子供 口内炎 原因。 子供が口内炎になる3つの原因!ツライ症状を楽にする方法とは?

幼児・子どもの口内炎の原因と症状!病院は何科?食事やホームケアのポイント

子供 口内炎 原因

ヘルペス性口内炎とは、単純ヘルペスウイルスが原因の感染症です。 一度ヘルペスウイルスにかかると、免疫力が低下したときに再発を繰り返すといわれています。 口内炎には激しい痛みをともなうため、食事を嫌がることが多くなり、機嫌が悪い状態が続くのが一般的です。 ヘルペス性口内炎はよだれを通じてほかの家族に感染することがあります。 ヘルペス性口内炎を発症したときには、食器やタオルの使い回し、食事のシェアは控えましょう。 また歯磨きは激痛を伴い嫌がることが多いので、清潔な柔らかいタオルで拭くなどでとどめておくとよいでしょう。 カンジダ性口内炎は、口腔カンジダ症や鵞口瘡(がこうそう)とも呼ばれる病気で、生後1~2ヶ月の赤ちゃんがかかりやすいとされています。 カンジダ性口内炎の特徴は、口内に斑点ができ、次第にミルクのかすのような白いかびが口や舌に広がることです。 カンジダという真菌はもともと口の中にいますが、体力が弱ったときや栄養状態が悪いときに増殖してしまいます。 哺乳瓶や食器などから感染することもあります。 子どもが元気そうであれば自然に治ることが多いでしょう。 しかし、時間がたっても治らずに症状が悪化すると、口内や舌だけでなく、のどや食道までカンジダが広がり、呼吸がしづらくなるなどの影響が出ます。 異変を感じたら早めに病院を受診しましょう。

次の

子どもが口内炎を痛がるときはどうすれは良い?ハチミツには注意が必要なことも!

子供 口内炎 原因

見出し一覧• 主な子供の口内炎の原因 重要なのはまず、ウイルス性かどうかを見極めることが大切です。 こちらがアフタ性口内炎となります。 こちらがウイルス性の口内炎となります。 アフタ性口内炎の症状とウイルス性の口内炎の症状は写真・画像を一見すれば、違いがわかりますね。 基本的にはアフタ性口内炎になるお子さんが殆どです。 もしも、 口内に白く小さな斑点が複数あったらまず、ウイルス性を疑いお医者さんの元へ連れて行ってあげてください。 口内炎になってしまうには様々な原因があります ・胃腸障害 口腔と同種の消化器官として影響があります。 胃腸の調子が悪かったり、荒れていたりすると口内の煙幕にまで影響が出てきてしまいます。 ・生活習慣(栄養バランスの乱れやストレス、疲労、寝不足など) 現代人特有の偏った食事により栄養バランスが乱れたり、ストレスや疲労などによるビタミンの消費なども原因になります。 安易にビタミン剤などの薬品でバランスを取ろうとするのを控えたほうが良いという説もあり、ビタミン剤などの薬品が原因となり口内の粘膜が傷んで、口内炎を助長する可能性が大いにありますのでご注意ください。 まずは、バランスのとれた食生活が大切ですね。 ・頬の内側の粘膜や唇を噛んでしまう これは癖でもあると思います。 私の経験上癖で口内の粘膜や唇を噛んでしまうことが多々ありました。 それが原因で小さな頃は日頃から口内炎に悩まされました。 また、よくあるケースが口内炎があると食事の際に食べ物が触れるとしみるのを避けるために日常と違った噛み方をしたことによって、口内の別の箇所を噛んでしまって新たな口内炎を誕生さてしまうケースです。 それ以外にも、噛み合わせの悪い方は慢性的に噛んでしまうというケースもありますので、お子さんの歯並びやかみ合わせに気を使ってあげてください。 ・口内を傷つけてしまう これは噛んで傷つけてしまうと同じようにどうしよもない面もあります。 歯磨きの際にブラシによって傷が出来たり、硬い物を食べる時に傷がついていたりします。 スナック菓子系の硬いお菓子は食べている時に口内を傷つけることもあり、その上雑菌も増える可能性があります。 口内炎の原因となる可能性が非常に高い食べ物とも言えるでしょう。 対策としてはリステリンなどの先行液で消毒するのが効果的かと思われます。 口内の火傷の傷も同様に、口内炎の原因となりうる可能性がありますのでご注意ください。 ・口内が汚れている(不潔) 口内が汚れていると雑菌等が繁殖しやすい環境となってしまいます。 口内炎対策として、毎食後の歯磨きやうがいで口内を綺麗な環境に保ちましょう。 ・口の中の乾燥 口内が乾燥することによって唾液の分泌料が減り、口内の消毒がされません。 唾液の主な役割としては、口内の消毒をすることや粘膜補修、歯を構成する再石化作用などがあります。 それを阻害してしまうと虫歯や口内炎へ直結してしまうので口内に潤いを持たせて、健康的な口内環境を作ることが、口内炎対策や虫歯対策などにつながります。 ・子供の好きなお菓子の食べ過ぎ お菓子の中にはビタミンを壊したり、食べすぎによって口内の粘膜を弱くしてしまうものがあるのでお菓子の食べ過ぎにはご注意ください。 Sponsored Links 可能であれば朝・昼・夜の3食でバランスのとれた食事を取ることが重要となってきます。 — 尋常性天疱瘡 — 初めは透明で柔らかく痛みのない水泡ができます。 この水泡をさわると、はがれたり大きくむけたりして痛みのあるただれになります。 水泡は口内にもでき、傷がつくと痛みやただれへとつながります。 さらに、口内の粘膜に水泡やただれが続々とできて食べ物が食べにくく、そして飲み込みにくくなります。 早期治療をしないと死に至る場合もあり、難病指定もされています。 — ベーチェット病 — 唇や頬の粘膜、舌、歯茎に1cmほどの大きな口内炎ができます。 完治しても繰り返しできるのが特徴です。 口内だけでなく腕や足に赤いしこりができたり、目に重い症状があらわれて視力が低下…最悪の場合失明に至る場合もあります。 未だに原因が分かっておらず、難病指定とされています。 — 白血病・悪性リンパ腫 — 八欠秒の初期症状で、口内炎がよくできることがあります。 通常の口内炎とは違いなかなか治ることがありません。 小さな口内炎がいなじ場所にできたり、繰り返しできます。 こういった病気は体の免疫力が低下し、口内炎を発症させます。 同じ場所に口内炎が複数できる場合については注意が必要です。 口内炎とは一体何? 口内炎は体の異常を知らせる病気です。 口内炎の形状や大きさ、また数を見てあげてください。 上記で見られたような病気の初期症状の可能性もあります。 また口内炎がなかなか治らない場合についてはお子さんをお医者さんの元へ連れていくことをオススメします。 歯茎に口内炎ができる原因や治し方とは 原因として主に考えられるのは上記ででてきた アフタ性口内炎、アレルギー性口内炎・壊死性潰瘍性口内炎があります。 主な原因 — アフタ性口内炎・壊死潰瘍性口内炎 — これは両方とも口内の細菌が原因です。 口内を清潔に保つことによって予防できます。 — アレルギー性口内炎 — アレルギー物質が原因となり口内炎ができます。 体内からアレルギー物質を取り除けば1週間程度で治りますので、お医者さんへの相談をおすすめします。 病気以外のよくあるアフタ性口内炎を治すのに効果的な栄養素としてはビタミンBやビタミンCの摂取が口内炎にとても効果的です。 食品の代表例 【ビタミンB】 乳製品・卵・大豆(豆腐など)・レバーetc…… 【ビタミンC】 ブロッコリー・小松菜・赤ピーマン・いちご・柑橘類・アセロラ等の果物類etc…… まずは偏食や間食を減らし、栄養バランスのとれた食事を取ることが重要です。 そして規則正しい生活をすることが予防方へとつながっていきます。

次の

子供も大人も要注意 いろいろな口内炎

子供 口内炎 原因

スポンサーリンク どうして口内炎はできるの?!その原因とは? 口内炎の原因として、 「ビタミン不足」って良く聞きますよね。 確かにそれは間違いではないのですが、ビタミン不足だけでなく、 それ以外にも口内炎が出来てしまう要因は、いくつかあります! 詳しく見ていきましょう。 小さな傷からできる口内炎 転んだりぶつけたりして、口内に傷が出来ると、 そこから 細菌が侵入して、口内炎になる場合があります。 また、歯磨きの時に歯ブラシが当たって、 傷ついてしまうこともあるので注意しましょう。 免疫力の低下による口内炎 偏った食生活や、風邪などで 免疫力が低下した時に、 口内炎が出来る事があります。 この場合が「ビタミン不足」と言われる所以なのかもしれませんね。 ウイルス感染による口内炎 子供の口内炎の原因で1番多いのが、この ウイルス感染によるもの! 免疫力の弱い子供は、ウイルス性により口内炎を発症することがあります。 ヘルパンギーナ 乳幼児がかかりやすく、急激な熱の上昇と共に、喉に小さな口内炎がたくさん出来ます。 熱は3~4日ほどで落ち着きますが、口内炎が消えるのは1週間くらいかかり、喉の痛みが強く、食事や水分の摂取を嫌がる場合があります。 上手に痛み止めを使って、痛みの落ち着いている間に食事や水分摂取ができるようにしてあげると良いでしょう。 手足口病 乳幼児に多い感染症ですが、大人でもかかります。 発熱と共に口内にたくさんの口内炎ができ、手のひらや足の裏などに水泡を伴う発疹が出現します。 手足の発疹に痛みはありませんが、口内炎には痛みがあり食事がとれないことも。 ヘルパンギーナ同様、痛み止めを上手に使ってあげましょう。 ウイルス感染による口内炎は、 強い痛みとともに発熱があります。 痛みによる食事や水分摂取ができないとか、 発熱がで失われた栄養や水分を補給することが出来ずに、 脱水症状を起こしてしまうこともあるので注意してくださいね。 スポンサーリンク 自宅で出来る口内炎ケアはあるの? ここでご紹介するのは、口内炎ができた時の、 口内炎を治す方法ではなく、子供自体をケアする方法です。 まずは、自宅では 食事と水分の摂取量に気を付けてください。 口内炎になると、痛みのせいで、 食事や水分がとれなくなってしまう場合が多いです。 痛み止めを上手に使うと共に、 食事の内容や水分の摂り方に注意してあげましょう。 食事はおかゆやそうめん、うどんなどエネルギー源となり、 喉越しの良いものを少量ずつ、数回に分けて食べさせてください。 固いものや塩気、酸味など刺激の強いものはNG! ちなみに、 はちみつは抗炎症作用があるので、 口内炎に直接塗ってあげると良いですよ! 1歳未満児には使用しないで下さい。 さらに、梅干しにも、殺菌効果があるのでおかゆに混ぜてあげたり、 冷たいものは麻酔効果があるので、アイスクリームなどもおすすめです。 最悪、食事がとれなくても、水分はこまめに与えてくださいね。 まとめ 小さいお子さんは、口内炎による痛みを言葉で訴える事が難しく、 口も小さいので、なかなか口内炎に気付けない場合もあると思います。 なにが飲み込む時に顔を歪めたり、ヨダレの量が多いなど、 普段と違う行動が見られたら、 口内炎が原因かもしれません。 子供の状態にいち早く気づき、適切なケアをしてあげましょう。

次の