イカ釣り 関西。 マイカ・赤イカ・白イカの釣果報告…関西編。釣れてる場所は?

特集関西版 関西の沖釣り名人 今井浩次がオススメする、これ釣らなソンソン!!|海釣り・釣り船予約サイト「釣割」

イカ釣り 関西

日本近海には30種以上ものイカが生息していますが、そのほとんどが1年で寿命を終えます。 エギングで大人気のアオリイカも例外ではありません。 アオリイカの産卵期は春。 黒潮の影響を受け水温の上がるのが早い紀伊半島周辺では、4月後半から5月にかけて最盛期を迎えます。 陽春の季節に生まれたアオリイカは、夏を過ぎると胴の大きさがコロッケぐらいになります。 何しろ一日で自分の体重以上のエサを食べるといわれる大食漢ですから、一潮ごとに目に見えて大きくなります。 そして、中秋の名月を迎えるころには、胴の大きさがハンバーグから特大のステーキぐらい、重さでいえば300〜600gほどになって釣り人を楽しませてくれるのです。 アオリイカの釣り方は、和歌山が発祥の地だといわれるヤエン釣りのほか、ウキ釣りや泳がせ釣り、中オモリを使った船からのエギングなど多彩ですが、最も手軽で人気があるのは波止や磯、イカダなどからのエギングでしょう。 磯釣りは、瀬戸内海に浮かぶ家島諸島でのエギングが最盛期を迎えました。 紀州では湯浅から大引、戸津井周辺の地磯や沖磯で良型が出始めています。 南紀の串本大島では1kg近い大型も期待できそうです。 イカダやカセからの釣りは、紀東の古和浦や相賀、中紀の衣奈や戸津井などでも良型が釣れはじめています。 波止で面白そうなのは、淡路島仮屋の仮屋一文字と森一文字、和歌山県下津の釣り公園などです。 また、兵庫県の須磨から明石にかけての乗合船で、アオリイカの半夜釣りも始まっています。 釣り方は胴突き仕掛けに餌木をつけ船の流れるままにアタリを待つというのんびりした釣りですから、エギングは苦手、という人にはお勧めですね。 アオリイカは、ヤリイカやケンサキイカと同じジンドウイカ科に属するツツイカの仲間で、北海道の石狩湾以南の日本各地に生息しています。 耳と呼ばれるヒレが胴全体についているため、体内にカルシウムでできた舟型の甲を持つコウイカの仲間と勘違いされますが、アオリイカの体内にそんな甲はありません。 ケンサキイカと同じようにキチン質でできた軟骨があるだけです。 アオリイカの語源は、乗馬の際、鞍の下に敷く革製の馬具、あおりにその形が似ているからだといわれていますが、ほかにヒレを煽(あお)って泳ぐからだという説もあります。 地方名も多いのですが九州のミズイカは、体が半透明で水中で透き通って見えるからでしょう。 モイカは藻の多いところに多いから、バショウイカというのは芭蕉の葉に形が似ているからだといわれています。 オスはメスよりも大型になり4kgを超えるものがいます。 オスとメスは、背に出る模様で簡単に見分けることができます。 メスはこの模様が楕円かもしくわ唇状ですが、オスは点線を引いたような節状になっているのが特長です。 エギングは、エギングロッドとリール、あとは餌木が4、5種類もあればどこででも釣りが楽しめるのが魅力です。 行動力のある若い人たちは、ラン&ガンといって、車で次々と釣り場を移動しながらエギングを楽しんでいます。 エギングの釣り場は、磯、波止、イカダと広範囲ですが、釣り方の基本は同じです。 8〜9フィートのエギングロッドにスピニングリール、ラインはPEの0. 8〜1号を巻いておきます。 リーダーは2〜3号を2mほど。 餌木は、初期の小型が多いときは2. 5号、300g以上がメーンになってきたら3号から3. 5号を用意します。 餌木をキャストしたら、とりあえず底まで沈めます。 ラインを張り気味にして沈めていくと、底についた瞬間にふっとラインがたるみます。 これを見逃さないでください。 餌木が底についたら、シャクリを入れながらダートさせます。 これでアオリイカの目を惹くのですね。 一定の間をおいて、餌木をしゃくっては沈め(フォールさせる)、しゃくっては沈めを繰り返していると、ふっとラインが走ったり、急に重たくなったりします。 これがアオリイカが乗った合図なのです。 アオリイカは、餌木を引いているときより、ほとんどがしゃくったあとフォールさせている最中に乗ります。 ですから次ぎにしゃくりを入れようと竿を起こしたとき、ぐっと重くなるのですぐに分かります。 沖から手前へ何度も餌木を引いてくると、餌木を追ってアオリイカも寄ってきます。 こうしてイカを足元まで寄せておいて、餌木を巧みに操りながらサイトフィッシング(見釣り)を楽しむのも面白いですよ。 餌木は定番のピンクとオレンジのほか、アジカラーなど4、5種類あれば十分釣りになります。 1944年、兵庫県尼崎市生まれ。 釣り好きが高じて昭和51年、週刊釣りサンデー創刊と同時に入社、元取締役編集局長。 渓流釣りやアユ釣りのほか、おいしい四季の釣魚を求めて各地を放浪、沖釣り歴は約40年、阪神沖釣クラブ相談役。 釣った魚は自らさばいて食べるのがモットー。 現在はフリーランスのライター兼フィッシングアドバイザー、サンテレビの人気長寿番組「ビッグフィッシング」の解説者、スポーツ紙や日刊紙に釣りコラムを連載中。

次の

関西 イカ釣りの遊び体験|日本最大の体験・遊び予約サイト アソビュー!

イカ釣り 関西

Contents• マイカ釣りの好条件は?天気、月の大きさ、潮の流れ 釣日和と言えば、天気の良い日を想像しますよね。 日中の釣りでは、晴れの日が望ましいですね。 夜釣りのマイカ狙いは、真逆です。 経験上、雨降りの方が釣果は良かったです。 月明かりが海面を照らして、集魚灯の効果が半減します。 集魚灯の役割は、マイカの餌になる小魚を呼び寄せます。 その小魚をマイカ達は捕食しに来るのです。 集魚灯の効果が出てくると、マイカの釣れるタナも徐々に上がってきます。 ですから満月は最悪で、 ベストは新月です。 潮の流れが止まっている時、速い時も釣果が落ちます。 ゆっくりと流れている状態がベストでしょうね。 潮に関しては、その日の運任せでしょうね。 「天気予報」と「月の満ち欠け」を考慮して釣行日を決める事が好釣果につながますので、を参考にしてください。 関西エリア・マイカ釣果報告 6月4日調査 釣果が出ている 00月00日 色で表示しています。 釣果が出ている 00月00日 色で表示しています。 シーズンに突入すると、夜の海上は「マイカ釣り」の船でひしめいていますよ。 昔で言う漁り火ですかね。 釣り人も好釣果求めて、予約に頭を悩めます。 予約したい船が満席の場合も諦めないでください。 下記に釣り船のポータルサイトを紹介しますので、そこでも調べてくださいね。 おすすめのロッドを紹介します 管理人の「じ~じ」です。 マイカ釣りには、最強ロッドですよ。 シーズン初めは、イカの子供「 新子」が多く、「 足切れ」が多発します。 身が柔らかく、釣り上げる途中に波の抵抗とかで、スッテには足だけ 泣。 ロッドの吸収力 柔軟性 が大変優れています。 私と友人 K氏 は、数回、100杯超えを達成、大抵は竿頭を二人で競ってます 自慢。 10数年前に購入したお店です。 サイズも二種類あり、安く購入した記憶があります。 一度お尋ねください。 鮮魚店に出回るよりも早く食卓に登場しますよ。 ここでは、新鮮な状態で持ち帰る方法を紹介します。 釣れたマイカは、イケスか、バケツで墨を吐かせます。 10杯位になると、クーラーにある木のトロ箱へ並べます。 余り重ねないようにします。 釣れ過ぎると三段重ねのトロ箱も一杯になり、最初に並べたマイカをジブロックに移していきます。 真水には、浸けない事。 釣って直ぐにはジブロックに入れない事です。 ある程度墨を吐かせたら、重ねずに冷やす事が大事ですよね。 詳しく書いている「」も参考にしてください。 まとめ マイカ釣りのシーズン到来です。 今年の釣れ始めは、和歌山方面が早いか、それとも日本海のどちらの地域が早いかを知らせていければと紹介していきます。 釣れる状況が変化していきますので、その都度発表していきます。 予約ポータルサイト、おすすめロッド、マイカの上手な持ち帰り方なども紹介してきました。 次回は、良く釣れる「お薦めスッテ」の紹介もしますので、しばらくお待ちください。

次の

【関西2020初夏】阪神~神明間の沖堤防紹介 おすすめターゲットも

イカ釣り 関西

スポンサーリンク アオリイカ釣りの概要 アオリイカの釣り方は大きくわけて3パターン。 ルアー釣りの一種であるエギング、餌を使うヤエン釣りとウキ釣りだ。 いずれも甲乙つけがたいおもしろさがある。 この釣りの主なシーズンは産卵で接岸した大型が狙える春イカ期(早春~初夏)と、中・小型の数が期待できる秋イカ期(秋~初冬)だが、西日本ではエリアによっては夏場や真冬にも釣れる。 その気なら年中楽しめるのもアオリイカ釣りの魅力だろう。 そのポイントは季節によって異なる。 春イカ狙いなら近くに藻場(イカが産卵する)がある磯場や波止の周辺が中心となる。 一方の秋イカ期は、餌の小魚を追いかけて広範囲を回遊するという時期的な傾向から、春に釣れるエリアであれば条件しだいで一帯が狙い目になる他、漁港の港内などの気軽にエントリーできるスポットでも狙える。 いろいろなテクニックを駆使するには専用のロッドと小型スピニングリール、PEラインを用いるのが一番だが、とりあえず餌木を投げられる竿とリールがあれば釣りになるのもエギングのいいところ。 春や秋の波止釣りの際は1~2個の餌木を常備し、チャンスと見ればちょっとイカを狙ってみるという遊び方も成立する。 基本的なテクニックの1つとして「投入した餌木を少し沈めてから巻き寄せるだけ」というものがある。 これならゴツい投げ竿でも可能だ。 活性の高い小イカの群れがいるときは、それだけでイカの追尾が確認できる。 あとは巻く手を止めて餌木を沈め、イカが抱きつくのを見て合わせればいい。 本格的にエギングを楽しむのなら専用のタックルと多様な餌木を用意したい。 餌木は扱いやすい3~3. 5号を中心に、小さめの2~2. 5号、大きめの4号をいくつか揃えること。 いろいろなカラーがあるが、同じサイズで暖色(オレンジやピンクなど)、寒色(ブルーやグリーンなど)の2パターンを持っているとイカの目先をかえられる。 同じ意味で下地の色(赤、金、銀、マーブルなどがある)が違う餌木を用意するのもいい。 エギングロッドは7~8㌳クラス(2. 1~2. 4㍍)のオールラウンドタイプとされるものが無難。 この竿があればチョイ投げや探り釣り、エギング以外のルアー釣りにもある程度は対応できるメリットがある。 リールは小型スピニングリールを使用。 それにPEの道糸を巻く。 一般的なナイロン糸よりもPEの方がのびがない(伸縮率が低い)ので大小のサソイ(魚の食いを誘う動作)のアクションを確実に餌木へと伝えられる。 エギングの釣りのパターン アオリイカは昼夜を問わずに釣れるが、エギングの場合はラインの状態や手前にきたときの餌木の様子がわかりやすい日中の釣りが親しみやすい。 とりあえず昼間の釣りで感覚を覚え、慣れてきたら常夜灯のある波止などで夜釣りにもチャレンジすることだ。 特に月夜の日は夜の釣果が上がることが多い。 時合は、朝夕のまづめどきや、潮の動きに変化が出るタイミングなど他の魚と共通する部分も多いが、イカの場合は干底(干潮で潮位が最も下がったとき)に食いがよくなる場面もある。 また、ベイトフィッシュ(餌となる小魚)の群れが回遊してきたとたんに釣れだしたり、逆にイカを食べるメジロなどの大型魚が回ってきて一気に釣れなくなるケースもある。 サソイのパターンは図の通り。 アタリはいきなり引っ張られたり、コンッとかすかな手応えがあったり、何の反応もなくシャクリの際に重みが乗ってくるなど多彩だ。 餌木を沈めている途中でラインが今までと違う動きをするのもアタリの1つである。 何か異変を感じたらイカが餌木を放す前に合わせよう。 アタリがあるのにハリ掛かりしないことが続くときは合わせのタイミングをかえるのも一策。 また、餌木のサイズやカラー、サソイの方法をかえると掛かりがよくなることも多い。 合わせが成功したらラインを緩めないように巻き寄せるが、相手が大きいときはかなりの抵抗がある。 それでも糸が切れるようなことは少ないが、ハリが掛かったイカの身が切れてバラす(逃がす)ことがある。 リールのドラグつまみを調整し、強く引かれたときに糸がジリジリと出ていくように設定しておこう。 イカを足もとまで寄せたら、小型ならそのまま抜き上げればOK。 イカはスミを吐くことがあるので口を上にしたままぶらさげておかず、口が海の方を向くようにして下に置いてから餌木をはずす(できるだけ海中でスミを吐かせたい)。 1㌔を越えるような大物は抜き上げ時に身切れすることがあるので玉網ですくうかイカ用のギャフ(手カギ)を胴体に掛けて取り込む。 玉網の場合、迫る網を見てイカが逃げようとするので走る方向の反対側に網を入れるのがコツだ。 キーワード検索•

次の