膀胱 炎熱。 夜尿不全是膀胱的錯 小心跟這些疾病有關│TVBS新聞網

急性膀胱炎・腎盂腎炎

膀胱 炎熱

排尿症状を伴う発熱がある 排尿症状を伴う発熱がある 排尿症状(頻尿、排尿痛、残尿感など)を伴う発熱をきたしたときには、腎臓や前立腺または精巣上体などに細菌感染をきたしている可能性があります。 特に糖尿病、尿路結石、前立腺肥大症など、尿路感染を起こしやすい疾患がもともとある場合には重症化しやすく、ときには命に関わる場合もあります。 排尿症状を伴う発熱を認めた場合には、できるだけ早く泌尿器科専門医を受診してください。 女性の場合 腎盂腎炎とは 女性では尿道長が短い、膣に細菌が定着しやすいなどの原因で、直腸常在である大腸菌などの細菌が尿道口から侵入しやすいため、男性に比べて尿路感染症が起こりやすいとされています。 細菌が尿道から膀胱へ侵入することにより膀胱炎が起こりますが、さらに細菌が尿管をさかのぼって腎臓まで達することで腎盂腎炎が起こります。 腎盂腎炎の症状 頻尿、排尿痛、残尿感、下腹部痛など膀胱炎症状に加え(自覚しない場合もあります)、発熱、全身倦怠感、腎周囲の腰背部痛などの症状が認められます。 悪心、嘔吐などの消化器症状を認めることもあります。 腎盂腎炎の治療 比較的全身状態が良好な軽症例では、経口抗菌薬による外来治療が可能です。 しかし、食欲不振、脱水、全身倦怠感などが強い重症例では、入院のうえ点滴による治療が必要です。 解熱して全身状態が改善すれば、退院して経口抗菌薬による外来治療を継続します。 男性の場合 前立腺炎とは 男性では直腸常在である大腸菌などの細菌が前立腺に侵入して炎症を起こすことがあります。 男性が腎盂腎炎になることはまれで、排尿症状を伴う発熱を認める場合には、急性細菌性前立腺炎である可能性が高いと考えられます。 前立腺炎の症状 発熱、全身倦怠感などの全身症状と、排尿痛、頻尿、尿意切迫感、排尿困難、下腹部痛、会陰部痛などの排尿症状をきたします。 腫大した前立腺のために排尿困難や尿閉(膀胱に充満している尿を排尿できない状態)をきたすこともあります。 前立腺炎の治療 比較的全身状態が良好で軽症例では、経口抗菌薬による外来治療が可能です。 しかし、食欲不振、脱水、全身倦怠感などが強いような重症例では、入院のうえ点滴による治療が必要です。 解熱して全身状態が改善すれば、退院して経口抗菌薬による外来治療を継続します。

次の

天氣炎熱 小心泌尿道感染!

膀胱 炎熱

排尿時に不快な感じがあったり、排尿の後がしみるような痛みを感じたりする。 また、尿の回数が多くなるなど…。 このような症状があったら、多くの人が、まず「膀胱炎」を疑います。 男性より女性の方が、「膀胱炎」にかかりやすいようです。 では、「膀胱炎」とはどんな病気でしょうか? 「膀胱」は、内面がやわらかい粘膜の袋で、尿を溜めるところです。 その膀胱が炎症を起こすのが「膀胱炎」で、外部から大腸菌などの腸内細菌が、尿道をさかのぼって膀胱の中に雑菌が入り増殖することにより引き起こされる病気です。 膀胱炎を引き起こす腸内細菌は、大腸・直腸に棲んでいる菌ですので、肛門やその周囲には必ずいるものです。 女性の場合は、肛門からまず膣に細菌が棲みつき、そこから、尿道、膀胱、腎孟へと侵入していきます。 膀胱炎は、女性にとって大変ポピュラーな病気です。 <膀胱炎の種類にはどんなものがありますか?> 〈単純性膀胱炎〉 単純性膀胱炎は、機能的・形態的に尿路に異常のない人の膀胱炎です。 単純性膀胱炎は、女性では尿意を我慢したり、冷えや月経が原因で起きることがあります。 また妊娠や便秘、性交渉などが誘因となって起こります。 単純性膀胱炎の症状には、頻尿や残尿感などです。 〈複雑性膀胱炎〉 複雑性膀胱炎は、尿路に尿停滞、異物、持続的細菌源、あるいは全身的抵抗力の低下などの基礎疾患を有する慢性膀胱炎です。 複雑性膀胱炎は、これら基礎疾患を除去しなければ感染症は治癒しないことが多いといわれています。 また、複雑性膀胱炎には、しばしば複数菌感染がみられます。 〈間質性膀胱炎〉 間質性膀胱炎は、何らかの原因で膀胱の粘膜の内側の層に炎症が起き、筋肉が萎縮する病気です。 通常、膀胱には200〜400mlの尿が溜まると尿意を覚えますが、この間質性膀胱炎になると膀胱が膨らまないため、100ml以下で一杯になります。 そして、尿が溜まると下腹部が激しく痛み、トイレに行く回数がとても多くなります。 間質性膀胱炎の診断は、膀胱鏡で膀胱の内部を観察することが必要になります。 〈嚢胞性膀胱炎〉 嚢胞性膀胱炎は、膀胱粘膜に袋状の病変が発生します。 〈真菌性膀胱炎〉 真菌性膀胱炎は、真菌 かび の感染によって膀胱が炎症を起こすものです。 <膀胱炎になるとどんな症状が出ますか?> 【膀胱炎の症状について】 〈頻尿〉 尿意を催しトイレに行く回数が増加します。 症状の強い時は、10分前後の間隔でトイレに行くことも少なくありません。 1回で出る尿の量は少なくなります。 排尿後もまだ残ってる感じ(残尿感)もあることが多いです。 〈排尿痛〉 炎症を起こした膀胱が、排尿により急激に縮まり刺激されるために排尿痛があります。 排尿の途中よりも、排尿の後半または終了後に痛む事が多いようです。 下腹部や尿道口の痛みとなります。 〈尿混濁〉 膀胱炎になると、細菌が尿の中で増殖し、白血球や炎症を起こした膀胱の粘膜がはがれたりして尿が白濁します。 尿に膿のようなドロッとしたものが混在します。 臭いもきつくなることが多いようです。 〈血尿〉 細菌に膀胱粘膜が傷つけられて、目で見て分かるほどの血尿が出ることもあります。 血尿は、出始めから出終りまで同じ濃さではなく、膀胱がからっぽになる最後に強くなる、排尿終末時血尿のことがほとんどです。 「膀胱炎の症状」には、このような排尿痛・残尿感・下腹部痛・頻尿・尿混濁・血尿などがあります。 これらの症状があっても病院に行かないで我慢していると、排尿しないときにも下腹部が痛むようになってしまいます。 膀胱炎では通常、熱は出ませんが、熱が出たり、腰痛があったりする場合は、細菌が腎臓の腎孟まで炎症が広がり、腎孟腎炎になっている恐れがあります。 <膀胱炎の治療はどのようなものがあるのでしょうか?> 急性膀胱炎(細菌性)では、水分を十分に摂取して尿量を増すことにより、症状が緩和されます。 でも、膀胱炎には過度のアルコール(ビールやワイン)の摂取はひかえましょう! 最もおすすめの膀胱炎の治療は、抗生物質の力を借りることです。 膀胱炎の原因となっている菌を死滅させる抗生物質を服用すれば、三日以内で症状はとれてきます。 膀胱炎は膀胱内壁の細菌繁殖とそれによる炎症なので、まずは大腸菌など膀胱内部で繁殖している細菌を死滅させる事が肝要です。 抗生物質は膀胱炎治療には効果が大変高く、通常は飲み始めてから遅くとも一週間以内には嘘のように膀胱炎が治まります。 <膀胱炎の原因には何がありますか?> 急性膀胱炎の原因としては、大腸菌やぶどう球菌などの細菌が膀胱粘膜に感染して起こるものが最も多いです。 女性は男性に比べると尿道がたった3〜5cmと短く(男性の尿道は14〜18cm)、細菌のいる膣や肛門と尿道との距離が近いことなどから膀胱炎を起こしやすいといわれています。 膀胱は本来、細菌に対する抵抗力・免疫力を持っていますが、病気や無理なダイエット、過労で体力が落ち、抵抗力が弱くなった場合に感染しやすくなります。 また、ストレスがたまっているときや、不潔なセックスをすると膀胱炎にかかりやすくなります。 さらに、月経の前後にきわめて雑菌が感染しやすく、膀胱炎が起こりやすくなります。 その他、摂取した薬剤や食物による刺激などの物理化学的刺激が原因となるものや、膀胱の粘膜にアレルギー反応が起こることが原因となる膀胱炎があります。 〈トイレを我慢しない〉 水分を多めにとって、なるべくトイレに行き、尿と一緒に菌を外に出すようにしましよう。 〈身体の抵抗力・免疫カを落とさない〉 ストレスや過労、過激なダイエットは避けましょう。 〈陰部を清潔に〉 生理用ナプキンやおりものシートは、3時間以内に変えて清潔な状態を保ちましょう。 排便後には多少なりとも肛門とその周囲には大腸菌が付着しています。 日頃から「前から後ろへ」拭くように心掛けて菌が尿道に入らないようにしましょう。 また便秘気味の人も膀胱炎になりやすいと言われますので、長期便秘にならないように気をつけましょう。 〈性行為後はトイレヘ〉 性行為中は細菌が尿道に侵入しやすい状況で、万一入っても排尿すると菌も一緒に流れます。 同時に、陰部を軽くシャワーなどで洗い流していただくと更に膀胱炎の予防に効果的です。 「膀胱炎かな?」と思ったら、早めに病院に行くことが大切です。 どうしてもすぐに受診できないという人は、温かい飲み物をたくさん飲んで、1時間おきぐらいにトイレに行き、膀胱を洗うようにしましょう。 また、腰を冷やさないようにし、しっかり休養して体力を落とさない事も大切です。 女性の場合、ホルモンの低下や冷えによって、膀胱炎を繰り返してしまうことが多いので、漢方薬の治療を希望する人もいます。 漢方薬局などで相談してみて下さい。 膀胱炎に関連する食べ物.

次の

膀胱炎:発熱する理由

膀胱 炎熱

排尿時に不快な感じがあったり、排尿の後がしみるような痛みを感じたりする。 また、尿の回数が多くなるなど…。 このような症状があったら、多くの人が、まず「膀胱炎」を疑います。 男性より女性の方が、「膀胱炎」にかかりやすいようです。 では、「膀胱炎」とはどんな病気でしょうか? 「膀胱」は、内面がやわらかい粘膜の袋で、尿を溜めるところです。 その膀胱が炎症を起こすのが「膀胱炎」で、外部から大腸菌などの腸内細菌が、尿道をさかのぼって膀胱の中に雑菌が入り増殖することにより引き起こされる病気です。 膀胱炎を引き起こす腸内細菌は、大腸・直腸に棲んでいる菌ですので、肛門やその周囲には必ずいるものです。 女性の場合は、肛門からまず膣に細菌が棲みつき、そこから、尿道、膀胱、腎孟へと侵入していきます。 膀胱炎は、女性にとって大変ポピュラーな病気です。 <膀胱炎の種類にはどんなものがありますか?> 〈単純性膀胱炎〉 単純性膀胱炎は、機能的・形態的に尿路に異常のない人の膀胱炎です。 単純性膀胱炎は、女性では尿意を我慢したり、冷えや月経が原因で起きることがあります。 また妊娠や便秘、性交渉などが誘因となって起こります。 単純性膀胱炎の症状には、頻尿や残尿感などです。 〈複雑性膀胱炎〉 複雑性膀胱炎は、尿路に尿停滞、異物、持続的細菌源、あるいは全身的抵抗力の低下などの基礎疾患を有する慢性膀胱炎です。 複雑性膀胱炎は、これら基礎疾患を除去しなければ感染症は治癒しないことが多いといわれています。 また、複雑性膀胱炎には、しばしば複数菌感染がみられます。 〈間質性膀胱炎〉 間質性膀胱炎は、何らかの原因で膀胱の粘膜の内側の層に炎症が起き、筋肉が萎縮する病気です。 通常、膀胱には200〜400mlの尿が溜まると尿意を覚えますが、この間質性膀胱炎になると膀胱が膨らまないため、100ml以下で一杯になります。 そして、尿が溜まると下腹部が激しく痛み、トイレに行く回数がとても多くなります。 間質性膀胱炎の診断は、膀胱鏡で膀胱の内部を観察することが必要になります。 〈嚢胞性膀胱炎〉 嚢胞性膀胱炎は、膀胱粘膜に袋状の病変が発生します。 〈真菌性膀胱炎〉 真菌性膀胱炎は、真菌 かび の感染によって膀胱が炎症を起こすものです。 <膀胱炎になるとどんな症状が出ますか?> 【膀胱炎の症状について】 〈頻尿〉 尿意を催しトイレに行く回数が増加します。 症状の強い時は、10分前後の間隔でトイレに行くことも少なくありません。 1回で出る尿の量は少なくなります。 排尿後もまだ残ってる感じ(残尿感)もあることが多いです。 〈排尿痛〉 炎症を起こした膀胱が、排尿により急激に縮まり刺激されるために排尿痛があります。 排尿の途中よりも、排尿の後半または終了後に痛む事が多いようです。 下腹部や尿道口の痛みとなります。 〈尿混濁〉 膀胱炎になると、細菌が尿の中で増殖し、白血球や炎症を起こした膀胱の粘膜がはがれたりして尿が白濁します。 尿に膿のようなドロッとしたものが混在します。 臭いもきつくなることが多いようです。 〈血尿〉 細菌に膀胱粘膜が傷つけられて、目で見て分かるほどの血尿が出ることもあります。 血尿は、出始めから出終りまで同じ濃さではなく、膀胱がからっぽになる最後に強くなる、排尿終末時血尿のことがほとんどです。 「膀胱炎の症状」には、このような排尿痛・残尿感・下腹部痛・頻尿・尿混濁・血尿などがあります。 これらの症状があっても病院に行かないで我慢していると、排尿しないときにも下腹部が痛むようになってしまいます。 膀胱炎では通常、熱は出ませんが、熱が出たり、腰痛があったりする場合は、細菌が腎臓の腎孟まで炎症が広がり、腎孟腎炎になっている恐れがあります。 <膀胱炎の治療はどのようなものがあるのでしょうか?> 急性膀胱炎(細菌性)では、水分を十分に摂取して尿量を増すことにより、症状が緩和されます。 でも、膀胱炎には過度のアルコール(ビールやワイン)の摂取はひかえましょう! 最もおすすめの膀胱炎の治療は、抗生物質の力を借りることです。 膀胱炎の原因となっている菌を死滅させる抗生物質を服用すれば、三日以内で症状はとれてきます。 膀胱炎は膀胱内壁の細菌繁殖とそれによる炎症なので、まずは大腸菌など膀胱内部で繁殖している細菌を死滅させる事が肝要です。 抗生物質は膀胱炎治療には効果が大変高く、通常は飲み始めてから遅くとも一週間以内には嘘のように膀胱炎が治まります。 <膀胱炎の原因には何がありますか?> 急性膀胱炎の原因としては、大腸菌やぶどう球菌などの細菌が膀胱粘膜に感染して起こるものが最も多いです。 女性は男性に比べると尿道がたった3〜5cmと短く(男性の尿道は14〜18cm)、細菌のいる膣や肛門と尿道との距離が近いことなどから膀胱炎を起こしやすいといわれています。 膀胱は本来、細菌に対する抵抗力・免疫力を持っていますが、病気や無理なダイエット、過労で体力が落ち、抵抗力が弱くなった場合に感染しやすくなります。 また、ストレスがたまっているときや、不潔なセックスをすると膀胱炎にかかりやすくなります。 さらに、月経の前後にきわめて雑菌が感染しやすく、膀胱炎が起こりやすくなります。 その他、摂取した薬剤や食物による刺激などの物理化学的刺激が原因となるものや、膀胱の粘膜にアレルギー反応が起こることが原因となる膀胱炎があります。 〈トイレを我慢しない〉 水分を多めにとって、なるべくトイレに行き、尿と一緒に菌を外に出すようにしましよう。 〈身体の抵抗力・免疫カを落とさない〉 ストレスや過労、過激なダイエットは避けましょう。 〈陰部を清潔に〉 生理用ナプキンやおりものシートは、3時間以内に変えて清潔な状態を保ちましょう。 排便後には多少なりとも肛門とその周囲には大腸菌が付着しています。 日頃から「前から後ろへ」拭くように心掛けて菌が尿道に入らないようにしましょう。 また便秘気味の人も膀胱炎になりやすいと言われますので、長期便秘にならないように気をつけましょう。 〈性行為後はトイレヘ〉 性行為中は細菌が尿道に侵入しやすい状況で、万一入っても排尿すると菌も一緒に流れます。 同時に、陰部を軽くシャワーなどで洗い流していただくと更に膀胱炎の予防に効果的です。 「膀胱炎かな?」と思ったら、早めに病院に行くことが大切です。 どうしてもすぐに受診できないという人は、温かい飲み物をたくさん飲んで、1時間おきぐらいにトイレに行き、膀胱を洗うようにしましょう。 また、腰を冷やさないようにし、しっかり休養して体力を落とさない事も大切です。 女性の場合、ホルモンの低下や冷えによって、膀胱炎を繰り返してしまうことが多いので、漢方薬の治療を希望する人もいます。 漢方薬局などで相談してみて下さい。 膀胱炎に関連する食べ物.

次の