秋 食欲 瞑想。 秋のオータム、ゆったりヨガクラスっ! 2007年10月18日 愛知県

食欲の秋!芸術の秋!そして、ヨガの秋!★

秋 食欲 瞑想

暴走する食欲を抑える「食事瞑想」のやり方 私が提唱する「食事瞑想」のプロセスはとても簡単です。 たったこれだけで自然と噛む回数が増え、間食がやめられたり、食べる量が減ったりします。 そして、やせることができます。 太る食べグセ、原因は「舌」にあり!」 食事瞑想を実践いただくと、お客様の多くは「1日2. 5食」に落ち着きます。 「3食までいらない」ことが自分の体でわかるのです。 「夜は炭水化物を抜いたほうがいい」ということが、他人からの知識でなく自分の体でわかるようになるのです。 食事瞑想には即効性がある 瞑想なので、あまりにも短期で爆発的な結果を求めることはお勧めできません。 ただ、この食事瞑想を用いてお客様の食欲を落ち着かせていく過程で、驚くことがわかってきました。 それは、食事瞑想の持つ「即効性」です。 1食目から食べる量に変化が出るのです。 私が行っているコンサルティングでは、長年の食事の癖や心のブロックによって食欲コントロールが難しくなっている方が多いので、「食欲を抑えるにはある程度の時間が必要」という前提でお客様と向き合います。 が、いざ食事瞑想をやってみていただくと、予想以上に早く効果を実感いただけるケースが多いのです。

次の

秋のセンチメンタルに効く。美しい「虫の音」に集中する瞑想法

秋 食欲 瞑想

猛暑だった夏が終わり、過ごしやすい季節になりました。 夏の間は何やかやと、瞑想を邪魔するものが多々あります。 クーラーや扇風機の音に捕まると、気になってその音から離れられなくなることがあります。 気になっているものを逆に利用する、という方法もあるようですが、私にはできませんので 瞑想を諦めてしまいます。 瞑想による体温の上昇は良いことなのですが、夏のそれは結構辛いもので、カッとくる暑さ に耐えるのは大変です。 夜になると一斉に鳴き始める虫の大合唱は、瞑想するにはにぎやか過ぎます。 自然がどん どん無くなっていく今、これは贅沢な言い分と思いつつも、毎晩必死で鳴かれると、ついつい 「もう少し静かに鳴いてくれないかな~」と言いたくなります。 虫が鳴けるのは限られた短い 間だけ。 だから精一杯鳴いているのでしょうが、静かに瞑想したい私には必死の勢いで鳴い ているように聞こえてしまいます。 一週間位前から朝晩はちょっと冷えますが、日中は心地よい暑さになり、やっと落ち着いて 瞑想ができるようになりました。 こうやって静かに瞑想ができるようになって、如何に自分が 外にあるものに影響されていたかがよく分かります。 朝晩の冷えで虫は減り、今は残った虫が味わいよい風情で鳴き、瞑想するには良い夜に なっています。 秋は実りの秋、食欲の秋、読者の秋などと言われます。 秋は瞑想の秋と言ってもぴったり きます。 自分の内側に入るには良い季節だと思います。

次の

食欲の秋はヨガで消化力をあげよう!消化力をあげるヨガ3選│yoganess【ヨガネス】

秋 食欲 瞑想

まずは、ダム直下の管理事務所でダムカード をゲット すぐ横に架かる古い吊り橋 (昭和27年架設、水面まで約30m)へ行き、ダムが覆い被さってくるほどの 迫力を体感(放流時 には吸い込まれるほど)。 橋を渡り左岸道を歩き 、 ダム建設時のプラント跡へ。 以前は大きなサイトが数本立っていましたが残念ながら今は説明看板だけ。 これを過ぎるとすぐにダム左岸に到着。 ダムの上を歩き、ダムの 大きさを実感。 上流を眺めれば、なみなみの水を湛えた 丸山蘇水湖 下流は足がすくむほど の高さ (98. 2m) 放流のゲートも間近で見ることができ、水の流れ落ちる所は大きな滑り台のよう。 右岸の遙か上には丸山ダム展望台の東屋。 長さ( 260m)の堤頂を渡り、管理棟を過ぎ、左の階段を登り紅葉したモミジ のトンネルを過ぎると、ダムを真下に見ることができる丸山ダム展望台へ到着 ダムと 丸山蘇水湖を真下に見ながら説明看板や音声案内 で、ダムの過去と未来を勉強 散策後、眼下に見える出発地の吊り橋目指して右岸道を下り、約1時間の散策終了。 追伸 私たち鯉は、寒い冬を乗り越えるために食いだめしますが、食べ物がめっきり少なくなってきました。 以前流行した 鯉ヘルペスで釣り人が少なくなり、食べ物に困っています。 みなさん、散策と併せて、私たちを釣りに来てください(簡単には釣られませんよ、餌だけもらいます)。 ちなみに、私は 10kg、 1mの大鯉。 私のような 大鯉 が丸山蘇水湖で待っています。 魚釣りの問い合わせ先 木曽川中流漁業協同組合 :43-1069.

次の