スポンジ ケーキ 保存。 スポンジの保存について教えて下さい

残ったケーキは冷凍できる?保存方法と賞味期限や期間について

スポンジ ケーキ 保存

スポンジケーキの日持ち 常温保存で3日はOKだそうです。 ただし、保存する場所があまりにも湿度が高かったり梅雨の時期だったりすると2日位が安全かな、とおっしゃってました。 作って翌日の方が味が落ち着いてしっとりするので、デコレーションする前日に焼いておいて1日経ってからデコレーションするのがオススメだそうです。 スポンジケーキの保存方法 ラップでぴっちり包んで、ジッパー等にいれて乾燥しないように保存。 理想は当日。 生のフルーツを使用している場合でも、衛生的に扱って新鮮な物を選んでいれば3、4日でも腐りはしないけどケーキ自体の味が落ちる、との事。 私も自宅用にケーキを作った場合は、フルーツを挟んでいても3日は保存しちゃいますね(笑)ただしスポンジがベチャついたりして、確かに味は落ちます。。。 レアチーズケーキの日持ち 冷蔵庫で3日ほど保存可能だそうですが、生クリームやフルーツでデコレーションした場合は2日を目安にという事でした。 2日で腐れることはないのでもっと日持ちはするそうですが、フルーツが傷んできたり、フルーツ・生クリームが水分を含むので美味しく食べるなら理想は当日、保存するならせめて2日で、だそうです。 ベイクドチーズケーキの日持ち 冷蔵庫で4日ほど保存OK。 作った当日よりも翌日か3日目の方が味が落ち着いて美味しいので、前もって焼いておくのがおススメだそうです。 乾燥すると乾いて美味しくなくなるので、密閉容器で保存してくださいねーとの事でした。 ちなみに作って2、3日後が食べ頃なんだそうです。 お店でも当日作った物を当日の賞味期限で出している、との事でしたよ。

次の

スポンジケーキの冷凍と解凍方法は?味や食感はどうなるの?

スポンジ ケーキ 保存

ケーキは基本冷凍可!ただし、生のフルーツは冷凍NG ほとんどのケーキは冷凍することができます。 ただし、生のフルーツを使ったケーキは、解凍するときにフルーツから水分が出て食感が変わってしまうため、冷凍には不向きです。 【ケーキの冷凍保存法】3〜4週間もつ! 【該当するケーキ】 ガトーショコラ、チーズケーキ、ミルクレープ、ロールケーキ、シュークリームなど。 ケーキを1切れずつラップに包んでから冷凍用保存袋に入れて冷凍する。 トッピングのあるケーキの場合は、深さのある容器を逆さにし、ふたの上にケーキをのせて、容器をかぶせて冷凍する。 POINT トッピングのあるケーキの場合は、ラップではなくケーキがすっぽり入る大きさの容器を使って。 トッピングのまわりに空間ができるので、形を崩さず、そのまま冷凍できる。 [解凍方法] 冷蔵庫に2時間置く。 [食べた感想] 冷凍前と味・食感ともにほぼ変わらない。 [解凍方法] 冷蔵庫に2時間置く。 [食べた感想] 冷凍前と味・食感ともにほぼ変わらない。 [解凍方法] 冷蔵庫に2時間置く。 [食べた感想] 冷凍前と味・食感ともにほぼ変わらない。 [解凍方法] 冷蔵庫に2時間置く。 [食べた感想] スポンジ部分が少ししっとりする。 クリーム部分は冷凍前と変わらない。 [解凍方法] 冷蔵庫に2時間置く。 [食べた感想] シュークリームの皮のふんわり感は少し失われる。 中のクリームは冷凍前と変わらない。 半解凍状態で食べるとシューアイスのような食感になる。 フルーツの入ったケーキを冷凍する場合は 生のフルーツ入りのケーキは、スポンジ・生クリームとフルーツを分ければ冷凍することができます。 分けるときは、トッピングだけでなく、スポンジの間に挟まれているフルーツも取り分けましょう。 【該当するケーキ】 いちごのショートケーキ、フルーツタルト、フルーツ入りのロールケーキ、クリスマスケーキなど。 半解凍状態でいただけば、シャーベット風のシャリシャリ食感を楽しめる。 1ヵ月保存可能。 1ヶ月保存可能。 冷凍庫から出して数分で、包丁で切って食べることができる。 生のフルーツや生クリームをトッピングすればトライフル風に。 スポンジを凍ったまま食べやすい大きさに切って、グラスに入れ、生のフルーツなどをトッピングする。 トッピングしている間にスポンジは食べごろに解凍される.

次の

スポンジケーキの冷凍と解凍方法は?味や食感はどうなるの?

スポンジ ケーキ 保存

スポンサードリンク クリスマスデコレーション用のスポンジケーキ手作りするなら前日? クリスマスケーキを家で手作りするなら、 土台作りのスポンジは前日or前々日と前もって作っておき、 デコレーションは食べる当日にするのが一番なんですよ。 どうしてだと思いますか~。 ケーキの土台作りとデコレーションを両方同じ日にやると 時間が掛かりすぎるというのも一つあります。 ただこれだけじゃないんです! 焼きあがってオーブンから取り出したスポンジは 熱々でなかなか粗熱が取れません。 そのためスポンジを冷やすのに時間が掛かるんです。 急いでいて粗熱は取れたかな~? くらいでケーキをデコレーション用にスライスしようとすると まだケーキの中心部分はあたたかく、 柔らかすぎて上手にスライスできない! スライスしたらガタガタに… なんてことにもなりかねません。 それに粗熱がとれたけど生地が生ぬるい状態で デコレーションしてしまうと せっかく頑張って生クリームを立てケーキを可愛くデコしても 生クリームが溶け出してぺちゃ~としてしまいます。 そこでおすすめなのが 生地をクリスマスなどのイベントの前日or前々日に焼いてしまうことなんです! デコレーションを綺麗に仕上げるためというのもありますよ~。 ただ実はですね、 スポンジ生地は 1日、2日置くことで 生地の真ん中あたりに閉じ込められていた水分が蒸発して 生地全体の柔らかさを均等してくれるんですよ~。 そのためスポンジもスライスしやすくなりますし、 生地もしっとりとして作ってすぐより美味しくなるんです。 時間に余裕があればですが、 焼いたケーキをより美味しくいただきたいなら 土台は当日より前日に準備しておくのがベターですよ! スポンサードリンク 手作りスポンジケーキを保存する方法 「デコレーションケーキの土台となるスポンジは前日や前々日に準備したほうがいいということはわかったけど、どうやって保存したらいいの?」 「焼いたスポンジケーキの表面が保存することでパサパサにならないか心配…」 なんて声も聞こえてきそう。 てなわけでここからは、 スポンジケーキを焼いてから保存までの工程を紹介していきますね。 まず焼き上げてオーブンから出したスポンジケーキにするのが 型ごと10~20cmの高さから台の上に落として衝撃を加えること! この作業はスポンジ内に充満している水蒸気を逃がすために必要で やり忘れて抜かしてしまうと、せっかく膨らんだスポンジケーキがしぼんでしまうという結果になってしまいます。 焼き上がりはふっくらしていたのに… なんてことにならないためにも 焼きあがったらこの工程は忘れずにやりましょう。 その後、型からスポンジケーキを取り出して網の上に置き、 濡れ布巾をかぶして保湿しながら冷ましていきます。 この時、型に敷いていた紙ははがさないでくださいね。 いくら濡れ布巾をかぶしているからとはいえ、 紙をはがしてしまうと表面が乾燥してしまうので。 しっかりとスポンジが冷えたら紙をはがして ラップを2重にしたり、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。 クリスマスなどの冬場であれば、常温保存でもOKです。 ただ冷蔵庫に保存する場合は 冷蔵庫は思っているより乾燥しているので ラップでしっかり生地を包んで置かないと せっかくの生地が冷蔵庫の外気でかたくなってしまうこともあるので 注意してくださいね。 もしケーキ作りを今後も定期的にするかも…と思うなら 保存に便利ななんてのもありますよ~。 デコレーションしたケーキを上手に保存するテク 完成したデコレーションケーキって、生クリームで可愛く飾られていて ラップをしてしまうとデコレーションが壊れてしまいそうで心配になりませんか。 私は娘の誕生日に生クリームでデコレーションしたケーキを作ったのですが、生クリームが少しラップについてしまい、少しだけですが、生クリームのデコ部分がぺちゃってなってしまいました…。 今回はそんな失敗はしたくないので、 デコレーション後の保存の仕方についても 事前に調べてみましたよ~。 家にあるものをちょっと工夫して使うだけで 簡単にケーキの保存できますからね! 知っておいて損なしです。 では紹介していきますね。 アルミホイルでも 厚紙が家にない… となればアルミホイルでも同じようにできますよ。 やり方は、アルミホイルを適当な長さに切りくしゃくしゃにして、棒をつくります。 この棒を何本か準備してケーキの周囲より大きくなるようにし、 お皿に固定してラップするだけです。 たまに100均にもアクリル製のケーキカバーに使えそうなものがあるので 100円ショップに行かれた際は、ちょっと気にかけて探してみてはどうでしょうか。 出典: ちなみに写真のケースはダイソーにあったものです。 さいごに クリスマスにデコレーションケーキをと思うと 気合も入りますよね?! そこでお菓子作りを頻繁にしない私が疑問に思った デコレーションケーキの土台のスポンジを前日に作ったときの保存の仕方や デコレーション後のラップのかけ方について紹介しました。 クリスマスにケーキを手作りするときの参考にしてもらえたら嬉しいです。 生クリームでデコレーションするときに知っておきたいコツ!についてはこちらにまとめています。 ・ ・ よかったらデコレーションケーキ作りのときに参考にしてくださいね。

次の