスポーツweb. (2013年5月7日)2013年5月7日閲覧。 " [ ]". audi-motorsport-blog. 2014年4月28日閲覧。 motersound. 2014年4月28日閲覧。 Auto Prove. 2014年4月28日閲覧。 レスポンス 2015年3月23日. 2016年4月23日閲覧。 オートスポーツweb 2015年3月23日. 2016年4月23日閲覧。 AUTOSPORT Web. 2016年3月23日 2016年6月14日閲覧。 WebCG. (2011年6月13日)2013年4月30日閲覧。 - オートスポーツ・2012年3月1日 外部リンク [ ]• - (2013年5月28日アーカイブ分) Audi Japan• - (2013年4月19日アーカイブ分) Audi Japan• - (2016年7月28日アーカイブ分) Audi Japan• - (2016年8月10日アーカイブ分) Audi Japan• - Dailysportscar. com この項目は、に関連した です。

次の