ヨアソビ。 ヨアソビ/YOASOBIは何者で元ネタの小説はどこで読める?メンバーと全曲紹介!

yoasobi(ヨアソビ)のwiki!メンバーがイケメンと可愛い美女!?作曲の原作小説まとめ!

ヨアソビ

YOASOBIは音楽を努める 「Ayase」とボーカルを担当する 「幾田りら」で構成された音楽ユニットであり、本楽曲のアニメーションイラストは 「藍にいな」が担当しています。 第一章「夜に駆ける」公開されました。 原作小説「タナトスの誘惑」の世界を、藍にいな さんによる最高のMVと一緒に形にさせていただきました。 綴られているように 「夜に駆ける」は、星野舞夜が手掛けた小説「タナトスの誘惑」が元になっています。 私の本楽曲との出会いはYouTubeのおすすめでした。 色彩の良いイラストに釣られて再生をクリックし、鮮やかな鍵盤と幾田さんの歌声に一撃で魅了された私ですが、ルーツを調査し小説の世界観を歌で表現していると知って更に感激しました。 だからこそ味わい深いストーリーが生まれていたのだなと。 物語の全容を知れば感じ方も変わってきます。 それでは本題の楽曲考察に移っていきましょう。 まずはタイトルから。 楽曲名「夜に駆ける」とは 「夜に駆ける」とはそのままの意味だと 夜を疾走する。 となるのですが、実は本楽曲においては 二人で飛び降りていくさま を比喩する言葉として使われています。 MVを見ると分かるのですが、まさにクライマックスのシーンと重なります。 衝撃的なラストシーンに辿り着くまでの情景とは? 本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく 作詞作曲:Ayase スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提として 楽曲の基本情報の欄でも述べたように、「夜に駆ける」は原作小説「タナトスの誘惑」が元になっているため、そちらをご覧いただくことで歌詞の解像度がグッと上がります そのため今回の考察では、 歌詞と小説をリンクさせて解説させて頂きました。 小説の要点もおさえつつ解釈を行っています。 感想的な要素も強く入っちゃいました では、歌詞を細かく見ていきましょう。 1番 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に まるでこの世界に二人だけしか存在しないと思えるような妖艶な夜。 これが本楽曲の舞台。 情景はどのように展開されていくのでしょうか。 歌詞を追っていきます。 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた まず前提として押さえておきたいポイント。 原作小説「タナトスの誘惑」の中では 生に対する欲動に支配される人間と、死に対する欲動「タナトス」に支配される人間が存在する。 そしてタナトスに支配されている人は「死神」が見える。 死神は、それを見る者にとって1番魅力的に感じる姿をしていて、それはまさに「理想の人」の姿をしている。 という世界設定があります。 ちなみに楽曲の主人公が好意を寄せている君 彼女 は、タナトスに支配されています。 だから「さよなら」と主人公に連絡しては、高いところから飛び降りようとする。 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 原作小説で描かれていましたが、主人公と君が関係を持ったのも、飛び降りようとする君を引き止めたことがきっかけでした。 はじめて君を見た日、主人公は奇々怪界な雰囲気を感じながらも、どこか闇のある君に何故か自然と惹かれていきます ここは物語最後の伏線 飛び降りようとする君とそれを引き止める僕。 それを繰り返すことで主人公はいつか円満な二人の未来が訪れると確信しています。 だから付き合って以降も何度も君を引き止める。 サビ1 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう サビ1では、• 僕の手を掴んでほら• 怖くないよ• 二人でいよう など前向きな言葉が綴られていく。 なぜなら毎回「さよなら」と連絡を送ってくる君の行動から「君は自殺を引き止めて欲しいのでは?」と読み取っているから。 君が生を望んでいると勝手に解釈しているから、キラキラした温かい世界に誘おうとしているのです。 全ては 「魅力的な君」のため。 二人で手を取り合えば、俗に言う「幸せ」に近づいていけると信じて疑っていないのです。 完全に「タナトスの誘惑」の世界観に寄り添っていることが分かります。 原作を読んだ方は既にご存知かと思いますが、ここからのクライマックスまでのどんでん返しがすごい。 2番 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ はじめに紹介したように、 「タナトス」である君は 死神 自分の中で最大の理想像 が見えています。 君は自分には憂いの表情しか見せてくれないのに、死神には恋をしているような表情をする。 自分との態度の違いに苛立ちや焦りを感じながらも、やはり君への想いは解けないから 「いつか分かり合える」と必死に言い聞かせています。 歌詞にあるのはまさにその情景。

次の

ヨアソビ(yoasobi)の経歴やバンドメンバーは?曲やライブまとめ

ヨアソビ

YOASOBIは音楽を努める 「Ayase」とボーカルを担当する 「幾田りら」で構成された音楽ユニットであり、本楽曲のアニメーションイラストは 「藍にいな」が担当しています。 第一章「夜に駆ける」公開されました。 原作小説「タナトスの誘惑」の世界を、藍にいな さんによる最高のMVと一緒に形にさせていただきました。 綴られているように 「夜に駆ける」は、星野舞夜が手掛けた小説「タナトスの誘惑」が元になっています。 私の本楽曲との出会いはYouTubeのおすすめでした。 色彩の良いイラストに釣られて再生をクリックし、鮮やかな鍵盤と幾田さんの歌声に一撃で魅了された私ですが、ルーツを調査し小説の世界観を歌で表現していると知って更に感激しました。 だからこそ味わい深いストーリーが生まれていたのだなと。 物語の全容を知れば感じ方も変わってきます。 それでは本題の楽曲考察に移っていきましょう。 まずはタイトルから。 楽曲名「夜に駆ける」とは 「夜に駆ける」とはそのままの意味だと 夜を疾走する。 となるのですが、実は本楽曲においては 二人で飛び降りていくさま を比喩する言葉として使われています。 MVを見ると分かるのですが、まさにクライマックスのシーンと重なります。 衝撃的なラストシーンに辿り着くまでの情景とは? 本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく 作詞作曲:Ayase スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提として 楽曲の基本情報の欄でも述べたように、「夜に駆ける」は原作小説「タナトスの誘惑」が元になっているため、そちらをご覧いただくことで歌詞の解像度がグッと上がります そのため今回の考察では、 歌詞と小説をリンクさせて解説させて頂きました。 小説の要点もおさえつつ解釈を行っています。 感想的な要素も強く入っちゃいました では、歌詞を細かく見ていきましょう。 1番 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に まるでこの世界に二人だけしか存在しないと思えるような妖艶な夜。 これが本楽曲の舞台。 情景はどのように展開されていくのでしょうか。 歌詞を追っていきます。 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた まず前提として押さえておきたいポイント。 原作小説「タナトスの誘惑」の中では 生に対する欲動に支配される人間と、死に対する欲動「タナトス」に支配される人間が存在する。 そしてタナトスに支配されている人は「死神」が見える。 死神は、それを見る者にとって1番魅力的に感じる姿をしていて、それはまさに「理想の人」の姿をしている。 という世界設定があります。 ちなみに楽曲の主人公が好意を寄せている君 彼女 は、タナトスに支配されています。 だから「さよなら」と主人公に連絡しては、高いところから飛び降りようとする。 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 原作小説で描かれていましたが、主人公と君が関係を持ったのも、飛び降りようとする君を引き止めたことがきっかけでした。 はじめて君を見た日、主人公は奇々怪界な雰囲気を感じながらも、どこか闇のある君に何故か自然と惹かれていきます ここは物語最後の伏線 飛び降りようとする君とそれを引き止める僕。 それを繰り返すことで主人公はいつか円満な二人の未来が訪れると確信しています。 だから付き合って以降も何度も君を引き止める。 サビ1 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう サビ1では、• 僕の手を掴んでほら• 怖くないよ• 二人でいよう など前向きな言葉が綴られていく。 なぜなら毎回「さよなら」と連絡を送ってくる君の行動から「君は自殺を引き止めて欲しいのでは?」と読み取っているから。 君が生を望んでいると勝手に解釈しているから、キラキラした温かい世界に誘おうとしているのです。 全ては 「魅力的な君」のため。 二人で手を取り合えば、俗に言う「幸せ」に近づいていけると信じて疑っていないのです。 完全に「タナトスの誘惑」の世界観に寄り添っていることが分かります。 原作を読んだ方は既にご存知かと思いますが、ここからのクライマックスまでのどんでん返しがすごい。 2番 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ はじめに紹介したように、 「タナトス」である君は 死神 自分の中で最大の理想像 が見えています。 君は自分には憂いの表情しか見せてくれないのに、死神には恋をしているような表情をする。 自分との態度の違いに苛立ちや焦りを感じながらも、やはり君への想いは解けないから 「いつか分かり合える」と必死に言い聞かせています。 歌詞にあるのはまさにその情景。

次の

ヨアソビボーカルikuraの顔が可愛い!wikiプロフィール・経歴まとめ【YOASOBI】

ヨアソビ

プロフィール 〇芸 名 :ikura 〇本 名 :幾田りら 〇生年月日:2000年9月25日 〇年 齢 :19歳 2020年5月時点 〇身 長 :155cm 推定 〇出身地 :東京都 〇職 業 :シンガーソングライター 〇特 技 :ギター、歌、バレエ 〇所 属 :レーベル After School ヨアソビ YOASOBI でボーカルを務める「ikura」の本名は、幾田りら。 年齢は、まだ19歳。 音楽活動の傍らで勉強やキャンパスライフを楽しむ現役大学生です。 ikura 幾田りら さんは、 清楚で可愛いらしいルックス、曲の世界観を魅せられる 表現力や 歌声が人気です。 さらに、ボーカル以外に、ギター、キーボード、トランペットを演奏できる器用さも兼ね備えています。 現在は、Youtube・音楽ストリーミングサービスを中心に、10・20代から多くの支持を獲得。 TikToKでは、ikuraさんが歌う「夜に駆ける」が大人気。 ユーザーが思い思いにカバー動画を投稿し、ぷちバズ状態です。 また、「 東京海上日動あんしん生命」CMに歌い手として出演。 CMソング『スキマスイッチの「全力少年」』を歌いこなすikura 幾田りら さんの歌声が話題になりました。 MEMO 〇学校名:中央大学付属高等学校 〇偏差値:71 〇卒業生:秋元康 放送作家 、小倉智昭 アナウンサー 、ナオトインティライミ 歌手 など 偏差値がめちゃめちゃ高い。 東京でも学力トップレベルの高校です。 大学付属中高一貫校のため、大学はそのまま「中央大学」では?と予想されています。 私ごとではございますが 第一志望大学に無事合格致しました🎊 約5カ月間この活動をスローにして、その間応援してくださる皆様からのメッセージに何度も背中を押されました。 これからまた再開していきますので、どうぞ応援よろしくお願いします😌 ぷらそにかのみんながお祝いしてくれた😢ありがとう! — 幾田 りら ikutalilas 第一志望大学の合格報告時期で「2018年10月」。 一般受験組よりも半年早いので、恐らく推薦で大学進学を決めたのでしょう。 内部進学・他大学受験、いずれにせよ、成績優秀だったのではないでしょうか。 父親の影響で、小さい頃から歌とギターの音に包まれる環境にいたため、自然と音楽にのめり込み「歌手の夢」を追いかけるようになったそうです。 幼少期の 習い事は、音楽一色。 ボイトレ シアーミュージック吉祥寺校• ピアノ 小1~中2• クラシックバレエ 学校ではバンドを結成し、ボーカル担当。 さらに、中学時代は「アンサンブル部」に所属し、トランペット演奏にチャレンジ。 本当に「音楽」に囲まれた毎日ですね。 当時 14歳 のikuraさんが語った言葉 私は自分で感じたすべてを歌詞にして、歌詞を作った人だからこそわかるイメージの合うメロディーをつけて、歌うことの意味をとても感じてます。 それで、人の心を動かすことができることを知ったからです。 引用: 中学生時代から、明確な目標を持って音楽活動に取り組んできたのがわかりますね。 MEMO「東京ガールズオーディション」 『東京ガールズコレクション』、『エイベックス・グループ』、そして『Ameba』が、次世代のトップモデル・トップアーティストを発掘する日本最大級のオーディションプロジェクトのこと。 2015年は2万人を超える応募があった。 参加のきっかけは• シンガーソングライターの夢に近づくため• もっと沢山の人に歌を聴いてもらいたい• お母さんへの恩返し だったそうです。 結果的には、惜しくも途中審査 第3次?)で落選してしまったようですが、この活動を通じて『沢山の人に応援される喜び』を感じたそうです。 路上ライブの経験も 引用: オーディション期間は、Youtube投稿や路上ライブにも積極的にチャレンジ。 その経験もikura 幾田りら さんにとって、貴重な体験だったのがブログに綴った思いから伺えます。 自分の想いを綴ったブログ 引用: このオーディションへの参加は、いまのikura 幾田りら)さんに繋がる大きな糧になったのは間違いないですね。 「ぷらそにか」とは 『概要』 〇個々の活動するシンガーソングライターが集結したアコースティックセッションユニット 〇Sony Musicが主催のアーティスト養成講座「the LESSON」受講生と、VAZ所属のクリエイターで構成される。 〇Youtubeの公式チャンネル運営中。 毎週金曜日にカバー曲を中心とした楽曲を配信。 また、路上ライブやライブ活動も実施する。 『Youtubeチャンネル』 所属メンバー:総勢32名 2020年3月時点 登録者数 :11万人以上 動画配信数 :240本以上 チャンネル名:ぷらそにか 公式 「ぷらそにか」では、ボーカル以外に、ギター・キーボード・トランペットも担当しており、これまで音楽経験をフルに活かして活躍しています。 2020年8月には、東京・マイナビBLITZ赤坂でワンマン・ライヴの開催も決定しており、同グループでの活動にも注目です。

次の