は だし の ゲン 実話。 こどもたちの見た戦争 はだしのゲンとともに/原子爆弾投下1

『「はだしのゲン」創作の真実』

は だし の ゲン 実話

噛み合わない議論 中沢啓二氏の作品『はだしのゲン』が誤った歴史認識を子供に植え付けかねないとして学校図書館からの撤去を求める陳情が松江市にあり、松江市教育委員会は、昨年12月、市内の小中学校に対し、学校図書館の『はだしのゲン』を教師の許可がなくては閲覧できない閉架とするよう要請し、ほとんどの学校がこれに従った。 このことが今年8月に報道されると、その是非をめぐって大きな論争となった。 この件について、下村博文文部科学大臣は、発達段階における教育上の配慮は必要であり、市教委の判断も考え方の一つで法的に問題はないとして、その対応を尊重した。 しかし、平和教育の機会や子供の知る自由が失われるとして、閲覧制限に反対する人々は署名活動などで世論を突き動かし、最終的に松江市教育委員会は閉架の要請を撤回することとなった。 今回の経緯を詳しく見ていくと最初に松江市に陳情を行った人物や松江市教育委員会、閲覧制限賛成、反対それぞれの立場の主張があるが、議論が噛み合っていないことが分かる。 一連の経緯とそれぞれの立場からの主張を改めてまとめると以下の通りとなる。 『はだしのゲン』の功罪 『はだしのゲン』は、原爆の悲惨さを子供たちに学ばせるのに大変効果的である。 子供の頃にこの本を手にした人々の多くがその衝撃を今でも記憶にとどめていると思う。 作者の実体験に基づいて描かれた様子は、戦争を知らない人々にとって衝撃的であり、深く心に刻まれる。 何よりも漫画という形態が子供たちにとって、受け入れやすい。 しかしながら、だからこそ、危険であるとも言える。 この作品で、初めて原爆の恐怖・悲惨さに触れる子供も多いが、問題は原爆の恐ろしさとともに作者の個人的な思想やイデオロギーも植え付けられるということである。 閲覧制限に反対する人々は、一部が問題であっても全体として評価すべきだとの意見が大半を占めているように思う。 この一部の問題というのは、過激な描写などではなく、学習指導要領に明らかに違反した偏向的な思想・主義に基づいた内容を判断力が未発達の小中学生に無条件に与えるというものである。 果たして、この重要性をどれだけの人々が認識して閲覧制限に反対しているのであろうか。 改めて問題の本質を問い直す 『はだしのゲン』は当初は少年誌に連載されていたが、後半は、共産党系の雑誌を経て、日教組の機関誌に連載されている。 これに合わせたかのように後半に進むに従って、特定のイデオロギー色が強くなっていく。 主人公のゲンや友人は、日教組の代弁者となって、式典の国歌斉唱に反対し、天皇の戦争責任を主張したり、言葉汚く罵ったりする。 ところが閲覧制限に反対する論陣を張ったマスコミ各社は、この点についてほとんど触れず、論点を平和教育や子供の知る権利にすり替えている。 子供の知る権利を主張する一方で、自分たちの都合の悪いことは曖昧にし、国民に知らせない姿勢は矛盾以外の何ものでもない。 作品の後半部分の天皇や君が代に対する侮辱的な記述を学校現場で扱うことを国民の多くは果たして支持するであろうか。 小学校学習指導要領には「天皇についての理解と敬愛の念を深めるようにする必要がある」「入学式や卒業式などにおいては、その意義を踏まえ、国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導するものとする」とある。 閲覧制限に反対する人々は学習指導要領に反するこれらの重要な問題をどう捉えているのかを明らかにせねばなるまい。 また、松江市教育委員会も、閲覧制限決定の際、そして撤回の際も、学習指導要領に関わる重要な問題について議論を行っていない。 以上のように『はだしのゲン』については、作品と学習指導要領との整合性について検証した上で、改めて学校現場で使用することの是非を議論する必要がある。 『はだしのゲン』を巡る一連の動きは、一部のマスコミや運動家によって、国民の多くが実際の中身を吟味しないまま反対する世論が形成されていくという点において、歴史教科書問題と同質である。 今回の問題から我々は、戦後の偏向教育の根深さとこれを擁護する反日的なマスコミが、いかに教育の正常化を阻んでいるかを改めて認識しなければならない。

次の

「はだしのゲン」騒動にみる図書館の自由

は だし の ゲン 実話

漫画「はだしのゲン」が問題になっている。 松江市教育委員会が「はだしのゲン」を市内の小・中学校の図書室で子どもが自由に読むことができなくするよう学校側に求めていたことについて、朝日新聞など全国紙が社説で批判しているのだ。 その批判の論拠として、「はだしのゲン」が各国で翻訳されていること、過度な規制が表現の自由の侵害にもなることをあげている。 筆者も時間がたっぷりある夏休みの中、「はだしのゲン」を読んでみた。 漫画は書庫のスペースを食うのであまり歓迎ではないのが、今は電子ブックがあるのでその心配も無用だ。 それにしても、新聞の社説で批判している論説委員の方々は、ほんとうに「はだしのゲン」を読んだのだろうか、読んでいるうちに心配になってきた。 少年誌連載だった第1部はすばらしかったが そもそも松江市教育委員会の対応の発端は、昨年8月、市民から「はだしのゲン」の後半に、資料の引用なしでの残忍な描写箇所があり、誤った歴史認識を子供に植え付けると、学校の図書室から撤去を求める陳情があったことだ。 実際に現物を読むと、私もちょっと唸ってしまう箇所があった 「はだしのゲン」は、第1部と第2部にわかれている。 第1部は感動ものだ。 原爆投下前後と終戦後の動乱を描いており、ややグロテスクな絵もあるが、戦争の悲惨さがわかる。 筆者は中学生の修学旅行ではじめて広島平和記念資料館を訪れて驚いた。 修学旅行では見学時間が少なかったので、以降広島に行くたびに何度も行っている。 「はだしのゲン」の第1部はその導入にもいいだろう。 一方、第2部になると、ちょっと雰囲気が違ってくる。 率直にいえばやや説教臭いのだ。 天皇の戦争責任にやたらに言及したり、いろいろな不満をすべて戦争のせいにしたりする。 なぜかといえば、漫画の連載誌が異なっているからだ。 第1部は商業漫画誌「少年ジャンプ」に掲載された。 しかし第2部は、掲載時期はそれぞれ異なるが、左派系オピニオン雑誌「市民」、日本共産党機関誌「文化評論」、日教組機関紙「教育評論」にわたっている。 要するに、第1部は子供も読む漫画誌の連載だが、第2部は一部政党色の強い大人だけが読む機関誌が舞台だったのだ。 掲載誌の読者が大きく異なる上に、担当編集者の考えも違うだろう。 「はだしのゲン」の作者が編集者の意向あわせるとはいわないが、当然、対象読者向けになってしまうだろう。 その違いが、第1部と第2部の間の差になっているのだ。 朝日新聞など全国紙が展開している批判についていえば、「はだしのゲン」はすでに出版されているのだから、表現の自由は確保されていることは明らかだ。 それと小中学校の図書室において教育教材とすることの是非は区別すべきである。 「はだしのゲン」の第1部はすばらしい。 しかし、第2部には、小中学生に対する教育教材には疑問と思える記述もある。 その漫画中のセリフと描写を抜き出すと以下の通りだ。 「首をおもしろ半分に切り落したり」、 はだしのゲン7 Kindle版(中沢啓治)中央公論新社150ページより 「銃剣術の的にしたり」、 「妊婦の腹を切りさいて中の赤ん坊をひっぱり出したり」、 「女性の性器の中に一升ビンがどれだけ入るかたたきこんで骨盤をくだいて殺したり」 漫画なので当然なのかもしれないが、こうした描写が旧日本軍による蛮行としてなんの出典も示さずに描かれている。 これらのセリフと描写についても賛否はあるだろう。 ただし、上のセリフと描写を社説で松江市教育委員会を批判している新聞は自社の紙面に掲載できるだろうか。 とてもできないだろう。 朝日新聞など全国紙の社説では、こうした点がまったく言及されていない。 テレビもこの描写は放映できないだろう。 映画化だって、R18でなければとても無理だろう。 こうした事情を考えると、「はだしのゲン」は第1部だけを小中学校の図書室で自由に読めるようにするとのいうのも一案だろう。

次の

はだしのゲンって実話ですか?

は だし の ゲン 実話

もともとは『週刊少年ジャンプ』にて1973年から連載されていたマンガで、戦中~戦後の広島を舞台とした、少年ゲンの生き様のマンガです。 ジャンプでの掲載終了後も、機関誌など掲載誌を転々としながら1987年に第一部が完結しました。 特徴としては、作者である故中沢啓治氏の体験が色濃く出ているため、そしてその状況が戦争、原爆、そして終戦の混乱に直面するため、かなり生々しい描写などが存在します。 さて、このマンガは反戦や反軍国主義的なものが数多く出てくること(戦争&原爆を体験したゲンを主人公にしている以上は必然的にそうなるでしょうが)、さらにその描写で一部キツめと思われるものも出てくることから、作品に異議を唱える人がおりました。 しかし戦争や原爆の悲惨さを伝えるものとして浸透し、学校の図書館でも置かれる数少ないマンガの一つとして有名になります。 それは松江市の教育委員会がこの『はだしのゲン』を市内の全小中学校に対し、児童に貸し出さないよう閉架扱いにすることを要請し、それに応じて学校図書室の本棚から消えている、というもの。 そして12月の本会議で全会一致で不採択となったものの、その後市教委が漫画の内容を改めて確認した結果、「首を切ったり、女性への性的な乱暴シーンが小中学生には過激」と判断し、その月の校長会でゲンを閉架措置とし、できるだけ貸し出さないよう口頭で求めたとのことです。 それにより、市内の小中学校49校のうちゲンを全巻保有していた39校全てが閉架措置を取ったとのことです。 以下、当時取材のTwitterがまとめられたもの。 日本図書館協会からも学校図書館の自由な利用が歪むことが深く懸念されるとして、それについての声明が出されました。 各自治体での『はだしのゲン』撤去陳情発覚 さて、このような騒動がありつつも閉架取り消しとなったのですが、同じような陳情が他の自治体にも出されていたことが順次発覚します。 たとえば練馬区には2013年10月に陳情として「「はだしのゲン」の教育現場からの撤去を求める陳情」が出されておりました これについては、12月の委員会で不採択となります。 東京都教育委員会もそうですが、これも2014年1月に不採択となったようです。 その結果、3月に県議会で有害図書指定、次いで陳情も不了承とされました。 要請があった自治体は、北海道、札幌市、仙台市、東京都、千代田区、新宿区、港区、大田区、豊島区、練馬区、文京区、大阪市、鳥取市の13の自治体。 しかし判明している限りは、それらは全て不採択となったようです。 大阪府泉佐野市でも図書室から『はだしのゲン』撤去 Library. これは同作品を差別的と問題視した千代松大耕市長の意向を受けてのものとされ、校長会は反発したものの、市長の意向を理由に中藤辰洋教育長が撤回を拒否し、応じたということ。 これだと松江市の件と同じですが、ここで更に問題になったのは、「閲覧記録を確認するなどして読んだ子を特定し、個別に指導できないかと打診したという話があったこと。 これは「図書館の自由に関する宣言」における「図書館は利用者の秘密を守る」という条項にも抵触するものであるので、そこが一部で物議を醸し出しました。 結局方針は撤回され、『はだしのゲン』は各学校に返却されたようです。 余談ですが、これに関して「そんなにはだしのゲンが読まれるのがイヤなら図書室に大量にマンガを置けばよいのに」というのがあり、なるほどと思いました。 そういえば自分の時もこれとかまんが日本の歴史くらいしか学校にはなくて、貸し出しでの奪い合いになっていたので。 最近あったのは、海外で出版される関係のニュースが主です。 最近では、産経新聞においてこのような記事が出されました。 『はだしのゲン』においても、その過激な描写部分に嫌悪感を持ってしまう人がいても、それは個人の感想である限り、自由の範疇でしょう(たとえ『はだしのゲン』そのものであっても、肯定的評価を強制することは、かえって矛盾を引き起こすことになるでしょうし)。 しかしながら、それらとは別にこれらの図書館からの撤去が問題であったのは、多くの場合それらが上からの力で、関係する人(教師、親、そして何より子ども)の意見をほとんどふまえることなく急にそれも広く告知せず行われたことだと考えます。 どのような思想を持っていたとしても、思想を収納する図書館への介入は慎重に行われなければなりません。 それが「子どもの教育のため」という名目で出されていたとしても、それが絶対的もはなり得ないと思います。 教育的配慮を考えるのは大切かもしれませんが、それが独善的に、一方的に行われた場合、何より本よりその行為自体が教育に対して真逆に悪影響を与える可能性だってあります。 何も『はだしのゲン』だから、というのではなく、ほとんどの本にも同じことが言えるのではないでしょうか。 たとえそれは逆の立場にあっても。 それに子どもにだって判断力はあるし、どのみちそれを育成しなければいけないということをふまえて、可能な限りはそれに委ねてみるのもまた大切ではないかと思うのです。 思い返せば自分だって児童~学生時代に読んでいたマンガや本、全部を鵜呑みにしたり肯定したりせず、取捨選別して読んでましたし、そういうように自分で考える力をつけるのもまた、教育でしょう。 まあもっとも、子どもってすでに『はだしのゲン』やそれに類するものを大人が思うほどものすごく重く受け止めている訳ではないような気がするのですけど(軽く受け止めているわけでもないとは思うけど)。 なんというか、大人が過度に子どもに影響を与えるとか受け止めすぎて、それで撤去とか騒ぎになっているような気もします(最も過度に受け止めておらず、影響のありなし関係なしに己の思想の独善で行われていたらそれはそれで問題ですが)。 ネット上でもそのインパクトのあるネタや台詞を使ってのAAやらコピペ文やらコラのほうが圧倒的に目にする気はするのですが。 少なくとも若い人が目に触れる環境では。 重大に受け止めすぎてる人がそんな多かったら出来ない芸当と思うのですけどね。

次の