オズモ ポケット。 小型ジンバルカメラ「Osmo Pocket」レビュー、毎日持ち歩いても苦にならない新ジャンルのカメラ

Osmo Pocket (オズモ ポケット)とは?ジンバル搭載の小型カメラ。

オズモ ポケット

リンク コンパクトなサイズで持ち運びしやすいのと、手振れ補正のジンバル機能が付いてるのが魅力なんですよね。 値段が高かったんですが、身軽に旅行に行って撮影したかったので思いきって買っちゃいました。 ただね、初期不良でした泣。 映像は良いんです。 滑りがあっていいんですけど、ただ音声が雑音入りまくってました。 もしかしたら風の影響かと思って、部屋の中で撮ったんですけど、それでも雑音がかなり入っていて声が聞き取れませんでした。 僕なんか初期不良多いんですよ泣。 今回は、DJI OSMO POCKET(オズモポケット)の初期不良が発覚してから、新しいDJI OSMO POCKET(オズモポケット)に交換してもらうまでの経緯と、購入する際の注意点を紹介したいと思います。 DJI OSMO POCKET(オズモポケット)の問い合わせは3種類 初期不良が分かってから、すぐにサポートセンターに問い合わせてみました。 DJI OSMO POCKE(オズモポケット)の問い合わせ方法は、• メール• オンラインサポート(チャット)• 電話 の3通りあります。 最初はオンラインサポート(チャット)で問い合わせたんですが、何回かやりとりしてメールの方が良いと言われてメールでやりとりをしました。 DJI OSMO POCKET(オズモポケット)に雑音が入るときの対策方法 そこで言われた雑音が入るときの対策方法が、以下の4つです。 SDカードをフォーマット(初期化)する• 別のSDカードを使ってみる• 推奨されているSDカードを使っているか確認する• ファームウェアを更新する SDカードのスペックによって音声が正常に録音できない場合があるそうです。 【推奨 SD カード】次の microSD カードの使用が推奨されているそうです。 から転記。 Samsung EVO Plus 32GB UHS-1 MicroSDHC• Samsung Pro 64GB UHS-3 MicroSDXC• Samsung Pro Endurance 64GB UHS-1 MicroSDXC• Samsung Evo Plus 64GB UHS-3 MicroSDXC• Sandisk Extreme Plus 128GB V30 A1 UHS-3 MicroSDXC• Sandisk Extreme Pro 64GB V30 A1 UHS-3 MicroSDXC• Lexar 633X 32GB UHS-1 MicroSDHC• なので交換してもらうことにしました。 そして無事新しいDJI OSMO POCKET(オズモポケット)が手に入ったというわけです。 新しいDJI OSMO POCKET(オズモポケット)で撮った動画がこちらです。 映像も音も綺麗でしたね。 ただ画角は狭いですね。 自撮りの時は手を結構伸ばさないと背景まで写りませんでした。 まあそれでも無事に撮れて良かったです。 一安心です。 DJI OSMO POCKET(オズモポケット)のサポートセンターの対応について DJI OSMO POCKET(オズモポケット)のサポートセンターの対応についてなんですけど、中国の会社なので連絡する前は不安でしたね。 返事が来なかったらどうしようとか、本当にちゃんと対応してくれるのか不安でした。 ただ対応はすごく良かったです。 チャットの場合はすぐに返信が来ましたし、おそらく日本人の方だと思うんですけど、言葉遣いも丁寧でした。 メールの場合も、問い合わせして翌日には返事が来ました。 朝メールで問い合わせすると当日の夜には返事が来たので、これは安心しましたね。 初期不良を発見してから、2週間くらいで新品も届きました。 サポートセンターの対応は思っていたよりも良かったです。 DJI OSMO POCKET(オズモポケット)を購入する際の注意点3つ 最後にDJI OSMO POCKET(オズモポケット)を購入する際の注意点を3つ紹介しておきます 1. 旅行に行く予定がある場合は早めに購入しておくこと 僕はなぜかモノを買った時に初期不良なことが多いんですよ。 なんで、DJI OSMO POCKET(オズモポケット)を買ったときも、もしかしたら初期不良があるかもしれないと思って、旅行の一ヶ月半前に購入しました。 まさに読みが当たったわけです。 良いのか悪いのかわからないですけれども。 おかげで旅行にDJI OSMO POCKET(オズモポケット)をもって行けるようになった。 もしこれが、旅行の前日とかに一週間前に買ってたらもう持っていけないですからね。 なので、もし旅行に行くって決めた場合は、初期不良が起こるかもしれないので、前もって早めに購入しておくのがおすすめです。 箱や同梱物は捨てずに取っておくこと 初期不良対応を受ける場合は、DJI OSMO POCKET(オズモポケット)本体はもちろん、箱とか説明書とか、全ての同梱物が必要になります。 最初箱が見つからなくて、念のため箱なしでもいいか聞いてみたら、その場合は通常の修理対応になると言われました。 その後すぐ見つかったんで大丈夫だったんですけど。 なのできちんと動くか確認するまでは、箱とか中身は全部取っておくようにしましょう。 サポートセンター(チャット)に問い合わせた場合はスクショやコピペで内容を保存しておくこと これは初期不良や不具合が出たときの対策なんですけど、サポートセンターにチャットで問い合わせた場合、やりとりが終わると内容が消えちゃうんですよね。 こちら側には履歴が残らない仕組みになってるんで、覚えておきたいことがある時は、退出前にスクリーンショットやコピー&ペーストをして保存しておくと安心です。 向こう側には履歴が残るので、もしコピペするのを忘れた場合は、チャットで問い合わせた内容をメールで送ってもらえます。 まとめ 色々大変でしたが、無事新品のDJI OSMO POCKET(オズモポケット)を手に入れられて良かったです。 初期不良や返品などの詳細については、公式サイトの「」に書かれているので、事前に読んでおくと安心です。 外で手軽に撮影したい時は、DJI OSMO POCKET(オズモポケット)を使って行こうと思ってます^^.

次の

小型ジンバルカメラ「Osmo Pocket」レビュー、毎日持ち歩いても苦にならない新ジャンルのカメラ

オズモ ポケット

INDEX• オズモポケット(DJI OSMO POCKET)とは? 「 オズモポケット(OSMO POCKET)」は、ジンバルいらずの手ブレに強い超軽量小型4Kアクションカメラとして、DJIが送り出した最新スタイルのミニ動画カメラです。 これまで アクションカメラといえば 、GoProフラッグシップ最新モデル一択でしたが、2019年からはDJIのアクションカメラも候補になります。 コンパクトでかわいい「オズモポケット」ですが、注目されている理由や機能をみてみます。 ちなみに、 ジンバル Gimbal とは「スタビライザー」ともよばれる「手振れ防止システム・ブレ軽減装置」のことです。 これまでは、スマートフォンやGoPro、一眼レフカメラをジンバルにセットして、手持ち時のブレを減らしていましたが、重くて手軽さに欠ける点がデメリットでした。 もちろんGoPro最上位モデルも、同等の手ブレ補正と滑らかさをもっているので、シチュエーションによってブレ方は変わるでしょう。 ロードバイクの高速巡航の際でも、オズモポケットのスタビライザー(手ブレ補正効果)がかなり効いていているのがわかります。 2-3動画編集も簡単 スマホアプリ「DJI Mimo」を使えば、誰でも簡単にとった動画をプロ並みにオシャレに音楽をつけて編集ができてしまいます。 アタッチメントでスマートフォンと接続すれば、 周りの人とその場で一緒に楽しむことができ、TwitterやインスタのSNSにもすぐシェアできます。 2-4. 静止画の高画質写真撮影もできる 「モーションラプス」や「ナイトショット」で 夜間も綺麗に撮影できるオズモポケット。 オズモポケットはGoPro HERO BLACKより、価格が安い・バッテリー持ち(撮影時間)が長い・手持ち時の手ブレ補正力・自撮りがしやすい・アクティブトラック機能、が主なメリット。 そして、 連続撮影可能時間もGoProより長い140分と、こまめに撮影するロードバイクの自転車動画やVLogには嬉しいメリットです。 3-1. DJI OSMO POCKETとGoProのスペック比較 アクションカメラ DJI OSMO POCKET GoPro HERO7 Black 商品画像 サイズ 縦12. 8 cm 横6. 2 x 縦4. 4 x 幅 3. 0 F2. ロードバイクに使う場合は、 車体よりも身体やヘルメットにマウントすると綺麗に手ブレ補正がかかるようです。 オズモポケットは、スポーツをしない女性でも何気ない瞬間を気軽に撮影できるので、 GoProよりも使い道は広く、「一石二鳥」の汎用性があります。 とりあえず、持ってるだけで面白いのがオズモポケットのよいところ。 子供やペットの撮影も、今後はビデオカメラよりアクションカメラになっていくのかもしれませんね。 ARGON18(アルゴン18)• ANCHOR(アンカー)• BIANCHI(ビアンキ)• BMC• BOARDMAN(ボードマン)• BOMA(ボーマ)• CANYON(キャニオン)• CANNONDALE(キャノンデール)• CENTURION(センチュリオン)• CERVELO(サーヴェロ)• CHINELLI(チネリ)• COLNAGO(コルナゴ)• CORRATEC(コラテック)• CUBE(キューブ)• DIAMONDBACK(ダイアモンドバック)• DE ROSA(デ・ローザ)• EDDYMERCKX(エディメルクス)• FELT(フェルト)• FOCUS(フォーカス)• FUJI(フジ)• GARNEAU(ガノー)• GIOS(ジオス)• GT(ジーティー)• JAMlS(ジェイミス)• KESTREL(ケストレル)• KHODAA BLOOM(コーダブルーム)• KOGA(コガ)• KUOTA(クォータ)• LAPIERRE(ラピエール)• LOOK(ルック)• LOUISGARNEAU(ルイガノ)• MARIN(マリン)• MASI(マジィ)• MERIDA(メリダ)• NEILPRYDE(ニールプライド)• ORBEA(オルベア)• PANASONIC(パナソニック)• ASAHI(あさひ)• PINARELLO(ピナレロ)• RALEIGH(ラレー)• RHIDLEY(リドレー)• GIANT(ジャイアント)• SCOTT(スコット)• SPECIALIZED(スペシャライズド)• TIME(タイム)• TREK(トレック)• YONEX(ヨネックス)• WILIER(ウィリエール)• その他• CARRERA(カレラ)• GUERCHOTTI(グエルチョッティ).

次の

awards.dramadesk.org: 【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ): カメラ

オズモ ポケット

DJI OSMO Pocketにおすすめのアクセサリー アクセサリーにも種類があるから、カテゴリーごとにわけておこと思います。 OSMO Pocketの充電が無いとき役立つアクセサリー• OSMO Pocketと一緒にスマホを保持できるホルダー• 充電スタンドにもなる三脚アダプター• 地面に置きたくないからミニ三脚• 動画をなめらかにするNDフィルター• 1が、充電しながら使うためのバッテリーですね。 単体でも2時間ちょっと撮影できるけど、旅行先なんかで使いたいならバッテリーは必須ですよ! オズモポケットは四角いから、単体でもテーブルなんかに置けるけど、一眼ジンバルを使っているみとしてはミニ三脚も付けたい。 他にも自撮り棒や防水ケースなんかもあるみたいだけど、正直なとこ水の中では使わないだろうし、自撮りなんかもすることがない… 充電しつつも小さすぎるオズモポケットを便利に使えるものを探していました。 下記のYoutubeを見るとわかるんですが、グリップがそのまま充電器になっている。 オズモの電池持ちは、アクションカメラのGopro比較で2倍程度の140分です。 半日も使っていたら、間違いなく電池切れする。 「電池切れしたらモバイルバッテリーから充電しながら使えばいいじゃん?」 グリップ兼用のバッテリーなら、じゃまにならないメリットがあるからおすすめ。 こういった延長コード付きの延長ロッド(OSMO Pocketの自撮り棒)を使えば、普段見ることができない視点から撮影したり、友人や家族と一緒に自分が映ることもできますよ! OSMO Pocketと一緒にスマホを保持できるホルダー 延長ハンドルがあれば「正直いらないんじゃね?」といったご意見はもっともですw しかし、スマホと連携して使う場合には、とても便利! いくつか候補があったんだけど、おそらく PGY TECHのホルダーか、Woohotのホルダーがコンパクトでいいと思います。 せっかく小さいオズモポケットなんだから、iPhoneホルダーも小さい方が良いに決まってる! PGYTECHの方は2種類あるけど、DJI公式サイトで扱っているホルダーのほうが便利そうなんですよね。 ただ、 日本では未発売なのが痛いところ… 地面に置きたくないからミニ三脚 安定して地面に置こうと思ったら、 ミニ三脚は必須なんですよね。 ジンバルカメラはこわれやすいから、クネクネ動く部分が地面に触れないように置かないとダメですからね。 スタビライザーのジンバルカメラは、「ペイロード」というカメラを持ち上げるための重量が設定されています。 その ペーロードを超えて力が加わると壊れてしまうこともあるんです。 「オズモポケットは四角いからそのまま置ける」 といったことは重々承知してます。 ですが、 倒れてしまったら繊細なジンバルが故障することもある。 ドローンのジンバルカメラもそうなんですが、 移動中はジンバルプロテクターを使うんです。 オズモポケットをテーブルなどに 置く場合は、専用のケースもしくはジンバルカバーを使ってくださいね。

次の