たい ふう いっか。 たいふういっか: THE LONG AND WINDING ROAD

台風一過【たいふういっか】の意味と使い方の例文(語源・英語訳)

たい ふう いっか

日曜日、このあたりのJRは早々と夕刻からの運休を決定し告知。 風雨が激しくなる前にもう運休を決めてしまうなど、ちょっと珍しい。 かみさんは今月誕生日で、娘にX JAPANのライブチケットをプレゼントされ、幕張まで出掛けたのだが案の定公演は中止。 ただ一泊して、翌日、鉄道網がボロボロになったなか、あっちこっち大回りして苦労して帰ってきた。 ご愁傷様としか言いようがない。 私も川崎の実家に顔を出す予定だったのだが延期。 そして今週末もまた台風が来るそうだ(25号)。 日曜の夕方までは風も弱く、雨も時々パラパラ程度で「実は大したことないんじゃね?」くらいに思っていたのだが、夜半、ものすごい風雨で、サッシのガラスがたわむほど。 割れるんじゃないかとハラハラした。 台風一過の翌日。 結構あちこち、ひどい状態になっていた。 下は県道沿いの潰れた車庫。 柱の基礎のコンクリートごと引っこ抜けているのがスゴイ。 下は鎌倉逗子ハイランド入り口の大きな看板。 四角い鉄柱が根元で折れ曲がってしまった。 激しい風でだいぶ潮が巻き上げられたらしく、庭木から山の木々まで、かなり塩害に痛めつけられた様子。 タブノキあたりは割と平気なようだが、かなりひどい有様になっているものも多い。 下は近所のフヨウとアカメガシワ。 ちなみに「たいふういっか」を「台風一家」だと思っている人の話を昔どこかで読んだ覚えがある。 雨とか風とかに加えて、翌日の青空までも含めて「一家」だとか何とか。 近所のお寺の駐車場のぎんなん。 二日掛かりで洗って干した。 >あかばん 我が家のチビはどういうわけか好みが渋くて、ぎんなんが大好きです。 が、確かに子供にはぎんなん中毒の怖れがあるので、現時点では「年齢の数よりたくさん食べちゃダメ」という縛りを掛けています。 まあ、保育園の頃から毎秋食べていて平気なので、あまり厳しくしなくても大丈夫だとは思うのですが、念のため。 >みやまえさん 何年か前にも秋の大風で、逗子・鎌倉近辺の木が大々的に塩害にやられた時がありました。 とても枝ぶりが良かった本興寺の枝垂れ桜も、あれで半分枯れちゃったんだよなー。 よく見ると、大きな木の海側半分だけが枯れていたりして、「あ、やっぱりこっち側から吹き付けてたんだな」というのが判ったりします。

次の

たいふういっか: 恭子の Day After Day

たい ふう いっか

また、大きな事件が決着し、晴れ晴れとすること。 《広辞苑・第六版》 現在 2013. 16)、台風18号が本州に上陸、愛知県付近を北上中です。 私の住む神戸では、嵐のピークは昨夜遅くから、本日の未明のこと。 朝にな って外に出ると、沢山の木の葉が、建物の壁や駐車中の車に張り付いていま した。 また、葉を付けたままの小枝も何本も落ちていましたし、高さが5mほ どの枯れ木は、根っこごとひっくり返ってしまっていました。 随分強い風が吹いたようです。 台風の語源説の一つには、「大風」が転じたものというものがありますが、 確かに。 広辞苑の説明にはありませんでしたが、台風一過には、台風が短時間で一気 に通過して行く様子という意味で使うことがあります。 秋に日本に近づく台 風は近づくまでは、ゆるゆるとなのに、日本にたどり着くとスピードを速め て一気に通り過ぎて行くことが多くなります。 今回の台風18号も、やはり日本に上陸してからはスピードをあげて、本州を 北上しています。 この台風による各地の被害と、これから心配される被害の予想が今日のトッ プニュースとなっています。 沢山の雨を降らせ、各地で洪水の被害を引き起こしながら、日本を駆け抜け て行く台風18号。 被害だけでなく、せめて台風一過の晴天くらいは残してい って欲しいものです。 オリジナル記事: スクラップブック.

次の

たいふういっか

たい ふう いっか

また、大きな事件が決着し、晴れ晴れとすること。 《広辞苑・第六版》 現在 2013. 16)、台風18号が本州に上陸、愛知県付近を北上中です。 私の住む神戸では、嵐のピークは昨夜遅くから、本日の未明のこと。 朝にな って外に出ると、沢山の木の葉が、建物の壁や駐車中の車に張り付いていま した。 また、葉を付けたままの小枝も何本も落ちていましたし、高さが5mほ どの枯れ木は、根っこごとひっくり返ってしまっていました。 随分強い風が吹いたようです。 台風の語源説の一つには、「大風」が転じたものというものがありますが、 確かに。 広辞苑の説明にはありませんでしたが、台風一過には、台風が短時間で一気 に通過して行く様子という意味で使うことがあります。 秋に日本に近づく台 風は近づくまでは、ゆるゆるとなのに、日本にたどり着くとスピードを速め て一気に通り過ぎて行くことが多くなります。 今回の台風18号も、やはり日本に上陸してからはスピードをあげて、本州を 北上しています。 この台風による各地の被害と、これから心配される被害の予想が今日のトッ プニュースとなっています。 沢山の雨を降らせ、各地で洪水の被害を引き起こしながら、日本を駆け抜け て行く台風18号。 被害だけでなく、せめて台風一過の晴天くらいは残してい って欲しいものです。 オリジナル記事: スクラップブック.

次の