マイクロ ドージング。 幻覚剤をめぐる7つの俗説の真偽

腫瘍内マイクロドージング:日経バイオテクONLINE

マイクロ ドージング

同研究所は杉山雄一・東京大学大学院薬学系研究科分子薬物動態学教室教授を招聘して杉山特別研究室を設置し,薬物動態・薬効・毒性についてin vitro(試験管内)からin vivo(生体内)の予測,薬物間相互作用,個人間変動や病態時変動の予測などを可能にする統合的な創薬支援システムの確立を目指している。 (詳細は独立行政法人理化学研究所を参照)。 同社は同研究室の開設にあたって同社ほか計25社と共に資金拠出をすると同時に,同社が有するLCMSシステムと高感度分離技術を活用し,マイクロドーズ臨床試験およびカセットドーズ試験用アプリケーションシステムの開発を開始する。 そこから臨床投与量での体内動態を推定し,第I相の治験開始前に医薬品候補化合物を絞り込むことによって,医薬品開発の迅速化かつ効率化を図る。 MD臨床試験は近年,世界中で注目が高まっており,欧州,米国に続いて日本でも2008年7月に厚生労働省より「マイクロドーズ臨床試験の実施に関するガイダンス」が発出された。 さらに,一人の被験者に複数の候補化合物をほぼ同時に投与して,その中からもっとも薬物動態の優れた化合物を選択するカセットドーズ試験においても有効であるという利点がある。 カセットドーズ試験はまったく同一の条件下で複数個の候補化合物の薬物動態の比較が可能で,同一の効果を期待する化合物の中からもっとも薬物動態の優れた化合物を選択することができる。 また被験者の数を減らせるためコスト面でもメリットがある反面,候補化合物を複数投与することから,投与前の体内動態予測の精度が求められ,高度な予測モデルが必須となる。 同社は2010年9月に国産初のタンデム型質量分析計「トリプル四重極型液体クロマトグラフ質量分析計LCMS-8030」を発売するなど,試料中のごく微量成分の検出において世界最速のデータ測定スピードと高い信頼性を実現する質量分析計の開発を進めている。 同社が有するLCMSシステムと高感度分離技術を活用し,杉山特別研究室との研究を通じてカセットドージングを含むマイクロドーズ試験での微量薬物定量法を確立させることで,薬物動態分野での研究を推進する。

次の

—— LSDなどの幻覚剤、超微量薬物投与(マイクロドージング)の研究成果

マイクロ ドージング

私は患者の多くに治療の一環として大麻のマイクロドージングを進める。 大麻を少量摂っている患者は、似たような症状で高容量の大麻を摂っている患者と比べ、より良い治療結果が持続している。 ある特定の閾値がありそれより少ない用量を摂り続けると、徐々に健康効果が高まる。 CBDをはじめとした少量のカンナビノイドは、内因性カンナビノイドの産生活動を活発化させることが分かっています。 これにより、自分の身体が必要とする量の内因性カンナビノイドを産生しエンドカンナビノイド・システムの機能向上へと繋がっていくと考えられているのです。 多く摂取すればその分高い健康効果が得られるというものではありません。 二相性やコストパフォーマンスといった観点からもマイクロドージングは有効的であると考えられています。 スイートスポットやそれよりも少ない用量のCBDを摂取し続けていくことが、マイクロドージングです。 スイートスポット マイクロドージングという考え方を知るにあたって、スイートスポットという用語についても理解しておきましょう。 二相性自体は悪いものではありません。 二相性があるということを頭に入れた上で摂取量をコントロールしていくことが重要なのです。 自分にあった摂取量の見極め CBDなどの大麻製品に限らず、医薬品・薬草・サプリメント・食品においても最低限以上の用量は取るべきではありません。 身体がどのくらいの用量でどの程度の反応を起こすかについては、個人差が大きいので摂取してみなければわからないと言えるでしょう。 そのため、最初は極少量から始め、少なくとも数日~1週間は同じ用量を続けて身体の変化を見極めていく必要があります。 摂取の方法や原材料によっても作用の仕方は変わってきます。 日記やメモをとって記録をとることが推奨されます。 製品ラベルの情報を正しく読み解く 現在日本国内で販売されているCBD製品について、ラベル表記等の明確な基準は設けられていません。 そのため、製品やメーカーによって表記方法が大きく異なります。 1日あたり・1回あたりの摂取量をコントロールしていく必要があるため、製品ラベルから用量についての正しい情報を読み取ることは重要なポイントです。 エディブルやサプリメントなどは、1個あたりのCBDの量が記載されていることが多いので初めての方にも分かりやすいでしょう。 一方で、オイルやティンクチャーといった製品は日本では聞きなれない単位などが使われていることもあり用量の計算が分かりにくいものが多いです。

次の

マイクロドージングの変わりになるのが、スピリチュアルなことや自己啓発の分野だった

マイクロ ドージング

LSDのマイクロドージングというものがある。 いわゆる娯楽用の量、100マイクログラムの10分の1またはそれ以下の量を摂取することで脳が活性化され、しかしいわゆるキマった状態、会話ができなくなったりあからさまな視覚への影響がない状態で、ポジティブかつクリエイティブになり、鬱やADHDにも効果があるという。 しかもこれが今アメリカのシリコンバレーのエンジニアなどの専門職、いわゆる意識高い系の人たちにはやっているという。 マインドフルネスとか、ウェルネスとかそういう文脈で。 先日見たアムステルダムのマジックマッシュルーム ウェルネスリトリートなんかも非常にびっくりしたが、90年代や00年代前半のレイブサブカルドラッグ・カルチャーを通過した身としては、一周回ってひっくり返ってなんかすごいことになっている気分。 興味が出たので早速アマゾンでスポイト付き薬瓶を購入。 20mlのものを買った。 届いてから思ったのだが、10mlにすればよかったと思う。 自分が持っているLSDが何マイクログラムなんだか知らないのだが、100マイクログラムだと仮定してスタートする。 まぁだいたいそんなもんだろう。 1日目 9時半ころに摂取。 前日に確認したところスポイト15回分で大体20mlだったので、1回分を取るとおよそ6マイクログラムということになる。 とりあえず今日は様子見なので車で通勤するのは止めておく。 その後朝ごはんを食べる。 会社についてしばらくすると、非常に微妙になにかの変化がある気がするが、レクリーエーション時からすると全くなにもないという程度。 少しふわふわする気がする。 すこーしテンションが高い気もする。 チルアウトを聞きながら仕事に集中する。 時間が経つのが速い気がする。 集中できているのか? いつもは携帯見てサボるのも、コソコソやるイメージだけど今日はそのまま気になったら堂々と見る感じ 笑。 だけどいつもよりは少し集中できているのかもしれない。 午後には流石に感じ取れる変化は薄まるが、それでもなにかすこーし爽やかな気持ちがする気がする。 2日目 朝8時半ころ摂取。 会社で朝イチ語学コース。 少しかる~く頭痛がするかもしれない。 あとはピークまでに少しなにか感じるが、基本普通。 現在2時やはり少し頭痛がする。 3日目 今日は会社行かないし休憩。 特に普通。 だるいけどまぁこれはむしろいつもどおりである。 また来週月曜日からやってみようと思う。

次の