履歴書 塾 バイト。 塾講師のバイトをしたいのですが、履歴書に浪人のことを書くべき?

履歴書の書き方|学バイト

履歴書 塾 バイト

履歴書を準備 履歴書は書店、コンビニなどで購入が可能です。 その履歴書によって記入項目や用紙のサイズが異なっています。 自分のプロフィールや経歴をアピールしやすいフォーマットを探してみましょう。 記入には黒ペンかボールペンを使用 履歴書の記入には、黒のペンかボ-ルペンを使用するのが基本です。 インクが擦れてしまいやすいものや、ダマになってしまうものは避けましょう。 また、青や赤などの色付ペンや鉛筆、シャープペンなどでの記入は禁物です。 書き間違えても修正ペンや二重線での書き直しはNG 1か所でも記入ミスをしてしまった場合は、面倒でも最初からすべて書き直すのが基本です。 書き間違いを防ぐためには、下書きを用意し、それを見ながら書くのがいいでしょう。 丁寧で読みやすい字を心がけましょう 履歴書を記入する際は字の上手・下手が問題でなく、丁寧に読みやすく書くことが大切です。 一字一字丁寧に書かれた履歴書はそれだけで好印象です。 パソコンでフォーマットを使用しての作成も問題ありません。 日付 特に指示が無い場合は、和暦(平成〇年・昭和〇年)で記入するのが一般的です。 学歴欄、職歴欄などとも統一をして、西暦と和暦が混在しないようにしましょう。 日付は実際に記入をした日ではなく、持参の場合は面接をする日、郵送の場合は投函する日の日付を記入します。 写真 写真は正面を向いたものを使用しましょう。 カラーでもモノクロでも構いませんが、3か月以内に撮影したものを使用してください。 服装はスーツ着用が好ましいですが、ラフな服装でなければ私服でも失礼にはなりません。 住所 履歴書は正式な書類となりますので、都道府県からしっかりと書き、アパートやマンション名なども省略して記入するのはNGです。 郵便番号も7桁でしっかり記入しましょう。 電話番号 自宅に固定電話が無い場合は、携帯電話番号のみの記入でも問題ありません。 電話番号の記入欄が1か所しかない場合は、より連絡がつきやすい番号を記入します。 その際、携帯電話の番号であっても問題はありません。 メールアドレス 基本的には、普段使用しているものを書きましょう。 携帯電話のアドレスでも問題ありません。 社会人の方は勤務先の会社のメールアドレスでは信用性を落とす可能性がありますので、避けてください。 学歴 1行目の中央に「学歴」と記入しましょう。 学歴は小学校の卒業から記入し、小・中学校は卒業年月日のみ。 高校入学以降は入学・卒業の両方を記入してください。 「高校」ではなく、正しく「高等学校」と記入しましょう。 大学、短大、専門学校、高校は学部、学科、専攻名までしっかりと書くようにしましょう。 また、現在在学している場合は在学中である旨も明記しましょう。 職歴 職歴は学歴とは1行空けて記入してください。 学歴と同様に1行目の中央に「職歴」と記入しましょう。 勤務開始年月・退職年月ともに記入をしましょう。 アルバイトも職歴に含まれますので注意してください。 特に職歴がない場合は「なし」と記入すること忘れずに。 免許・資格 普通自動車免許など一般的な資格はもちろんのこと、民間資格で応募先の仕事に直接関係ないような資格でも必ず記入するようにしましょう。 取得のために努力をした姿勢を評価してくれるかもしれません。 記入の順番は取得年月が古いものから書いてください。 志望動機・自己PR 応募動機は「なぜその塾で働きたいのか」「採用されたら生徒とどのように接していきたいのか」等を記入しましょう。 「時給が高いから」「通勤が楽だから」のように自分本位に偏った内容や、「貴社の業務に興味がある」のような具体性に欠ける動機は避けましょう。 自己PRは「得意科目」「自身がどのように勉強・受験経験をしてきたか」などが好ましいでしょう。 また勉強のことに限らず「自分の良さはどんなところか」をしっかり記入してください。 その他・希望記入 募集職種や勤務地が複数ある塾に応募する場合は、自分の希望をしっかりと記入しましょう。 そのほか、学校や部活動の都合などで勤務できない曜日や時間帯がある場合や、連絡を取りやすい時間帯などがある場合などは、その旨記入しておきましょう。 保護者記入欄 18歳未満の場合は保護者の同意が必要です。 必ず記入してもらってください。

次の

履歴書の書き方|塾講師のアルバイト・バイト求人情報【塾講師ナビ】

履歴書 塾 バイト

【バイト履歴書】好印象を与える長所・短所の上手な書き方&例文 バイトに応募しようと書き始めた履歴書で、思わず手が止まる「長所・短所」。 「短所ならいくらでも思いつくけど、長所は何と書けばいいのか」と頭を悩ませながら書いてみたものの、今度は「これで本当に大丈夫か」と不安な気持ちに……。 そんな経験のある人はいませんか? 履歴書の「長所・短所」欄はどのように書けば、採用担当者に良い印象を持ってもらえるのでしょうか。 今回はバイトに応募する際の履歴書の書き方で悩んでいる人向けに、履歴書の「長所・短所」にポイントを絞り、書き方のコツをお伝えします。 【目次】 1.「長所・短所」を書く意味 履歴書に書かれた「長所・短所」から、採用担当者は以下のようなことを見ています。 ・自己分析がきちんとできているかどうか ・仕事で自分の長所をどう活かしてくれるのか ・短所を克服しようとする力があるかどうか(問題を解決する能力があるかどうか) これらをアピールするためにも、履歴書を書く前にきちんと自己分析をして、長所と短所、そして短所をどう自分なりに補っているかを考えておきましょう。 2.自分の長所の見つけ方 まずは自分の長所の見つけ方から説明します。 「自分には長所なんてない」と思い込んでいる人でも大丈夫です。 次の方法で長所を発見しましょう。 褒められたこと、喜ばれたことを思い出す 過去の自分の経験から、家族や友人など、誰かに褒められたことや喜ばれたことを思い出してみましょう。 「すごい」「さすが」「うらやましい」と言われたことや、「うれしい」「ありがとう」と感謝されたことなど、いろいろ出てくるのではないでしょうか。 自分では「大したことじゃない」と思えるようなことでも、褒められたり喜ばれたりしたことは、周囲にとっては評価に値するということ。 それは間違いなく自分の長所であり強みです。 自分よりも周りのほうが、自分の良さに気づいているものです。 その際、ひとつだけ気を付けたいのは、相手が答えてくれたことに照れて、「そんなことないよ」などと否定してしまうこと。 自分の良いところを認めてくれている相手に感謝して、素直に受け止めましょう。 3.長所の書き方のポイント せっかくの自分の長所ですから、効果的にアピールしたいものです。 書き方のポイントを押さえておきましょう。 では、詳しく見ていきましょう。 ・結論 「積極性がある」「コツコツ努力する」など、自分の長所を表す言葉です。 ・根拠 なぜそれが自分の長所といえるのかをわかりやすく説明するエピソードです。 実はこの部分が、長所を書くときに大切にしたいポイント。 具体的なエピソードがあれば、採用担当者はその人の長所を、客観的にリアリティを持って理解することができます。 「積極性がある」と書いてさえおけば、「この人には積極性がある」と認めてくれるわけではありません。 必ず根拠を盛り込みましょう。 ・バイトへの活かし方 自分の長所をバイトでどう活かせるか、活かしたいかという意欲や希望です。 志望動機に結びつけて書くこともできます。 初めに多めに書いてから履歴書の枠内に収まるように削る 長所が見つかり、記入するコツがわかったとはいえ、いきなり履歴書に書き込むのは失敗のもと。 まず、伝えたいことを下書きしてみましょう。 エピソードの説明をすると文字数が多くなりますが、とりあえずは思うままに書き出してください。 その上で、下書きした文章を読み返しながら、不要な言葉を削除したり表現を変えたりしながら、履歴書の枠内に収まるように文字数を調整しましょう。 長すぎず、短すぎず、枠内にバランスよく収めることがポイントです。 長所に使える!お役立ちフレーズ 長所を書くときにすぐ使えるお役立ちのフレーズを一覧にしました。 同じような性格でも、いろいろな表現方法があります。 自分に合った言葉を見つけてください。 【例】 NG:何事にも一生懸命取り組む性格です。 OK:何事にも一生懸命取り組む性格で、一度やり始めたらとことん突き詰めないと気が済まないところがあります。 NG:くよくよしない性格です。 OK:くよくよしない性格の私は、うまくいかないことがあっても、反省したらすぐに気持ちを切り替えて、次に活かすことを心がけています。 NG:思いやりがあります。 OK:思いやりのある性格で、大勢で何かをするときには、周りの人を気遣いながら全員が気持ちよく行動できることを常に心がけています。 4.短所の書き方のポイント 長所をクリアしたら、次は短所です。 短所を書くポイントは、マイナスの印象ばかりが大きくならないように気を付けることです。 長所に言い換えてフォローできるものだけを書く 短所を書くときに大切なことは、長所に言い換えてフォローできるものを取り上げることです。 その上で、短所ではあるけれど、それが良さにもつながることを伝えて、ポジティブな印象を与えるようにします。 「集中力がない」「飽きっぽい」など、ネガティブな言葉だけで終わらせてしまうと採用担当者の印象が悪くなるので、要注意です。 バイト内容に関係することを書かない 応募するバイトに不利なるような短所は、書かないことが鉄則です。 例えば、職種が接客業なのに「人見知り」、データチェックの仕事なのに「大ざっぱでがさつ」では、本当に仕事を任せられるのか、採用担当者も不安になってしまいます。 短所から長所への言い換えの例 短所を長所に言い換えるときの例をご紹介します。 参考にしてください。 エピソードの部分は、自分自身のことにどう置き換えればよいかを考えながら読んでみてください。 所属する演劇部の公演の際、自分の不注意でケガをして、舞台に立てなくなったことがあります。 しかし、代役を務めてくれた仲間をサポートし、裏方仕事を率先して引き受け、公演成功のためにそれまで以上に力を尽くしました。 私の行動をメンバーも認めてくれ、感謝してくれました。 責任感が強いからこそ、できたことだと思います。 ボランティアで老人福祉施設に出向いたときも、人生の先輩から学ぼうという気持ちで接したところ、普段は気難しくて無口なおじいさんが笑顔で話し相手になってくれました。 珍しいことだと、職員さんに驚かれたほどです。 別れを惜しんでくれた顔も忘れられません。 このコミュニケーション力をぜひ接客の仕事に活かしたいと考えています。 大学では苦手な英語を克服しようと、英会話サークルに入りました。 最初はついていけず、入部を後悔したこともあります。 しかし、向上心を忘れず、時間があればリスニング教材を聴き、留学生とも積極的に交流するようにしました。 その努力が実り、日常会話ならスラスラ話すことができるまでになりました。 アルバイトでも、苦手なことから逃げずに努力する姿勢で臨みたいと思います。 半面、さまざまな側面から慎重に検討して行動できるので、最終的には良い結果に結びついています。 心が決まれば、最後までやり抜く行動力も持っています。 大勢で作業をするときには迷惑をかけないように気を付けていますが、逆に人がミスをしても笑って許すことができます。 その性格からか、昔から友達の数が多いのが自慢です。 人に好かれやすいので、人と接する機会の多い仕事に向いていると思います。 整理整頓が好きで、正確さと丁寧さが持ち味です。 他の人が嫌がるような細かい作業も苦にならず、力を発揮することができます。 うまくまとめて、自分をPRしましょう。 責任感があることが長所という人は、大勢います。 なぜそう言えるのか、具体的なエピソードを交えて書けば、その人らしさが伝わります。 短所も同様です。 長所に置き換えて伝えれば、良い印象で受け止めてもらうことができます。 このコツは、就職活動や転職活動のときの面接でも役立ちますから、覚えておいて損はありません。 今回ご紹介した例文を参考にしながら、自分ならではの長所と短所をまとめ、バイトの採用を勝ち取りましょう。 履歴書の無料ダウンロードはこちら.

次の

アルバイト歴は履歴書に書くべき?職歴記入のルール

履歴書 塾 バイト

履歴書は、アナタが自身を映す鏡です。 丁寧な字で、心をこめて書きましょう。 コピーなんて、もってのほか!! 修正液もマイナス要因ですよ。 それでは、注意事項を詳しく見ていきましょう。 日付 ・履歴書を書いた日または、提出日 ・面接に持って行く場合は、その当日を書いてください。 写真 ・写真は、スピード写真でもOKです。 ただし、男女ともスーツを着用していた方が望ましいです。 ・笑顔は厳禁、顎を引いて精悍な顔立ちで撮影してください。 氏名 ・ふりがなを記入。 ・「ふりがな」とあればひらがな、「フリガナ」とあればカタカナで記入しましょう。 住所・電話番号 ・一切、省略はしないでください。 ・ふりがなは、「フリガナ」と書いてあったらカタカナで、「ふりがな」と書いてあったらふりがなで記入します。 ・「1-2-3」の簡略形ではなく「1丁目2番3号」と正確に記入して下さい。 ・電話番号は、市外局番から正確に記入してください。 ・連絡先のほか、いつでも確実に連絡が取れる携帯の番号もしっかり書きましょう。 学歴 ・学歴・職歴の1行名には「学歴」・「職歴」と記入してください。 ・学校名は、正確にフルネームで記入してください。 ・学歴は、小学校卒業から書きます。 ・職歴、部署なども同様にフルネームで記入してください。 ・職歴がない場合は「なし」と書きます。 ・最後に、右下側に、「以上」や「現在に至る」など、終わりを意識したものを入れ、担当者が見やすいようにします。 ・基本的にアルバイト歴は記入しませんが、塾講師に近いアルバイトを経験している場合は記入しておきましょう。 退職した場合は、「一身上の都合により退社」、現在もまだ在職中の場合は、「現在に至る」と書いてください。 職歴 ・なければ「なし」と書きます。 パートやアルバイトでも長期で働いたものは記入しておきましょう。 会社名は「(株)」や「KK」を使わずに「株式会社」とし、最後に「以上」と記入します。 資格 ・取得した順に書きます。 ・自分が取得している免許・資格を、業務に関係ある、なしに関わらず一通り書いてください。 ・記入に際しては、必ず正式名称で書きましょう。 例えば、自動車一種免許ではなく普通自動車第一種免許、英検2級ではなく実用英語検定2級というように書きましょう。 趣味・特技 ・面接の時の話題作りになるので、これといったものがなくても「特になし」ではなく、自分の好きなことや得意なことを書いておきましょう。 志望動機 ・志望した塾を選んだ理由を書きます。 ・塾講師採用に当たっては、何を教えることができるかがポイントになります。 自己PR ・働く意欲やチャレンジ精神をアピールしましょう。 ・仕事に活かしたい、活かせそうな自分の経験や特徴を考えて、書いてみましょう。 本人希望欄 ・職種や勤務地、条件などの希望があれば記入してください。 保護者記入欄 ・もしあなたが18歳未満の場合は、保護者にあたる人の名前・住所・連絡先を記入しましょう。 求人情報アルバイトを検索 求人情報募集中の塾を条件から検索できます。 下記を選択して検索ボタンを押してください。

次の