卵 料理 おかず。 卵だけの簡単レシピ10選!人気なおつまみやおかずにご飯しかない時も

【シーン別】卵料理で簡単に卵を消費! メインやおかずレシピ紹介

卵 料理 おかず

おかずにもお弁当にもぴったり、出汁焼き卵。 子供から大人まで馴染み深い料理です。 卵は完全栄養食品といわれるほど栄養豊富で、なかでもたんぱく質は9種類の必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。 そんな万能な卵ですが、コレステロールの問題から「卵は一日1~2個まで」といわれています。 いくら体に良い食品も食べすぎは何でも体に悪くなってしまうものなんですよね。 おいしいけどあまり多くは食べれない出汁巻き卵。 ならばここはぜひ、あわせるおかずのボリュームはしっかりと確保したいところですね。 そこで今回は料理暦10年のこの私が、出し巻き卵にぴったり合うメインのおかずや副菜、汁物などをご紹介させていただくと共に、栄養バランスやカロリーなどの点にも注目して献立案の一例を考えさせていただこうと思います。 出し巻き卵に合うおかず7選 1. 野菜の肉巻き 見た目にもコロコロと可愛く、肉も野菜も食べれるおかず、野菜の肉巻き。 野菜嫌いのお子様にも食べていただきやすい肉料理です。 たくさん作って次の日にお弁当に入れれば、お弁当も華やかになります。 野菜を巻いた肉を焼いてから一度取り出し、タレを煮詰めて最後に肉とタレをからめます。 お弁当に入れるときは濃い味付けにしましょう。 ひき肉は鶏ひき肉が好ましいです。 卵で良質なたんぱく質をとっているので、ガッツリとひき肉オンリーのハンバーグにする必要はないと思い、豆腐ハンバーグを選んでみました。 普通のハンバーグよりも安く作れるしヘルシーなどで、ダイエット中の方でもおいしく食べていただけるメイン料理だと思います。 タレは和風で、大根おろしなどを添えても良いでしょう。 肉団子 お子様に大人気の肉団子。 お弁当にもパーティーメニューにもぴったりですね。 ですが他のおかずがこれだけですと野菜が不足していますので、野菜たっぷりな汁物や2品目のおかずをきちんと組み入れましょう。 小麦粉を水でといたものに青海苔とコショウを加えて鮭を浸し、その後ごま入りのパン粉をつけて揚げます。 鮭の骨はできるだけ取り除いておきましょう。 最近では骨抜き鮭などもよくスーパーで見かけますので、手に入ればそれを使うと良いです。 また鮭以外の白身魚でも同じような方法で美味しい磯揚げが作れます。 ほっけの塩焼き シンプルな和食としてほっけの塩焼きも出し巻き卵にはぴったりです。 献立全体を薄味の和食で統一すれば、素材の味を楽しめる健康的なヘルシーメニューになります。 ほかの焼き魚でオススメなのはアジの開き、秋刀魚の丸焼きなどが安価でよいと思います。 揚げだし豆腐 今日は肉や魚はたべずに、他のたんぱく質を摂取したい、そんな日もあると思います。 畑の王様である大豆が主原料のお豆腐を使った料理はいかがでしょうか。 揚げだし豆腐は食べ応えもありぴったりだと思います。 名前は揚げ出し豆腐ですが、家庭で作る場合は表面焼きで十分です。 ウインナー 最後はお弁当メニューや朝食を想定してウインナーです。 ウインナーって実は焼くよりも茹でるほうがおいしく調理できたりします。 我が家でよくやるのはコップにお湯を入れてウインナーを数本おとしてレンジで温めるというやり方。 忙しい朝などにはもってこいです。 ただ、出し巻き卵と一緒に作る日は、どうしてもフライパンを使うので、卵を焼く前についでにウインナーを焼いてしまうことができるのでこの方法は今回の場合はあまり使わないと思います。 出し巻き卵に合う副菜・スープ5選 1. キャベツは日がたったものだと苦味がでますので、できれば新鮮なものをつかってください。 春キャベツなんかで作ると最高においしくできます!オススメは赤味噌よりも白味噌です。 キャベツの芯は硬いので最初に茹でるか、斜め切にして薄くしてから入れてください。 コンソメスープ 手軽に好みの野菜で作れるので便利なコンソメスープ。 タマネギをじっくり炒めてつくる濃厚なオニオンスープや、冷蔵庫に余った野菜を色々入れてつくるポトフ風のものまで色々なバリエーションがあります。 ツナサラダ シンプルに野菜をプラスしたいときは簡単にできるツナサラダで。 レタスは手でちぎり、ツナやコーンをかけてプチトマトを盛り付けるなど、包丁を使わずに作れる組み合わせがあるので忙しい朝にもぴったりです。 きんぴらごぼう 副菜の定番、きんぴらごぼう。 根菜を濃い味付けで仕上げる料理なので、つくりおき料理としても活躍します。 沢山作ってお弁当に入れるのも良いです。 冷凍保存することもできます。 冷蔵保存ですと3日~4日はもちます。 三温糖と黒すりごま、しょうゆをで和えて簡単につくることができます。 出し巻き卵のおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の

【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

卵 料理 おかず

卵だけの簡単おかずレシピ1つ目でご紹介するのは「ふわふわオムレツ」です。 卵を溶いて焼き上げるだけの簡単なレシピですが、泡立てるとスフレのようなふわふわのオムレツが作れます。 泡立てるのが面倒だと思う方は冷蔵庫に入っているものを少し入れるだけでもふわふわのオムレツが作れます。 それがマヨネーズです。 マヨネーズに入っている油と酢が卵のたんぱく質が固まりすぎないようにするので、ふわっとした卵が焼けるのです。 泡立てたオムレツとは違った仕上がりですが、何も入れなずに焼くよりはふんわりと焼き上げることができるでしょう。 冷蔵庫にチーズが残っているのなら一緒に焼いてみてください。 それだけでもチーズオムレツになります。 卵 1個• 塩コショウ 適量 作り方• 1卵を卵白と卵黄に分ける。 2卵白を泡立ててメレンゲを作る。 3卵黄と塩コショウを加えて混ぜる。 4フライパンを熱して油をひく。 5卵を流しいれる。 6蓋をして弱火でじっくり焼く。 7半分にオムレツを折りたたんで完成。 厚焼き玉子は味付け次第でご飯のおかずにもおつまみにもなる料理です。 ちょっと残っている塩昆布や海苔、シラスなどを巻き込むのもおすすめです。 冷蔵庫の残り物で少し豪華な厚焼き玉子を作ることもできるでしょう。 卵を巻く作業は慣れるまで難しいかもしれません。 しかし、厚焼き玉子は食事やお酒の席だけではなくお弁当でも人気のおかずです。 作れるようになれば料理の幅も広がるのでぜひチャレンジしてみてください。 卵 3個• 醤油 小さじ1• 砂糖 大さじ1 作り方・レシピ• 1卵を溶きほぐす。 2砂糖と醤油を加える。 3卵焼き用の鍋に油をひいて卵を流しいれる。 4奥から手前に向けて卵をくるくると巻く。 5巻いた卵は奥に寄せて、再びキッチンペーパーで油をひく。 6卵を流しいれ、奥から手前に巻いていく。 7卵がなくなるまでこの作業を繰り返す。 卵を茹でる時間は沸騰してから中火で6分程度にします。 茹でている間も菜箸で転がしながら加熱すると黄身が中央に来るので、カットした断面がきれいになります。 卵が茹で上がったら殻をむいて調味料に漬け込むだけで人気の味付け茹で卵の完成です。 ジップロックなどの袋を使用すると汁がしっかりいきわたるのでおすすめです。 卵がたくさんあるときは茹で卵にして保存しておくとすぐに料理に使うことができます。 どんぶりやサラダなどにトッピングするだけでも豪華になります。 下の関連記事では茹で卵の保存方法をご紹介しているので参考にしてください。 卵 5個• 醤油 60cc• 砂糖 大さじ1• 味醂 40㏄• 酒 大さじ2 作り方・レシピ• 1半熟茹で卵を作る。 2皮をむく。 3調味料に漬け込む。 茹で卵の黄身をマヨネーズで和えて作る料理で、ちょっぴりおしゃれな装いの一品に仕上がります。 フィンガーフードとして手軽に食べられるので、パーティーにもおすすめのおつまみです。 自宅で飲み会やパーティーをするという方には下の関連記事もおすすめです。 お客さんを招くのなら普段の簡単なおつまみだけではなく、少し手の込んだおしゃれなおつまみも作ってみませんか? 手軽に作れるメニューもあるので、突然のお客さんにも対応できるでしょう。 詳しい情報をチェックして参考にしながら料理を作ってみてください。 茹で卵 1個• マヨネーズ 適量• 塩コショウ 適量 作り方・レシピ• 1茹で卵を縦半分にカットする。 2黄身だけを取り除き、裏ごしする。 3黄身にマヨネーズと塩コショウを混ぜて味を調える。 4白身のくぼみに君のメースとを戻して完成。 鶏がらスープの素や中華調味料を加えるだけで、一気に中華の味になります。 最後に醤油を加えると香ばしさも感じられるチャーハンになるのでおすすめです。 チャーハンを作る際にご飯と卵がうまくからまない方は、事前にご飯と卵を混ぜてみてください。 卵かけご飯のようにご飯にまんべんなく卵を混ぜてからフライパンに入れるのです。 こうすることで米の1つ1つに卵が絡むので、ぱらぱらのチャーハンに仕上げることができます。 また、ご飯をつぶしてしまうとべちゃっとするので強火でさっと加熱するのもポイントです。 炒めすぎるとご飯がぱさぱさになってしまうので適度に加熱してください。 卵 1個• ご飯 1人前• 塩コショウ 適量• 中華調味料 適量 作り方・レシピ• 1フライパンに油を熱し、溶き卵を流しいれる。 2ご飯を加え、ほぐしながらパラパラになるまで炒める。 3中華調味料と塩コショウで味を調えて完成。 シンプルに卵とご飯だけで食べられるので、本当に何もない時や急いでいるときにもおすすめの料理です。 もちろんご飯と卵だけでも良いですが、そこに食べるラー油をかけたり、肉みそを乗せたりしても美味しく食べられます。 時間がある方は卵白と卵黄で分け、卵白だけを泡立ててみてください。 メレンゲにした卵白をごはんにのせて、中央に卵黄をトッピングすると、ふわふわの卵かけご飯が楽しめます。 卵かけご飯を次の日に食べようと考えている方には、卵黄の醤油漬けもおすすめです。 一晩で完成しますが、3日程度は保存できます。 つける時間で食感が変わるので、自分好みの味を見つけてください。 半熟に焼き上げた卵にトロッとしたあんをかけるとメイン料理になるので、卵とご飯しかないときにもお腹がいっぱいになるでしょう。 カニ缶などがある方は、卵やあんに混ぜてみてください。 卵 3個• ご飯 1人前• 水 100㏄• 醤油 大さじ1• 砂糖 小さじ1. 酢 小さじ1. ごま油 適量• 水溶き片栗粉 適量 作り方・レシピ• 1熱したフライパンに油をひく。 2卵を溶いて流し入れ、半熟に焼き上げる。 3お皿にご飯を盛り、その上に卵を乗せる。 4小鍋に水と調味料をすべて入れて火にかける。 5沸騰したら味見をして、水溶き片栗粉でとろみをつける。 6卵の上にあんをかけたら完成。 玉ねぎやにんじんなどの野菜をみじん切りにしてケチャップライスを作りますが、野菜がない場合はケチャップで味を付けるだけでも良いでしょう。 あとは卵を焼いてご飯にのせれば完成です。 牛乳がある場合は卵に加え、ふわふわのオムレツにするのもおすすめです。 下の動画ではオムレツの作り方を見ることができます。 フライパンをトントンとたたいて丸めるのは難しいのですが、サランラップを使うと簡単に形を整えることができます。 興味がある方はチェックしてみてください。 卵だけでも美味しい料理は作れる 冷蔵庫に卵しかないと料理ができないと感じる方は多いのではないでしょうか?しかし、オムレツや卵焼き、味付け卵などを作ることができます。 たくさんのものは作れませんが、レシピを知っていれば美味しいおつまみやおかずを作ることができるのです。 卵だけでも美味しい料理は作れます。 ご飯があればメイン料理も作れるのでお腹もいっぱいになるでしょう。 卵だけで作るメニューには簡単にさっと作れる料理も多いのでチャレンジしてみてください。 卵を美味しく食べるためには保存の仕方も知っていなければなりません。 下の関連記事で保存方法を確認しておきましょう。

次の

出し巻き卵に合うおかず7選と副菜やスープ、おすすめ献立メニュー!|献立寺

卵 料理 おかず

卵料理は簡単でバリエーションも豊富 ここでは、なぜ卵料理が簡単に作れて、かつバリエーションが豊富なのかを説明します。 卵料理が簡単な理由 卵料理が簡単な理由は、「下準備なしですぐ調理を始められるから」です。 例えば、野菜なら洗って切る、魚ならさばくなどの下準備が必要になります。 卵は殻を割ればすぐ調理できるため、その分料理も簡単に作ることができます。 調理が面倒に感じるときほど、簡単に作れる卵料理がおすすめです。 5つもある?! 卵の調理法 卵には調理法が「ゆでる」「焼く」「炒める」「蒸す」「そのまま」の5つあります。 卵はこのように調理方法が多く、和食・洋食などの料理の種類を問わず使えるため、料理のバリエーションも豊富になります。 また、卵は揚げ物をするときのつなぎや、すき焼きにつけたりなど、料理のサポート役としても使い道がたくさんあります 卵料理の簡単レシピ集【シーン別】 ここでは、余ってしまいがちな卵のレシピを、朝ごはん、お弁当、おつまみなどのシーン別に紹介します。 卵だけで作れる卵料理|卵かけごはん 卵かけごはんはフライパンで焼いたり、ちょっとした具をのせたりすることで、いろいろな味・見た目を楽しむことができます。 ここでは、卵かけごはんのアレンジレシピを6つ紹介します。 アレンジ方法を参考に、ぜひ試してみてください。 ちなみに、でごはんを冷凍しておくと、電子レンジで加熱したときの加熱ムラが防げるため、全体的にふっくら美味しく仕上げられます。 焼きTKG 卵かけごはんをせんべい状に焼いた一品。 材料はごはん、卵、しょうゆなど一般的な卵かけごはんと同様で、家に常備してある材料ですぐ作れます。 ほんのり焼き目をつけると、しょうゆが香ばしく食欲をそそられます。 を使えば、卵もごはんもフライパンに焦げ付かず、卵かけごはんをきれいに焼けます。

次の