即 パット 入金。 馬券購入

即PATの出金処理について

即 パット 入金

ご利用ありがとうございます。 誠に申し訳ありませんが、ただいまの時間帯は、地方競馬の投票のお申込みを受け付けておりません。 投票受付時間帯にもかかわらず、この画面が表示される場合は、以下の「投票受付時間帯に、この画面が表示される場合」をお試しください。 「地方競馬ネット投票の投票受付時間」につきましては、即PAT会員の方は、A-PAT会員の方はをご覧ください。 ・Internet Explorerをお使いの方 キーボード上の[Ctrl]キーを押しながら、[F5]キーまたは、ブラウザ上の更新ボタンを押してください。 ・Safariをお使いの方 キーボード上の[Shift]キーを押しながら、ブラウザ上の再読み込みボタンを押してください。 2 インターネット一時ファイルをクリアしてください。 インターネット一時ファイルをクリアすることで、問題が解消されることがございます。 地方競馬ネット投票の発売レース等はをご覧ください。 本日の地方競馬レース情報はをご覧ください。 Copyright C Japan Racing Association.

次の

即PATの出金処理について

即 パット 入金

即PATとA-PATを比較すると、即PATの方が本当に便利? A-PATと即PATは非常によく似ていますが、口座の入金に関して大きな違いがあります。 基本的にA-PATは競馬開催日の前日までに入金を済ませなければ馬券を購入することができませんが、即PATは競馬開催日でも入金や出金を行うことができます。 競馬開催日でも入金や出金ができる即PATの方が、圧倒的に便利で使いやすいと考えてしまいがちですが、私はそうとは言い切れないと思います。 なぜならば、競馬開催日でも入金や出金ができるという便利さが、感情に揺さぶられた馬券の買い方を増長させ、結果的に競馬を楽しむのではなく、お金だけに執着した馬券の買い方になる可能性が高いからです。 「」の中でもご紹介しているとおり、競馬予想というのは、まったく馬券が当たらない回収率ゼロになる可能性をゼロにすることはできません。 つまり、あらかじめ1日の馬券購入予算をあらかじめ決めておかなければ、感情に揺さぶられ負けた金額を取り返そうと思うばかりに、より大きなお金を失う可能性があるということです。 A-PATは競馬開催日の前日までに入金を済ませなければ馬券を購入することができません。 つまり、競馬開催日の前日までにあらかじめ1日の馬券購入予算を決めておく必要があるということです。 そして、A-PAT口座にある予算をすべて使い切ってしまえば、どれだけ馬券を買いたくても、馬券を購入することはできません。 しかし、即patの場合には、競馬開催日でも入金や出金を行うことができるため、当日に馬券購入資金を補充することができます。 つまり、競馬開催日当日に馬券購入資金を補充することができることは、負け続けて熱くなっている人にとっては、A-PATの時には有効であった余計なお金を使う歯止めが効かなくなる可能性があるということです。 即PATに変えてからも、無駄なお金を使わない方法 では、即PATを使った場合にも、余計なお金を使う歯止めとなるものを考えてみた場合、入金や出金の際必要となる手数料がそれに該当すると私は考えています。 そして、即PATの手数料には、2種類あります。 ひとつは、銀行口座から競馬用即PAT口座に入金を行う際の手数料で、開催日1日あたり2回までは手数料は無料、3回目以降は、1回につき15円の手数料がかかります。 もうひとつは、ATMを利用する際の手数料で、この手数料は、どの銀行で即PAT口座を開設するかによって異なります。 即PAT口座を開設することができる銀行は、ジャパンネット銀行・楽天銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・住信SBIネット銀行の中から選ぶことができます。 即PAT口座を開設することができる銀行について、いろいろと比較検討をした結果、私はジャパンネット銀行で口座を開設することにしました。 ジャパンネット銀行を選んだ最大の理由は、中途半端なコンビニATM利用料の設定です。 ジャパンネット銀行のATM手数料は、入金、出金ともに月単位で初回が無料、2回目以降は157円(3万円未満の場合)となっています。 この無料と有料を組み合わせたコンビニATM利用料が私にとっては非常に使い勝手のよい手数料設定なのです。 私が即PAT口座でジャパンネット銀行をおすすめする理由 「」という記事を書いているとおり、私は月に使う競馬の予算の目安を2万円と決めています。 2万円という予算は、馬券が当たってもハズレても、今のところは大きく変動させるつもりはありません。 なぜならば、私にとってこのくらいの金額が、たとえすべて馬券はハズれお金を失ったとしても最も競馬予想を楽しむことができる金額だからです。 この予算はあなたの経済状況によっても異なるので、ある人は1万円かもしれませんし、別の人にとっては10万円かもしれません。 現在、私は月始めに競馬予算2万円をA-PAT口座に入金し、その後は口座に入金することはありません。 そして、月の終わりに口座残高を出金し別の目的に使う、そんなサイクルで馬券購入資金を管理しています。 現状でこのサイクルを同じように即PATで行うことを前提とした場合、手数料無料が条件になるので、対象がジャパンネット銀行と住信SBIネット銀行に絞られます。 住信SBIネット銀行は入金出金ともにいつでも何回でも手数料が無料なので、一見使い勝手がよいように感じますが、ここでポイントになるのが、余計なお金を使う歯止めが自制できるかできないかです。 通常の心理状態であれば、競馬開催日に入金するようなことはまず考えられませんが、私だって感情を持った人間です。 馬券がハズ悔しい思いをすることもあれば、欲が出て感情のままに馬券を買いたくなることがあるかもしれません。 そんな時、157円の手数料が感情を抑え、余計なお金を使う抑止力になるのではないかと考えたのです。 157円は金額としては大きな額ではありませんが、無料の手数料が有料になる心理的抵抗感はかなりのものです。 、 あと、これはキャッシュカードが届いてから気が付いたのですが、ジャパンネット銀行はワンタイムパスワードが導入されているので、他のネット銀行に比べ、セキュリティ面においても一枚上手なのも大きなメリットです。 また、口座残高が3万円以上あれば、2回目以降の手数料も無料になるので、予算に余裕のある方は手数料を気にせず利用することも可能です。 ジャパンネット銀行の口座開設は無料で行うことができます。 ただし、口座開設には時間が掛かるので(私の場合10日)即PATを利用しようと思っている方は、とりあえず口座開設だけでもしておくことをおすすめします。 即PATの利用申請は「即」行うことができますが、銀行口座の開設は「即」行うことはできませんのでご注意ください。

次の

JRA(即PAT)

即 パット 入金

出典:pakutaso 今や時代はインターネットでなんでも出来ます。 勝馬投票券の購入に関しても今や インターネット投票が主流を占めています。 昔は競馬場かWINS、少し進んで電話投票の三種類でしたが、家庭でのパソコンの普及や携帯電話の一般化に伴い、JRAはパソコンや携帯電話を使ったインターネット投票の普及に力を入れました。 それが A-PATと呼ばれ、都市銀行や地方銀行 JRAが指定した銀行のみ口座開設が可能 にA-PAT専用口座を開設し、発行されるIDやお客様番号等を入力することでパソコンや携帯電話、プッシュホンで勝馬投票券を購入するシステムなのです。 このA-PATが主要銀行のインターネットバンキング インターネットで口座への振り込み等が出来るシステム の普及に伴い進化したのが 即パットです。 ですから 即パットはA-PATで出来なかった事が出来るようになりました。 A-PATと即パットの違い 入会までにかかる時間 まずはPATシステムへの入会時間の短縮です。 A-PATは使用開始まで2ヶ月程度必要 専用の口座を作るA-PATでは口座を作るのに 2ヶ月程度掛かり、その間は当然、勝馬投票券は買えません。 即PATは登録完了後すぐに馬券購入可能 これに対して 即パットは入会者がJRAの指定銀行に口座を持っている場合、 簡単な手続きをするだけで手続き終了後直ぐに勝馬投票券購入ができます。 入出金の制限 A-PATはレース前日から終了の翌日まで口座がロックされる またA-PATでは 競馬開催日前日に口座がロック 入出金などが出来なくなる されるため、入金額を全て使いきってしまうと追加で入金することは出来ません。 高額な勝馬投票券が的中してもロックが解除される 通常は競馬開催終了の翌日 までは出金することは出来ません。 即パットは競馬開催中でも入出金可能 これに対して 即パットは競馬開催中でも自由に口座の出し入れなどが出来ます。 勝馬投票券購入資金が不足し、銀行に残高がなくても、ATM等から口座に 入金すればそのままそれを購入資金に当てることが出来ます。 また的中馬券の払い戻しも、コンビニなどで簡単に出金することが出来ます。 地方競馬の馬券購入 もう1つの利点は 地方競馬の勝馬投票券が簡単に買えると言う点です。 A-PATでは、月曜日のみ購入可能 勿論、A-PATでも買えるのですが、口座が続けてロックされている祝日の月曜日等しか買えません。 即パットではいつでも購入可能 これに対して即パットは いつでも地方競馬開催日に勝馬投票券を買うことが出来ます。 近年盛んに行われている交流重賞は水曜日の夜 南関東競馬は平日ナイター競馬開催 に行われる事が多く、A-PATはこれには対応していません。 A-PATが唯一、即パットより優れている点 このようにみれば当然A-PATの進化した形として登場した即パットの方が便利なのですが、唯一A-PATが優れている点があります。 それは 購入資金を追加出来ないと言う点です。 それって不便じゃないと思われるかも知れませんが、競馬がギャンブルであると言う点を考えれば、逆説的な事が成り立ちます。 それは 競馬に熱くなりすぎて敗けが込んで来ても資金を追加出来ない、すなわち口座残高が無くなれば強制終了になると言うことです。 敗けが込んで取り戻そうとして次々に資金を追加して傷口を広げると言う事が無くなります。 どちらにせよ競馬は自分の使える資金の中で無理なく遊ぶことが大切です。 勝っても負けても楽しく遊ぶ、それがギャンブルの最低限のルールです。 忘れないでくださいね。 即パットの申し込み方法 即パットは、 「ジャパンネット銀行」、「楽天銀行」、「三井住友銀行」、「三菱東京UFJ銀行」、「住信SBIネット銀行」、「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っていれば、即日加入でき、加入したその日から馬券を買うことができます。 もし上記の口座を持っていない人には、 楽天銀行をおすすめします。

次の