きっとうまくいく 動画。 韓国ドラマ

韓国ドラマ

きっとうまくいく 動画

日の出の勢いで躍進するインドの未来を担うエリート軍団を輩出する、超難関理系大学ICE。 根底に流れるのは学歴競争。 C Vidhu Vinod Chopra Production 2009. All rights reserved 印度映画と言えばボリウッドと思っていた自分は少し観念的でした。 たまに挟まるミュージカル仕立ての歌と踊りの演出が入ることで、あ、印度の映画だったんだっけと思い出すほど、人の人生の普遍的なテーマを描いた青春映画。 一瞬たりとも飽きさせずおよそ3時間。 長いですよ3時間は。 ヘイトフル8でも途中寝たのに。 泣いたり笑ったりしながらご学友たちと輝くような青春を駆け抜けました。 繊細に編まれた伏線が綺麗につながる清々しい大団円。 ジャケットのどうしようもないダサさに対して、それでは他にどんなデザインがいいのか、、と考えてみましたが、他に案が思いつかない。 この映画の素晴らしさをジャケットひとつで表現するのは至難の技。 下手にこねくりまわして構成するよりも、キャンパスにあったあのお尻の形の変なベンチに座ってポリポリとおケツを掻きながら『うーまくいくー』と楽しげに歌う3人の並び。 この無駄な力を無駄に使わない、軽やかなヌケ感。 ジャケットはこれで丁度いいのだ。 泣き所はいくつもあったが、私の泣き場ナンバーワンは分娩成功の後、学長がランチョーの鉛筆の間違いを正して優等生のボールペンをプレゼントしたところかなあ。 好きな人ともう一回見たい。 他の好きな人ともまた見たい。 何回でも見たい。 おすすめしたい。 『きっと、うまくいく』は、どんなにキツいシチュエーションでも泣き寝入りせず絶対に諦めない、しなやかな強さを表した言葉で、この邦題すら最高かよと思う。 なんだか自分もうまく行くような気がして来ました。 5個でも星が足りないくらいです。 評価数に対する五つ星の割合が非常に高かったので、それに誘われて見てみました。 他の多くの皆さんが書いているように、結果としてとても楽しい時間を過ごすことができました。 遠い昔学生時代にバックパック旅行でインドに行った際に現地で見たインド映画とは一味違い、ストーリーや構成がしっかりしているのにもかかわらず、インド映画特有の歌とダンスが要所に上手くちりばめられていて、両者がうまく融合しているように感じました。 ただの笑いだけでなくでも感動だけでもなく、そのどちらも備えているこの素敵な作品に大きな拍手を送りたいです。 見終わった後に3時間の大作と知りましたが、これほどの長編にもかかわらず途中マンネリすることなく最後までワクワクしながらみられる映画はそうそう出会えないと思うので、是非皆さんにも見ていただきたと心から思います。 妙にレビューが高かったので期待して観てみました。 普段あまりレビューなんて面倒で書かないのですが、 観終わった時には、レビューを書かずにはいられなかった。 私はインド映画をあまり観たことがなかったし、冒頭から若干下品なシーンがあったり、 急に歌って踊ったりする流れに戸惑ったりして途中で切ろうと思いましたが。 コミカルな三人組のやり取りを見て、みるみる引き込まれていきました。 ランチョーが放つ言葉、そしてファルハーンとラージューとの友情には心を揺らされっぱなしで、 最終的にはもう涙。 ちょっと非現実的な内容の中にも、現実的な教訓があって人生を前向きに転換させられそうです。 「きっと、うまくいく」って。 いやーインド映画をナメてました。 ごめんなさい。 申し訳ない。 邦題とジャケットのあまりのダサさに見る気が起きなかったが、インド映画ということだったので興味を持ち期待せずに見てみました。 ひとことでどういう映画かと言うと、現代インド版明るい「今を生きる」です。 インド映画がこんなに進化しているとは!20年前に日本で大ウケした踊るマハラジャから私のインド映画情報が更新されてなかったので、インド映画は陳腐な内容で歌って踊るだけだけというイメージがあったのですが、すごく進化していたんですね。 もちろんインド映画らしく踊ってますけども、インド映画っぽさは残りつつも同時にこんなにきっちりとしたテーマで物語を描いているとは! 超学歴社会のインドでこのような社会問題を描いたテーマの映画を作る監督がいるんですね。 やはりあれだけ人口があって頭の良さでは抜き出た国ですからすぐれた人も多いだろうし、その中から深いテーマや物事の本質を描ける映画監督が登場するというのは当たり前なんですけど、一方的なインド映画へのイメージにとらわれてました。 インド映画への認識を改めました。 内容の一部に「ゴーカン」という言葉を笑いのネタにするというのがありますが、これはインド社会での認識が欧米の基準と比べてまだまだ成熟していないためでしょう。 こういう表現はちょっと前の日本でも当たり前にありましたから、これからインドも変わってくるでしょう。 いずれにしても見て良かった!!!見終わったあとで前向きな気持ちになり、自分の人生にもプラスの影響を与えてくれる作品です。 舞台は現代インドですけど、日本人にも通じる普遍的なテーマを持った映画なので自信をもっておすすめです。 【追記】 この映画がとてもよかったので、主人公が同じ俳優さんだという現在上映中の「ダンガル きっと、つよくなる」を見に行きました。 主役のアーミル・カーンさんはインドの大スターだそうですが別人のように役作りをされています。 一部の特権階級を除いて女は家事と子育てしかない人生というのがまだまだ多いインド社会の中で、父親と娘たちが女子レスリングで金メダルをめざして(実在のモデルがいます)突き進んでいきます。 2009年の「きっと、うまくいく」では「ゴーカン」をネタにしていたインド映画が、2016年の「ダンガル きっと、つよくなる」では、主人公が「これは女を下に見るすべての者との戦いだ」と言うほど価値観が進化。 2009年から2016年までのわずか数年でインド映画自体がものすごく変化していました。 やはり国が急成長中で、未来に希望が持てるような勢いのある国は映画でもそれを実感することができます。 Superb film - we watched it dozens of times and shared with our friends of various nationality and age groups - all love it! It's funny, touching, a feast for the eyes, great songs, and with it all it has a serious and wise message for all parents! It's Bollywood with a tongue in its cheek - it's great. One of the best film that I have watched some years ago. Bought this as a gift. The only potential downside is that English subtitles that I saw in YouTube did not do total justice to the film as some of the essence of the comedy is lost via translation or maybe because I don't get it in English. I watched the film with Chinese subs and it was better so I definitely hope that this DVD would be able to amend that.

次の

映画「きっと、うまくいく」のフル動画は無料視聴できる?ネタバレ付きあらすじもあり?

きっとうまくいく 動画

上映日 2009年 上映時間 170分 制作国 インド 監督 ラージクマール・ヒラニ 原作 Chetan Bhagat『Five Point Someone』 脚本 ラージクマール・ヒラニア、ビジット・ジョシ 音楽 シャンタヌー・モイトラー 出演 アーミル・カーン/R・マドハヴァン/シャルマン・ジョシ/カリーナ・カプール/ボーマン・イラニ/オミ・ヴァイディア 国際インド映画アカデミー賞にて史上最多の16賞を受賞した世界的に人気のあるインディアンコメディ。 第37回日本アカデミー賞では優秀外国作品賞を受賞。 コメディ映画でありながら、社会問題に踏み込む姿勢が世界中で評価された。 『きっと、うまくいく』のあらすじ 9月5日。 大学時代の親友同士のファルハーンとラージューは同級生のチャトルの招集で母校へと集まる。 この日は、もう1人の友人ランチョーと「10年後の今日に母校へ戻り、どちらがより成功したかを見せ合う」と賭けをした日であった。 だが、そこにランチョーの姿はなかった。 登場人物紹介 ランチョー(アーミル・カーン) 自由奔放で成績優秀な青年。 インドの競争社会に疑問を抱く。 ファルハーン・クレイシー(R・マドハヴァン) エンジニアを目指しながらも、写真家に憧れる青年。 本作のナレーター。 ラージュー・ラストーギー(シャルマン・ジョシ) 貧困な家庭の苦学生。 お守りなどの信仰を手放せない。 ピア・サハスラブッデー(カリーナ・カプール) 学長の2番目の娘。 ランチョーとの恋に落ちる。 ヴィールー・サハスラブッデー(ボーマン・イラニ) インド最高峰の工科大ICEの学長。 ランチョーたちの宿敵。 この先、『きっと、うまくいく』のストーリーを結末まで解説しています。 ネタバレを含んでいるためご注意ください。 【起】消えたランチョー [現在]9月5日。 大学時代の同級生、チャトルの招集でファルファーンとラージューは母校へと集まる。 この日は、ファルファーンとラージューの親友、ランチョーとチャトルが10年前に「10年後にどちらが成功しているか」を賭けた決戦の日だったのだ。 だが、そこにランチョーの姿はなかった。 [学生時代]ランチョーとファルファーン、ラージューはインド最高峰の工科大ICEの同級生で、寮のルームメイトだった。 ある日、 彼らの先輩のジョイ・ロボが自殺をする。 ジョイは優秀な学生だったが、競争を強いる学校のシステムに苦しんでいたのだ。 [学生時代]ランチョーは、点の取り方ばかりを重視する大学に抗議するも、学長には煙たがられるだけであった。 だが、そんなランチョーに学生たちは惹かれていく。 このとき年間の成績が発表された。 ランチョーは1位で、ファルファーンとラージューは共に最下位であった。 [現在]チャトルの情報により、ランチョーの家にたどり着いた3人だったが、そこにいたのは、ランチョーを名乗る別の人物だった。 ファルファーンらの知るランチョーは、勉強嫌いなその男の影武者として学位を取得したのだという。 【承】ランチョーの恋[学生時代] ある日、ファルファーンとラージューは学長の娘モナの結婚パーティーに侵入した罰として、寮の部屋を移される。 ラージューはチャトルと同部屋になった。 ランチョーは、他の生徒を蹴落とそうとするチャトルからラージューを救出する。 ランチョーの救出により恥をかいたチャトルは、10年後にどちらがより成功しているかの賭けを持ち掛けたのだ。 ある日、ラージューの父が危篤状態になる。 ランチョーは、偶然居合わせた学園長の2番目の娘ピアと共に、ラージューの父を病院へと運び、命を助けた。 このとき、ランチョーとピアは恋に落ちる。 ランチョーたちは4年生となったが、順位は変わらず。 ランチョーはトップで、ファルファーンとラージューは最下位であった。 【転】それぞれの壁[学生時代] ランチョーは、ファルファーンとラージューに、「自由に生きていないために成績が上がらないのだ」と忠告する。 ファルファーンとラージューは、ランチョーがピアに告白をするなら、自分たちも行動を変えると答えた。 ランチョーは泥酔した勢いで学園長の家に侵入し、ピアに想いを伝える。 ランチョーとファルファーンは無事に脱出するのだが、ラージューだけは学園長に目撃される。 ラージューは呼び出され、 ラージューかランチョーのどちらが退学になるか選ぶよう命じられる。 葛藤したラージューは投身自殺を図り、全身まひの重体になる。 ランチョーらの献身的な看病によりラージューは回復する。 その後、 ランチョーの根回しにより、ファルファーンはある写真家から助手のスカウトを受けた。 ファルファーンは父親を説得して和解する。 ラージューは信仰を捨て、企業の内定を獲得する。 【結】きっと、うまくいく [学生時代] 学長は自作の試験問題で、ラージューを落第させようとする。 それを知ったランチョーらは試験問題を盗み出すが、ラージューは実力で勝負すると言い、不正を拒んだ。 だが、 試験問題の泥棒が発覚すると、ランチョーらは退学を命じられた。 [学生時代]その夜、学園長の娘のモナが破水する。 こともあろうに、その日は豪雨であった。 病院にも行けぬ非常事態だったが、ランチョーの活躍により無事に出産する。 これにより、 ランチョーら3人は退学取り消しとなり、無事に卒業した。 その後、ランチョーは失踪した。 [現在]3人は、ランチョーの居場所をつかみ、ピアを拾って、そこに向かう。 ピアは婚約していたが、未だにランチョーへの想いはあると言う。 彼らが出向いた先で、ランチョーは小学校を経営していた。 そこでは、子どもたちが自由に学んでいた。 [現在] ランチョーの本名は、フンスク・ワングル。 多くの特許を持つ学者だった。 フンスクとピアは結ばれる。 すべてが、うまくいったのだ。 『きっと、うまくいく』の感想 どうしようもなくおもしろい作品を観たとき「ズルい」と思うことがあります。 こんなの見たら感動するに決まってるでしょ、という感覚です。 少女漫画のヒロインが言いそうな台詞ですね。 『きっと、うまくいく』は私にとって「ズルい」作品でした。 インド映画特有の、肝心なシーンをミュージカル風に片付けてしまうほがらかさ。 3人組の、馴れ合い抜きの熱い友情。 ランチョーの身分を超えた恋愛。 エンタメ作品の3種の神器とも言える要素をすべて取り入れながら、深いメッセージを持っているのですから、おもしろいに決まってます。 170分の大作ですが、体感1時間の名作です。 ぜひご覧ください。

次の

映画『きっと、うまくいく』動画フルを無料視聴!吹き替えも字幕版も見られる

きっとうまくいく 動画

競争のプレッシャーから神頼みに走るランジュー。 工学の天才で、教育のあり方に強い信念をもつランチョー。 3人はインドの超難関工科大学・ICEのルームメートだった。 中でもランチョーは、 世間の常識に果敢に挑戦する異端児で、大学を牛耳る鬼学長にも堂々と対抗。 ファルハーン、ランジューはそんなランチョーに惹かれ、3人はいつも一緒にいるようになる。 ある日、大学内の過酷な競争を煽る学長から叱責を受けた一人の学生が、首吊り自殺を図る…。 この映画を人に勧めて外れた経験がない。 3時間という長さを一切感じさせないテンポ良い進行と、主人公3人組が繰り出す小気味よい出来事の数々は見ていて気持ちが良い。 最後の伏線の回収も完璧。 — 映画オススメbot cinema8paradiso バーフバリやってた時、謳い文句?でよく目にした『きっと、うまくいく』を視聴したんですが、コメディ映画だし…と舐めてかかって返り討ちにあいました。 インド人エンジニアは大変優秀と言われ、世界で活躍していますが、その裏に死人が出るほどに過酷な学歴競争があったことを初めて知りました。 最近インド関係の映画を何本か観ましたが、本作で描かれるのは、また新たな一面。 最下層の子どもたち、女性の地位の低さ、そして超エリート達の競争…。 少し映画を観ただけでも、 「インドは一体いくつの顔を持つのだろう?」と考えてしまう…本当に興味深い国です。 最初の方は、インドの大学事情がわからず、遠さを感じていたのですが、ランチョーたちを見ていると、どんどん共感ポイントが出てきました。 例えば「就職が決まってから、卒業試験がある」ところは日本も同じ。 彼らも就職が決まり安堵したのもつかの間、卒業試験をクリアすることに苦戦、大騒動を巻き起こします。 学生時代の先生、友達、就活…。 表面的な違いを取り除いた根っこにある悩みや不安、希望は、自分にも覚えのある感情でした。 若い時に感じることは、国や文化の違いを超えて世界共通なんだ…。 遠いインドの彼らを見ながら、改めて実感しました。 映画の後半は三人の卒業と進路、現在の様子に話が移ります。 最後の方は、 長い映画をここまで観てきた観客へのご褒美なのか?と思うくらい素晴らしいシーンが続き、しばしば涙があふれます。 特にラスト15分は言葉に言い尽くせない感動でした。 もしこの映画を劇場で鑑賞して外に出たら、外の風景は来た時より明るく見えたと思います。 心の底から「観てよかった」と思える映画に、久しぶりに出会えました。 ランチョーを演じたアーミル・カーン。 大学生として何の違和感もなく観ていたのですが、撮影時44歳! だったそうです。 他の二人も39歳と30歳。 なんだか騙された気分 笑。 他にもミュージカルシーンが感動的だったり、あるいは絶妙にダサい恋愛映画風だったり。 三バカのアホな行動、学長との攻防に大爆笑したり、ミステリー仕立てになっているランチョーの消息にハラハラしたり…。 内容盛りだくさんで、ぎゅうぎゅうに詰め込まれています。 でも 詰まっているものすべてが素晴らしく、無駄だと感じるシーンはまったくないのです。 この映画の良さを、短く説明することはなかなかに困難です。 だからまだ観ていないたくさんの人たちに観てほしいと願う、ずっと心に残る一本になりました。 きっと、うまくいく を観た人にオススメの作品 「ダンガル きっと、つよくなる」 ランチョー役のアーミル・カーン。 本作では大学生ですが、ダンガルでは熱血レスリング親父。 続けて観るとギャップが凄すぎる…。 さすがインドの「国宝級」スターです。 当ブログの管理人です。 アメリカに住み始めたことをきっかけにNetflixを使い始めて、いつの間にかNetflixに限らず、動画配信サービス VOD にハマってしまいました。 今ではテレビを持たず、U-NEXT・Netflix・dTV・Hulu・Amazonプライム・Paravi・FOD・DAZN・dアニメストア・TSUTAYA TVの 10つのVODに登録していて、合計で月額約10,000円です。 自分でもバカだなあと思いますが、それぞれのVODにそれぞれの良さがありますし、これだけ登録していると本当に「好きな時に好きな場所で好きな作品」を観ることができます。 「好きな時に好きな場所で好きな作品」、魅力的なフレーズですね。 個人の意思が尊重される現代にはぴったりのサービスだと思います。 1つでもVODに登録しておくと暇つぶしの幅が一気に広がります。 まだVODに1つも登録していない方は、どれか1つ登録してみてはいかがでしょうか。 ぜひ、あなたに合ったVOD探し、お手伝いさせてください。

次の