ノート ルダム 清心 中学校。 ノートルダム清心女子大学

ノートルダム清心中学校・高等学校とは

ノート ルダム 清心 中学校

カトリック学校の本校は、「心を清くし 愛の人であれ」を教育理念に掲げ、人間の尊厳と生命の尊さを知り、他者に心を開いた人間の育成を目指す。 キリスト教の教えを通じて他者への思いやりの心を学び、その実践として教育活動の中で様々な奉仕活動が行われている。 また、「礼儀正しいことは親切なことです」という創立当初から継承される考えのもと、相手へのマナー、礼儀を身につけることを重んじている。 学習では、中高一貫校だからこそできる柔軟なカリキュラムで、生徒一人ひとりが自分の希望する進路を実現できるよう配慮されている。 中でも、伝統ある英語教育においては、ネイティブスピーカーの教員と日本人の教員が連携し少人数で授業を行うなどして、質の高い「生きた英語力」を養成する授業を展開している。 また、留学生との交流や、同じノートルダム修道女会の海外の姉妹校との交流、学校内外の英語コンテストなどの英語教育環境も整っている。 進路指導では、進路に応じた授業や、個人指導を行うなど、教員が生徒と密にかかわる丁寧な指導を行っている。 また、進路講演会や、大学模擬授業、学習合宿などの学習の契機を設けるなどし、毎年、国立大学や有名私立大学へ多くの進学者を出している。 分野では、理系は医学部や薬学部、文系は法学・経済などの学部を中心として、多くの生徒が希望をかなえている。 四季折々の自然にも恵まれた豊かな教育環境の中で、学習・行事・クラブ活動などを通じて規律ある明朗な学園生活を送っている。 掲載中学一覧 登録数363校•

次の

ノートルダム清心中学校・高等学校とは

ノート ルダム 清心 中学校

全国的にはほとんど知られていませんが、地元では昔から、頭の良いお嬢さんが行く大学として一目おかれている大学です。 現在では普通のお嬢さんがほとんどで、全国的には中堅私大レベルくらいだと思います。 広島・香川県などの近隣県の方なら、ご存じの大学でしょう。 他に同クラスの私大が少ないため、地元での評価も高まる傾向にありますが、決して、関関同立と同等ではあり得ません。 しかしここ数年、ノートルダム清心の偏差値が上昇傾向にあるのは事実です。 JR岡山駅から徒歩で通える好立地、かつ学費も私大の中では安い方に入り、地元での評判が良いという利点から、長引く不況の影響もあり、以前は遠くまで受験に出掛けていた人達が地元志向になり、程度の高い受験生が増えたせいかも知れません。 入試問題自体も難しくなってきているそうです。 …ですが、ちょっと上がりすぎな気もします。。。 昨年から、渡辺和子理事長の『置かれた場所で咲きなさい』が100万部を超えるベストセラーになっていますが、ひょっとして、その影響もあったりして……??? もっと知名度のある大学にいくことをお勧めします。 ストーカー? 今回も外れです。 ちなみに私が学んだキャンパスですが?! 逆に、毎回、勝手な憶測、失礼極まりないコメントに驚き、誠に呆れております。 質問さま、一流かどうかで大学を選ぶのは危険です。 何を学びたいかです。 入れる大学ではなく、行きたい大学、学びたい学科で選択するものです。 NDSU(清心)の学舎は、リベラルアーツ、人間形成を目的としています。 恩師、渡辺先生の本を全部読めば、この大学の目指す姿がわかります。 「一流」を選ぶからには、あなた自身が一流でなければなりませんよ? ちなみに私が受験するときは、偏差値62でした。 残念ながら、上がっているのではなく下がりまくりです・・・・・ 今後どうなるかな・・・.

次の

ノートルダム

ノート ルダム 清心 中学校

所在地 〒733-0811 広島市西区己斐東1-10-1 沿革• 、岡山を本拠に活動していたノートルダム修道女会によって設立。 初代校長にシスター・メアリー・コスカ就任。 、学校法人ノートルダム清心学園認可。 、第2代校長にシスター・ローズ・キャスリンが就任。 高校校舎着工。 、第1期生が高校入学。 高校新校舎落成。 、高校生徒会発足。 シスター・ローズ・キャスリン岡山に転任のため、第3代校長にシスター・アロイーズが就任。 、創立10周年記念式典を開催。 、を併設。 シスター・アロイーズ転任のため、第4代校長にシスター・モニカ 辻海松子 が就任。 、清友会 中学生徒会 発足。 、創立15周年記念行事を開催。 、中学校校舎消失 1月9日。 新年度はプレハブの仮校舎での授業となった。 7月、新校舎起工式。 、新校舎落成。 体育館建築工事着工。 、体育館落成。 、創立者マザー・ジュリーが聖人に認められる。 、シスター・モニカがナミュール・ノートルダム修道女会の日本管区長就任のため、第5代校長にシスター・ゲルトルート 辻弘子 が就任。 、高校の校名改称。 創立25周年記念行事を開催。 、第6代校長シスター・鈴木惠子就任。 、新校舎増築工事着工。 、中学4学級編成開始。 新校舎落成。 、芸北教育場ユリア館落成。 以降、中学校の林間学校などに利用される。 、創立40周年。 制服がほぼ今の形に。 、第7代校長シスター・小谷恭子就任。 、旧体育館の取り壊し工事開始。 体育館新築工事起工式。 、新体育館落成。 、創立50周年記念行事を開催。 、併設のノートルダム清心女子短期大学が募集停止。 、が廃学。 空き校舎や食堂を中高が利用するようになる。 、シスター・小谷恭子が岡山に転任のため、第8代校長に今崎成志が就任。 校風 「心を清くし、愛の人であれ」 部活動 中学生はクラブ必修。 毎週月曜日の放課後が必修時間とされている。 高校生は任意参加。 ただし、同好会に参加することができる。 また、これとは別に学園祭のために活動する高校生のみの「特別参加単位」がある。 部活動とは別に委員会活動も盛んである。 部活動一覧 多彩なクラブが存在しており、活動も熱心である。 2005年度はディベート部・囲碁部・書道部・文芸部・古典文学研究部・クラシックギター部が全国大会出場、また高校演劇部・中学音楽部・高校合唱部・高校水泳部が中国大会に出場している。 カトリック研究会 カトリック研究会はクラブとも委員会とも異なった別の組織であり、信者にかぎらず誰でも入ることができる。 毎週金曜日の放課後が活動時間にあてられており、この時間は他のクラブ活動も禁止である 例外の期間も存在する。 文化部• 審議委員会• クラス委員会• 風紀委員会• NDA ノートルダム・アクション 委員会• 美化委員会• 図書委員会 高校• 審議委員会• HR委員会• 生活委員会• NDA委員会• 美化委員会• 図書委員会 中高合同• 学園祭実行委員会• 体育祭実行委員会 2015年度 著名な出身者• (・)• (元)• (元)• (食空間プロデューサー)• (女優、)• (キャスティング・ディレクター)• 沖野洋子(英語専任講師)• 貝野有佳(長井ゼミ化学専任講師)• (選手)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (元NHKアナウンサー)• () 系列校• 関連項目• 外部リンク• この項目は、のに関連した です。

次の