日産 nv100 クリッパー リオ。 「NV100クリッパー」、「NV100クリッパー リオ」の一部仕様向上を発表

NV100クリッパーリオの中古車|日産公式中古車検索サイト

日産 nv100 クリッパー リオ

- 三菱自動車と日産自動車の共同プレスリリースでミニキャブのOEM供給に合意した事を発表し 、新型軽商用車の名称を「クリッパー」に決定したと発表した。 2003年 - クリッパートラックと共に公式発表(同年10月6日販売開始)。 グレード体系は「SD(ミニキャブバン「CS」相当)」・「DX(同「CD」相当)」・「GL(同「CL」相当)」の3グレードを設定するが、ミニキャブバンに設定されている「CS 2シーター」の設定はない。 社内型式はVMA0型だが、正式な車両型式は三菱流のU71V型である。 なお、エンブレム類の変更程度でミニキャブバンと大きな変更はない。 10月20日 - クリッパートラックと共に一部改良。 併せて、助手席SRSエアバッグシステムと頭部衝撃緩衝材付アシストグリップ(運転席側)を標準装備し、フロント周りの車体補強などを行ったことで衝突安全性を高めた。 12月21日 - クリッパートラックと共にマイナーチェンジ。 フロントグリルを日産流の「ウインググリル」に変更してミニキャブバンと差別化したほか、液晶式トリップメーターを追加。 さらに、ヘッドランプレベライザーを標準装備し、2006年1月から実施される灯火器(改正)技術基準に適合した。 12月21日 - クリッパートラックと共に一部改良。 助手席側にサイドアンダーミラーを標準装備したほか、速度計表示の精度向上を図ったことで保安基準に適合した。 また、CDプレーヤーやカラードサイドミラーを装備した「エクストラパック」を追加した。 6月14日 - クリッパーリオを発売。 クリッパーバンをベースとした5ナンバーのワンボックスワゴン。 バン、トラックと同様、からのOEM供給モデルであり、ベース車両はである。 専用ダークスモークメッキフロントグリルの採用により、ベース車両との差別化を図っていた。 12月21日 - クリッパートラック・クリッパーリオと共に一部改良。 液晶トリップメーターはA・Bの2区間対応式となった。 また、全車にリアを標準装備し、「GL」はリアシート地をファブリックに変更した。 - クリッパートラック・クリッパーリオと共に一部改良。 道路運送車両の保安基準及び協定規則への対応のため、スライドドアセンターレールの端末エッジ部、フロントフェンダー、リアアンダーミラーの形状を変更し、ドリップチャンネル前後端開口部の縮小を行った。 - クリッパートラック・クリッパーリオと共に一部改良し、特別仕様車「DX Black-Limited(ミニキャブバン「黒バン」相当)」を発表(1月14日販売開始)。 特別仕様車「DX Black-Limited」は、「DX」のハイルーフ3AT車をベースに、ボディカラーを専用塗装の「ブラック」に変更したほか、フロントグリルとヘッドランプインナーパネルをメッキ化した。 2010年 - クリッパートラック・クリッパーリオと共に一部改良。 エンジンのを低減し、燃費を向上。 また、一部グレードでシート生地を変更して質感を向上し、「DX」のハイルーフ車と「GL」には、「ナイトバイオレット・パール(オプションカラー)」を追加した。 - トラックと共にマイナーチェンジを行い、車名を「NV100クリッパー」に改名。 フロントデザインやシート地が変更され、カップホルダー付フロアコンソールボックスの容積を大型化し、ヘッドレストは強度を高めて高さを変更し、シートベルト・シートベルトバックルの取り付け位置を変更した。 また、リアデザインも一新し、ハイマウントストップランプをLED化。 新色としてチタニウムグレーメタリックを追加した。 尚、乗用モデルのはベース車のタウンボックスの生産終了により、廃止された。 2012年 - ミニキャブバンの一部改良に合わせて一部改良(仕様変更扱い)。 シート生地の変更により質感を向上。 燃費に対応した。 - 生産終了。 - 2代目と入れ替わる形で販売終了。 L式 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,790 - 1,875mm 2,400mm 車両重量 880 - 980kg 姉妹車 (5代目) (4代目) 三菱・ミニキャブバン(7代目)• 8月29日 - OEM元である三菱自動車の軽商用車(ただし電気軽商用車の「ミニキャブMiEV」は除く)市場の撤退表明に伴い、同年末からより、のOEMを受け、次期型を販売することが発表された。 2013年12月3日 - NT100クリッパーと共に初のフルモデルチェンジ。 なお、社内型式はVZA0型だが、車両型式はスズキ式のDR64V型となった。 グレード体系は初代・後期型のグレード体系を踏襲し、「DX」・「GX(エブリイ「JOIN」相当)」・「GXターボ(同「JOINターボ」相当)」の3グレードが用意される。 また、ハイルーフ仕様には、プライバシーガラス、リモートコントロールエントリーシステム、パワーウィンドウ、ファブリックシート地、カーアラームをひとまとめにした「GLパッケージ(エブリイ「PC」相当)」が新たに設定された。 「GXターボ」は4AT車のみの設定である(エブリイ「JOINターボ」では5MT車の設定もある)。 最小回転半径を4. 1mとしたことで扱いやすさや小回りの良さを実現し、ステップ高を前席は355mm、後席は375mmとし、運転席・助手席に乗降グリップを備えたことで乗降がしやすくなり、インストシフトノブを採用したことで前席間のウォークスルーが可能となった。 積載能力に関してもなら9枚積載可能な積載量を確保するほか、助手席を前に倒すことで長尺物も積載できる助手席前倒し機構を採用。 「GX」系には分割可倒式リアシートも採用し、長尺物積載時でもリアシートに1名乗車できる。 また、カーアラームが新たに装備され、「GX」系にはリアヒーターとシートアームレストも装備された。 ターボエンジンは最大トルクを9N・m(0. 9kgf・m)向上した。 なお、外観はエンブレム類を変更した程度で大きな変更はなく、カラーバリエーションもエブリイと同一である(「ブルーイッシュブラックパール」は「DX GLパッケージ」及び「GX」系に設定)。 なお、スズキはすでに向けにの車種名でOEM供給を行っているため、同車の販売時点で3兄弟車種となったがにミニキャブもエブリイのOEMに切り替わったことから4兄弟車種となった。 2月 に生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 OEM元のエブリイがフルモデルチェンジし、同月にNV100クリッパーもフルモデルチェンジが発表されたため、2代目NV100クリッパーの販売期間は1年3ヶ月間であった。 3月 - 3代目と入れ替わって販売終了。 L 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,800 - 1,895mm 2,400mm 車両重量 840 - 950kg 250 - 350kg 姉妹車 スズキ・エブリイ(6代目) マツダ・スクラムバン(5代目) 三菱・ミニキャブバン(8代目)• - NV100クリッパーリオと共にフルモデルチェンジを発表(3月3日販売開始)。 エンジンを3代目と2代目NT100クリッパーに搭載されているR06A型(「GXターボ」は同エンジンのインタークーラーターボ仕様)に置換し、低中速トルクを増したことで加速性能や登坂性能を高め、ボディの要所に板や超高張力鋼板を効果的に使用することで、衝突安全性や耐久性を高めながら車両全体を軽量化した。 NA車には2代目の3速ATに替わり、5速MTをベースにクラッチ操作とシフト操作を自動化した「AGS」を採用した(OEM車にAGSを採用したのは初)。 荷室長(2名乗車時)・荷室高・荷室幅(4名乗車時)がそれぞれ拡大し、スライドドアやバックドアの開口部も拡大したほか、ユーザー自身で荷室のアレンジができるラゲッジユーティリティナットを採用し、「DX GLパッケージ」・「GX」・「GXターボ」には手元に置く書籍や箱を収納できるオーバーヘッドシェルフを標準装備した。 - 一部仕様向上並びに特別仕様車「DX エマージェンシーブレーキパッケージ(エブリイ「PAリミテッド レーダーブレーキサポート装着車」相当)」、「DX GLエマージェンシーブレーキパッケージ(同「PCリミテッド レーダーブレーキサポート装着車」相当)」を発表(「DX エマージェンシーブレーキパッケージ」は同日より販売開始、「DX GLエマージェンシーブレーキパッケージ」は3月10日販売開始)。 - 一部改良。 「DX」系グレードに設定の5AGS車において2速発進モードを標準装備。 また、「GX」は従来設定されていた5AGSを「GXターボ」と同じ4ATに変更した(NAエンジン仕様のAT車の設定は3代目へのフルモデルチェンジに伴う廃止以来、2年3ヶ月ぶりとなる。 なお、OEM元のエブリイ「JOIN」は5AGS車が引き続き設定されている)。 - 一部改良。 併せて、が扱う福祉車両「」の新ラインナップとして、乗用モデルのNV100クリッパー リオに先行設定されていた「チェアキャブ」を6月に発売することも発表された (「チェアキャブ」はエブリイ「車いす移動車」に相当、4ATのみの設定となる)。 - NV100クリッパーリオと共に一部仕様向上。 一部グレードに装備の衝突被害軽減ブレーキが夜間を含む歩行者にも検知可能なステレオカメラ方式となって「インテリジェント エマージェンシーブレーキ(エブリイでの「デュアルカメラブレーキサポート」に相当)」に強化され、「踏み間違い衝突防止アシスト」はエンジン出力を抑制する前進時に加え、ブレーキ制御(エブリイでの「後退時ブレーキサポート」に相当)により後退時にも対応した。 併せて、LDW()、インテリジェント DA(ふらつき警報)、先行車発進お知らせ、ハイビームアシスト、オートライトシステムなどが装備された。 また、「DX エマージェンシーブレーキパッケージ」と「DX GL エマージェンシーブレーキパッケージ」はグレード名称を「DX セーフティパッケージ」と「DX GL セーフティパッケージ」に変更するとともに、「DX(標準ルーフ)」・「DX GLパッケージ」・「DX GL セーフティパッケージ」はトランスミッションを5AGSから4ATに変更された(「DX GLパッケージ」に設定の5MTは継続設定)。 「DX(ハイルーフ)」と「DX セーフティパッケージ」にはオーバーヘッドシェルフが新たに装備された。 なお、2018年6月にエブリイの一部グレードに追加設定された「ノクターンブルーパール」、「クールカーキパールメタリック 」、「ムーンライトバイオレットパール」の3色はNV100クリッパーには設定されず、従来通り3色展開となる。 車名の由来 [ ]• 「クリッパー」は、もともと旧が1月に発売した小型・中型トラック()で使用されていた車名。 クリッパーは「駿馬、俊足を誇る」の意味。 初代・後期型以降に用いられているNVとは、「日産( Nissan)のバン( Van)」、100は「1,000 kg クラス」を意味する。 その他 [ ] ミニキャブ同様、バンのボディを後ろから4分の1程カットしてトラックと4名乗車できるスペースを兼ね備えたダブルキャブがあるが、元祖と言えるとはミニキャブと合わせても販売台数にかなり差がある。 ちなみに、「ダブルキャブ」はのクルーキャブにつけられていた名前である。 脚注 [ ]• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2013年9月16日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2004年10月20日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2005年12月21日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2006年12月21日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2007年6月14日(2018年5月15日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2007年12月21日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2008年12月22日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2010年1月8日(2015年2月25日閲覧)• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2010年8月17日• - 日産自動車株式会社 ニュースリリース 2012年1月25日• リクルート株式会社 2020年1月18日. 2020年1月18日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月18日. 2020年1月18日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2015年2月24日 , 2015年2月24日閲覧。 及び同様、歩行者への検知機能はなかった(なお、デイズ・デイズルークス共に2018年5月の一部改良により歩行者への検知機能を備えた「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」へ強化されている)• プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2016年2月12日 , 2016年2月12日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2017年5月24日 , 2017年5月24日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2018年4月9日 , 2018年4月9日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2017年5月24日 , 2017年5月24日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年6月24日 , 2019年6月24日閲覧。 乗用モデルのNV100クリッパーリオには設定 関連項目 [ ]• - 初代のOEM供給元。 - 2代目のNV100クリッパーのOEM供給元。 かつては競合車種だった。 - 2代目の姉妹車。 かつては競合車種だった。 - 車名を継承。 - 軽トラック版の姉妹車• - NV100クリッパーの乗用モデル 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

日産 NV100クリッパーリオ 2015年式モデルの価格・カタログ情報

日産 nv100 クリッパー リオ

詳細条件• ディーラー車• 左ハンドル ミッション/駆動系/乗車人数• マニュアル MT• 8名 エンジン種別• ハイブリッド• ディーゼル オプション• サンルーフ• 革シート• 全周囲カメラ• DVDナビ• CDナビ• アダプティブクルーズコントロール• 3列シート• 電動リアゲート• パークアシスト• ボディタイプ• 価格帯• 5万円以下• 10万円以下• 15万円以下• 20万円以下• 25万円以下• 30万円以下• 35万円以下• 40万円以下• 200万円~250万円 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

日産:ライフケアビークル(福祉車両)|NV100クリッパー リオ チェアキャブ

日産 nv100 クリッパー リオ

ニッサン NV100クリッパーリオ 新車 値引きの相場と限界額 【2020年2月更新】 NV100クリッパーリオの購入を考えているなら、まず、一番最初にやるべきことは、 NV100クリッパーリオの値引き額の相場を知り、あなたが目指す値引きの限界額を決めることです。 新車の値引き交渉は、何よりも事前の情報収集が大きな鍵を握ります。 まずは、 NV100クリッパーリオの値引き額の相場、限界額を調べ値引き交渉にはいりましょう。 至急知りたい、最新の値引き額の相場と限界額の情報 新車の値引き交渉をする前に、 ゴール(目標額)を決める必要があります。 まずは、NV100クリッパーリオの値引き額の相場と限界額をしらべましょう。 値引き額は相手ディラーの都合や購入する時期などで変動はしますが、現在の相場金額を確認した上で、あなたが目指す値引き額を決めて下さい。 目安としては、値引き額の相場と限界額の中間以上を ゴール(目標額)としてみてはいかかでしょうか。 また、すでに NV100クリッパーリオの値引き交渉をおこなっている方もいると思います。 そんな方は、「 今、セールスマンが提示している値引き額が妥当か?」、「 もしかしたら、まだ、値引き交渉ができるのではないか?」と気になりますよね。 NV100クリッパーリオの最新値引き額を知りたいあなたの為、こちらでは、毎月、 最新の値引き情報を掲載しています。 値引き情報の推移を見れば、セールスマンの提示した金額が妥当か?あといくらぐらいなら値引き交渉できるか? 参考になると思います。 まずは、最新の値引き額を確認して下さい。 ニッサン NV100クリッパーリオの値引き金額について、車両本体価格の値引き目標額の月別推移表です。 2020年2月 最新 ニッサン NV100クリッパーリオ 新車の値引き目標額と限界額 車両本体目標値引き額 18.0万円 平均目標値引き額(装備付属品込) 18.1万円 限界値引き額(装備付属品込) 25.0万円 納期 1~2か月 車両本体価格の値引き目標額18. 0万円、平均目標値引き額(装備付属品込)18. 1万円、値引き合計額が装備付属品込で 25. 0万を超えたら限界値引き額に到達したとみていいでしょう。 『月刊自家用車』値引きの神様 松本隆一氏のコメント 私の愛読書「」に掲載されている、値引きの神様「松本隆一」氏のNV100クリッパーリの値引きについてのコメントです。 毎月、更新していますので、値引き交渉の参考にして下さい。 攻略のコツはアトレーとの競合。 兄弟車の争いに持ち込む場合はエブリィを中心に「四つ巴」の争いをあおっていくこと。 軽自動車ながら下手なコンパクトカーも顔負けの大幅な値引きが期待できる。 上級グレードに付属品をたっぷり付けて購入するなら25万円以上を狙いたい。 引用元: 一部改良したアトレーを先行させて「ダイハツはここまで安くなった」などと揺さぶりをかけると効果的。 四兄弟を競合させるのもいい。 とくにNV100が攻めやすく、値引きも緩くなる傾向があらわれている。 合格ラインは 付属品の値引きを含めて20万円。 引用元: 決め手はエブリイ。 これを中心に捉えて兄弟車同士の争いに持ち込むと効果的だ。 他社でアトレーに強く反応。 軽自動車ながら値引きは大きい。 合格ラインは付属品の値引きを含めて20万円。 上級グレードに付属品をたっぷりつけて購入するなら25万円以上を狙いたい。 引用元: ニッサン NV100クリッパーリオ ライバル車と競合 テクニックとコツ 値引きの最大テクニックは「他車との競合」です。 それぞれの競合について、NV100クリッパーリオの競合相手、交渉テクニックとコツを紹介します。 あなたの条件にあった車をピックアップしてそれぞれのディーラーと交渉して値引き条件を引き出し、本命のNV100クリッパーリオの交渉にぶつけるのです。 この際、「 どの車にするか迷っている。 」をアピールして下さい。 重要なのはNV100クリッパーリオが欲しいという事をセールスマンに悟られないことです。 「どうせ最後はうちで買うんでしょう」と足元を見られ、値引きが進まない恐れがあります。 あくまで「 条件があう車を検討している。 」という姿勢で交渉にあたって下さい。 ニッサン(NISSAN)NV100クリッパーリオのライバル車は、ダイハツの「アトレーワゴン」です。 ダイハツ(DAIHATSU) アトレーワゴン ダイハツ(DAIHATSU) アトレーワゴン 値引き目標額 車両本体目標値引き額 15. 0万円 平均目標値引き額(装備付属品込) 16. 8万円 限界値引き額 (装備付属品込) 20. ニッサン「NV100クリッパーリオ」の姉妹車は、スズキ「エブリイワゴン」、マツダ「スクラムワゴン」、ミツビシ「タウンボックス」です。 スズキ(SUZUKI) エブリィワゴン スズキ(SUZUKI) エブリィワゴン 値引き目標額 車両本体目標値引き額 18. 0万円 平均目標値引き額(装備付属品込) 18. 1万円 限界値引き額 (装備付属品込) 25. 0万円 マツダ(MATSUDA) スクラムワゴン スクラムワゴン 値引き目標額 車両本体目標値引き額 18. 0万円 平均目標値引き額(装備付属品込) 18. 1万円 限界値引き額 (装備付属品込) 25. 0万円 ミツビシ(MITSUBISHI) タウンボックス レミツビシ(MITSUBISHI) タウンボックス 値引き目標額 車両本体目標値引き額 18. 0万円 平均目標値引き額(装備付属品込) 18. 1万円 限界値引き額 (装備付属品込) 25. 「 経営資本が異なる」とは、同じ販売会社でも経営者が違うということです。 判断基準は名前が一文字でも違っていれば経営者が異なります。 「埼玉日産自動車」、「群馬日産自動車」は経営者が異なるということです。 トヨタの場合、「トヨタ店」、「ネッツ店」など複数の販売チャンネルを持ち、それぞれ取扱車種が異なりますが、ニッサンの場合は販売チャンネルは一つなので、どの店舗でも全車種取り扱っています。 近隣県に「日産自動車」があれば、それぞれの販売店で競合させる事ができます。 ニッサン(NISSAN) NV100クリッパーリオ ニッサン(NISSAN) NV100クリッパーリオ 値引き目標額 車両本体目標値引き額 18. 0万円 平均目標値引き額(装備付属品込) 18. 1万円 限界値引き額 (装備付属品込) 25. 0万円 ニッサン NV100クリッパーリオ 新車の値引き金額をトータルで最大限に引きだすコツは 新車の値引きで重要なことは、「 車両本体価格からの値引き」と「 下取り車の値引き(下取り価格のアップ)」です。 「車両本体価格からの値引き」については、このサイトの値引き限界額を参考に交渉してもらえれば、必ず満足いく値引き額を獲得できると思います。 もう一つ忘れてはいけないのは「下取り車の値引き(下取り価格のアップ)」です。 下取り車がある場合、ディーラーへ下取りを出す前に「買取業者」で査定をおこなって下さい。 ディーラーの下取り価格と買取業者の買取金額では、 10万円以上の差が出ることはザラにあります。 いくら時間をかけて値引き交渉して数万円の値引きを勝ち取っとても、下取り金額で10万円以上も損したのではせっかくの努力が水の泡です。 オススメは、複数の買取業者に査定を依頼できる一括査定です。 あたなの愛車を1円でも高く売りたいなら、 一括査定の買取金額とディーラーの下取り価格の比較は必ずおこなって下さい。 オススメ!愛車の相場が一秒でわかる「簡単車査定ガイド」 ニッサン NV100クリッパーリオ 値引き交渉 生レポート ニッサン「NV100クリッパーリオ」値引き交渉の 生レポート情報です。 値引き交渉のポイント、 獲得した値引き金額、 競合させた車種などを公開しています。 ニッサン「NV100クリッパーリオ」の新車を購入する際には、こちらの交渉術を参考に 値引きの限界額を獲得して下さい。 値引きに関する実例は、私の愛読書「」から引用しています。 この程度では、当然、満足はできない。 スズキと競合していることや下取り車は買取専門店への売却も考えているなどで揺さぶりをかけた。 最後の落とし文句は「 支払い総額が80万円を切れば、車検を通さず購入する。 駄目なら車検を通す」。 回答は80万円ジャストだったが、LEDヘッドライトとベースキャリアが無料サービスとなったので契約した。 最終的な条件は車両本体から値引き 23万7540円、付属品(13万8024円)から値引き 4万円、下取りは 58万円となった。 「 月末最終契約神話」は生きていました。 たとえ付き合いのある営業マンであっても、攻めるところはせめて、譲るところは譲るでいかなければ駄目だと思いました。 値引き交渉のポイント 割引率は驚異の17. 「条件が悪ければ車検を通す!」とはっきり伝えた事が決め手となっています。 また、下取り車を含めた支払総額で交渉したことが良かったと思います。 このように、下取り車は の査定額と比較して上手に交渉するようにして下さい。

次の