ポケモン ダイサンダー。 ダイサンダー

サンダー育成論

ポケモン ダイサンダー

全国 No. 6 m 重さ : 52. 手持ちの先頭にいると、レベルの高い野生ポケモンが出現しやすくなる。 手持ちの先頭にいると、でんきタイプの野生ポケモンが出現しやすくなる。 サンダーのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 サンダーの特徴 【良いところ】• サンダーは伝説3鳥の一匹です。 比較的安定した種族値を持ち、使いやすいです。 また特攻が割と高いです。 回復技の「はねやすめ」を持つため、サンダーの弱点は、 「はねやすめ」非使用時・・・氷、岩タイプ 「はねやすめ」使用時・・・地面タイプ と変化します。 「はねやすめ」をうまく使えば、相手を撹乱しつつ戦うことができます。 サンダーは6タイプに耐性を持ち うち地面は無効 、弱点が少なく耐久種族値はそこそこあるので耐久型として機能することができます。 「はねやすめ」との相性もよいです。 耐久型にする場合、「みがわり」を連打することにより特性「プレッシャー」を生かして相手をPP切れに追い込むこともできます。 特攻が高いので特殊アタッカーにして特攻特化にしてもよし、耐久型にしてもよしです。 特攻は無振りでも火力はそれなりにあります。 特攻無振りサンダーの10まんボルトでHP振りトゲキッスへのダメージは 60. 4~71. 個体値はVを仮定 【悪いところ】• サンダーは素早さが種族値100と中途半端です。 せっかく特攻が高いのに速攻アタッカーにはしにくいです。 素早さに関しては「こだわりスカーフ」を巻くという手もありますが、電気タイプゆえサブウェポンに恵まれないので、単純なアタッカーにするのはキビシイところです。 先制で「みがわり」「はねやすめ」を使いたいところですが、耐久や特攻も欲しいので型に悩みます。 「きんぞくおん」「バトンタッチ」「じんつうりき」をサンダーで使いたいという方は、これらの技はXD技と呼ばれポケモンXD ゲームキューブ 産のサンダーしか習得できないため、ポケモンXDを買って厳選することになります。 さらに、これらの技に加えてサンダーで「めざめるパワー」を使いたいという方は、ポケモン厳選史上最難関と言われる厳選に挑戦することになります。。 「きんぞくおん」は相手の特防を2段階下げることができ、交代読みで使うことができれば理想。 ハピナスを流すには、「きんぞくおん」を2~3回当てる必要がありますが、普通の相手に「きんぞくおん」が当たればかなり突破しやすくなります。 XD技がとくに欲しくない方はHGSSで厳選しましょうね。 タイプを生かして耐久型にしました。 性格と努力値は防御特化で、特防の方は「ひかりのかべ」で補います。 相手が「ストーンエッジ」など連打してくる時はこちらも「みがわり」連打で対応し特性「プレッシャー」を生かし相手をPP切れにします。 「みがわり」が読まれると、相手が命中率のよい技に切り替えてくるので、その隙に「はねやすめ」で回復できます。 「ストーンエッジ」が外れた次のターンに「はねやすめ」してもOK。 することがなくなったら、「どくどく」か攻撃をします。 こちらが交代するとしても、ハピナスを流しやすくなります。 こちらも耐久型なので相手の状態異常技には気をつけましょう。 早めに「みがわり」をすることで、状態異常が回避できます。 「はねやすめ」と「みがわり」を使っていくので、サンダーよりも遅い相手とのバトルの方が得意です。 持ち物は、「みがわり」と相性のよい「たべのこし」か「オボンのみ」辺りがよいと思います。 【こだわりスカーフ型】 性格 : 特攻UPのもの 最速マルマイン、最速スカーフ85族を抜ける ひかえめ 攻撃が下がってもよいとき おっとりorうっかりや 攻撃を下げたくないとき 努力値: 特攻252、素早さ252or調整、残りHP 持ち物: こだわりスカーフ メイン: 10まんボルト サブ技: とんぼがえり、ドリルくちばし、ねっぷう、めざめるパワー 氷or草 補助技: なし サンダーは伝説3鳥の一匹であり安定した種族値を持ちますが、特攻を除いて突出した種族値がありません。 素早さ種族値100も微妙なところ。 最近は「こだわりスカーフ」の流行で最速130族抜きも珍しくありません。 という訳で、高い特攻を生かしてサンダーに速攻特殊アタッカーをさせようと「こだわりスカーフ」を巻きました。 基本的に、先発・死に出し・「じしん」読みで場に出します。 基本は ・相手と相性がよければ「10まんボルト」で奇襲 ・相手と相性が悪ければ「とんぼがえり」で逃げる のどちらかを選択です。 普通の耐久の相手は「10まんボルト」で2発というところです。 状況に応じてサブウェポンも使えます。 性格について。 素早さに性格補正をかけなくても最速130組に加え最速スカーフヘラクロス 85族 などは抜けるのでひかえめで問題ありません。 見せ合いあり3on3向きの型です。 電気特殊アタッカー• 電気特殊アタッカー• 「はねやすめ」で弱点変わる仲間• 「はねやすめ」で弱点変わる仲間.

次の

【ポケモン剣盾】有料DLC『エキスパンションパス』「冠の雪原」最新情報。新たな伝説のポケモンやガラルスタートーナメントの情報が公開!

ポケモン ダイサンダー

エレキフィールドの効果• ポケモンは状態および状態にならない。 ポケモンが使用するタイプの技のが、までは1. 5倍に、では1. 3倍になる。 エレキフィールドの発生• の天候: 雷雨 と同時・永続 エレキフィールドの消滅• 5ターン経過• 他のによる上書き• 説明文 ・ 5ターンの あいだ じめんに いる ポケモンは ねむり じょうたいに ならない。 でんきタイプの いりょくが あがる。 5ターンの間 地面に いる ポケモンは ねむり状態に ならない。 でんきタイプの 威力が 上がる。 効果を受けられるポケモンに関してはを参照。 そのため、や、などは恩恵を受けられない。 状態・状態などにより姿を隠しているポケモンには効果が無い。 すでに状態になっているポケモンが場にいる場合、エレキフィールドの効果でもねむり状態は回復しない。 すでに状態になっているポケモンが場にいる場合、エレキフィールドの効果でねむり状態になることを防ぐことができる。 効果を受けているポケモンのは失敗する。 発動中はは消失して破壊できなくなる。 を持っているポケモンがエレキフィールドを発生させた場合、持続ターンが5ターンから8ターンに伸びる。 を持っていると、エレキフィールドが発生した直後に使用してが上がる。 特性のポケモンはエレキフィールドにいると、すばやさが2倍になる。 特性のポケモンはエレキフィールドになるとタイプになる。 解除されると元のタイプに戻る。 エレキフィールドにより以下の技の効果が変わる。 を使うとタイプになる。 を使うとになる。 の追加効果はになる。 まではこの状態になると場が黄色の電気一色になる。 第八世代では会場のスタジアムの見栄えを重視してか、黄色の電気はうっすらと見える程度になっている。 で自然発生したエレキフィールドはで解除できない。 このエレキフィールドの説明文も「5ターンの間」とあるが、効果は永続する。 ポケモンを捕獲する場合、対象ポケモンのを1にしてが減少しないかのにしてからを投げるのが一般的だが、エレキフィールドの影響を受けているタイプのポケモンはどちらの状態にもならない。 でを使用するや、ので雷雨が発生している状況での捕獲・厳選には苦労を要する。 関連項目•

次の

【ポケモン剣盾】巨大ラプラスの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモン ダイサンダー

分類:りゅうぎょくポケモン タイプ:ドラゴン 高さ:2. 1m 重さ:200. 0kg 特性:りゅうのあぎと ドラゴンエネルギーの塊 全身がドラゴンエネルギーの結晶から作られており、特に胴体部分のエネルギー濃度は高くなっています。 そのため、レジドラゴは、他のポ ケモンが使うよりも強い威力でドラゴンタイプのわざを繰り出すことができます。 封印されたレジドラゴ 伝説のポケモン「レジギガス」が、ドラゴンエネルギーの結晶から作ろうとしたが、結晶が足りず、頭だけしか作れなかった、という伝説があります。 古代の人々は、いずれ全身が完成したレジドラゴにより国が滅ぼされてしまうのではと恐れ、神殿の奥底に封印しました。 分類:れいこくポケモン タイプ:エスパー・ひこう 高さ:1. 7m 重さ:50. 9kg 特性:かちき 冷酷に全てを見下す伝説のポケモン 何十年かに一度、「カンムリせつげん」に姿を現す渡りポケモンで、長い間、伝説のポケモン 「フリーザー」だと考えられていました。 性格は冷淡で冷徹ですが、立ち振る舞いは上品で、常にサイコパワーを使って宙に浮かんでおり、羽ばたくことはほとんどしません。 凍てつくサイコパワー 生き物の細胞に作用する強力なサイコパワーを操って戦います。 特に目から放たれるサイコビ ームの効果は強烈で、少しでも触れると凍てついたように動けなくなってしまいます。 動けなくなった相手には、サイコパワーを凝縮した羽でとどめを刺します。 分類:けんきゃくポケモン タイプ:かくとう・ひこう 高さ:1. 6m 重さ:58. 2kg 特性:まけんき 強者との戦いを好む伝説のポケモン 何十年かに一度、「カンムリせつげん」に姿を現す渡りポケモンで、長い間、伝説のポケモン「サンダー」だと考えられていました。 好戦的なポケモンで、自分より強そうなポケモンを見かけると戦いを挑まずにはいられないようです。 岩の壁を跳び降りる稲妻 戦闘では持ち前の脚力を活かした、素早い身のこなしと、強烈なキックで相手を圧倒します。 超高速で岩山などの壁面をジグザグと跳び降りる様はまるで稲妻のようだと言われています。 ただし、羽が退化しているため、飛ぶことは苦手なようです。 分類:じゃあくポケモン タイプ:あく・ひこう 高さ:2. 0m 重さ:66. 0kg 特性:ぎゃくじょう 周囲を寄せ付けない伝説のポケモン 何十年かに一度、「カンムリせつげん」に姿を現す渡りポケモンで、長い間、伝説のポケモン「ファイヤー」だと考えられていました。 傲岸不遜な性格をしており、本能の赴くままに悠然とした振る舞いを見せます。 燃え盛る火柱のようなオーラ 体内にほとばしるエネルギーを燃え盛る火柱のようなオーラとして放出しており、普通のポケモンは近づくことすらできません。 翼を大きく広げ、周囲に邪悪なオーラを放つ精神攻撃を得意としており、この攻撃を食らってしまうと燃え尽きたような強い疲労感を感じてしまいます。 「カンムリせつげん」にまつわる、幾つかの伝説のポケモンの言い伝えを確かめるために、娘とこ の地へ探検に訪れ、「カンムリせつげん」に到着した主人公と出会います。 人の話を聞くのが苦手で、豪快な振る舞いが目立つ彼ですが、娘思いの優しい一面も持ち合わせています。 巣穴のダイ調査「ダイマックスアドベンチャー」! 「ダイマックスアドベンチャー」は、4人のトレーナーでダイマックスポケモンが生息しているといわれる巣穴を調査する遊びです。 調査の道中で野生のダイマックスポケモンと出会ったときは、4人のトレーナーで協力してマックスレイドバトルに挑みます。 バトルに勝利するとそのポケモンを捕まえられるチャンスが訪れますが、敗北してしまうと巣穴の外に弾き飛ばされてしまいます。

次の