フィギアスケート。 羽生 結弦 プロフィール

フィギュアスケート速報

フィギアスケート

カウンターってなんだ? カウンターからの3Aのあれ? 違います。 これですね。 いつからか、付いたコレ。 ある程度のスケオタくらいになると、想像がつくのですが、 あまり試合を見た事のない人になると、今、選手が何をやったか、という事が解りやすいですよね。 あとは、どのくらいの点数が付くものなのか、基準となります。 最近は私も成長したのか、ジャンプはほぼ、見分けられるようになりました。 ただ、ロッカーとか、ブラケットはいまいちわかりません。 ネイサンがロッカーをよく使っているので、そのうちわかるようになるかも。 スリーターンとカウンターはなんとなく、わかるようになったかな。 という事で、詳しい人な… やはりわれらがネイサンは、考えていたのですね。 ここのところ、コロナ禍以外に、黒人人種差別問題が噴出していて、 秋の大統領選にもかなりの影響を及ぼすと思われる。 この時期に、あまりインスタがアップされていない原因は 1. 単純に氷に乗れていない 2. ただ、これは簡単に口に出せる問題ではないですね。 特にネイサンは、チャイニーズアメリカンですから。 このブログでもちょいちょい出している事ですが、ネイサンは移民の両親を持っている 中国系アメリカ人。 もちろん苦労されて、ちゃんとアメリカ国籍も取られています。 本当に大変だ… 第30回ロンドンオリンピック(Games of the XXX Olympiad、LONDON 2012 Olympic Games、LONDON 2012)は、2012年7月27日から8月12日まで、イギリスの首都ロンドンで開催される予定の夏季オリンピック。 2005年7月6日、シンガポールで開かれたIOC総会で、パリ、ロンドン、ニューヨーク、モスクワ、マドリードの5候補都市の中から開催地を決定する選挙が行われた。 1回目の投票で最も得票数の少なかったモスクワが脱落、2回目の投票ではニューヨークが、3回目ではマドリードが、それぞれ最低得票のため脱落、残るパリとロンドンの決選投票となった。 結局、決選投票でロンドンが、大本命と目されていたパリを破り、1948年第14回夏季大会以来、同市およびイギリスでは64年ぶりとなる夏季オリンピック開催が決定した。

次の

フィギュアスケート特集

フィギアスケート

開催日時は日本時間 スペシャルコンテンツ• 紀平梨平が初の全日本女王に。 2位は樋口新葉、3位には川畑和愛が逆転の表彰台入り スマホ推奨• 1人で滑る最後の舞台は全日本選手権。 栄光の軌跡を振り返りました スマホ推奨• 羽生結弦とネーサン・チェン。 フィギュアスケートの頂点をかけ、グランプリファイナルの舞台でぶつかる スマホ推奨• 今季コーチ不在、ひとりで試合に挑み始めた宇野昌磨。 21歳にとっては過酷な試練だった スマホ推奨• トルソワ、シェルバコワ、コストルナヤ。 4回転ジャンプで魅了する10代のストーリー スマホ推奨• 今季も熱い戦いが続くフィギュアスケート。 印象的な言葉と写真で紡ぐ羽生結弦のストーリーです スマホ推奨• 「氷上の演舞」に臨むフィギュアスケーターたちに、今季の抱負を聞きました。 フィギュア界最高のスター、羽生結弦。 強さの源泉と内面に迫る• 五輪連覇をめざす羽生結弦。 幼少期からの軌跡と、支える人々の物語• 浅田真央選手を育てた佐藤信夫さんが独自の視点で解説• 演技の決まりや採点内訳など、フィギュアスケートのそもそもを解説• 花形である6種類のジャンプをアニメーションで解説• 紀平梨平が初の全日本女王に。 2位は樋口新葉、3位には川畑和愛が逆転の表彰台入り スマホ推奨• 1人で滑る最後の舞台は全日本選手権。 栄光の軌跡を振り返りました スマホ推奨• 羽生結弦とネーサン・チェン。 フィギュアスケートの頂点をかけ、グランプリファイナルの舞台でぶつかる スマホ推奨• 今季コーチ不在、ひとりで試合に挑み始めた宇野昌磨。 21歳にとっては過酷な試練だった スマホ推奨• トルソワ、シェルバコワ、コストルナヤ。 4回転ジャンプで魅了する10代のストーリー スマホ推奨• 今季も熱い戦いが続くフィギュアスケート。 印象的な言葉と写真で紡ぐ羽生結弦のストーリーです スマホ推奨• 「氷上の演舞」に臨むフィギュアスケーターたちに、今季の抱負を聞きました。 フィギュア界最高のスター、羽生結弦。 強さの源泉と内面に迫る• 五輪連覇をめざす羽生結弦。 幼少期からの軌跡と、支える人々の物語• 浅田真央選手を育てた佐藤信夫さんが独自の視点で解説• 演技の決まりや採点内訳など、フィギュアスケートのそもそもを解説• 花形である6種類のジャンプをアニメーションで解説.

次の

フィギュアスケート速報

フィギアスケート

羽生 結弦 ハニュウ ユヅル 日本 出身地 宮城県 所属 ANA 生年月日 1994年12月7日 身長 172. 0cm 成績 18年平昌五輪優勝、14年ソチ五輪優勝 19年世界選手権2位 17年・14年世界選手権優勝 15年・14年・13年・12年全日本選手権優勝 16年・15年・14年・13年GPファイナル優勝 10年世界ジュニア選手権優勝 09年・08年全日本ジュニア選手権優勝 09年ジュニアGPファイナル優勝 コーチ ブライアン・オーサー、トレイシー・ウィルソン、ジスラン・ブリアン 自己ベスト 322. 59(19年スケートカナダ) SP自己ベスト 111. 82(20年四大陸選手権) FS自己ベスト 212. 99(19年スケートカナダ) 今季のプログラム SP=バラード第1番(振付:ジェフリー・バトル) FS=SEIMEI(振付:シェイリーン・ボーン) 大会名 総合得点 SP得点 FS得点 2019-20 四大陸選手権 299. 42 (1位) 111. 82 (1位) 187. 60 (1位) 2019-20 全日本選手権 282. 77 (2位) 110. 72 (1位) 172. 05 (3位) 2019-20 GPファイナル 291. 43 (2位) 97. 43 (2位) 194. 00 (2位) 2019-20 NHK杯 305. 05 (1位) 109. 34 (1位) 195. 71 (1位) 2019-20 スケートカナダ 322. 59 (1位) 109. 60 (1位) 212. 99 (1位) 2018-19 世界選手権 300. 97 (2位) 94. 87 (3位) 206. 10 (2位) 2018-19 ロシア杯 278. 42 (1位) 110. 53 (1位) 167. 89 (1位) 2018-19 フィンランド大会 297. 12 (1位) 106. 69 (1位) 190. 43 (1位) 2017-18 平昌五輪 317. 85 (1位) 111. 68 (1位) 206. 17 (2位) 2017-18 ロシア杯 290. 77 (2位) 94. 85 (2位) 195. 92 (1位) 2016-17 国別対抗戦 - 83. 51 (7位) 200. 49 (1位) 2016-17 世界選手権 321. 59 (1位) 98. 39 (5位) 223. 20 (1位) 2016-17 四大陸選手権 303. 71 (2位) 97. 04 (3位) 206. 67 (1位) 2016-17 GPファイナル 293. 90 (1位) 106. 53 (1位) 187. 37 (3位) 2016-17 NHK杯 301. 47 (1位) 103. 89 (1位) 197. 58 (1位) 2016-17 スケートカナダ 263. 06 (2位) 79. 65 (4位) 183. 41 (1位) 2015-16 世界選手権 295. 17 (2位) 110. 56 (1位) 184. 61 (2位) 2015-16 全日本選手権 286. 36 (1位) 102. 63 (1位) 183. 73 (1位) 2015-16 GPファイナル 330. 43 (1位) 110. 95 (1位) 219. 48 (1位) 2015-16 NHK杯 322. 40 (1位) 106. 33 (1位) 216. 07 (1位) 2015-16 スケートカナダ 259. 54 (2位) 73. 25 (6位) 186. 29 (2位) 2014-15 国別対抗戦 - 96. 27 (1位) 192. 31 (1位) 2014-15 世界選手権 271. 08 (2位) 95. 20 (1位) 175. 88 (3位) 2014-15 全日本選手権 286. 86 (1位) 94. 36 (1位) 192. 50 (1位) 2014-15 GPファイナル 288. 16 (1位) 94. 08 (1位) 194. 08 (1位) 2014-15 NHK杯 229. 80 (4位) 78. 01 (5位) 151. 79 (3位) 2014-15 中国杯 237. 55 (2位) 82. 95 (2位) 154. 60 (2位) 2013-14 世界選手権 282. 59 (1位) 91. 24 (3位) 191. 35 (1位) 2013-14 ソチ五輪 280. 09 (1位) 101. 45 (1位) 178. 64 (1位) 2013-14 ソチ五輪団体戦 - 97. 98 (1位) - 2013-14 全日本選手権 297. 80 (1位) 103. 10 (1位) 194. 70 (1位) 2013-14 GPファイナル 293. 25 (1位) 99. 84 (1位) 193. 41 (1位) 2013-14 フランス杯 263. 59 (2位) 95. 37 (2位) 168. 22 (2位) 2013-14 スケートカナダ 234. 80 (2位) 80. 40 (3位) 154. 40 (2位) 2012-13 世界選手権 244. 99 (4位) 75. 94 (9位) 169. 05 (3位) 2012-13 四大陸選手権 246. 38 (2位) 87. 65 (1位) 158. 73 (3位) 2012-13 全日本選手権 285. 23 (1位) 97. 68 (1位) 187. 55 (2位) 2012-13 GPファイナル 264. 29 (2位) 87. 17 (3位) 177. 12 (2位) 2012-13 NHK杯 261. 03 (1位) 95. 32 (1位) 165. 71 (1位) 2012-13 スケートアメリカ 243. 74 (2位) 95. 07 (1位) 148. 67 (3位) 2011-12 世界選手権 251. 06 (3位) 77. 07 (7位) 173. 99 (2位) 2011-12 全日本選手権 241. 91 (3位) 74. 32 (4位) 167. 59 (1位) 2011-12 GPファイナル 245. 82 (4位) 79. 33 (4位) 166. 49 (3位) 2011-12 ロシア杯 241. 66 (1位) 82. 78 (2位) 158. 88 (2位) 2010-11 四大陸選手権 228. 01 (2位) 76. 43 (3位) 151. 58 (3位) 2010-11 全日本選手権 220. 06 (4位) 78. 94 (2位) 141. 12 (4位) 2010-11 ロシア杯 202. 66 (7位) 70. 24 (6位) 132. 42 (6位) 2010-11 NHK杯 207. 72 (4位) 69. 31 (5位) 138.

次の