コンサータ 流通 委員 会。 ADHD適正流通管理システムについて

コンサータ処方の流れが変わります

コンサータ 流通 委員 会

リタリン流通管理における診療、処方箋による調剤に係る運用につきまして、本通知に関するリタリン流通管理委員会の解釈、及び適正な流通管理の実施の観点からの追加お願いを下記の通りまとめました。 なお、本取扱いの期間は、厚生労働省の新型コロナウイルス感染症が拡大を鑑みた時限的な対応通知に沿ったものであり、感染が収束し、新たな対応の事務連絡が厚生労働省より発出されるまでと致します。 (PDF:162KB)• 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されたことに伴いリタリン流通管理委員会 登録事務局の受付時間を変更しておりましたが、 6月8日(月)より以下の通り平常体制に戻させていただきます。 月曜日~金曜日:9時~ 18時• 土曜日: 9時~13時 受付時間変更中はご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。 2020年4月16日 【重要なご連絡】• 皆様にはご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 月曜日~金曜日:9時~ 17時• 上記期間中でもWEBでの処方医確認は24時間アクセス可能ですので、調剤毎の処方医確認はWEBをご利用いただければ幸いです。 上記期間中は各種対応に通常よりお時間をいただく可能性がございますことをご了承いただければと存じます。 2020年3月27日• 第32回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2019年12月20日• 皆様にはご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 上記期間中でもWEBでの処方医確認は24時間アクセス可能ですので、調剤毎の処方医確認はWEBをご利用いただければ幸いです。 2019年10月11日• WEBでの処方医確認は通常通りご利用いただけますので、調剤毎の処方医確認はWEBをご利用いただければ幸いです。 皆さまにはご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 2019年10月7日• リタリン流通管理システムは、メンテナンス作業のため以下の時間帯でご利用いただけません。 2019年9月20日• 第31回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2019年4月19日• 第30回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2019年3月25日• 皆様にはご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 上記ゴールデンウィーク期間中でも WEBでの処方医確認は24時間アクセス可能ですので、調剤毎の処方医確認はWEBをご利用いただければ幸いです。 2018年10月30日• 第29回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2018年03月26日• 第28回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2018年1月29日• eラーニングシステムは、2月17日 土 14時より新システムへの移行作業を行います。 これに伴い、下記の期間中、システムを停止するため、受講が出来なくなります。 なお、新eラーニングシステムは2018年2月19日 月 9時から稼働します。 システム停止期間:2018年2月17日 土 14時~2月19日 月 9時 2017年09月29日• 第27回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2017年04月03日• 第26回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2016年09月15日• 第25回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2016年03月24日• 第24回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2015年10月16日• リタリン流通管理委員会会則の改定を「」に掲載しました。 2015年10月9日• 第23回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2015年9月7日• 都道府県別リタリン登録医師数・リタリン登録薬局数について8月31日集計の最新情報を「」に掲載しました。 2015年4月10日• 第22回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 2014年10月20日• 第21回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 都道府県別リタリン登録医師数・リタリン登録薬局数について2014年7月14日集計の最新情報を「」に掲載しました。 2014年5月7日• eラーニングシステム サービス一時停止のお知らせ eラーニングシステム基盤のバージョンアップ作業を予定いたしております。 バージョンアップ作業の時間帯はeラーニングシステムをご利用いただくことができませんので予めご了承ください。 ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。 『リタリン流通管理委員会からの情報』の改定を「」に掲載しました。 2014年3月17日• eラーニングシステム サービス一時停止のお知らせ eラーニングシステムのサーバー機器の定期点検および予防保全のため、メンテナンス作業を予定いたしております。 メンテナンス時間帯はeラーニングシステムをご利用いただくことができませんので予めご了承ください。 ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。 第20回リタリン流通管理委員会議事録を「」に掲載しました。 都道府県別リタリン登録医師数・リタリン登録薬局数について2013年12月6日集計の最新情報を「」に掲載しました。

次の

コンサータの成人への処方①

コンサータ 流通 委員 会

(2012. 24追記) リタリン流通管理基準は順次改定されていますので、下記ページでご確認ください。 novartis. html 「リタリン」の流通管理について (ノバルティス ファーマ社プレスリリース12月4日) プレスリリース添付資料として掲載された薬局及び調剤責任者の登録基準(全文は18日に掲載)は、次の通りです。 薬局の登録基準• リタリンの処方せんを受ける可能性のある薬局で、申請書の必要項目を記入し、かつ登録薬局リストに掲載されることを了承した薬局• 申請に際してリタリン流通管理委員会に以下の事項を誓約した薬局 ・リタリンを適正に管理し、調剤すること ・他の薬局又は医療機関へのリタリンの交付は行わないこと ・リタリン流通管理委員会が求めた場合、調剤記録に関する情報提供を行うこと ・登録医師及び登録医療機関の情報を厳重に管理し、外部に流出させないよう必要な措置を講じること ・その他,リタリン流通管理委員会が相当と認める事項 2. 調剤責任者(院内でリタリンを調剤する場合)の登録基準• リタリン登録医師がナルコレプシーの診断・治療を行う登録医療機関の調剤責任者• 申請書の必要項目を記入し、かつ登録調剤責任者リストに掲載されることを了承した調剤責任者• 申請に際し,リタリン流通管理委員会に以下の事項を誓約した調剤責任者 ・リタリンを適正に管理し、調剤すること ・他の薬局又は医療機関へのリタリンの交付は行わないこと ・リタリン流通管理委員会が求めた場合、調剤記録に関する情報提供を行うこと ・登録医師及び登録医療機関の情報を厳重に管理し、外部に流出させないよう必要な措置を講じること ・その他,リタリン流通管理委員会が相当と認める事項 3. 薬局及び調剤責任者の申請・登録手順• ノバルティス ファーマ株式会社より、現在リタリンを調剤している薬局へ登録の案内を配布する。 過去にリタリン調剤実績のない薬局については、リタリン流通管理委員会ホームページに公開される申請書を使用し申請を行う。 薬局の開設者及び管理薬剤師の連名で、申請書を用いて申請する。 リタリン流通管理委員会は、申請書、過去納入実績の推移及びその他適正調剤の判断に影響を及ぼすと考えられる一切の資料・情報をもって薬局の適格性を審査する。 リタリン流通管理委員会によって登録が承認された場合、事務局は「リタリン登録薬局証明書を申請薬局へ送付する。 事務局は、登録された薬局の名称、薬局開設者、管理薬剤師氏名、住所、電話番号、e-mail アドレス等のリストを作成し管理する。 なお,リストはサーバー上のみで管理し、リタリン流通管理委員、その事務局内及び特約店からの登録薬局照会のみに使用を限定する。 リタリン登録医師が調剤責任者を兼務している場合も、調剤責任者としての申請・登録を行う。 処方/調剤時における管理体制(院外処方の場合)• リタリン登録医師は、患者の要望を加味して、患者にとって利便性の高い場所にある登録薬局を事務局に確認し、その薬局の名称、所在地を患者に伝える。 処方せんを受取った薬局は、処方医師が登録医療機関の登録医師であることを事務局に電話で確認する。 事務局は、薬局からの電話による問い合わせに即答せず、折り返し登録済み電話番号に電話し、登録薬局であることを確認する。 薬局は、処方医師が登録医療機関の登録医師でなかった場合は調剤を断り、その旨を処方医師に連絡する。 事務局は、処方医師が登録医療機関の登録医師でなかった場合、処方医師に対し、調剤拒絶に至った経緯を速やかに連絡するとともに、説明する文書を作成して送付する。 即ちこの仕組みだと、ナルコプレシーの診断が可能な医療機関名や、リタリンの調剤が可能な薬局名は、原則公開しないということになるのでしょうか? 同社では、2008年1月1日からはこの基準を満たしている薬局のみが、リタリンを購入、調剤することが可能となるとし、薬局から追加や変更の申請があった場合は、「リタリン流通管理委員会」で審議されるとしています。 なお医師については、関係学会の専門医又は認定医である他、依存症に関する研修プログラムの履修を終了していることなどが義務付けられています。 novartis. pdf TOPICS• カテゴリー• 510• 307• 124• 1,970• 189• 476• 483• 137• 143• 1,277• 669• 121• 427• 369• 277• 184• 171• アポネットR研究会とは• アーカイブ• TOP10 Articles From Dec 2012•

次の

ADHD適正流通管理システムについて

コンサータ 流通 委員 会

その後、該当の様式にご記入のうえ、下記登録事務局へご送付ください。 クロザリル適正使用委員会 登録事務局 〒192-0364 東京都八王子市南大沢2-27 フレスコ南大沢14階 クロザリル適正使用委員会事務局 (2011年11月14日より変更になりました。 事務局から受領の連絡がない場合は、お手数ですが、メールにてお問い合わせください。 本承認に際して,下記承認条件が付され,適正使用を図るための流通管理等の実施が義務付けられておりますので,ご理解,ご協力をいただきたくお願い申し上げます。 本剤による無顆粒球症等の重篤な有害事象に対して,他の医療機関との連携も含めて十分に対応できる体制が確認できた医療機関・薬局において,統合失調症の診断,治療に精通し,本剤の適正使用について十分に理解している医師によって,白血球数,好中球数,血糖値等の定期的な検査が実施されるとともに,その結果を評価した上で本剤の処方が行われ,これら検査が適正に行われたことを確認した上で調剤が行われるよう,製造販売にあたって本剤に関する管理者の設置も含め必要な措置を講じること。 本剤の投与が適切と判断される患者を対象に,あらかじめ患者又は代諾者に安全性及び有効性が文書によって説明され,文書による同意を得た後のみに本剤の投与が開始されるよう,厳格かつ適正な措置を講じること。 国内での治験症例が限られていることから,製造販売後,一定数の症例に係るデータが集積されるまでの間は,全症例を対象とした使用成績調査を実施することにより,本剤使用患者の患者背景を把握するとともに,本剤の安全性及び有効性に関するデータを早期に収集し,本剤の適正使用に必要な措置を講じること。 なお、具体的な流通管理及び安全管理の手順は、「クロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)運用手順」に定められております。 有識者(医師,薬剤師,倫理または法律の専門家等)からなる第三者委員会を設置。 本剤の適正使用に係る情報管理・連絡等を行う管理者の設置。 医療機関及び薬局並びに医師,薬剤師,その他の医療従事者(調剤の可否の確認及びその連絡を行う者に限る。 )ごとに,適正使用の実施,無顆粒球症等の重篤な有害事象への対応等について,同委員会で検討し,管理者はリストを作成。 販売は,リストに掲載された医療機関・薬局に限定。 委員の構成 ノバルティス ファーマ社が委嘱した委員長,5つの学会(日本精神神経学会,日本臨床精神神経薬理学会,日本統合失調症学会、日本血液学会,日本糖尿病学会)から推薦された有識者5名,薬剤師(日本薬剤師会,日本病院薬剤師会),弁護士及び生命倫理関連の専門家それぞれ1名の合計10名で構成されています。 ノバルティス ファーマ社は,第三者委員会を設立するために関連する学会に有識者の選定を依頼し,3つの学会からそれぞれ1名づつ委員が参加しています。 薬剤師は日本薬剤師会及び日本病院薬剤師会から推薦を頂き,弁護士及び生命倫理関連の専門家は,それぞれ厚生労働省の諮問委員の経験や医薬品の適正使用に詳しい方の中からノバルティス ファーマ社が委嘱いたしました。 委員長 山内 俊雄先生• 日本精神神経学会 三國 雅彦先生• 日本臨床精神神経薬理学会 石郷岡 純先生• 日本統合失調症学会 住吉 太幹先生• 日本血液学会 神田 善伸先生• 日本糖尿病学会 渥美 義仁先生• 日本薬剤師会 島田 光明先生• 日本病院薬剤師会 松田 公子先生• 生命倫理 樋口 範雄先生• 弁護士 畠澤 保 先生.

次の