ある日お姫様になってしまった件について ダイアナ。 ある日お姫様になってしまった件について13話あらすじ感想ネタバレ

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の登場キャラクターまとめ

ある日お姫様になってしまった件について ダイアナ

ある日、お姫様になってしまった件について ダイアナの好んだお茶 毎朝、クロードとティータイムを過ごすことになったアタナシア。 アタナシアも無表情のクロードに慣れたようで、不屈の意志でにこやかに話し続けます。 クロードは相変わらず無言か、一言返すか、会話のキャッチボールまでは行ってないけれど。 アタナシアもどうしたら自分が可愛く見えるかなど、いろいろ研究もしているようです。 メイドたちやフィリックスは、そんなアタナシアにメロメロのようですね。 アタナシアは、いつもケーキに蜂蜜を入れたミルクが用意されるようですが、クロードが飲んでいるお茶が気になり自分も飲んでみたいと。 大人の真似をして香りを愉しみながらお茶をいただくアーティが可愛いです。 フィリックスも微笑ましく見ています。 一口お茶を飲んだアタナシアの表情が綻びます。 「アーティの口で花が咲くみたい」と。 その言葉に驚くクロードとフィリックス。 戸惑うアタナシアに、口を開いたのはフィリックスでした。 クロードがよく飲むお茶で、ダイアナも口の中で花が咲くみたいだと言ってお気に入りだったと。 しかもこのリペ茶はダイアナの出身地域で取れる茶葉で、クロードがリペ茶を入れたのはダイアナのためだったと。 さらにフィリックスがダイアナのことを話そうとすると、クロードがそんな記憶はないと遮ります。 そしてフィリックスを下がらせてしまうのでした。 クロードはどれほどの想いをダイアナに抱いていたのかな。 ダイアナとの思い出のお茶を飲むのもやめられないし、アタナシアを側に置くこともやめられないのですよね。 でもアタナシアには、クロードが違って見えるよう。 ジェニットの母親の肖像画は手元に置いておくくせに、ダイアナのことはゆきずりでどうでもいいんだくらいに捉えたようです。 アタナシアにとってダイアナの存在とは その夜、アタナシアはお絵かきをしていました。 まず最初に書いたのは、リリー。 アタナシアにとって一番大切な人。 次に描いたのは、フィリックス。 ふたりとも嬉しそうです。 その次は、クロードとアタナシア。 とりあえず、自分の身近にいる人を順番に描いてみただけのようですが、他に描く人いないかなと考えた時にダイアナが浮かびました。 リリーにダイアナがどんな顔だったのか聞くと、フィリックスとリリーの間に一瞬沈黙が流れたあと、ダイアナの容貌についてリリーが説明してくれました。 それを聞きながらダイアナを描くアタナシア。 どんな人だったんだろう、どれほど美しかったんだろう。 そんなことを思いながら描いていたアタナシアは、ふと「私も会いたいな」と口に出してしまいます。 無意識のうちに声に出した言葉に、フィリックスとリリーは何の言葉も紡げないのでした。 アタナシアは前世の大人の女性としての記憶を持っているけれど、5歳の子供でもあるのですよね。 思考が完全に大人というわけではなく、子供と大人の記憶や思考が融合しているような気がします。 思考回路は前世の人格をひきづってる部分があるけれど、無意識のうちにやることや感情は子供だからコントロールできていないし、クロードとダイアナから受け継いだアタナシアとしての性質が優っているというか。 ただ、今回はアタナシアがダイアナを恋しくて会いたいと思ったわけではなく、どれだけ美人だったんだろうという好奇心の方が優っていると思うのですよね。 前世でも天涯孤独だったようですし、肉親への情愛というものがアタナシアの中にはあまりないように感じられます。 でも、フィリックスとリリーはアタナシアがダイアナを恋しがっているのではと思ったと思うので、アタナシアの言葉にどう答えるのか気になります。 次回の14話はこちら.

次の

ある日お姫様になってしまった件について第6話あらすじ感想ネタバレ

ある日お姫様になってしまった件について ダイアナ

悲運の王女アタナシアの皇居生存記! 天涯の孤児で薄幸な人生を生きてきたイ・・ジヘ、ある日目を覚ましたら、小説「愛しきお姫様」のアタナシア王女として目覚める。 きわどい状況の中で、賢く逆境を乗り越えていくアタナシア。 アタナシアの皇居生存期が今始まる。 5章 その父、クロード 1 第3章 あなたは誰ですか? 第4章 猫も命が九つなのに、なぜ私は一つだけなの 第4. 5章 その父、クロード 2 第5章 ロマンス小説の男の主人公はやはり一味違っていた 第6章 波乱万丈デビュタント 第6. 5章 それぞれの事情 第7章 まさかこれはグリーンライトですか? 5章 孤独な黒いオオカミ・ルーカスを触らないでください 2巻 第8章 特報! 黒い塔の魔法使いが現れた! 第9章 ちょっとだけ、さようなら 第10章 悪夢 第10. 5章 宴会の後 第11章 さようなら、お父さん 第11. 5章 その父、クロード 3 第12章 どうしても小説の中国のサブ男に会ったようです 第12. 5章 それぞれ眠れない夜 第13章 帰還 第13. 5章 そのお姫様を触れないでください 第14章 15歳の最後、そして17歳 第14. 5章 それぞれ変化する心 3巻 第15章 再び会ったサブ男、万感が交差する狩猟大会 第15. 5章 ゼニットと黒い塔の魔術師 第16章 物語のクライマックスが近づくと 第16. 5章 舞台上のマリオネット 第17章 世の中のすべての話には終わりがあるということです 第17. 5章 愛しいお姫様はどこに 第18章 美しい童話の中の主人公ではないが 外伝1 18歳でも相変わらず喧々囂々精神のない一日 外伝2 不思議の国のお姫様になりました 外伝3 ルーカス 作家後期.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」29話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について ダイアナ

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、1発クロードを殴ろうと腕を振り上げるが、食べようと隠していたチョコが袖からこぼれ落ち、クロードを直撃し失敗。 その後、正面からクロードの視線を浴びながら、彼の部屋で晩餐をとる。 今回のことは、フィリックスがクロードに人の心を取り戻してもらうために、亡きダイアナそっくりのアタナシアを使った計画だった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」13話のネタバレ ある朝、ドレスの裾を持ち上げ、とてもかわいらしく丁寧に挨拶するアタナシア。 相手は勿論クロード。 彼の後ろにいたフィリックスやメイド達は、あまりの可愛さにほんわかする。 どうしたら可愛く見えるか練習したので、自信があるアタナシアだったが、クロードは相変わらず無反応だ。 それでもめげず、彼に愛想をふりまくアタナシア。 クロードがこの前の晩餐の後から、ティータイムを午前中にしてしまったので、毎日朝の挨拶を欠かさず行っていた。 クロードは返事もせず、アタナシアを見つめるだけだが。 パパが夢にでてきて嬉しかった等、彼に媚を売りまくるアタナシア。 フンと鼻で笑い、相手にしないクロード。 これはいつものことだが、初めてその会話を聞いたメイドは驚き固まっていた。 今日は庭園の中でのお茶なので、木漏れ日の下でテーブルにつく二人。 クロードは頬杖をつき、ぼんやりとしている。 いつも睡眠不足なのだろうか。 午後に呼べばいいのに。 ふと、クロードが飲んでいる紅茶を、美味しいのか聞いてみるアタナシア。 味で楽しむものではないと言われるが、パパと同じものが飲みたいとリクエストする。 フィリックスが、姫様が飲むには香りが強すぎると言うが、同じの飲みたいと主張する。 私の心臓がどれほど強くなったのか、この大胆さに感銘して、私を殺す気持ちがなくなればいいのにと思う彼女。 クロードは飲みたいなら飲ませてやれと指示する。 早速用意してもらい、口に運ぶと、とても良い香りがした。 これ好き、アーティの口でお花が咲くみたいと、大喜びするアタナシア。 その言葉に、クロードやフィリックスが固まる。 フィリックスは、それは陛下もよく飲まれるリペ茶で、ダイアナ様も口の中で花が咲くようだと言い、お気に入りだったのだと話す。 キョトンとその言葉を聞くアタナシアは、ママとアーティは同じことを言ったのと聞き返す。 リペ茶はシオドナで採れるサンユ草が原料で、陛下がリペ茶を楽しまれたのもダイアナ様のため、二人はここでお茶をされたこともあると、フィリックスが説明を続ける。 が、そんな記憶はない、今日は無駄口が多い、下がれ、とクロードにフィリックスは追い払われた。 そんなクロードの態度に、ダイアナのことはたった一度だけの女という意味か、あの女性の肖像画は今でも持っているくせにと、アタナシアは少し嫌な気持ちになる。 クロードは、まだ茶は早い、牛乳を飲めと、彼女の言うのだった。 その後、ルビー宮でお絵かきをするアタナシア。 それを温かく見守る、リリーとフィリックス。 リリーやフィリックス、クロードを描き終えると、他に描く人はいないかなと軽い気持ちで、ダイアナはどんな人だったのかと、リリー達に聞いた。 リリーとフィリックスは動揺するが、それに気づかないアタナシアは、髪はどうだったのか、長かったのか、顔の形はと、クレヨンで描きながら次々質問した。 アタナシア様のようにとても美しかったと言われ、原作の小説にも、目を離せないほど美しかったと書かれていたことを思い出す。 天下のクロードすらダイアナを気に入った程だから、相当な美人なのだろう。 そんなことを考えながら、絵を描き続けるが、フィリックス達が異様に静かなのに気づく。 それは、つい、お母さんに会いたいなと、アタナシアが呟いたせいなのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」13話の感想 ダイアナは、アタナシアと同じゆるいウェーブがかったシルバーブロンドの髪を持つ、絶世の美女だったようです。 2話にも美しいダイアナの絵が載ってましたよね。 クロードはずっと心を奪われたままのようですね。 その娘で、ダイアナそっくりのアタナシアを見て、クロードはいつも何を考えているのでしょう。 フィリックスは、なんとかクロードの心を開こうと、アタナシアとダイアナの繋がりを強調しますが、まだクロード自身に準備ができていないのか、拒否されています。 いつかこの傷は癒えるのでしょうか。 また、アタナシアは何の気なしに興味本意で、母に会いたいと口にしますが、フィリックスとリリーが重く受け止めてしまいました。 変な雰囲気になってましたが、大丈夫でしょうか。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の