ブロッコリー 糖質。 ブロッコリーのカロリーや糖質!ブロッコリースプラウトでは?

ブロッコリーを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

ブロッコリー 糖質

独特な見た目のブロッコリー。 ケールが祖先にあたるアブラナ科アブラナ属の植物で花芽を食べる野菜です。 地中海沿岸が原産と言われていますが、日本では明治時代にアメリカからカリフラワーと一緒に伝わったと言われています。 そんなブロッコリーですが、つぼみが小さく粒が揃っていて、きっちりと詰まっているものを選ぶようにしましょう。 房と房に隙間ができているようなものや、つぼみが大きく粗く感じるもの、柔らかい物などは新鮮でない可能性があるため、避けてください。 また、色は鮮やかな緑色のものが好ましいです。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 低カロリーなのに食べ応え抜群、糖質オフのチーズグラタンです。 まず、ウインナーは一口大の大きさに切り、フライパンにそのまま入れて炒めます。 糖質0麺を水で洗ってしっかりと水気を切ったら、豆乳、コンソメと一緒にフードプロセッサーにいれてクリーム状にします。 耐熱皿を用意したらクリームを加え、ウインナー、ブロッコリー、チーズなどをのせて焼いたら完成です。 ボリュームたっぷりなのに糖質18グラム。 満腹スープパスタのレシピです。 はじめに、キャベツとハムを一口大の大きさにカットします。 冷凍のブロッコリーはそのままでも大丈夫です。 鍋に糖質0麺以外の材料は全ていれて、具材がしんなりするまで煮込んでいきます。 具材が程よく煮込めたら糖質0麺を加え、ひと煮たちさせたらできあがりです。 ブロッコリーには、美肌効果、体の抵抗力を高める「ビタミンC」、糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」、皮膚や粘膜を健康維持する「ビタミンB2」、DNAの合成や赤血球の細胞の形成を助けるため妊娠初期には必須の「葉酸」の含有量は野菜の中でもトップクラスです。 抗酸化作用と解毒効果のある「スルフォラファン」も含まれ、ガン予防に期待できるとの研究も進められています。 ブロッコリーは花蕾(からい)と茎の部分に分かれ、柔らかい部分の花蕾は食べやすいですが、茎にも同様の栄養+食物繊維が含まれるため、捨てずに上手に取り入れたいですね。 茎の中側は柔らかいので固い部分を剥いてから加熱してください。 ビタミンの流出を防ぐために蒸し調理かレンジ加熱がおすすめですよ。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 1年を通して、いつでも手に入りやすいブロッコリーですが、12〜3月に旬を迎え、冬の健康維持に適した食材なんです。 ビタミンA・C・Eは3つ同時に摂取する事で効果が高まるため、ブロッコリーはかぜ予防に効果的なんです。 また、ビタミンCは、タンパク質と合わせて摂取すると、体に吸収されやすくなるので、煮る調理法で効率よく栄養が摂取できます。 水溶性のビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいため、短時間でさっと茹でましょう。 電子レンジで加熱するのもオススメです。 ブロッコリーは、茎にも栄養が豊富。 煮込むとほくほくの食感が楽しめますよ。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

ブロッコリーは糖質制限ダイエットに最適!おすすめの理由や専門家厳選のレシピを紹介|low

ブロッコリー 糖質

エリスリトールはラカントSよりも安い糖質オフの甘味料なので、私は砂糖の代用品としてエリスリトールを使っています。 レンジで簡単!ブロッコリーのカルボナーラ バズレシピ ブロッコリーのカルボナーラも、リュウジさんのバズレシピです。 ブロッコリーは低糖質の野菜なので、糖質制限中にはどんどん食べたい野菜ですよね。 でも、私はブロッコリーというと茹でてマヨネーズで食べたり、サラダに入れたりくらいしか食べ方か考えつかなかったんです。 ブロッコリーのカルボナーラを初めて作ってみて、まぁこれが・・・。 ブロッコリーの食べ方の革命です。 レンジだけで簡単に作れるうえに、美味しい!んですよ。 これは、ヘビロテ決定ですね。 というか、もうお湯でブロッコリーを茹でるなんて面倒になっちゃいました。 ブロッコリーはいつもサラダという方は、ぜひ試してみてくださいね。 超絶オススメです。 スポンサーリンク 料理は簡単なほど美味しいと思う 最近、リュウジさんのレシピばかり作っている気がします。 リュウジさんのレシピは、どちらかというと若い男性向けの料理のようで、結構味が濃い目でコッテリした料理が多いんですよね。 旦那は、中年のオッサンだけどコッテリ味が好きなので、リュウジさんのレシピは旦那ウケがいいんです。 以前は我が家の定番料理があって、同じような料理を繰り返し作っていました。 糖質制限を始めてから、糖質制限のことをネットで調べることが多くなり、ついでにレシピも検索するようになりました。 イマドキの料理って、レンジだけで作れたり斬新なアイデアがあって、とっても新鮮で料理が楽しくなってきました。 私は、主人の両親と同居をしていたので、レンジで調理するとか顆粒だしを使うと手抜きだとか体に悪い!と言われていました。 「まずい料理しか作れない嫁」だったんですよね。 だから、私は料理を作ることは仕事であって、決して好きで料理を作っていたわけではないんです。 でもね、最近はネットで見つけたレシピを作るようになって「簡単」「時短」が一番いいと思うんです。 簡単に作れるから、あれもこれも作ろうと思うし、料理を作ることが負担にならなくなりました。 やっぱり料理を作るのは仕事じゃなくて、楽しくなくちゃダメですよね。

次の

ブロッコリーを主食にして糖質制限に勝つ?イオン トップバリュー ブロッコリーライス

ブロッコリー 糖質

ブロッコリーの糖質はどれくらい? ブロッコリーの糖質は100gで0. 8gです。 とはいえ、そもそもブロッコリー100gってどのくらいだよ、って話ですよね。 普段からよく口にする普通サイズのブロッコリー1つが約10gですので、10個分と考えれば分かりやすいでしょうか。 ただ、小さめのだと5gだったり、太くて大きいやつだと15gだったりすることもあります。 ちなみに、1株は300から350gほどですが、可食部はおよそ半分程度となるので1株150から175gほど。 糖質に直すと1株で1. 2から1. 4gくらいですね。 ブロッコリーは野菜の中で糖質が多い?少ない? ブロッコリーの糖質0. 8gは全体から見て少ないほうですよ。 たとえばなんかは100gで1. 7gの糖質を持っていますし、トマトなんかは3. 7gもあります。 同じ野菜でもものによってかなりの差になるんですよね。 玉ねぎなんかは7. 2gと野菜の中ではかなりの量ですし。 これらを踏まえるとブロッコリーの0. 8gはかなり低い部類と分かります。 ブロッコリーと同じ糖質の野菜は、ちんげんさい。 少し多い0. 9gならアボカド、逆に少し少ない0. 7gなら春菊が当てはまります。 ちなみに、よく似たカリフラワーの糖質は2. 同じような見た目でも3倍近い糖質を秘めています。 ブロッコリーのカロリーは? ブロッコリーのカロリーは100gあたり27kcal(茹でた場合)。 生の場合は100gあたり33kcaclです。 糖質の低さを考えると少し多めに感じるかもしれませんが、十分に少ない部類と言えるでしょう。 野菜全体で考えると中間くらいといったところ。 とは言え、100gあたり345kcalの唐辛子や134kcalのにんにくなども存在しますからね。 それを考えれば些細なものと言えるでしょう。 カロリーもカリフラワーと比較してみましょう。 カリフラワーのカロリーは26kcalでブロッコリーよりも少しだけ低めですが、差はたったの1kcal。 どんぐりの背比べ、五十歩百歩と言ったところでしょうか。 大きめなブロッコリー丸々1個で380g程度。 これを丸ごと食べても125kcalですから、ブロッコリーがいかに低糖質かわかりますね?糖質が低く、カロリーもなかなか低カロなブロッコリーは、ダイエットに最適な食材です。 ブロッコリーの主要成分 ブロッコリーの主要成分はビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、食物繊維、カリウムなど。 ビタミンCについては多い食材ランキングの常連になるほど。 その量は100gに対して120mgであり、これはレモンの含有量を超える数値なのです。 ビタミンCと言えば数あるビタミンの中でも最も有名な部類ですね。 健康効果としては免疫力をアップさせたり、アレルギーへの対抗を高めたり、コラーゲンを生成して肌をきれいに保ったりなどが期待できると言われていますね。 冬場は特に重宝されるビタミンであり、10月から11月ごろにはレモンのドリンクなどが増えてきます。 ビタミンEは若返りのビタミンで有名な成分。 強力な抗酸化作用を持つとされ、体内の活性酸素を抑えることで老化やシミ、生活習慣病からガンまで抑えると言われています。 さらに葉酸は、舌炎や精神神経異常を防いだり、カリウムは体内の塩分を調整する効果が期待できます。 健康効果の高い成分を兼ね備えているブロッコリー、毎日しっかり食べることで栄養不足を解消できそうですね。 ブロッコリーの簡単糖質制限レシピ ブロッコリーはいろいろな料理に使える食材。 今回は数ある中から簡単に作れるうえ糖質制限に最適なブロッコリーレシピを紹介しましょう。 ブロッコリーとささみサラダ ブロッコリーに加えて用意するのは鶏のささみとオリーブオイル、塩だけ。 どちらの食材も低糖質低カロリーでダイエットに最適です。 まずはブロッコリーを食べやすいくらいに切り、鶏ささみと共に茹でましょう。 この時、鶏ささみはまんまで大丈夫です。 茹で上がったら鶏ささみをさいて、それをブロッコリーと共に盛り付けたら完成。 好みに合わせてオリーブオイルや塩で味付けをしましょう。 マヨネーズとの相性もいいのですが、ダイエット面からみるとおすすめできないので、かけるなら少量に。 人によってはシリコンスチーマーを利用して手軽に作ることもあるようです。 ブロッコリーライス 糖質制限ダイエッターの間で密かに広まっているのがブロッコリーライス。 ブロッコリーライスとは名前のまんま、ブロッコリーをライス代わりに食べようというものなのです。 普段食べるときのように大きめの房のままだと食べにくいかもしれませんので、小さめサイズに揃えてごはんの代わりにしてみましょう。 おすすめはカレーやドリア。 濃い味付けがピッタリなのです。 見た目は鮮やかなグリーンで、少々サラダっぽさを感じるかもしれませんが、それでも糖質を気にすることなく食べられるのはメリットですよね。 味も美味しいと評判ですよ。 まとめ 糖質とカロリーの摂取を抑えられるだけでなく、ビタミンCをはじめとした数々の栄養も摂取できるブロッコリー。 あのモジャモジャした見た目が苦手な人も健康とダイエットのために是非チャレンジしてみてください。 ただ、調味料のつけすぎだけは注意しましょう。 私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?.

次の