インスタ dm スタンプ ない。 インスタのGIFがDMで送れない場合の詳細や対処法について徹底解説

インスタ新機能「セルフィースタンプ」とは?ストーリーやDMで使えるオリジナルGIFが作れる♡

インスタ dm スタンプ ない

アクティビティステータス機能について 自分以外の他のユーザーがインスタグラムアプリにログインした日時がわかる機能です。 ログイン時間がわかるのは、フォローしているユーザーとメッセージ送信相手に表示されます。 (自分から見ると、フォローされているユーザー、メッセージが送られてきたユーザーのオンライン情報がわかります) DM(Direct)のユーザー一覧画面で確認できます。 「オンライン中」や「20分前にオンライン」と表示し、他のユーザーのオンライン状況を見れます。 オンライン中のユーザーは、プロフィールアイコンに緑色の丸いマークが付くようになりました。 こちらは、DM一覧画面およびストーリー視聴者一覧画面でプロフィールアイコンに表示します。 ・ 表示している時間やオンライン中の表示に誤差はないのか ・ オンライン状況(最終ログイン)の確認方法 Instagramアプリを起動させて、右上の【紙飛行機のマーク】をタップして、ダイレクトメッセージの画面を表示させると、過去にメッセージをしたことのあるユーザーが表示します。 ダイレクトの画面だけでなく、ストーリーズの投稿時の宛先選択時に表示するユーザー一覧の画面でもオンライン状況が表示します。 下方向にスクロールすると、「アクティビティのステータスを表示」の設定項目があります。 この設定をオフにすると、自分のアクティビティ(最終ログイン時間)が非表示になります。 自分の設定をオフにしていると相手のアクティビティも表示しなくなります。 アプリバージョン57. <設定をオフにした時の表示はどうなるのか?> 最後にメッセージした内容とメッセージをした日時が表示します。 最終ログイン時間が表示しない原因は 相手がいつログインしたかアクティビティステータスが表示していないユーザーがいる場合、いくつかの原因が考えられます。 条件を満たしていない メッセージを受け取った(送られてきた)事がある、またはフォローされている場合に閲覧できます。 アクティビティが非表示設定になっている アクティビティのステータスの表示設定がオフになっている場合、閲覧することができません。 相手、自分どちらかがオフになっていると表示しません。 設定方法は「最終ログインの時間を非表示にしたい(上記)」の通りです。 長期間ログインしていない アクティビティステータスの機能が追加されてからインスタグラムアプリにログインしていないユーザーについては、オンライン状況が表示しないようです。 まだ利用できないアカウントである DM画面の全てのユーザーが表示していない場合は、自分のアカウントに機能が反映していない可能性があります。 徐々に利用できるように拡大しているようですが、まだ使えない(表示しない)アカウントもあります(2018年1月23日時点)。 その場合は、しばらく様子を見て下さい。 アプリバージョンが古いバージョンになっている場合は、最新バージョンにアップデートしておきましょう。

次の

【インスタ】ストーリーにGIFスタンプが使えないときの対処法と載せ方・使い方!

インスタ dm スタンプ ない

最近になってストーリーズやハイライトを使っている人はとても増えましたね。 ヘビーユーザーの中には、ストーリーズの上に表示される動画の数が、点線のようになるくらいたくさん投稿している人も見かけます。 インスタの機能の中ではそれだけ価値のあるものということがわかります。 画像や動画を投稿するより手軽で、消えてしまうという機能が利用率を高めているのだと思います。 手軽な機能といえば、ストーリーズの中のメッセージ機能でクイックリアクションというものがあります。 この機能を使ったことはありますか。 今回は、 まだ使い慣れていない人へ、クイックリアクションの使い方を紹介しようと思います。 スポンサーリンク クイックリアクションとは? 出典:ぱくたそ(www. pakutaso. com) インスタのクイックリアクションとは、ストーリーズやライブ動画などで使える新しい機能で、 メッセージを送るときに表示される絵文字から1つを選びタップすると絵文字が送信される機能です。 ストーリーズでは、それぞれ8つの絵文字から選ぶことが出来ます。 送信すると、動画の画面いっぱいに絵文字が動くように表示され、相手にはメッセージの画面でその動画が確認出来るようになります。 ライブ動画では、絵文字の種類が少し増え、「こんにちは」という定型文の他に、9つの絵文字を選択することが出来、動画内のコメントとして表示されます。 ストーリーズと違うところは、ライブを観ながら、リアルタイムで瞬時にリアクションを送ることが出来るところです。 配信している人とリアルタイムのやりとりが手軽に出来ますね。 注意点としてはストーリーズもライブ動画も、クイックリアクションは一回の再生に一度しか送ることが出来ません。 このようにクイックリアクションとは、コメントやメッセージを一瞬で決めて送信することが出来る機能で、とても便利ですよね。 文字を打つのが面倒なときでも、1回タップするだけで相手の投稿に反応できる新しいコミュニケーションの方法という感じがします。 photo-ac. そこをタップするか、動画を上にスワイプすると絵文字が現れます。 自分のしたいリアクションに近いものを選ぶだけですぐに送信されます。 そのままメッセージを送ることも出来ますよ。 ストーリーズへのメッセージだと思ってしまう人もいるかもしれませんが、 メッセージもクイックリアクションもDM(ダイレクトメール)としてメッセージ欄に送信されます。 普通の投稿にするコメントとは違い、メッセージとして送信されるので、1対1のやりとりになります。 なので、これに返信したいときは、メッセージ欄から普段通りにメッセージを送ってください。 また、ストーリーズ内では動画を送信することが出来ます。 テキストメッセージやクイックリアクションでなく動画を撮影して、ストーリーズに反応するのも面白いかもしれません。 その動画は、1回だけ表示するのか、24時間表示するのかを選択できるようになっているので、そちらも選んで試してみてはいかがでしょうか。 また、ライブ動画の場合は、動画を視聴し始めるとすぐに、メッセージ欄の上に絵文字などが表示されるのでそちらから選んでみてください。 クイックリアクションの種類 出典:ぱくたそ(www. pakutaso. com) クイックアクションの画面にすると8つの絵文字が出てきます。 「 顏のスタンプが4つ、拍手、炎、クラッカー、100点」の絵文字があります。 もっとたくさんの絵文字が選べると良いのにと思うかもしれません。 しかし、普段メッセージやメールを送るときって決まった絵文字しか使わなかったりしますよね。 限られた8つの絵文字で表せるのは、瞬間的に選んで送信できるので、迷わないですぐに反応できるところが良いところだと思います。 クイックリアクションが出来ない?対処法とは? 出典:ぱくたそ(www. pakutaso. com) メッセージ欄をタップしてもスワイプしても絵文字が表示されなかったという人もいると思います。 クイックリアクションが操作出来ない理由は主に2つあります。 1つは、 最新にアップデートされていないこと。 友達のストーリーズにクイックリアクションが出来ない人は、インスタのアップデートが最新になっているか確認してみてください。 2つめの理由として、 相手がメッセージ機能をオフにしていること。 有名なアカウントなどはたくさんのメッセージがくると大変なので、メッセージをオフにしている、またはフォロー中の人に限定している場合があります。 その場合はクイックリアクションを送ることも出来ません。 クイックリアクションに返信するべき? 出典:ぱくたそ(www. pakutaso. com) 投稿のコメントには全部返信しているけど、とくにコメントもなくスタンプだけ送られてくるものにはどう反応しようか迷う方もいると思います。 クイックリアクションは名前の通り、コメントほど時間をかけず1タップで相手にリアクションを送れるので、送信する側も、 いいね!と同じような使い方をしていると思って良いのではないでしょうか。 相手からのいいね!には返信しようがないですよね。 その相手と何かやり取りする口実にしたいという場合には、クイックリアクションと一緒にメッセージを送っても良いかもしれません。 photo-ac. メッセージ欄を開き、送信したストーリーズを長押しして「送信を取り消す」をタップ。 これで、間違ったクイックリアクションを削除することが出来ます。 クイックリアクションは、操作に慣れていないと誤って押してしまうという人が多いようですが、削除出来るとわかれば、間違って送ってしまっても安心です。 ただ誤送信もネガティブなことばかりではありません。 例えばフォローはしているけど、ほとんど連絡をとっていなかった人っていますよね。 そういう人から突然DMが送られてきたら、クイックリアクションで誤操作してしまったのかもしれません。 インスタでのやりとりってLINEやメールより気軽なイメージがあるので、誤操作をきっかけにまたやりとりが復活するきっかけにもなるかもしれないですよね。 久しぶりに話してみたい友人にクイックリアクションを送ってみるのもハードルが低く、良いのではないでしょうか。 photo-ac. 従来からのいいね!も他にスタンプが送れたりすると楽しいのかなと思います。 昔のインスタと比べて今のインスタは機能をよく知るにも、出来ることがどんどん増えているので調べてみたいことがまだまだたくさんあります。 インスタはただ画像を共有するだけでなく、1対複数で画像や動画、文字、生配信などを使ってやり取りが出来、画像や動画は編集することが出来るのも魅力的です。 新しい機能も正しい使い方を知って、利用できると良いですね。

次の

インスタ、相手の最終ログイン時間が出ない原因。オンライン状況を表示・非表示にする方法

インスタ dm スタンプ ない

「高校生はもうLINEを使っていない」 取材先でそう耳にする機会が増えた。 企業のプロモーション担当者は、どのSNSで若者にアプローチをするか頭を悩ませている。 「LINEが久しぶりに鳴ったかと思ったら、『広告かよ』って」(27歳女子) もはやLINEを通じた企業の宣伝は、逆効果のようだ。 彼女たちがアクティブに使うのは、もっぱらインスタグラム(Instagram)だ。 「インスタのDM(ダイレクトメッセージ)で連絡を取るようになってから、あまりLINEを使わなくなった」そうだ。 しかも、彼女たちは独自の手法でインスタを駆使している。 若い子と連絡を取りたくてLINEを使いこなす親世代。 時には、親世代から大量のスタンプが送りつけられる。 その若者へのアプローチの仕方、間違っているかもしれませんよ。 都立高校の女子高校生(17)の日常は、スマホとともにある。 「 気が付けば、LINEを使わなくなった。 前は未読も既読も溜めなかったけど。 LINEはすぐ返す方が少ない。 友人には未読が30〜40件溜まっている人もいる。 未読スルーを嫌がる人もいると思うけど、今は当たり前になっている」と話す。 まったくLINEを使わないわけではない。 利用シーンは、「あまり仲良くない子」や、すごく親密ではないが「仲良くなっていたい子」とのやりとり。 「高校生が終わるわ(卒業するわ)」「学園祭の劇、めっちゃ楽しかった」などの内容を、「結構な文章量で連絡し合っている」という。 しかし、 返信のペースはお互いに1〜2週間に1度ぐらい。 そのやりとりがもう2年近く続いているんだとか。 何とも不思議な関係だ。 「インスタはLINEよりも写真が(前提に)あって」 アクティブに使うSNSはいつのまにかインスタグラムになっていた。 ミレニアル脱落組はLINEで(笑) 20代はどうか。 若年層の流行を分析する企業「ブームプランニング」で実体験を聞いた。 同社のプランナーの堀江葉さん(24)は、高校生のころはmixiボイス、大学3年まではLINEやTwitter、大学4年ごろからInstagramに移行した。 「インスタで情報を得て、インスタのDM(ダイレクトメッセージ)でやりとりする。 LINEを使うのは(インスタ)ストーリーズ(注:24時間で投稿が消える機能)にあがったものを、『あれ、あげてたよね?』とグループで共有するときくらい。 既読でも未読でもOKになった」 と話す。 ちなみに 「 高校1年の妹はTwitterメイン。 LINEは200件も未読が溜まっている。 未読は開いて見ないで(既読を付けずに)、まとめて消すそうです。 高校3年の妹はインスタ。 ツイキャスもやっていたみたいです」 20代のSNSの利用方法は、コミュニティや世代により異なる。 左から、堀江さん、清水さん、中村さん。 撮影:木許はるみ 堀江さんより、やや年上のプランナー清水絵梨さん(27)は、「自称SNSモンスター」。 Facebook、Instagram、Twitter、LINE、Snapchatを使うものの、主にInstagramを使う。 実際、清水さんの従兄弟3人のうち、 21歳はFbのmessengerかLINE、18歳はLINE、高校3年生はInstagramやLINEを使う。 「 学年、コミュニティが違えば、使うツールが違う。 彼らと連絡を取りたければ、ツールを合わせないとレスをもらえない」(清水さん) 清水さんの周囲の同世代は、「ミレニアル」と「ミレニアル脱落組」でSNSが違う。 脱落組とは、「ミレニアル世代と言われる1980年代以降に生まれたが、年配の人々に囲まれ、デジタルネイティブな感覚を失いつつある属性」のこと。 脱落組はLINEを使い、かつ日常的にメッセージが長い。 連絡事項でもバナーに収まらず、数行にわたり、スタンプや「w」を使わず、顔文字や「(笑)」を用いて、「ガラケー時代」を彷彿とさせるそうだ。 本アカには盛れてる写真、裏は「うるさくしていい」 前出の女子高校生にインスタの画面を見せてもらった。 アカウントは、本アカ、裏アカ、好きなユーチューバーの写真を投稿するアカウントの3つだ。 本アカは「見返したくなる日記」、盛れた写真、楽しそうな写真を載せる。 裏アカは、彼女にとって「うるさくしてもいい」場所。 うるさいというのは、盛れていないような写真も気軽に次々と載せるということだそう。 ストーリーズを見せてもらうと、地元の友人とカラオケに行った動画が投稿されていた。 彼女の友人は、その投稿をスクリーンショット( スクショ)した画像にコメントを書いてストーリーズにあげていた。 さらに、彼女は友人の投稿をスクショして、またコメントを書き足してアップ。 なぜ、そんな手間なことを、と思ってしまうが、 「それが主流」なんだとか。 裏アカの名前は、仲のいい子だけがわかるあだ名にしている。 インスタグラムをフォローするかどうかは、3スクロールで決めるという。 そんな「ギャグセンの低い男子もいる」。 ファッション好きなおしゃれな「インスタグラマー風の男子」は、それっぽいおしゃれな写真を本アカで投稿していた。 本アカの投稿には、ある鉄則も存在する。 清水さんは、本アカの投稿は「 あえて100投稿くらいに抑えないと、自己ブランディングができない」という。 本アカは、プロフィールの代名詞だ。 企業やブランド、インフルエンサーの アカウントをフォローするかどうかは、「3スクロールくらいでジャッジ」する。 投稿画面を3スクロールして、気に入ればフォローするということ。 企業のアカウントは3スクロールの投稿に磨きをかけるのがコツという。 LINE全盛期は2012年から4年間 ブームプランニングによると、LINEは2012年から4年ほどは高校生、大学生に爆発的に使われた。 一方、2016年からはインスタグラムも浸透し、「 高校生の時間がインスタグラム、LINE、Twitterに3等分された」(清水さん)という。 Instagramに、24時間で投稿が消える「ストーリーズ」ができ、ビジュアル版のTwitterのような役割を果たすようになった。 投稿された写真をDM(ダイレクトメッセージ)でやりとりをすれば、わざわざLINEを使う必要はない。 「 機能がインスタで完結してしまうようになった」ということだ。 さらに、SNSモンスターの清水さんは、 インスタの小まめなアップデートが気に入っている。 「評判が悪いと機能が改良されて、思い通りに変化していき、愛着が湧く。 アップデートに一喜一憂して楽しんでいる」と話す。 一方、 LINEは「LINE Pay」「LINEデリマ」と「ファンクションが増えすぎた」と指摘する。 インスタグラム側は取材に、ユーザーのコミュニティが主催するフォトジェニックな写真の撮影会「インスタミート」に参加するなど、ユーザーの声を聞いて機能の改善に役立てているという。 女子高生のLINEのアクティブユーザーは低い? 2017年10月の調査では、女子高生が利用するSNSは、LINE、Twitter、インスタグラムの順に多かった。 用途などを合わせて質問すると、LINEは「連絡用」と答える人が多く、Twitterは、「アカウントにより、キャラクターを変える」という割合が高かった。 インスタグラムは、音楽やファッション、食事が趣味のユーザーが多かった。 TesTeeは7月に、一部の女子高生の間で流行っていたという「おじさんLINEごっこ」を調査。 ごっこの文面は、「絵文字や顔文字」で溢れていた。 まさに、「ミレニアル脱落組」が使うような「ガラケー」を思い起こさせる文面だった。 データ上では、多くの女子高生に支持されるLINE。 女子高生からのブームが見えにくい かつては女子高生を発信源にさまざまなブームが起きた。 撮影:今村拓馬 中村さんは、約30年前から女子高生のマーケティングをしながら流行を見続けきた。 1990年代までは、プリクラ、カラオケ、ルーズソックスというブームが、「 女子高生自身のリアルな口コミで広がった」というが、「 今はSNSの中で個々が動くので、ブームが見えにくい」と分析する。 SNSを通じて、個々の趣味に合わせた情報を得られるので、女子高生の共通のブームは起きにくい。 しかし、「SNSでターゲットを絞り、万人には無理でも、コミュニティーにつながれば応援してもらえる」と新しい流行の作り方に期待する。 企業によって、まず大切なのは、世代、コミュニティに合ったSNSを選ぶことになりそうだ。 (文:木許はるみ).

次の