そして バトン は 渡 され た 読書 感想 文。 そしてバトンは渡された(瀬尾まいこ)のあらすじのネタバレ!映画化は?名言もチェック!

【書評・感想】瀬尾まいこさんの「そして、バトンは渡された」が本屋大賞、その内容は?

そして バトン は 渡 され た 読書 感想 文

だが、彼女はいつも愛されていた。 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。 2019年本屋大賞作品です。 一言でいうと主人公優子さんの成長記録ですね。 親が点々と変わると聞くと「かわいそう」と思いがちですが 主人公優子さんは、転々と変わっていく親に愛されて育っていきます。 優子さんの親になった人は、自分より優子さんファーストって感じ。 実の親以上に愛されて育って成長していく。 でも、実の親だったら子供に対して言いたいことは言うと思うし 子供だって親に反抗したくなることもあるて思う。 そういう場面はほとんどない。 優子が淡泊すぎるというか、1歩外から物事をみている性格なのか 諦めが早いのかわからないけど、淡々とした内容でした。

次の

熊太郎の旅と映画と読書感想文:そしてバトンはわたされた 瀬尾まいこ

そして バトン は 渡 され た 読書 感想 文

そして、バトンは渡された/瀬尾まいこのあらすじと読書感想文(ネタバレ) 2019年11月24日 参照回数: そして、バトンは渡されたのあらすじ(ネタバレ) 森宮優子には3人の父親と2人の母親がいる。 現在、優子は3人目の父親である森宮と一緒に暮らしている。 一見すると複雑で大変そうな家庭に思われるが、優子はそれぞれの父親と母親からしっかりと愛情を注いでもらったので、周りの意見など気にせず元気に暮らしている。 優子の生みの母親は優子が物心つく前に事故で亡くなり、優子は実の父親である水戸秀平に小学生まで育てられた。 優子が小学校2年の頃、水戸が明るい性格で可愛らしい田中梨花という女性と再婚することになった。 優子もすぐに梨花のことが好きになり3人で暮らすことになる。 しかし、優子が小学校4年の頃、水戸がブラジルに転勤することになった。 その頃、水戸と梨花は再婚時よりも関係が悪くなっており、水戸の転勤を機に離婚することになった。 優子はどちらについていくのか悩んだが、日本に友達がいるということもあり、梨花に引き取られることになった。 離婚した梨花は、優子を女手一つで育てはじめる。 しかし、梨花には浪費癖があり、お金を貯めることができずに2人は細々と暮らしていた。 それでも優子は幸せであったが、小学校6年の頃、周りの友達に影響されて、ピアノを習いたいと梨花にお願いをした。 梨花は普段わがままなどを言わない優子の願いということもあって、卒業のお祝いとしてピアノをプレゼントすると約束をした。 楽しみにしていた優子だったが、梨花から急に引っ越しをすると言われて、豪邸に連れていかれた。 その家で優子は、梨花から泉ヶ原という男性を紹介される。 泉ヶ原はお金持ちで梨花よりもだいぶ年上であったが、優しい男性だった。 実は梨花は泉ヶ原とすでに籍を入れており、優子はこの家で暮らすことになったのだった。 家には大きなピアノが置いてあった。 こうして、優子に2人目の父親ができた。 しかし、しばらくすると、梨花はお金に困らない何不自由のない生活を窮屈に感じるようになり、家に帰らないようになってしまった。 そして、優子が中学を卒業するタイミングで、梨花は森宮という男性と結婚をすると報告をしてきた。 梨花は泉ヶ原に別れを告げ、泉ヶ原もあっさりと了承した。 選択権が与えられないまま、こうして、優子に森宮という3人目の父親ができた。 しかし、2か月後、書き置きを残して突然、梨花がいなくなった。 優子はこれまでの梨花を知っているので、梨花に新しく好きな人ができたのだろうと受け入れていた。 森宮は梨花と離婚することになったが、自分が優子の父親になって、優子を大切に育てていくことを決める。 親になることは楽しいことばかりではないかもしれないけれど、自分と優子の分、未来が二倍になると森宮は考えて、優子の親として生きる覚悟を持った。 *** 優子は高校で浜坂という男子に指名され球技大会の実行委員をすることになった。 浜坂は優子に好意を寄せていた。 しかし、優子の友人の萌絵が浜坂を好きだったことがわかり、そこから優子は萌絵を中心としたクラスの女の子たちから孤立してしまうようになる。 優子は自分が孤立することに対して気に止めていなかったが、事態が悪化し家庭の事情まで噂されるようになり、優子は自分から3人の父親と2人の母親がいることをクラスメイトに打ち明けた。 クラスメイトは驚くが、優子にとっては特に大きなことではなかった。 優子は、学校での出来事をきっかけに自分は人の間で立ち回るのが苦手であることを自覚した。 しかし、それでも気にせずに穏やかに生きていけるのは、これまでの両親の育て方のおかげだなと感じた。 森宮も学校での優子を心配し、家で美味しいごはんを作ってくれ、優子はどんな時も家でご飯を作ってくれる人がいることも、自分に力を与えてくれるのだと感じた。 優子は高校の合唱祭で、中学にピアノを習っていたこともあって伴奏者に選ばた。 各クラスの伴奏者が音楽の先生に指導を受ける場で、優子は早瀬という男の子の演奏の虜になってしまう。 早瀬にピアノを褒められて優子は合唱祭の準備を楽しんでいた。 しかし、合唱祭後、早瀬に彼女がいることが判明し、優子は人知れず失恋気分を味わうこととなった。 この頃、家では優子は森宮とケンカすることが増えていた。 クラスメイトに何か言われても平気なのに、森宮だと同じようにできない事を優子は悩んでいた。 まだ、本音で接していないのではないかと悲しい気持ちになっていたが、それだけ優子は森宮との生活を大切にしていた。 その後、優子と森宮はお互いに本音を話し、これまでよりも一層絆を深めた。 優子にとって今の家族は森宮で、自分も森宮と家族でいる覚悟を持つ必要があると優子は思っていた。 優子は、次に苗字が変わる時は、自分自身で決めるのだと心に決めて、森宮優子として高校の卒業式を迎えた。 優子は高校卒業後、希望していた短大に進み、その後は山本食堂という家庭料理屋に就職した。 そこで優子はイタリアから帰国したばかりだという早瀬に再会をした。 再会を機に、早瀬と優子は交際を始めた。 優子は早瀬と結婚することを決め、森宮の元へ挨拶に行った。 しかし、森宮は早瀬との結婚に反対した。 早瀬は高校卒業後、音楽の道を志していたが一度途中で別の道に行き、イタリアへピザ作りの修行に行っていた。 帰国して優子と交際をした後も、道を変えハンバーグ作りの修行と言ってアメリカへ行っていた。 将来が定まらない早瀬に、優子を任せるわけにはいかないと、森宮は2人の結婚を反対し続けていた。 そこで優子は、まず他の両親たちに報告しようと考えて、連絡先を知っている泉ヶ原の元を訪れる。 泉ヶ原は2人の結婚と優子との再会を喜び、そして優子が知らなかった梨花の居場所も教えてくれた。 実は、梨花と泉ヶ原は、森宮と梨花が離婚した後に再婚していた。 そして、梨花は現在、入院していた。 優子は梨花の病院を訪れ、7年ぶりに梨花と再会を果たした。 梨花は痩せていたがあの頃と同じく、よく笑っていた。 優子は梨花からこれまで何があったのか話を聞くことになった。 梨花は泉ヶ原と暮している時期、会社の健康診断で自分が病気であることを知った。 自分が死んでしまったら優子が悲しんでしまうと考えた梨花は、自分の代わりに優子の親になってくれる人を探そうと考えた。 そこで梨花が選んだのが森宮であった。 優子は森宮と結婚し優子の父親になってもらい、自分は家を離れたのだった。 その後、泉ヶ原は梨花の病気のことに気付いて、支えるために再婚したのだった。 優子は梨花の話を聞いて、早瀬と結婚したいということを伝えた。 梨花は結婚式に行くと約束してくれた。 梨花に会った優子は早瀬にピアノを弾いて欲しいと望んだ。 病気の身体だって、音楽は心に伝わっていくと考えていた。 早瀬はもう一度音楽の道に進むことを決めた。 梨花の病院を訪れて数日後、梨花から荷物が届けられた。 血の繋がった父親である水戸から優子宛に送られた大量の手紙だった。 実は、梨花と水戸が離婚してからも、水戸は手紙を送り続けていた。 しかし、梨花が優子には渡さずに全て持っていたのだった。 水戸の手紙を読んだ優子は、水戸はすでに再婚して別の家族があることを知り、水戸には結婚のことを言わないでおくことにした。 その後、優子と早瀬は改めて森宮に2人の結婚を認めて欲しいと話しをし、森宮も認めてくれることとなった。 そして結婚式の前夜。 森宮は優子に、優子の父親になれたことに感謝していると言った。 そして、それは優子も森宮が父親になってくれたことに感謝の言葉を伝えた。 優子の結婚式当日、連絡をしていなかった水戸が会場に姿を見せる。 実は、水戸の手紙を読んだ森宮が結婚式のお知らせをしていたのだった。 突然の登場でも優子と水戸は月日を感じさせない距離感で親子の会話をしていた。 森宮は水戸を式場に呼ぶにあたって、ヴァージンロードを歩く役割も水戸に変更していた。 しかし、本番になってその役割はやっぱり森宮であると伝えられた。 優子は、「ずっと変わらず父親でいてくれた。 旅立つ場所も、戻れる場所もここだけだ」と森宮に伝えた。 森宮と優子が並んでいる扉が開くと、ヴァージンロードの先に早瀬がいた。 森宮は「本当に幸せなのは、誰かと共に喜びを紡いでいる時じゃない。 自分の知らない大きな未来へと大きなバトンを渡す時だ。 」と幸せな気持ちで包まれていた。 そして、優子と森宮は、一歩を踏み出した。 そして、バトンは渡されたの読書感想文 この作品は、親の死、再婚や離婚などで4度も苗字が変わった主人公の森宮優子が、それぞれの親と関わりながらどのように成長していくのかを描いた物語です。 物語は、優子の小さい頃の話から、大人になり結婚するまでが描かれています。 「親が頻繁に変わってしまう子ども」とだけ聞くと、辛い境遇で育ったのかなという先入観を持ってしまっていましたが、この作品はどこかユーモアもあり明るくて温かい気持ちで読み進めることができました。 親と子、家族の血の繋がり、血の繋がり以上に愛情や一緒にいた時間の大切さを感じ、家族を大切にしたいと思わせてくれる作品です。 特に最後の親である、森宮と優子の関係には何度も温かい気持ちなりました。 森宮が優子のことをどれだけ愛しているのかが会話の中からも伝わってきて、優子自身も森宮との関係を大事にしているからこそ、踏み出せない瞬間もあり、もどかしい気持ちにもなりました。 この2人を見ていて、たとえ親子でもそれぞれ1人の人間同士であり、お互いを思いやる気持ちがないと関係は繋がらないものなのかもしれないと感じました。 私はこれまで、家族は家族だからこそ、どこか離れられない部分があるのかなとも思っていましたが、大切なのは「家族」や「親子」という肩書ではなく、そこに愛情が存在しているかどうかなのだと感じました。 森宮だけではなく、この作品の中で出てくる、優子とそれぞれの親たちの間には、形は違えど、それぞれに深い愛情がありました。 だからこそ優子は、まっすぐに育つことができたのだと思います。 きっと世の中にはその親子の数だけ様々な親子の形があるのだと思います。 そこには、血の繋がりだったり、幼少期を過ごした思い出だったり、お嫁に出す時期だったり、沢山の親子の時間があって、きっと深い愛情があるのだとこの作品を読んで感じました。 喧嘩をすることも、鬱陶しく思うこともあっても、親子の時間、家族を大切にしていきたいと思えた作品でした。

次の

そして、バトンは渡された/瀬尾まいこのあらすじと読書感想文(ネタバレ)

そして バトン は 渡 され た 読書 感想 文

この記事の所要時間: 約 8分 52秒 4月9日に 2019年本屋大賞の発表があり、 瀬尾まいこさんの 「そして、バトンは渡された」が選ばれました。 「そして、バトンは渡された」は血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった優子という女の子のお話です。 でも、優子の周りの大人はみんな優子を愛してくれました。 家族とは何か、愛するとは何かを考えさせてくれる一冊です。 中高生が読書感想文を書く本としても向いていますので、今回は中高生のために、「そして、バトンは渡された」の読書感想文の書き方を解説したいと思います。 作者、瀬尾まいこさんは中学校の先生をされていました。 瀬尾まいこさんについてはこちらをどうぞ。 読書感想文にはこちらもおすすめです。 期限が迫った人にはこちらもおすすめですよ。 「そして、バトンは渡された」のあらすじ StockSnapによるPixabayからの画像 まず、「そして、バトンは渡された」のあらすじや内容についておさらいしておきましょう。 「そして、バトンは渡された」のあらすじやネタバレ、名言については、こちらにまとめていますので、お読みください。 「そして、バトンは渡された」の読書感想文の書き方 「そして、バトンは渡された」の読書感想文の書き方については、以下の5つのポイントを押さえましょう。 1.メモや付箋をしながら読もう 本を読みながら、大事だと思うことばやそこで自分が思ったことを簡単にメモしていきましょう。 または、 付箋紙を用意しておいて、大事なところに貼っていきます。 付箋紙にちょっとメモして貼っていくと、あとで読書感想文をまとめる時にとても助かります。 読んでいる途中の本を、出かける時に持って行く時も、付箋紙とペンを一緒に持って行きましょう。 そうしたら、大事なところにさっさっと付箋を貼ることができます。 2.この本を選んだ理由を書こう まず、この本を選んだ理由を簡潔に書きましょう。 例えば、 「タイトルを見て、どんな話なのか知りたいと思った。 」 「『血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった、17歳』という紹介文を読んで、どんな話なのかとても興味を持った。 」 あるいは、「本屋大賞を受賞し、とても話題になっているから。 」 「人に勧められたから。 」 など、正直に書いたらいいと思います。 3.登場人物の関係を整理しよう 読書感想文の中に、あらすじを長々と書く必要はありません。 それよりも「そして、バトンは渡された」の場合は、登場人物の優子との関係や互いの関係を整理しておきましょう。 一番大事なのは、優子の3人の父親と2人の母親、そして、その次に大事な登場人物も何人かいます。 また、このお話は時間の流れ通りに書いてある訳ではありません。 優子の小学校時代から、いきなり高校時代になったり、また過去に戻ったりするので、そこを理解して読みましょう。 4.今までの自分の経験を書こう 私が小学4年生の時、クラスの男子の名字が変わりました。 私はそのことがとても気になりましたが、触れてはいけないことのような気がして、黙っていました。 その後、私の友達がそのことでこそこそと噂するのが聞こえてきました。 私は「そして、バトンは渡された」を読んで、そのことを思い出しましたが、私の中に、その男子に勝手に同情したり、偏見を持ったりする気持ちがあったことに気づきました。 皆さんにはそういう経験はありませんか? もしかしたら、自分自身が名字が変わった人もいるかも知れませんね。 または、自分の親との関係や学校生活の中でのことなど、「そして、バトンは渡された」を読んで思い出した自分の経験と気持ちを書いてみましょう。 自分の経験を書くことで、誰の真似でもない、自分しか書けない読書感想文になります。 5.一番心に残った言葉について考えよう 「そして、バトンは渡された」の中には、登場人物によって語られているけれど、実は作者、瀬尾まいこさんが読者に伝えたい、大事な言葉がいくつかあります。 自分が一番心に残った言葉はどれかを考え、その言葉について、しっかりと考えてみましょう。 私が心に残ったのは以下の言葉です。 優子ちゃんの母親になってから明日が二つになった。 これは、2番目の母親、梨花さんの言葉です。 自分の明日と、自分よりたくさんの可能性と未来を含んだ明日が、やってくるんだって。 親になるって、未来が二倍以上になることだよって。 明日が二つにできるなんて、すごいと思わない?未来が倍になるなら絶対にしたいだろう。 これは梨花さんの話を聞いた3番目の父親の森宮さんが優子に話している場面です。 優子ちゃんと暮らし始めて、明日はちゃんと二つになったよ。 自分のと、自分のよりずっと大事な明日が、毎日やってくる。 すごいよな。 これは、森宮さんが優子に話しているところです。 きっと一人の親になった、作者、瀬尾まいこさんの気持ちそのものなのでしょうね。 今より大事にすべき過去など一つもないのだから。 これは、親が変わっていく中で、優子が知ったことです。 自分じゃない誰かのために毎日を費やすのって、こんなに意味をもたらしてくれるものなんだって知った。 優子に話す森宮さんの言葉です。 親だけじゃない、誰かのために一生懸命になることのすばらしさを感じることはありますよね。 本当に幸せなのは、誰かと共に喜びを紡いでいる時じゃない。 自分の知らない大きな未来へとバトンを渡す時だ。 優子の結婚式で優子と歩く森宮さんが思ったことです。 「そして、バトンは渡された」の登場人物の関係 上の読書感想文の書き方の中に、「登場人物の関係を整理しよう」と書きましたが、ここでは「そして、バトンは渡された」の登場人物の主人公との関係や互いの関係について解説しておきます。 優子 主人公。 自分の意志ではなく、親の都合によって、3人の父親と2人の母親を持つことになります。 お話には小学校に入学する前から結婚を迎えるまでの優子が描かれています。 優子を産んでくれた母親は、優子が3歳になる前に交通事故で亡くなってしまいます。 水戸さん 優子の実の父親です。 とても優しい父親で、優子を大事にしてくれます。 水戸さんは、優子が小学3年生になった時に梨花さんと再婚します。 でも5年生になる時に仕事でブラジルに行ってしまい、優子は梨花さんと二人で暮らすことになりました。 梨花さん 梨花さんは、実の父親の水戸さんと結婚し、優子の二人目の母親になります。 水戸さんとは離婚しますが、それでも母親として、優子を育ててくれます。 その後、泉ヶ原さんと結婚し、別れて森宮さんと結婚し、また別れて、再び泉ヶ原さんと結婚するという奔放な生き方をします。 泉ヶ原さん 梨花さんの2度目の結婚相手です。 それで、優子の2度目の父親になります。 泉が原さんはお金持ちで、梨花さんよりずっと年上。 とても優しい人で、優子にピアノを習わせてくれます。 森宮さん 梨花さんの3番目の結婚相手です。 それで、自動的に、優子の3番目の父親になります。 まだ若いのに、高校生で突然自分の娘となった優子を受け入れ、梨花さんが出て行った後も一生懸命に父親の役割を果たそうとしてくれます。 早瀬君 優子の高校時代の同級生で、ピアノがとても上手です。 後に、優子の結婚相手になります。 向井先生 優子の高校時代の担任の先生です。 いつも冷静で淡々とした感じですが、本当は生徒達のことをよく見てくれていました。 卒業の日にもらった手紙には「あなたみたいに親にたくさんの愛情を注がれている人はなかなかいない。 」と書かれていました。 大家さん 梨花さんと優子が引っ越したアパートの大家さんで、おばあちゃんです。 とてもいい人で、いつも野菜やお菓子をたくさんくれました。 老人ホームに入ることになり、優子と別れる時に「困ったとき役に立つかも」と20万円をくれます。 他には、優子の友達や付き合った彼氏、ちょっと意地悪な同級生などが登場します。 「そして、バトンは渡された」読書感想文の書き方と登場人物の関係 まとめ 「そして、バトンは渡された」の読書感想文の書き方はいかがでしたか? 皆さんの参考になれたら嬉しいです。 さあ、自分だけの読書感想文、がんばって書きましょうね。 それから、今、 本屋大賞『そして、バトンは渡された』感想文募集 Twitterキャンペーンというのがあっています。 キャンペーン期間は 4月9日(火)から5月6日(月)です。 抽選で30名に本屋大賞受賞記念の限定オリジナルTシャツとバンダナがプレゼントされるそうです。 興味のある方はこちらを見てくださいね。

次の