モロッコ ミント ティー。 本場モロッコのあま〜いミントティー|フードトラベラーこやん|note

モロッコへ行く。③ ~正しいミントティーの淹れ方~ : 女性ゲームプロデューサーの“旨い”を探す大冒険「メシクエLV34」

モロッコ ミント ティー

こちらがキラッキラのモロッコのティーセットでございます~。 モロッコでは一日に何度となく飲まれるミントティー。 旅先で味わわれた方もいらっしゃるかと思います。 小さくてキレイなグラスに淹れられたミントティーを ワクワクしながら口に含むと、日本人はビックリしてしまいます。 ゲ、ゲロ甘っ。 しかし、ミントのおかげで後味はスッキリしていて あの甘さは気のせい??と思わせるほどグビッと飲めちゃいます。 カーッと暑いモロッコで、暑さから逃れ、清涼感を求めて ミントを入れるのかと思っていたDeliziaですが 本当に暑い砂漠に住む人達はミントを入れないそうです。 しかし、モロッコのカラッと暑い気候と絶妙にマッチした 後味爽やかなミントティーは万人に好まれ 一年中ミントは収穫され、惜しげもなくお茶に入れられます。 これがモロッコ産のミント。 葉が大きく、香りが強いです。 でも日本のミントほど強い辛味はなく、マイルド。 フィレンツェではハラル肉屋で入手可能です。 ミント以外に、「シーバ」と呼ばれる香草(ニガヨモギ)や 乾燥オレガノを入れて飲んだりもします。 モロッコで飲まれるお茶の種類は、中国茶のガンパウダーです。 一枚の茶葉が銃弾のようにまるまっているのでこう呼ばれます。 日本の緑茶に比べたら苦味と渋みも強めで 砂糖なしで飲むのはちょっときついものです。 これがガンパウダーの茶葉。 砂漠で汗をかく人達は、水分と共に糖分補給も必要なため この強めのお茶に適量の砂糖を入れて飲みます。 本来ならば、汗もさほどかかない、運動量の少ない街の住民が 大量の砂糖を入れて飲む必要は無いハズなのですが 基本的な栄養学的知識の乏しさと、甘いものへの単純な欲望が ここまで過剰に砂糖を入れる慣習を生み出してしまったようです。 それでも、渋めのガンパウダーに爽やかミントが香るお茶に適度な甘みは欠かせませんので、 本日は「適量」の砂糖を入れてトライしてみましょう。 上の写真のような直火にかけられるティーポットがあればご用意ください。 2.ティースプーン山盛り1杯の茶葉(ガンパウダー)をティーポットに入れます。 3.沸騰したお湯をコップ1杯分ティーポットに注ぎ、グラスにすぐ移します。 (この一番茶はお茶の美味しい味が出ているので、グラスに移して捨てずにおきます。 ) 4.再び沸騰したお湯をコップ1杯分ポットに注ぎます。 (この工程で、くるくるとまるまっていた茶葉がパッと開き 開く時に茶葉の中のクズやゴミをだし、湯が黒ずむので 2回目に注いだお湯は捨てます。 ) 5.ひと掴みのミントと砂糖をポットに入れ、 3.の湯を入れ、さらにポットいっぱいになるまで湯を注ぎ、 1~2分再沸騰するまで火にかけます。 ミントは茎ごと2つ折りにして入れます。 砂糖の量は小さいティーポットなら大さじ1. (上の写真は小さいティーポットです。 ) 大きいティーポットなら大さじ2~3杯。 6.グラスから30センチの高い位置から泡が立つようにグラスに注いではポットに戻します。 この作業を4~5回繰り返します。 この工程で砂糖とミントと茶葉が攪拌されます。 7.再びグラスに注いで召し上がれ。 以上モロッコ流茶道でございました。 モロッコの都心部では、なかなか見られなくなってしまいましたが 砂漠ではお茶用に常に炭が焚かれているそうです。 まるで日本の茶道で茶釜の中に置かれている炭のようですね。 モロッコでは、こんなにお茶が飲まれているのに 茶葉は殆ど、中国から輸入されたものを販売しています。 ガンパウダーという茶葉は、高級茶になるほどしっかりとまるまっていて 私がモロッコで買うのは7つ星クラスの最高級茶葉です。 それでもモロッコだと250gの1箱で300円程度。 1度3つ星クラスのお茶をいただいたのですが 7つ星のキリッと引き締まった味との差は明らかでした。 モロッコに行く機会がございましたら、 是非最高級茶葉をお土産にお買い求めください。 ちなみに、このお茶もハラル肉屋で購入可能です。

次の

砂漠のエスプレッソ・本格モロッコ風ミントティー

モロッコ ミント ティー

パリのモロッコ料理店やモスクなどでもおなじみのミントティー。 モロッコ国民的飲み物です。 このお茶はイギリス商人が伝えた中国緑茶とモロッコのミントが出会って生まれたのだそう。 中国緑茶は日本の緑茶とまた違い、色がやや薄く、質の高いものは煎った豆や茹でた栗のような香りで渋みの少ない優しい味が特徴です。 砂糖をたくさん入れるので強烈に甘いミントティー。 高い位置から注がれる音を楽しみながらいただくパーフォーマンスもあいまってパリでも大人気なのだそう。 今回はそんなミントティーのレシピを料理研究家の口尾さんに教えていただきました。 モロッコ風ミントティーの作り方 【材料】(3~4人分)• 中国緑茶(ガンパウダー):ティースプーン2杯• スペアミント(フレッシュ):ひとつかみ• ポットに材料を入れます。 ポットに中国緑茶、砂糖を入れます。 手でぎゅっと握って香りをだしたスペアミントを入れます。 そこに熱湯を注ぎます。 煮出します。 フタをして蒸らすか、直火にかけてしばらく煮出します。 グラスに注ぎ混ぜます。 [1]を高い位置からミントティーグラスに注ぎ、またポットに戻します。 各グラスに注ぎます。 [2]のミントティーを各自のグラスに高い位置から注ぎ入れます。 ターバンと呼ばれる泡がグラスの淵にできるように注ぐのがポイントです。 最初は高いところから注ぐのが難しいですが、注ぎながら徐々に高くしていくと上手にできますよ。 ぜひ挑戦してみてくださいね。 鮮やかなカラーリングがかわいいモロッコグラス 今回使用したグラスや食器は口尾さんがモロッコで手に入れたものだそう。 どれも鮮やかなカラーリングと繊細な装飾でかわいらしいですよね。 /エコグラス トラディショナルS 日本でもネットショップや雑貨屋さんで手に入れることができます。 モロッコで使われていることが多いのは、上の写真のようなエコグラスのもの。 リサイクルグラスを使用し、すべて手作りのため、ガラスに気泡が入っていたり、少し歪な形だったりと1点ずつ味があります。 /モロカンティーグラス こういったポップで鮮やかなプリントグラスもおすすめ。 モロッコらしいモチーフ、模様や色使いで、よりモロッコ感を楽しむことができますね。 熱々のミントティーを飲むので、ミントティーグラスはほとんどが耐熱性です。 「暑いモロッコで熱い飲み物を飲むの!?」と意外ですが、甘さが疲労感を癒やしてくれてちょうどよいのだとか。 モロッコでは、1日中ミントティーを飲んでいると言ってもいいくらいにミントティーを飲んでいるので、少し小さめのグラスで熱いミントティーをちびちび飲みます。 その辺りも、のんびりまったり長時間おしゃべりを楽しむフランスの心を掴んだポイントかもしれませんね。

次の

モロッコへ行く。③ ~正しいミントティーの淹れ方~ : 女性ゲームプロデューサーの“旨い”を探す大冒険「メシクエLV34」

モロッコ ミント ティー

商品情報 モロッカン ミントティーに使えるモロッコミントの苗です。 ハーブティーの一種ともいえるモロッコのミントティーは、エスニックな雰囲気が漂う花柄のモロッコ グラスに、中国茶、モロッコミント、砂糖を注いで楽しみます。 モロッコの伝統のひとつで、通称アッツァイと呼ばれるこのお茶は、甘さと苦味が同居するモロッコのおもてなしのティーとして日常に溶け込んでいるそうです。 トルコや東南アジアのような異国情緒漂うエキゾチックなハーブティーをぜひ自家製でお試しください。 モロッカン ラグやモロッカン 柄をあしらったモロッコ 雑貨やモロッコ インテリアが好きな方にもおすすめです。 コンビニのペットボトルもお手軽ですが、朝起きた時、午後のティータイムに、夜寝る前に、モロッカン ミントティーにトライしてみませんか。 モロッコのミントティー グラスはお部屋のインテリアとしてもかわいいですね。 ハーブが大好きなスタッフがひと苗ずつ丁寧に栽培。 ハーブ本来の強烈な香りが自慢のハーブ苗をぜひお楽しみください。 商品到着は基本的に木曜または土曜の午前中となります。 咲く花の色は写真と異なる場合があります。 「在庫なし」でもご用意できる場合があります。 お気軽にお問い合わせください。 5個以下の場合、資材費216円がかかる場合があります。 【ハーブ苗】 サイズ:9cm/材質:ビニールポット/重さ:約100g/生産地:埼玉県 【パッケージ】 当店オリジナル/サイズ:約横25. 丈夫なハーブで比較的季節を問わず栽培できるのでビギナーの方にもおすすめです。 ぜひ揃えておきたい人気の苗はペパーミントとスペアミントの苗。 またアップルミント、パイナップルミント、グレープフルーツミント、ジンジャーミント、ラベンダーミント、オレンジミントなど香りのする植物の名前がついたミントの他に、イングリッシュミント、ペニーロイヤルミント、マウンテンミント、ホースミント、クールミント、ブラックミント、カーリーミントなど限りなく仲間がいます。 日本古来の品種もあります。 地中海沿岸原産のハーブと異なり、日本の蒸し暑さにも強く半日陰でもランナーがどんどん伸びて旺盛に育ちます。 あまり強い日差しを必要としないので明るい室内でも栽培できます。 冬は室内に取りこむことで一年中緑の葉に保つことができます。 水耕栽培で簡単につくれるミントですが本来ハーブは野生のもので水耕栽培だと香りが薄くなります。 ハーブ本来の強烈な香りがする当店のハーブ苗をぜひお楽しみください。 ハーブティーの一種ともいえるモロッコのミントティーは、エスニックな雰囲気が漂う花柄のモロッコ グラスに、中国茶、モロッコミント、砂糖を注いで楽しみます。 モロッコの伝統のひとつで、通称アッツァイと呼ばれるこのお茶は、甘さと苦味が同居するモロッコのおもてなしのティーとして日常に溶け込んでいるそうです。 トルコや東南アジアのような異国情緒漂うエキゾチックなハーブティーをぜひ自家製でお試しください。 モロッカン ラグやモロッカン 柄をあしらったモロッコ 雑貨やモロッコ インテリアが好きな方にもおすすめです。 コンビニのペットボトルもお手軽ですが、朝起きた時、午後のティータイムに、夜寝る前に、モロッカン ミントティーにトライしてみませんか。 モロッコのミントティー グラスはお部屋のインテリアとしてもかわいいですね。 モロッコミントの育て方は比較的簡単で、それほど手入れを必要としません。 他のミントにない独特の風味をもち、繁殖力も旺盛なのでビギナーでも手軽に栽培できるハーブです。 とても生命力が強い品種でそれほど手入れを必要としません。 日あたりのいい場所でよく育ちます。 土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。 繁ってきたら収穫がてら葉っぱを枝ごと切り取って風通しを良くしてください。 多年草 ミントの育て方 ミントはやや湿り気のある土が適した丈夫で育てやすいハーブです。 夏向きのハーブといえます(暑さの厳しい時期は日陰で)。 伸びたランナーの所々に土をかけておくとそこから発根して新しい芽が伸びてきます。 繁殖力が旺盛でどんどん育つのであまり手をかける必要はありませんが、反面、地下茎で繁殖し交雑しやすく、ほかの植物を圧倒するほど増えるのでできれば単独栽培をおすすめします。 庭や大型のプランターなどで栽培する場合、他のミントと混ざらないように鉢のまま埋めこむか1m以上間隔をあけてください。 もしくはブロック、ビニール、板などで地中を仕切ってください。 ミント同士を隣り合わせにしない方がよいです。 耐寒性はありますが、極端な乾燥とムレには注意です。 梅雨時から真夏にかけては病気にかかりやすいので収穫を兼ねて葉や枝を刈り風通しをよくしてください。 収穫しても次々と新葉が出てきます。 もし病気にかかった場合はその枝を切り取ってください。 繁殖は挿し木または株分けで。 同じ土壌で栽培を続けるとどうしても養分が少なくなるので3年ごと(春か秋)に株分けを。 草丈約30〜100cm。 多年草・耐寒性あり。 ミントの使い方 ミントはケーキやアイスクリームの飾りとして「葉」を使うことが多いハーブです。 デザートに飾られたミントを食べたことがある方も多いかと思います。 ミントの中でも、ハーブティーとして人気が高いのはペパーミントとスペアミントです。 レモンバーム、ローズマリー這性、タイム類とともにスペアミントなどのミント類を植えるとカラフルな寄せ植えになります。 ポイントは「葉が茂っている、香りがあまり強くない、背があまり高くならない」ハーブです。 セージ類はあまりおすすめしません。 お支払いについて お支払い方法は、クレジットカード(VISA、Master、JCB、Diners、Amex)および各種電子決済がご利用いただけます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 営業時間帯について ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お問合せはメールにてお願いいたします。 返信は営業日換算で12時間以内を心がけています。 ご了承ください。 連絡先について 電話番号:0480319500 メールアドレス:potagerlife yahoo. プライバシーについて お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 掲載の写真・イラストおよび文章などは、株式会社ポタジェガーデンに帰属します。

次の