襲いたくなる。 襲いたくなる…男がデート中に「色気を感じる」女の仕草4つ — 文・塚田牧夫

隙ありっ…♡男が思わず襲いたくなる「彼女の仕草」って?

襲いたくなる

……チョコチョコ歩きは男性からすると「簡単に襲える」という気分にさせるようです。 大股歩きの方は、なんでも「自立した大人の魅力」を感じさせ、「ぜひとも自分の物にしたい」と思わせるのだとか。 ですから、痴漢に襲われないようにするには、ごく平均的な歩調で歩くことを心がけた方がいいのですが(恐い道だからといって大股で歩かないこと! )、この原理を逆手にとって、『好きな彼の気を引くテクニック』として用いることも出来ます。 一緒に歩いている彼は「?……」と、かたわらの彼女が気になり、じょじょに落ち着かなくなるはずです。 これを聞いて1番に思い出すのはやはりマリリン・モンローですね。 彼女のキャット・ウォークはとても魅惑的です。 マリリンが大好きだというカリスマ心理学者バーバラ・キースリングは、「セクシーウォーキングのコツはセックスの速度で歩くこと」と述べています。 「(前略)……常に神経を下腹部に集中させること。 骨盤を前に引っ張っている糸がセクシュアリティと繋がっていると想像してみて。 あなたの目は輝き『わたしには秘密があるのよ』という微笑みが浮かんでくるはず」 文章だと何だか難しいですけど、やってみると案外簡単で、猫背になったりせず、割に堂々と歩けることが分かります。 マリリンになったと妄想すればお尻もなんとなく強調される気が……。

次の

男性が付き合ってる彼女を襲いたくなる瞬間ってどんなときですか? 彼

襲いたくなる

【1】酔っている女性の太ももが見えたとき。 酔っている女性はがあるもの。 男性は「ほろ酔いの女性が脚を組み替えたり、スカートがたくし上がって太ももが見えたとき、押し倒したい衝動を抑えるのに苦労します」 30代男性 と考えるようです。 気持ちがない相手と飲みに行ったときは、相手の、押し倒したくなる瞬間を引き出さないよう、くれぐれもスカートに注意をしましょう。 【2】ブラ付きTシャツの胸があたったとき。 「ブラ付きTシャツのカップは普通のブラジャー違って、やわらかいので、ムラムラします」 20代男性 、「胸があたると、つい、その女性とのエッチを想像してしまいます」 30代男性 というように、ブラ付きTシャツなど柔らかな胸があたると、男性の感覚はセックスに直結してしまいます。 【3】ももに手を置かれたとき。 モテ女子講座で、良く、相手との距離を縮める恋愛テクニックとして紹介されるボディタッチ。 効果絶大なので、男性のとなりに座ったとき、会話の途中で「そうでしょう?」などと言いながら、何気なく男性のももに手を置くのはとても危険。 男性は「誰もいなかったら、きっとその場で押し倒していたと思う」 30代男性 と考えています。 スナックのママが男性客のももに手を置くのは、その気にさせるためだったのですね。 男性は、上目づかいで見つめられると弱いと言います。 実際に、「上目づかいで見つめられたらかわいいなと思うだけですが、さらに甘えた鼻声を聞くと、押し倒したくなります」 20代男性 、「女子に上目づかいで見つめられ、甘えた声で話しかけてくれたら、美人じゃなくても、性欲が抑えられる気がしません」 30代男性 とのこと。 上目づかいと甘えた声は、使い方を間違えるととんでもない結果をまねきます。 体にピタッと張りついたタイトな服は、男性を興奮させるようで、「上司の女性が、ピチピチの黒いワンピースを着ていたので、ずっと目が離せず、押し倒してやりたかった」 30代男性 、「ボディラインがわかるタイトな服を着ている女性は、襲ってくださいと言っているようなものだと思います」 20代男性 、「少し伸びてピタッと張りついたスカートを後ろから見たときが、最近で一番女子を押し倒したくなる瞬間でした」 20代男性 と言うからおどろきです。 【6】薄暗い中で、肌が白く浮きあがって見えたとき。 バーや節電をしている夜のオフィスなど、薄暗い場所では、色白の女性の肌はボーッと浮きあがって見えます。 「暗がりでほの白く見える女性の肌がたまりません」 20代男性 や「薄暗い場所で浮き上がって見える女性の肌は、後光がさしているようで、すぐにでも抱きたくなります」 30代男性 と、薄暗い中の白い肌は性欲を刺激される、いうのが男性の本音です。 【7】空けたシャツから胸が見えたとき。 女性が着ているメンズライクなシャツは、男性にとって萌えアイテム。 「パリッとアイロンをかけているシャツ姿が好きです。 胸のボタンを2~3個空けて着ていると、思わず手を突っ込んで、押し倒したくなります」 20代男性 という意見が、意外と多く寄せられました。 【8】スカートのスリットから太ももがチラリと見えたとき。 男性にとって、ミニスカートよりも人気があるのは、深めのスリットがあいたスカートです。 「チラチラと見える太ももがたまらない」 30代男性 、「スリットをひき裂きたくなる」 20代男性 というから、相手とそういう関係になりたくない場合、押し倒したくなる瞬間を引き出さないようスリットのスカートには注意しましょう。 【9】和服姿の女性のうなじを見たとき。 定番人気なのは、和服姿の女性のうなじ。 多くの男性は、「後ろ姿がたまらないんです。 思わず、襲いたくなります」 30代男性 というように、その後ろ姿に興奮するようです。 「クラスの男子たちに、草食系男子、絶食系男子と言われる、女子に興味のない僕ですが、花火大会で幼馴染のうなじが見えて、久しぶりに自分の性欲を感じました」(10代男性)、「胸元も太ももも見えないのに、和服姿のうなじには興奮します」 20代男性 というから驚きですね。 男性が女性を押し倒したくなる瞬間が理解できましたか?不用意に男性を興奮させるのはやめましょう。 【関連記事】.

次の

思わず守りたくなる?あざとく無防備をふるまう3つの作戦

襲いたくなる

可愛い…!という衝動を煽ってくる女 男性が襲いたくなるのには必ず理由があります。 中でも多いのは、「この子可愛い…!」と気持ちが盛り上がった時ですね。 例えば健気に尽くしてくれた時、抱きついてくるなどの言動が可愛かった時、嬉しいことを言ってくれた時…などなど。 こういう事をされて心がギュッと掴まれると、男性は 衝動的に抱きしめたりキスしたくなったり…と何かしたくてたまらなくなるんです。 これこそが の正体ですね。 「もう無理、我慢できない!」と思ったらすかさずキスして、舌を入れて胸を揉んで、服を脱がせて…こんな感じです。 いろいろ知っておくに越したことありませんね。 実はエッチ好きそうな女 セックスやエッチなことが好きな女性からは独特の雰囲気が出ているものです。 男性の襲いたくなる衝動を自然に刺激する特徴ですね。 男の目を気にしている事が多いので、ふとした時の表情や視線、スキンシップの仕方などに表れます。 男性はこういうエッチな雰囲気に敏感。 見てるだけでムラムラが募って襲いたくなる…自然に男を誘う女、というワケです。 ちなみに、こういう女性に対して男性は(エッチなことが好きそうだから)誘ったらけっこうノリノリで応じてくれそう。 盛り上がるエッチになりそう、と期待します。 そういう妄想を何回かしていると、チャンスがあった時に本当に手を出してしまうんですね。 色気を出したいならこれが一番簡単ですね! 3. 「襲いたくなる」この気持ちはほとんど衝動のようなもの。 見た目、仕草、匂い…そんな部分から ふと女を感じて「あっ!」と思ったら最後、意外とムラムラと戦っていたりするんです。 例えばチラチラ覗く胸元、生太ももや黒タイツが透けた足、ふと香るいい匂い、 …。 つい「エロ…!」と反応してしまう色っぽい特徴ですね。 こんな部分があれば男性の襲いたくなる衝動は刺激されっぱなしです。 こうやって意識させておけば、いざ二人きりの空間に行った時に「もうダメだ!」と理性が崩れやすくなります。 進展する確率は大幅アップですね。 男に意識させるにはやっぱり女らしさは必要不可欠。 ちなみに、こういう表面的な事をすべてクリアしても言動(振る舞いや言葉遣い)が裏切っていると気持ちが萎えるので油断禁物ですよ! 4. 隙がある女 基本的にエッチな事が大好きなのが男という生き物。 「気を抜いたらすぐにエロい方に考えちゃう」という声もあります。 そんな時に、狙ったにしろ、たまたまにしろ、エッチな流れに持っていけそうないいムード(キスできそうな二人きりの空間、ホテル休憩に付いてきそうな気配…など)に女性がのこのこ足を踏み入れたとします。 男性にとっては大チャンス。 ムラムラして襲いたくなるのが自然な反応です。 これって結局、女側に隙があるって事なんですよね。 こういう隙= 「イケるかも!」と思わせるシチュエーションでは男はつい襲いたくなるワケです。 ちなみに、軽く探りを入れた時点でハッキリ拒絶されたり、しっかりした反応を返されたりすると「この子は無理」ととりあえずエロい期待をシャットアウトするそうですよ。 相手とどうなりたいかに応じて態度を使い分けたいですね! 5. 俺の事好きそう=誘ったらイケそうと思わせる女 男性が理性より欲望に揺れてつい襲いたくなるのは「断られない」という安心感がある時。 そしてそう思わせる状況と言えば、「この子、俺の事が好きだな」と確信できる時。 男性は基本的には負け戦をしたがりません。 最近は特に慎重な人が多いですね。 もしかして俺に気があるのかな…と思ったとしても、それくらいでは行動しません。 なるべくリスクは冒さないんです。 心の底でちょっとだけ下心や期待を持ちながら過ごして、自信が持てると「そういう関係になれるかも」「誘っても断られないかも」と期待し始めます。 この頃には完全に性的な対象として意識していますね。 二人の距離も縮まっていることが多いので、ふと襲いたくなる…なんてシチュエーションも発生しやすいんです。 気がありますオーラをわかりやすく出すのも駆け引きのうち、というワケですね! 6. なんとなくどういうタイプかが浮かびますよね。 おいしい思いができそうな雰囲気を少しでも感じたら、フッと襲いたくなるのが男。 なんとかそういう方向に持って行こうとするケースがとても多いです。 あの手この手で暗い場所に連れて行ったり、ムードを作ったり。 頭の中はエッチなことでいっぱいです。 お願いされたら断れなさそう、寂しがり、弱ってる…こういう、いわゆる隙のある印象を持たせると変な男を引き寄せる確率も上がります。 ここぞという時、狙った男性にだけ感じさせたい特徴ですね。 おわりに 男性の性欲が刺激される条件、なんとなくイメージできたでしょうか?襲いたくなるという事は、それだけ 本能的に魅力を感じる、という事に他なりません。 男性の恋愛対象と性的対象はイコールです。

次の