東京 あか で み ー 看護。 看護専門学校学費ランキング

Home Page

東京 あか で み ー 看護

メディカパスポート• 領域ページ• 医療スタッフ• 看護教育• 知る・楽しむ• メディカ出版の商品・サービス• 商品カタログ• 専門誌ページ• メディカ出版について• サポート情報・お問い合わせ• ポリシー・規約• その他• , Ltd. All Rights Reserved.

次の

東京都の看護師求人・募集|看護roo!転職サポート

東京 あか で み ー 看護

山内豊明教授の症状別・徴候別フィジカルアセスメント(全8巻)• 臨床判断気づくトレーニング(全3巻)• 看護師がおこなう静脈注射(全5巻) 【看護実践能力向上シリーズ】• 医療事故を防ぐ人工呼吸ケア(全3巻)• 映像で理解する吸引の技術• 映像で理解する経管栄養の技術• 与薬(全5巻)• 患者のこころによりそう看護コミュニケーション(全4巻)• 看護における環境調整技術• 臨床における感染防止対策• 排泄援助の技術(全2巻) 【基礎看護技術マスターシリーズ】• 移動・移乗・移送• 酸素療法• 血液の検査と静脈血検査• 食事の介助• 口腔のケア 【新・基礎看護シリーズ】• 清潔を保つ(全3巻)• 身体計測のポイント• 罨法のポイント• がん看護(全5巻)• 慢性疾患患者の看護(全4巻)• 周手術期の看護(全3巻)• チームと取り組むリハビリテーション看護(全4巻)• エビデンスに基づいた摂食・嚥下障害のケア(全3巻)• 腎臓病と透析の看護(全3巻)• 看護におけるフットケア(全3巻)• 看護におけるKYT(危険予知トレーニング)(全3巻)• 具体的なリスクマネジメント(全3巻)• 看護リスクマネジメント(全2巻)• 実例に学ぶ 医療事故(全2巻)• 映像で学び不安をなくす「急変対応」• 救命救急シリーズ(全2巻)• 乳児と小児に対する一次救命処置• NICU・GCUの看護 全2巻)• 臨床で役に立つ小児看護技術 子どものフィジカルアセスメント(全4巻)• 臨床で役に立つ小児看護技術(全4巻)• 小児看護学シリーズ(全6巻)• 母性看護学シリーズ(全3巻)• 母性看護学シリーズ-褥婦編-(全3巻)• パパもいっしょに見たい! 聞きたい! 精神看護学(全3巻)• 精神看護学-実際の看護課程の展開(全7巻)• 映像で感じ、考える、これからの在宅看護論(全5巻)• メタボリックシンドローム(全4巻) Web配信の活用メリット 新人看護師の研修や 産休・育休中のスタッフのサポートにも! 当ホームページの「」に必要事項を漏れなく記入し、お申し込みください。 受付後、追って無料トライアル設定完了の連絡をいたします。 ご利用ライセンスキーの発行 ご契約後、約1週間でご担当者さまにライセンスキーを発行いたします。 そして管理者の利用設定をパソコンにて行っていただきます。 利用者個人登録設定 本サイトを初めてご利用になる時には、ライセンスキーでログインしていただき、メールアドレスとパスワードを登録して頂きます。 登録が終われば、動画の閲覧が可能になります。 <ご注意>• 当サイトは看護学生・看護師を始めとした医療関係者のみご利用可能です。 ご利用にあたっては、学校、医療施設単位でのご契約が必要です。 ご利用料金は、学校や施設の規模によって異なりますので、 詳しくはお問い合わせください。 またパソコンやスマートフォンでの時間設定はリアルタイムに合わせていただきますようお願い致します。 9以降Chrome最新Safari最新Firefox最新 iOS:Safari 最新 Android:Android 4. 2 以降 標準ブラウザ 最新 Chrome 最新.

次の

東京アカデミーの参考書・問題集

東京 あか で み ー 看護

看護師として赤十字病院、公立病院を経て、聖マリアンナ医科大学病院で臨床実践、看護管理、基礎教育の経験を積む。 その後同大学横浜市西部病院にて看護部長、副院長を兼務。 平成23年同大学ナースサポートセンター長、統括看護部長、平成25年看護学校長を兼務。 平成26年杏林大学保健学部看護学科教授、平成29年4月より現職。 所属学会 日本看護科学学会、日本看護管理学会、日本看護技術学会、日本看護学教育学会、日本医療・病院管理学会、日本医療マネジメント学会、国際看護研究会、日本在宅ケア学会、日本自立支援介護学会 社会的活動 神奈川県看護協会及び新潟県看護協会の看護管理者研修(ファースト・セカンドレベル)等において講師として、管理者育成に貢献している。 研究業績 「統合実習におけるマネジメント能力を高める学習方法」東京純心大学紀要第3号(2019. 3)共著 「病棟看護師の在宅療養に向けた退院支援の現状と課題(第1報)」第37回日本看護科学学会学術集会(2017. 12) 「病棟看護師の在宅療養に向けた退院支援の現状と課題(第2報)」第37回日本看護科学学会学術集会(2017. 12) 「病院看護師の訪問看護同行研修における退院支援に向けた学習効果と課題」第36回日本看護科学学会学術集会(2016. 12) 「A県認定看護管理教育課程セカンドレベルの受講者がとらえる『日頃の人材育成活用に関する現状』の問題構造-質的統合法(KJ法)を用いた9事例の総合分析より-」日本看護協会学会(看護管理)(2016. 09) 「病棟看護師の在宅に向けての退院支援の現状と課題(第1報)-実践に対する認識と研修・学習会受講との関連を中心に-」第18回日本在宅医学会・第21回日本在宅ケア学会学術集会,p388(2016. 07) 「病棟看護師の在宅に向けての退院支援の現状と課題(第2報)-実践に対する満足感や困難感とその理由に焦点を当てて-」第18回日本在宅医学会・第21回日本在宅ケア学会学術集会,p388(2016. 07) 著書 「患者・看護論」(共著)建帛社 「改訂版 外科系実践的看護マニュアル」(共著)看護の科学社 「脳卒中患者ケアガイド」(共著)学研 「改訂版 看護のための薬事典」(共著)中央法規出版 「安全・確実に行うための最新『注射・輸液マニュアル』」日本看護協会出版会 学生へのメッセージ 看護の醍醐味や奥深さが感じられるような時をともに過ごしたいと思います。 看護の対象としての人間の理解を深め、専門職として「看護」とは何かを探究することの大切さと面白さ、看護職が目指すべき方向性について、考えていきましょう。 (査読あり)共 2019年 Health Sciences, 32 1 :3-8. (査読あり) 共 2018年 J Toxicol Sci. 43 1 :11-17 論文:Effect of Metallothionein-III on Mercury-Induced Chemokine Gene Expression. (査読あり)共 2018年 Toxics. Aug 12;6 3. pii: E48. doi:10. 査読有) 共 2015年 Health Sciences, 31 4 :275-282. 著書:毒性の科学 共 2014年 東京大学出版会 論文:Neurobehavioral changes in response to alterations in gene expression profiles in the brains of mice exposed to low and high levels of mercury vapor during postnatal development. (査読あり)共 2014年 J Toxicol Sci. 39 4 :561-570. 学生へのメッセージ 大学では「学び方」「考え方」を学び、「知識の習得」、「整理能力」、「問題解決能力」を身につけた学生として社会に飛び立つことを期待します。 また人間性豊かな教養のあるそして社会が必要とする学生になるため努力と4年間という短い学生生活をエンジョイして下さい。 助産師・看護師の臨床経験12年間、短大・大学教員として10数年の経験がある。 2015年4月より現職。 MONTREAL Neurological Hospital(Canada)のNeuroscience Nursing Program修了。 SANE(Sexual Assault Nurse Examiner;NPO女性の安全と健康のための支援教育センター)プログラム修了。 全国妊娠SOSネットワーク:スキルアップ研修修了。 , Swangchareon K. , Baba M. , et al. Buffering effects of coping strategies on adverse health outcomes: Study on abused women during pregnancy in Norteastern Thailand.The Japanese Journal of Child and Woman Abuse Nursing.2015;2 1 :2-18. 5 竹元仁美:ティーチング・ポートフォリオ・ワークショップの組織的導入による成長戦略ー聖マリア学院大学における自己省察による継続的改善の仕掛け作りー.私学経営.2014;477:34-42. 6 竹元仁美,Sawangshareon K.. ドメスティック・バイオレンス被害女性に対する看護ケアと看護カウンセリングの効果ータイ・コンケン県におけるアクション・リサーチー.子どもと女性の虐待看護学研究.2014;1 1 :2-13. 7 竹元仁美,山本八千代:司法看護職に必要とされる性暴力被害者支援コンピテンシーー刑事裁判プロセスにおける専門家としての証言能力に焦点を当ててー.聖マリア学院大学紀要.2014;4:21-28. 8 竹元仁美:性暴力被害者への司法看護ケアにおける技術力向上のための教育に関する研究.聖マリア学院大学紀要.2013;4;21-28. 他 学生へのメッセージ Be happy! 自分が幸せになりましょう。 そして自分だけでなく他者へも愛を広げましょう。 私たち教員は、皆さんの学生生活が満足なものになるよう伴走していきます。 皆さん自身も仲間とともに充実・自立/自律した学生生活を送れるよう邁進してください。 看護師として聖マリアンナ医科大学病院、慶應義塾大学病院などで急性期・慢性期看護の臨床経験を積む。 その後、東京医科大学看護専門学校教員、杏林大学保健学部看護学科看護学専攻教授、2019年度4月より現職。 所属学会 日本看護学教育学会、日本看護科学学会、看護研究学会、日本老年看護学会、日本老年社会科学学会、看護教育研究学会、日本自立支援介護・パワーリハ学会、日本看護管理学会、日本ケアマネジメント学会 社会的活動 NPO法人 在宅ケアを支えあう会 理事 特定非営利活動法人NPO-リカバリ-・サポ-ト・センタ-ボランティア活動 アロマテラピ-スク-ルT. E,Nアロマアソシェ-ション主催高齢者ケア研究会ボランティア活動 日本自立支援介護・パワーリハ学会 編集委員 看護教育研究学会 評議員 研究業績・著書 【研究業績・著書】 1 救命蘇生現場への家族立会いの現状と看護師長の意識(共著) 看護教育研究学会誌7(1)15-25.2015. 2 高齢者の「生きがい感」を」高める要因 日本看護研究学会雑誌38(3).270.2015. 3 私がこう対応する!化学療法の副作用対策 エキスパートの実践事例 脱毛 Oncology Nurse9 1. 31-39. 2015. 4 実習記録の書き方徹底解説!(PART)ヘンダーソンの看護過程 プチナース25(11).16-27. 2016. 6-15.2016. 7 看護学入門11(共著) 老年看護学 55-77 メヂカルフレンド社.2017. 8 医療機関における看護職が暴言をしたプロセス(共著)自立支援介護・パワーリハ学.11(1).56-65.2017. 15.p. 52-65. 2017 10 中規模病院の新人看護職員研修におけるリソース活用実態(共著)看護教育研究学会誌9(2).67-75.2017. 11 グループ学習の発表内容から他グループの学生が得られた学び 日本看護学教育学会誌117.2018. 所属学会 日本看護研究学会,日本看護学教育学会など 社会的活動 自立支援介護・パワーリハ学査読 研究業績・著書 1)荒添美紀,天野雅美,齊藤茂子ほか:中堅看護師の職場で求められているコンセプチュアルスキル・ヒューマンスキル・テクニカルスキル尺度の開発,看護教育研究学会誌,第10巻,第2号. 2018. 2)清水典子,天野雅美,山本君子:中規模病院の新人看護職員研修におけるリソース活用実態,看護教育研究学会誌,第9巻,第2号.2017. 3)天野雅美,佐藤ユキ子,山本君子:医療機関における看護職が暴言をしたプロセス,自立支援介護・パワーリハ学,第11巻,第1号. Trobe University(Faculty of Health Sciences健康科学学部前期課程)修了。 看護師として聖路加国際病院、日本医科大学病院等で臨床経験を積む。 その後、看護専門学校教員・教務主任を経て、横浜創英短期大学看護学科教授、横浜創英大学看護学部看護学科准教授、2019年度4月より現職。 所属学会 日本看護学教育学会、日本看護科学学会、看護研究学会、日本看護技術学会、日本看護学会、ぐんまカウンセリング研究会 社会的活動 2015年 高校生対象 進路相談会(デモ型ガイダンス) 2018年~2019年 神奈川の看護専門学校教員への講義・演習指導 研究業績・著書 【研究業績・著書】 1 継続教育における看護技術修得状況の検討(共著)第49回日本看護学会論文集-慢性期看護. 346-349. 2019. 2 対象と協同で行う手浴体験-再構成からみた知覚・思考・感情の特徴(共著)横浜創英大学研究論集第5巻.1-8. 2018. 3 手浴ケアにおけるケアリング教育プログラムの開発(共著)ヘルスサイエンス研究22 1. 11-21. 2018. 4 ケア者のセルフヒーリングにおける生体カオス性と自律神経活動(共著)ヘルスサイエンス研究21 1. 15-24. 2017. 5 患者の療養場面を再現した体験学習における学生の学びの特徴(共著)横浜創英大学研究論集第4巻.29-36. 2017. 6 精神科病院で勤務する看護師の身体合併症看護に関連した学習ニーズ(共著)第47回日本看護学会論文集-精神看護. 127-130. 2017. 7 実習での報告のしかた-パーフェクトブック(共著)プチナース.25(7).1-20. 2016. 【講演・口頭発表】 1 本江朝美,鈴木恵,岩淵正博,辻田幸子,吉江由美子,市川茂子:ケア者のセルフヒーリング継続に関するランダム化比較試験による検討. 第23回日本看護研究学会東海地方会学術集会. 33.2019. 3 2 市川茂子,江藤和子,椎野雅代:継続教育における看護技術修得状況の検討. 第49回日本看護学会-慢性期看護. 学術集会. 191. 2018. 3 市川茂子,椎野雅代,江藤和子:単科精神科病院の看護師における看護実践技術力の状況. 第48回日本看護学会-精神看護. 学術集会. 150. 2017. 4 本江朝美,鈴木恵,市川茂子,辻田幸子,岩淵正博:「ホリスティックなケアを考える」交流集会. 日本看護研究学会第43回学術集会. 2017. 8 5 市川茂子,椎野雅代,江藤和子,三堀一久:精神科病院で勤務する看護師の身体合併症看護に関連した学習ニーズ. 日本看護学-精神看護. 第47回学術集会. 2016. 6 市川茂子,本江朝美,澤田和美,鈴木恵,辻田幸子,岩淵正博,桑田惠子,源川奈央子,吉江由美子:対象と協同で行うケア体験-再構成からみた知覚・思考・感情の特徴-日本看護技術学会第15回学術集会. 2016. 9 7 本江朝美,鈴木恵,辻田幸子,岩淵正博,市川茂子,高橋ゆかり,源川奈央子,吉江由美子:ケア者のためのセルフヒーリングの有用性-生体カオス性や自律神経活動とSense of Coherenceとの関係から. 日本看護科学学会第36回学術集会. 2016. 9 8 辻田幸子,本江朝美,市川茂子,鈴木恵,岩淵正博:患者の療養場面を再現した体験型授業における学生の学びの特徴. 日本看護研究学会第42回学術集会. 209. 2016. 9 9 鈴木恵,本江朝美,市川茂子,澤田和美,辻田幸子,岩淵正博,桑田惠子,源川奈央子,吉江由美子:看護学生が対象と協同で行うケア体験-ケア体験時に想起された思考・感情と言動における自己一致の関係. 日本看護技術学会第15回学術集会. 2016. 9 10 辻田幸子,本江朝美,源川奈央子,吉江由美子,桑田恵子,市川茂子,鈴木恵,岩淵正博,澤田和美:対象と協同で行うケア体験-再構成からみた看護学生のケア時の態度の特徴. 日本看護技術学会第15回学術集会. 2016. 9 11 岩淵正博,桑田惠子,本江朝美,市川茂子,澤田和美,鈴木恵,辻田幸子,源川奈央子,吉江由美子:対象と協同で行うケア体験-体験からの学び. 日本看護技術学会15回学術集会. 2016. 9 12 澤田和美,本江朝美,桑田惠子,市川茂子,鈴木恵,辻田幸子,岩淵正博,源川奈央子,吉江由美子:対象と協同で行うケア体験-対象者の反応から受け取るメッセージ-. 日本看護技術学会15回学術集会. 2016. 9 13 湯川恵子,桑田恵子,鈴木恵,市川茂子:看護技術教育におけるe-learningの活用状況の実態-臥床患者のシーツ交換に焦点を当てて. 日本看護学教育学会26回学術集会.40. 2016. 8 14 鈴木恵,本江朝美,湯川恵子,市川茂子,澤田和美,岩淵正博:看護技術教育におけるe-learningを活用した主体的学習法の有用性の検討. 日本看護学教育学会第26回学術集会43. 2016. 8 15 市川茂子,鈴木恵,湯川恵子,辻田幸子:e-learningを活用した基礎看護技術習得に対する学生の認識. 日本看護学教育学会第26回学術集会. 2016. 8 16 市川茂子、鈴木恵、湯川恵子、辻田幸子:看護基礎教育におけるe-learning活用に関する研究の動向-看護技術習得に焦点をあてて. 日本看護学教育学会第26回学術集会.41.2015.8 17 市川茂子,鈴木恵,古川節子:看護職者のモラルハラスメントに関する文献検討. 日本看護管理学会第19回学術集会. 250.2015.8 学生へのメッセージ 人間は、より深くわかることを求める存在です。 知的好奇心により学び、感受性や人間性を高めましょう。 未来を創造し、志は高く、目標に向かって、一緒に心揺さぶられる体験をしませんか。 所属学会等 日本看護学教育学会、法政大学キャリアデザイン学会、日本キャリアデザイン学会、日本小児看護学学会、日本子ども学会、日本看護科学学会、日本在宅医療学会 社会的活動 ・東京都ナースプラザ「実習指導者研修」にて、平成22、23、24、25年度、演習指導。 平成27、28年度「実習評価」講義。 81~87、pp. 107~113、pp. 113~117 5.「ラ・スパ過去問対策2017」(共著)(2016年4月)医学評論社(著者)(看護の統合と実践)荻原康子 他6全19頁p173,p174,p175,p176,p177,p179,pp180~181,pp184~185(小児看護学)荻原康子 他4名 全36頁p4,p9,p10,p11,p12,p16,p20(105回看護師国家試験問題解説)荻原康子 他65名 全175頁pp. 40~41,p124,pp125~126,pp169~170 6.『医療安全教育科目「看護と安全」の構築と授業展開に関する一考察』(単著)(2016年1月)東京医科大学看護専門学校紀要 第25巻1号 pp. 121~129 7.『看護系大学生の「子どもの頃になりたい職業」回想録の一考察』(単著)(2015年10月)第12回日本子ども学会学術集会(示説)(兵庫県神戸市甲南女子大学)抄録集p51 8.「ラ・スパ過去問対策2016 」(共著)(2015年4月)医学評論社(著者)(必修問題)荻原康子 他28名 全11頁p23(看護の統合と実践)荻原康子 他5名 全11頁p171,p174,p176,p177,p179 (小児看護学)荻原康子 他4名 全36頁pp3~4,pp8~9,pp10~11,pp18~19,pp32~32,pp38~39(104回看護師国家試験問題解説)荻原康子 他69名 全170頁p23,p187,pp201~p203,p204 9.「ラ・スパ過去問対策2015 」(共著)(2014年4月)医学評論社(著者)(必修問題)荻原康子 他31名全123頁p15,p38,p46,p54,p115,p134 (人体の構造と機能)荻原康子 他4名 全33頁p156,157,p170(小児看護学)荻原康子 他5名全65頁p7,p10,p12,p14,p17,p18,p20,p21,p25,p30,p39,p40,p41,p42,p23 (103回看護師国家試験問題解説)荻原康子 他67名 全313頁p79 p80,p201,p202,p203,p204 10.「フィジカルアセスメント教育の全体構想および展開した授業内容の報告」(単著)(2011年3月)東京医科大学看護専門学校紀要 第21巻1号 pp43~51 11.「アセスメントモデル示範を用いた小児看護過程教授方法の一考察」(単著)(2010年3月)東京医科大学看護専門学校紀要 第20巻1号 p. 13~p. 21 学生へのメッセージ 看護師が働く場所がたくさんあります。 子どもたちをとりまく環境が目まぐるしく変わる中、看護師が担う役割はとても多いのです。 これまでのことを知り、これからのことをよりよく考えることができるよう、「いまを大切に」学んでいきましょう。 大学病院外科病棟に勤務後、高等学校衛生看護学科教員、看護専門学校非常勤講師等を経て、公立短期大学看護学科の専任教員として長年勤務。 文教大学大学院人間科学研究科修士課程修了。 杏林大学大学院保健学研究科博士後期課程修了。 所属学会等 日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本看護技術学会、日本統合医療学会、日本アロマセラピー学会、日本自律神経学会、日本心身医学会、日本ホリスティックナーシング研究会 社会的活動 日本ホリスティックナーシング研究会役員、日本アロマセラピー学会の学会認定看護師、川崎市内病院にてアロマセラピーを用いたボランティア活動を平成25年から実施。 研究業績・ 著書 <研究業績> ・The emotions of nursing students during blood glucose measurement exercises in Japan, 21th EAFONS East Asian Forum of Nursing Scholars.(Singapore), 2019. (共著) ・成人看護学における簡易血糖測定演習を実施した看護学生の感性の定量的特徴—テキストマイニングツール・感性分析を用いて—、川崎市立看護短期大学紀要 第24巻第1号p. (共著) ・看護学生のアロマハンドマッサージを用いたボランティア活動の学び(第2報)—看護学生の臨地実習の経験に着目して—、川崎市立看護短期大学紀要 第23巻第1号p. (共著) ・看護学生が「芸術・音楽」の授業を通して学んだこと—「深く聴くこと」を中心に—、川崎市立看護短期大学紀要 第21巻第1号p. (共著) ・看護学生のアロマセラピーを用いたボランティア活動の学び—病院での患者と家族への関わりを通して—、川崎市立看護短期大学紀要 第21巻第1号p. (共著) ・芳香療法に関する講習会実施後のリラクセーション効果—福祉施設の職員を対象として—、第18回日本統合医療学会学術集会、2014.(共著) ・日本伝統音楽の生演奏鑑賞による看護学生への感性教育の効果、川崎市立看護短期大学紀要 第19巻第1号p. (共著) <著書> ・機能障害からみる看護過程1〜3巻、中央法規出版、2018. 看護職を目指す皆さんも、まずご自身の心と体が健康であることが大切です。 卒業まで有意義な学生生活となるよう支援します。 目標達成に向けて一緒にがんばりましょう。 ドイツ系の銀行に勤務した後渡米 ワシントンのジョージタウン大学大学院にて応用言語学を研究 帰国後は私立の女子中学校で英語の教員となり、その後、東京純心中学校、高等学校、東京純心女子大学で非常勤として勤務。 1-9 2016年3月「看護系英語論文デイスコースに見られる現在完了受動態の役割」『東京純心大学紀要看護学部』第1号pp. 47-54. 2015年3月「日本人学習者の『英語進行形』習得に関する一考察」『東京純心大学紀要』第17号 pp. 69-77. 苦手意識を持つ理由の中に「暗記科目で例外が多い」が挙げられます。 私の授業では英語の「なぜ」に焦点を当て、納得しながら楽しく学べるようにします。 Don't miss it! 修士論文「訪問看護師の仕事ストレッサーの尺度開発と属性・職務満足感との関連」。 看護師として脳神経外科・神経内科病棟等に約16年間の臨床経験、専門学校・短大・大学教員として12年間の経験がある。 専門健康心理士 医療的ケア教員講習会修了。 所属学会 日本公衆衛生学会、日本公衆衛生看護学会、日本在宅医療学会、日本難病看護学会、日本健康心理学会、日本応用心理学会、日本心身健康科学学会、日本ケアマネジメント学会 社会的活動 平成21年 厚生労働省看護教員課程の在宅看護論演習の演習指導を担当する。 平成23年~25年 日本精神科看護技術協会の看護教育課程研修会(在宅看護教育計画、実習指導計画)講義を担当する。 3)水澤晴代,戸塚智美,高森美惠子他:事例を用いた在宅看護過程の展開-KOMI理論と看護診断の比較検討,第38回日本看護学会論文集 看護教育,93-95,2008. 4)戸塚智美:より良い在宅療養を送るための療養環境に関する意見-訪問看護師の実態調査から-,第38回日本看護学会論文集 地域看護,93-95,2008. 5)戸塚智美,井上真弓,日高始子,石川利江:訪問看護師のストレス反応の実態調査,第41回日本看護学会論文集 看護総合,342-345,2011. 6)戸塚智美,井上真弓:地域看護学実習前後の精神健康度とコーピングとの関連,第41回日本看護学会論文集 地域看護,208-211,2011. 8)井上真弓,戸塚智美他:地域看護学実習前後の学生のQOLと精神健康度の検討,第44回日本看護学会論文集 地域看護,204-207,2014. <著書> 1)監修:平井俊策,神経疾患エキスパート看護師マニュアル(共著),ヴァンメディカル,2002. 2)2009年版 看護師国家試験問題 解答・解説(共著),メヂカルフレンド社,2008. 学生へのメッセージ 在宅医療・在宅看護、そして、人生の最期をどこでどのように迎えることができたら、人は幸せなのでしょう・・・、是非、一緒に語り合いましょう。 2019年9月より現職。 九州産業大学大学院修士課程修了。 厚生労働省看護教員養成講習会修了。 所属学会 日本看護研究学会,日本社会精神医学会,日本健康医学会 社会的活動 日本社会精神医学会評議員 研究業績・ 著書 1 精神科病院に勤務する看護師のリカバリー志向性の特徴と関連要因,日本健康医学会雑誌,2019年 2 産後1年間における母親が捉えた父関係の特徴,日本健康医学会雑誌,2019年 3 『疾患別看護過程セミナー下巻』うつ状態にある患者のナーシング・ケアマップ.看護プロセス.サイオ出版,2018年 4 看護大学最終学年次の学生の職業的アイデンティティに影響する要因,福岡女学院看護大学紀要,2018年 5 Correlation between the recovery level and background factors of schizophrenics in the community.Journal of Japan Health Medicine Association. 2018年 6 看護大学生低学年の職業的アイデンティティの推移と特性的自己効力感及び職業モデルとの関連,日本医学看護学教育学会誌,2017年 7 A study on personal and environmental factors related to occupational identity of Japanese first-year nursing students. The Japanese Association of Medical and Nursing Education JMNE ,2014年 学生へのメッセージ 皆さんの夢の実現に向けて応援します。 まずは自分を知りましょう。 そして,自分も含めて目に見えづらい人間の心や精神に関心を持ちましょう。 2008年、同大学 Master of Nursing 修了。 東京医科大学病院 老年内科 等に勤務。 共立女子短期大学の高齢者看護学助手。 2012年より横浜創英大学の高齢者看護学助教を経て、2015年4月東京純心大学、専任講師として着任。 所属学会 日本老年看護学、日本認知症ケア学会、日本看護学教育学会、日本災害看護学会、日本看護研究学会、日本看護科学学会、日本保健科学学会 など 社会的活動 2012-現在、日本認知症ケア学会関東2地域委員 2013-2015横浜市にて地域高齢者への健康講座、教育公開講座 など 研究業績・ 著書 1 老年看護学主要テキストにみる看護基礎教育における「認知症ケア」教育の変遷 共著 了徳寺大学健康科学部紀要. 第7号. 95-101. 2012. 2 看護教育課程における授業設計が目指すもの-学生の探究的視点を促す意図的な授業の仕掛け- 単著 医学書院,看護教育. 54 4. 280-286. 2013. 3 在宅高齢者の地震への有事不安に関する調査研究 共著 横浜創英大学研究論集第1巻. 13-25. 2014. 4 家族形態別にみた在宅高齢者の地震に対する防災意識と対策に関する研究 共著 日本保健医療行動科学会雑誌. 29 1. 88-97. 2014. 5 看護基礎教育におけるパーソナル・ポートフォリオの活用に対する学生の反応 共著 看護教育研究学会誌,6 1. 25-32. 2014. 6 老老介護にあたる介護高齢者の防災意識と防災対策行動の規定因に関する研究 共著 東京純心大学紀要看護学部 第1号. 1-12. 2015. 87-94. 2015. 8 「看護とコミュニケーション」に活用したパーソナル・ポートフォリオの学修活動と教育効果の検討-看護大学生の学修向上心に焦点をあてて- 共著 日本看護学教育学会会誌26 2 83-93. 2016. 9 デイサービスにおける要介護高齢者を護る地震防災対策の実態と課題 単著 Journal of Japan Society of Disaster Nursing,18 2 ,24-34. 2016. 10 大学生の認知症高齢者に関する教育に関連した研究動向と人材育成に向けた課題 単著 日本認知症ケア学会誌,15 4 ,857-866. 2017. 学生へのメッセージ 将来に向けて前進する時期です。 高齢者看護学は、社会的なニーズが高まっています。 成人期を生きる皆さんにとって、高齢期を生きる人の理解、看護は未知なる領域といえます。 高齢者との関わりは、自身を見つめる機会になり、成長し続ける新たな自分に気づくことでしょう。 2007年 長野県看護大学後期課程単位取得満期退学。 1984-1995年、2012年東海大学医学部付属病院勤務。 1995-1997年静岡県袋井市立袋井市民病院勤務。 その後、聖隷クリストファー大学看護学部、京都橘大学看護学部、山梨県立大学看護学部などを経て2015年より現職。 所属学会 日本生命倫理学会、日本看護倫理学会、日本放射線看護学会(評議員、編集委員)、日本看護科学学会、日本看護学教育学会 研究業績・著書 相羽利昭・デービス アン J. ・小西恵美子(2002):家族が捉えた死の迎え方の倫理的意思決定の過程とその影響要因の探索、生命倫理、12、p84-91. Emiko Konishi、Anne J. Davis、Toshiaki Aiba(2002):The ethics of withdrawing artificial food and fluid from terminally ill patients : an end of life dilemma for Japanese nurses and families、Nursing Ethics 9 1 、7-19 前原澄子監修、相羽利昭編、Anne J. Davis、Ann Gallagher、見藤隆子(2007):看護倫理、〜日本文化に根ざした看護倫理とは〜、医学映像教育センター、東京. 奥野茂代・大西和子編、相羽利昭(2013):老年看護学概論 第4版、p150-158、ヌーベルヒロカワ. 和田攻,南裕子,小峰光弘編,相羽利昭他957名著(2010):看護大辞典 執筆項「ウィーデンバック」 p203 、「オールソン」 p 327 、「ストラウス」 p 1515 、「トラベルビー」 p 2017 、医学書院. 鵜飼知鶴・相羽利昭 2014 :500床未満の病院に就職した新卒看護師6ヶ月の職業経験、近大姫路大学看護学部紀要第、6、27-36. 松岡佳美・戸塚智美・島田美喜・相羽利昭・塚本都子・博多祐子・牟田能子・土田幸子 2015 :東京都八王子市内に勤務する訪問看護師の終末期看護に関する困りごとや教育・研修の実態,東京純心大学看護学部紀要、1、13-24. 学生へのメッセージ 看護学は、自身を見つめて自分と他の人の命の尊さを実感させてくれます。 また自分のこれからの生きる道を考えさせるようにも仕向けてくれます。 さあ,4年間一緒に学びましょう。 主に保健師、訪問看護師としての経験を積む。 看護専門学校、大学での教員経験を経て、2020年4月より現職。 所属学会 日本在宅ケア学会、東邦看護学会 社会的活動 特になし 研究業績・著書 論文 1.柏崎信子,西﨑未和:訪問入浴介護に携わる看護師が多職種との連携において感じる困難,東邦看護学会誌,15 2 , 73-79, 2018. ポスター発表 1.柏崎信子, 大橋由基, 尾崎章子:在宅で睡眠薬を服用している要介護高齢者への訪問看護師の服薬支援, 第24回日本在宅ケア学会学術集会, 2019, Jul 27-28, 仙台. 2.尾﨑章子, 柏崎信子, 大橋由基: 在宅患者における睡眠薬の関連が推察される有害事象の検討, 日本睡眠学会第43回定期学術集会, 2018, Jul 12, 札幌. 看護教員養成修了後、公立看護教員、国立次席教官を経て、私立看護大学講師。 P13-23。 平成29年. 共著 成人看護学実習前・実習中における自己健康管理モニタリング状況と看護学生の生活背景との関連性,日本医学看護学教育学学会誌第26 3 P25-31. 平成30年,共著 「成人期就労者の健康管理に影響する要因と継続受診を行っている疾患の男女差」第29回日本医学看護学教育学学術学会 平成31年3月16日 示説 共著 学生へのメッセージ 日々、小さな努力を重ね学習を深めながら、看護の新しい発見に、一緒に夢中になれるといいですね。 日本赤十字社医療センター、東京医科大学八王子医療センターで助産師としての臨床経験を有する。 看護専門学校、大学での教員経験を経て、2019年9月より現職。 所属学会 日本母性衛生学会、日本助産学会、全国助産師教育協議会 研究業績・著書 1)時田純子,唐田順子:在宅で乳幼児を育てる高齢初産の母親が自分なりの子育てができるようになる長期的プロセス.母性衛生学会誌.Vol. 59(4)818-826,2019. 4)時田純子,島袋香子,高橋真理:看護女子学生の臨地実習におけるストレス対処とライフスタイルが月経随伴症状に及ぼす影響.母性衛生学会誌.Vol.51(1)71-78,2009. 学生へのメッセージ 楽しく学びましょう。 西山 久美江 職名 講師 学位 修士(看護学) 専門分野 クリティカルケア看護 担当科目 成人看護学 プロフィール 1987~1992年 東京女子医科大学消化器病センター 1997~2009年 杏林大学医学部付属病院ICU 2009~2020年 東海大学医学部付属八王子病院ICU・CCU、ER 2009年 北里大学大学院看護学研究科修士課程終了 2010年 急性重症患者看護専門看護師認定 所属学会 日本クリティカルケア看護学会 日本集中治療医学会 日本救急看護学会 日本CNS看護学会 日本臨床倫理看護学会 社的活動 日本救急看護学会雑誌専属査読委員 研究業績・著書 <研究業績> 1)西山久美江,黒田裕子,山田紋子.心臓外科術後患者の人工呼吸器装着患者のウィーニング過程におけるリラクセーション技法による身体的・心理的安寧の効果-手足のマッサージ介入を用いて-. 日本救急看護学会雑誌, 12(2), 11-20, 2010. 2)白坂雅子,立野淳子,山勢博彰,佐藤憲明,道又元裕,宇都宮明美,田村冨美子,西山久美江.人工呼吸器離脱への看護師の関与と認識(共著), 日本集中治療医学会雑誌, 25(1),49-52, 2018. 未来を担うナースを目指して、同じ目標を持つ仲間とともに楽しく学んでいきましょう。 市立小樽病院、聖マリアンナ会東横恵愛病院で看護師として勤務、その後、聖マリアンナ医科大学看護専門学校専任教員精神看護学、聖マリアンナ医科大学医学部教育文化部医療コミュニケーション講師を経て現職。 所属学会 日本看護科学学会・日本看護研究学会・日本精神保健学会 研究業績・著書 <著書> 共著 2016版 第104回看護師国家試験問題 解答・解説 メディカルフレンド社 共著 2017版 第105回看護師国家試験問題 解答・解説 メディカルフレンド社 共著 2018版 第106回看護師国家試験問題 解答・解説 メディカルフレンド社 共著 2019版 第107回看護師国家試験問題 解答・解説 メディカルフレンド社 共著 2020版 第108回看護師国家試験問題 解答・解説 メディカルフレンド社 <研究> 患者の回復過程における看護師の認識の特徴—自閉症状の強い精神分裂病患者に対する看護— 日本精神科看護学会誌44 1 ,316-319,2001. 7 異なる事前の体験・授業刺激と学習者の解釈内容との関連—幻覚・妄想について学ぶ学生の思考を広げる工夫— 明星大学大学院研究紀要教育学研究第9号, 23-33, 2009. 08 精神看護実習に於いて拡散的経験理論を用いた指導方法 第11回神奈川県看護教育フォーラム11号 53-55,2010. 3 教育目標の達成状況と効果的な教育方法の検討 第42回日本看護学会学術集会 第42回日本看護学会抄録集 看護教育,95,2011 誇大妄想のある患者の統合失調症に対する認識が変化するまで 聖マリアンナ医科大学看護専門学校紀要Vol. 6,27-37,2013. 7 東京都八王子市内に勤務する訪問看護師の終末期看護に関する困りごとや教育・研修の実態,東京純心大学看護学部紀要1号13-24.2015 東京都南多摩地区にある医療・福祉施設での終末期看護に関する看護職者の意識と教育・研修の実態 平成27年度東京純心大学看護学部看護学科研究報告書 2016. 31 東京都多摩地区にある精神科を有する病院での終末期看護に関する看護職者の困難 日本看護研究学会第43回学術集会 2017. 29 病院に勤務する看護職者の終末期看護に関する意識調査 第3報 看取り後のサポートに焦点を当ててー 日本看護研究学会第43回学術集会 2017. 29 入院中の統合失調症患者の精神急性期治療病棟から精神一般病棟への移行時期と環境調整東京純心大学紀要看護学部第2号 79-84 2018. 5 学生へのメッセージ これまで精神看護学の中でも統合失調症の人々と語る機会が多くありました。 彼らは困ったことや生きる苦悩を幻覚・妄想で表現することがあり、私たちが経験したことのない豊かな世界を教えてくれます。 優しさに敏感に反応する素直な人が多い統合失調症の人々の横にふわっと座り包容できる看護を目指しています。 また、「観察」「仮説」「検証」「実行」のサイクルで授業を進めています。 学修の質の向上はもちろんですが、生活の中でストレスの強まる出来事に遭遇したとき、進むべき道を選択する過程でこのサイクルが役に立ち、生涯を通し知の追求・成長し続けることに繋がります。 教員養成課程修了後、看護専門学校で教員として勤務しながら大学院で教育学について、看護研究における倫理について学ぶ(教育学修士取得)。 出産・育児のため常勤で働くことを一時断念するが、子どもの成長と同時に大学教員として復職、現在に至る。 現在は、看護教員として基礎看護学の教育に携わるだけではなく、医学部医療安全管理学の講座で手術後の静脈血栓塞栓症のリスク予防について研究している。 所属学会 日本看護協会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本看護技術学会、日本看護医療学会、日本医療マネジメント学会、医療の質・安全学会、日本静脈学会、日本人工関節学会 社会的活動 医療の質・安全学会パートナーシップ委員会サポーターとしてチームHONGOを立ち上げ、現在、小・中学生を対象とした医療安全のテキスト作りに取り組んでいる。 2018年度より本大学における子育て支援事業に着手 研究業績・ 著書 統合実習におけるマネジメント能力を高める学習方法、東京純心大学紀要 看護学部 第3号、21-27、2019.共著 本学が行う子育て支援活動の検討、東京純心大学紀要 看護学部 第3号、37-40、2019.共著 VTEスクリーニングにおけるCaprini Risk Scoreの利用可能性、日本人工関節学会、2019年2月 東京(示説)、共著 新しい患者参加型医療安全への試み AO入試対応型授業カリキュラム構築による中高生医療安全サポーター育成プログラム、第13回医療の質・安全学会学術集会、2018年11月24-25日 愛知(発表)、共著 今日と未来のあなたを守る医療安全 チームHONGOによる小・中学生向け教材作成に向けた活動、第13回医療の質・安全学会学術集会、2018年11月24-25日 愛知(示説)、共著 VTEスクリーニングにおける患者記載のCaprini Risk Scoreの利用可能性、第13回医療の質・安全学会学術集会、2018年11月24-25日 愛知(発表)、単著 静脈血栓塞栓症のリスクアセスメントスコアの利用可能性について、第44回日本看護研究学会学術集会,2018年8月18-19日、熊本(発表)、単著 【Caprini Risk Scoreの文献検討より】 洗髪とドライシャンプーによる頭皮の洗浄効果の差異、第44回日本看護研究学会学術集会,2018年8月18-19日、熊本(発表)、共著 VTEスクリーニングにおける 患者記載のCaprini Risk Scoreの利用可能性,東京脈管研究会・第4回VTEを考える会、2018年5月17日、東京(発表)、共著 術後肺塞栓症に関する文献検討-術後肺塞栓症に関する診断・治療・予防の動向 2001~2015年-,松蔭大学紀要 看護学部,2,P. 47-54,平成29年,共著 裁量権の拡大と業務委譲を伴う医療提供体制において就職時の新卒看護師が最低限求められる看護技術,日本看護医療学会雑誌,18(1),P. 22-36,平成28年,共著 抗菌石けんによる日常的な手洗いの洗浄効果の検討,松蔭大学紀要松蔭大学紀要 看護学部,創刊号,P. 85-92,平成28年,共著 A大学病院における新卒看護師が当事者となったインシデント概要と発生要因の関連,松蔭大学紀要松蔭大学紀要 看護学部,創刊号,P. 9-20,平成28年,共著 看護管理者が考える「看護師と看護補助者の役割」,東京医科大学看護専門学校紀要,25(1),P. 91-P. 97,平成28年,共著 A大学病院における医療職種と薬剤インシデントの発生要因との関連,東京医科大学看護専門学校紀要,25(1),P. 85-P. 90,平成28年,共著 外来患者の日常生活における健康維持活動と服薬受容との関連,埼玉医科大学看護学科紀要,8(1),P. 17-P. 24,平成27年,共著 学生へのメッセージ 多感なこの時期の皆さんと一緒に過ごすことができて嬉しいです。 一人の医療者の卵として自分たちは何ができるのか、いろいろなことを吸収し、一人一人ができることを模索しながら成長していく…そんな時期の皆さんと一緒に過ごしていく中で私自身も成長していきたいと思っています。 【現在】小児看護学が関連する科目のすべてを担当している。 教育の傍ら、小児専門看護師として地域で活動を続けている。 所属学会 日本小児看護学会、日本専門看護師協議会、宮崎県立看護大学看護学研究会 社会的活動 子育て支援事業 研究業績・著書 松本宗賢、樋口美樹、小沼豊. 本学が行う子育て支援活動の検討. 東京純心大学紀要看護学部. 2019. 37-40. 櫻井育穂, 勝本祥子, 添田啓子, 西脇由枝, 田村佳士枝, 望月浩江, 松本宗賢, 株崎雅子, 近藤美和子, 久保良子, 黒田京子. 小児医療施設におけるオレムセルフケア不足理論の看護過程への活用状況. 日本小児看護学会誌. 2016. 17-23. 学生へのメッセージ 勉学だけでなく、人とのかかわりやレジャー、クラブ活動など、学生ならではの活動を通して、自分という存在を磨いていきましょう。 看護師として虎の門病院、私立病院を経て、行政にて訪問看護として経験を積む。 その後横浜市の地域ケアプラザにて居宅支援専門員、包括支援センターにて主任ケアマネジャーとして勤務。 短期大学教員(老年看護学)、平成30年1月より現職。 VoL. 10 No2 172-178 「居宅介護支援専門員が要介護高齢者の在宅生活を不可能と判断する要因についての研究その2 〜判断に至るプロセスと要因分析〜」原著論文 自立支援介護学会誌2017. VoL. 10 No2 180-189 <著書> 「介護チームマネジメント」日総研出版第13巻8号 平成29年1月15日 「難病ケアマネジメント研修テキスト」年社会保険出版社 平成28年3月 「主任ケアマネジャーに求められる役割」介護ビジョン日本医療企画118巻~121巻 平成25年4月〜9月 「介護チームマネジメント」日総研出版第13巻8号 平成29年1月15日 学生へのメッセージ 看護師を目指した皆さんが、専門職として知識を深め技術を磨き、心身の痛みを抱える方に対して一人の人間として共感し寄り添いながら「真の癒し手」を目指せるよう、一緒に学び成長していきましょう。 看護師資格取得後、北里大学東病院、国立国際医療研究センター病院などで勤務。 留学期間を経て、日本看護協会に勤務し看護職の労働問題に取り組む。 国際看護師協会(ICN)でのインターンを経験後、2016年12月より現職。 日本カトリック看護協会会員。 所属学会 日本看護管理学会、日本国際看護学会、日本看護歴史学会 研究業績 Ito N. Migration of Asian Nurses in the US and the UK: A Literature Review. Bulletin of The Faculty of Nursing, Tokyo Junshin University No. 2: pp39-55. 2018. 学生へのメッセージ 患者さんの安全を守り、質の高い看護を提供するためには看護職が心身ともに健康であることが大切です。 将来、みなさんが看護職者としていきいきと働くために、学生のうちからどのような心がけが大切なのか共に考えたいと思います。 琉球大学大学院を卒業後北海道科学大学で勤務し現在に至る。 各論に進む前の二年間で「看護って面白いかも!」と思ってもらえるように関わりたいと思います。 勤務しながら、放送大学を卒業し、大学改革支援・学位授与機構で学士(看護学)を取得。 2017年3月、広島文化学園大学大学院看護学研究科博士前期課程を修了。 大学院在学中より、ティーチング・アシスタント、非常勤講師として、教育に携わるようになる。 2018年2月に東京純心大学に助手として着任。 2018年6月より現職。 所属学会 日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護技術学会、日本救急看護学会、日本がん看護学会、日本クリティカルケア看護学会、日本看護学教育学会、日本消化器内視鏡技師会 研究業績 ・著書 坊垣 友美、原田 雅義:がん克服者の生きる力と動的過程の解明、東京純心大学紀要 看護学部、第3号、1-13、2019. 原田 雅義, 佐々木 秀美, 前信 由美:家族が生命危機状態に陥った看護職者の精神的危機状態の特徴、日本救急看護学会雑誌、第21 巻、12-19、2019. 原田 雅義・加藤 重子・佐々木 秀美・佐藤 敦子・加藤 洋子:精神科急性期病棟における危機状態患者の看護フィンク危機モデルを用いた介入検討、東京純心大学紀要看護学部、第2号、91-98、2018. 原田 雅義:大腸内視鏡検査を受ける患者の不安調査 検査前の疑問から不安軽減を考える、東京純心大学紀要看護学部、第2号、99-103、2018. 原田 雅義・深井 喜代子:上部消化管内視鏡検査の苦痛緩和ケアに関する文献的考察、 消化器外科NURSING、第19巻第8号、101-107、2014. 学生へのメッセージ 看護は人の生命や尊厳を守る素晴らしい職業です。 看護師を目指す皆さんに看護のおもしろさ、素晴らしさを伝えていきたいと考えています。 患者さん、家族は身体だけでなく様々な苦痛を抱えています。 その苦痛を緩和するためにはどのような看護が必要なのか、一緒楽しく看護を考え、学んでいきましょう。 新人教育担当、臨床指導を担う 老人福祉施設で3年勤務、介護支援専門員資格取得 クリニック(消化器・外科)で5年勤務 学生へのメッセージ 「事件(看護)は現場(臨床)で起きている!」臨床は多面性、複雑で奥深い、その時限りの出来事がおこりうる場です。 豊富な臨床経験から培い得たものを基に技術だけでなく人と関わるという事、看護の楽しさ、判断する事の大切さを伝えたいと思います。 自分で考えチャレンジしていく姿勢で共に学び共に成長しましょう。 渡部 麻里子 職名 助手 学位 学士(福祉経営学)修士(看護学) 専門分野 看護教育学 担当科目 小児看護学実習 プロフィール 日本福祉大学医療. 福祉マネジメント学科課程終了後、愛媛大学大学院医学系研究科修士課程(基盤・実践看護学専攻)終了。 外科系看護師として臨床経験を積み、保育園看護師、高等学校看護科教員として経験を積む。 令和2年4月から現職。 所属学会 日本看護学教育学会 研究業績 ・著書 1)臨地実習経験が5年一貫看護師養成教育課程で学ぶ看護学生の「社会人基礎力」育成に及ぼす影響(2020年3月)単著 2)整形外科病棟における転倒防止の取り組み〜手作り離床センサー(転倒サセンサー)を使用して〜第22回日本臨床整形外科学会学術集会(2009年7月)共著 学生へのメッセージ 学生の時しか学べない事、楽しめない事が沢山あります。 「人間力」を高め、人との出会いを大切に1日1日過ごしましょう。 そして、一緒に学び成長していきましょう。 フェリス女学院大学音楽学部ディプロマコース修了。 桐朋学園大学音楽療法特別講座修了。 東京芸術大学大学院音楽研究科博士後期課程(古楽研究領域バロックオルガン専攻)修了。 文化庁芸術家在外派遣研修員として渡独、シュターデ・オルガンアカデミーにて研鑽。 オルガン独奏、オーケストラ・合唱との共演等、国内外で演奏活動を行なっている。 (オルガニストとしては「米沢陽子」として活動)演奏活動の一方、1998年より桜町病院聖ヨハネホスピス(小金井市)において音楽療法の実践と研究に取り組む。 日本音楽療法学会認定音楽療法士。 聖ヨハネホスピスケア研究所音楽療法担当研究員。 カトリック山手教会・目黒教会オルガニスト。 東京基督教大学神学部非常勤講師。 東京芸術大学音楽学部古楽科教育研究助手、東京純心女子大学こども文化学科准教授を経て、2015年より現職。 所属学会 日本音楽学会、日本音楽療法学会、日本死の臨床研究会、キリスト教礼拝音楽学会、日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会、音楽教育の会 社会的活動 「人生に寄り添う音楽」をテーマとしたレクチャーおよびオルガン演奏(各地の教会、研究会等)。 高齢者住宅ゆいま~る(那須・中沢・聖ヶ丘)において「いきいき音楽カフェ」を定期的に開催。 東日本大震災被災地支援のチャリティコンサートを継続的に開催。 日本終末期緩和ケア臨床音楽療法士連絡会役員、日本オルガン研究会運営委員、NPO法人「ホームホスピス武蔵野『楪』(YUZURIHA)」理事。 研究業績・ 著書 科学研究費助成金 基盤研究 C 【研究代表者】:ザムエル・シャイトの複合唱音楽『カンツィオネス・サクレ』に関する研究、課題番号15K02195 2015~17年度 『ターミナル・ステージにおける音楽療法士の役割と実践』,2006年9月,雑誌『緩和ケア』Vol. 152,日本キリスト教団出版局) 『ザムエル・シャイトの対位法と世界観』、2012年2月、『カトリック文化 カトリコス』No. 172, 日本キリスト教団出版局) CD『主を賛美せよ』(ベネディクト会三位一体修道院のオルガン)、2012年11月 学生へのメッセージ あなたにとって音楽とは何でしょう? そして人間にとって音楽とは何でしょう? なぜ音楽によって人は喜び、また慰められるのでしょう。 あなたは音楽で何を伝えたいですか? 純心での学びを通して、それを自らに問い、気づき、周囲の人々とその喜びを分かちあることができるようにと願っています。 それぞれが与えられた使命を全うできますように。

次の