パキシル やばい。 名医たちが実名で明かす「私が患者だったら飲みたくない薬」(週刊現代)

いつまで飲み続けますか?~抗うつ薬の危険性について~|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニック

パキシル やばい

「うつ病を発症し精神科・心療内科にかかる。 抗うつ薬を処方してもらう。 」 そうなると、ほぼ間違いなく処方された抗うつ薬を飲む生活が始まっていくのですが、うつの苦しい症状に悩む人にとっては、本当に心の支えのような薬です。 しかし、よく考えてみれば、そんな薬を心の支えにするってどうなんでしょう。 本来なら、病気の治療というのは「薬や医師を頼らなくするため」にあるのであって、薬が心の支えになるのは本末転倒ですし、そこには大きな落とし穴もあります。 薬に頼って大丈夫?抗うつ薬の服用は安全なの? そんな疑問に答えていこうと思います。 抗うつ薬とは何? まずは、はじめに抗うつ薬とはどういうものなのか考えていきましょう。 抗うつ薬は長期間飲み続ける薬です 抗うつ薬は、飲み続けることが重要な薬です。 うつ病の治療を始めて、それがうまくいった場合、約半年ほどで症状がなくなったように感じられる状態になるのですが、そこでもすぐ薬をやめることはできません。 なぜなら、その状態が「薬で維持されている」もしくは「薬で維持されているのではないかと思っている」からです。 つまり、薬をやめたとたん元に戻ってしまって、また始めから薬の服用をやり直しということはうつ病にはよくあるのです。 そこで抗うつ薬の服用は、医師と相談しながら、状態に合わせて徐々に薬を減らしていきます。 しかし、効果がみなれないなどの状態によっては薬の種類が増える可能性もあります。 抗うつ薬の服用は医師の指示に従うことが大切です。 抗うつ薬は依存度が高い人もいる!? 抗うつ薬には依存性はない、そのように書いてあるサイトや専門書があったり、医師がいらっしゃたりします。 しかし、抗うつ薬には「抗うつ薬中断症候群」とよばれる症状があることは医学的に認められている話です。 この抗うつ薬中断症候群とは、風邪のような症状、不眠、吐き気、ふらつき、感覚障害、過剰覚醒などの症状があり、患者さんのなかには「症状の再発」を疑うことで、より薬に依存する可能性があるのです。 また、WHO(世界保健機構)では特に抗うつ薬SSRIに見られる「SSRI中断症候群」という言葉に対して、研究者が薬物依存との関連性を避けるために使う言葉だとも指摘しています。 抗うつ薬に不安を感じたら、 セカンドオピニオンを 抗うつ薬に関しては、誰でも確実に効果があるとはいえない薬です。 効果があらわれて症状が改善されれば良いですが、改善されずに副作用があらわれて苦しむ方もいるのも事実です。 もし、いま抗うつ薬を飲み続けていて全く効果のない人、もしくは薬がどんどんと増えて症状が悪化する人、明らかに副作用と思われる症状が出ている人は、一旦薬の服用について考えてみることも大切かもしれません。 そして、セカンドピニオンで現在の抗うつ薬が症状に合っているのか、また、他の治療方法はないかなど、医師に相談することも必要です。 抗うつ薬に頼らず、 うつ病の回復ってするの? では、抗うつ薬に頼らず、うつ病の回復はできるのでしょうか。 その可能性について見ていきましょう。 うつ病の判断に不安を感じたら、 光トポグラフィー検査を受けてみましょう 自分がうつ病なのか、それともただの悩んでいるだけの人間なのか・・・ その判断は残念ながら普通の人にできるものではありませんから、まずこの判断には精神科や心療内科の医療機関に行くことで判断をつけてもらうべきでしょう。 特に光トポグラフィー検査を行っているクリニックで診察することをおすすめします。 日本の精神科医は心の病を薬物治療でしか治せないと考える傾向があります。 ですので、精神科・心療内科に行って悩みを打ち明けるだけで、すぐに薬の処方を勧めてくる医師は多く、それをきっかけにそのことで薬に依存していくという不幸な事例は間違いなく存在します。 例えば、「眠れない」といえば睡眠薬を、「不安だ」といえば抗不安薬を、「落ち込む」といえば抗うつ薬を、と言った具合にです。 しかし、現在薬以外の新たなうつ病治療も日本で行われています。 ですから、大事なのは薬以外の治療も提案してくれるセカンドオピニオンかもしれません。 できるだけ多くの専門家の意見を聞くというのは、大切なことです。 そんななか、ぜひ診察してほしい医療機関があります。 それは、うつ病などの心の病を、薬に頼らずに治そうとしている医師たちのいる医療機関です。 そういった医療機関の医師たちは、抗うつ薬の危険性をよく知っています。 また、そういった医師たちはいろいろな方法でうつ病と戦っていて、なかには生活習慣病と同じだからきちんとした生活習慣をとれば状況は改善するという人もいます。 そういった医師は薬を無駄に投与しません、今まで書いてきたとおり一度薬に頼れば抜け出すのはとても大変。 ですから、まずはそういう医師を探して診断してもらうのも一つの手です。 そこで診断した結果、投薬治療をしたほうが良いと診断されて初めて、抗うつ薬や抗不安剤の服用に踏み切っても遅くはないのです。 新宿ストレスクリニックは 正確な診断と 薬に頼らないクリニックです まずは、光トポグラフィー検査を行っていて、薬に頼らないクリニックで医師の診察を受けましょう。 新宿ストレスクリニックは薬に頼らないうつ病・ストレスの新しい治療を行っているクリニックです。 光トポグラフィー検査という問診だけではない、目に見えるグラフデータと併せて医師による診断をすることによって、今までよりも正確にうつかどうかを診断しています。 そして、検査結果と状態から総合的に診断した上で、治療が必要な場合は、薬を使わないうつ病・ストレス治療である磁気刺激治療 TMS によってその症状の改善を目指していきます。 患者さんのご状態によっては薬の服用と併用して磁気刺激治療 TMS を行うこともありますが、徐々に減薬していき、断薬する方向で治療をします。 この治療方法は、日本ではまだ普及し始めたところですが、アメリカでは700施設以上で既に導入されている治療法ですので、安全安心の治療を受けることができます。 まずは光トポグラフィー検査と問診だけでも受けてみてはいかがでしょうか。 薬漬けで心を病むような悲しいことが起きないよう、また、薬の副作用によって、うつ病の症状を悪化させる悪循環に陥らぬよう、早めのご相談をお待ちしております。

次の

パキシルの離脱症状!吐き気とめまい?私の体験談はコレ!

パキシル やばい

ひどい人• 全くない人 上記のように、極端に別れる場合も 少なくないんですね。。。 私の経験したパキシル離脱症状とは? 私が初めてパキシルを服用したのは、 個人輸入からです。 なんだか、 落ち着かない・・・ これが始め感じた違和感でした。 トイレに行こうとしたら、 ふらつく感じがして、 「 めまい」が発生!! その時は、まだ、 原因が分かりませんでした。 数時間後・・・ 気持ち悪い症状が出てきました。 「 吐き気」です。 同時に、 感覚異常のような 違和感も出てきました。 めまい• 吐き気• 感覚の異常 この3つです。 後で分かったのですが、 離脱症状には、 他にも沢山、 症状があって、ビックリしました。 これだ!! ありました。 「離脱症状」に間違いない。 と感じて、パキシルの残りを確認。 すぐに、 30mgを服用することに。 数時間後、 ほぼ正常な状態に戻りました。 離脱症状の時に、パキシルを 30mg追加した為だと思います。 それ以降、 めまい・吐き気・感覚の異常 はありませんでしたよ^^ 私は、離脱症状の時に、 大量の脂汗をかきました。 トレドミン• サインバルタ で、 個人差がありますが、 SSRIの「パキシル」は、 特に離脱症状を、 起こしやすいと言われています。 少し話がズレますが、 今でもよく使われる「離脱症状」とは… 本来、 依存性の薬物に依存した状態で、 その薬を 中止・減量する時に、 出現する症状を指します。 SSRIは、簡単に言えば、 主に作用するのは、 脳内物質「セロトニン」です。 しかし、 セロトニンは依存のある 物質ではない!! と、現時点ではされています。 SNRIも同様に、 主に作用するのは、 セロトニンとノルアドレナリンです。 こちらの ノルアドレナリンも、 依存性のある物質とは、 されていないんですね。 ですので、本来は、 「 中止後発現症状」という呼び方が、 適しているはずなんです。 しかし、世間一般では、 「 離脱症状」という言葉で、 表現されているのが現状です。 ですので、細かい事は気にせず、 「 抗うつ薬の急な中止・減量」は 危険である。 これは、実際にパキシル服用者が、 急な薬の中止・減量で、 離脱症状の報告が目立つからなんです。 しかし、 完全には、離脱症状(中止後発現症状)の メカニズムは解明されていません。 なぜ、SSRI・SNRIが危険なのか? 超簡単にご説明します。 SSRIのみ説明しますが、 SNRIも同様と考えて下さいね^^ SSRIの抗うつ薬(パキシル含む)では、 ほとんど セロトニンに作用します。 対して、古いタイプの抗うつ薬は、 脳内で、 様々な箇所に作用します。 その為、副作用の頻度が 自然と増えるんですね。 4種類の「SSRI」は、効果・副作用の違いはあっても、 作用の仕組みは同様なんです。 で、 全力で、脳内のセロトニンの 濃度「 だけ」を上げます。 その状態から、一気に脳内の セロトニン濃度が下がると、 離脱症状の危険があります。 通常、 2日以内に 離脱症状が出てきます。 ポイントは、 セロトニンにだけ 強力に作用している為、 例えると、 右腕のみを筋トレで鍛えて、 筋肉痛になる。 ちょっと、イマイチな例えですが。 対して、三環系抗うつ薬は、 様々な箇所に影響を与えます。 もちろん、セロトニンにも強力に 作用する薬もあります。 でも、三環系の抗うつ薬は、 急な中止・減量の際に… 脳内で、まんべんなく 多くの物質が低下する訳です。 先ほどの、筋トレの場合を想定すると、 三環系の抗うつ薬は、 全身が筋肉痛になるということです。 影響を与える脳内物質が多いので。 SSRIのパキシルは、 セロトニンの量だけに影響する!! セロトニンの急激な低下状態が起こると、 脳内でバランスが取れません。 三環系の抗うつ薬は、 脳内で、 様々な物質にも影響を… 与えますので、 全体的に脳内の 物質が低下する作用により… 脳全体で、バランスよく 多くの物質が影響を受けます。 筋肉痛で表現すると、 こちらは、 体中が筋肉痛になる。 よって、右腕のみを筋トレで鍛えて、 筋肉痛になる「SSRI」と比べて… 三環系の抗うつ薬は、全身が筋肉痛なので、 極端な違和感を、感じづらいと言えます。 SSRI・SNRIを服用している人は、 必ず頭に入れておいて下さい。 医師によっては、 説明しない場合も ありますので、 増やす訳じゃないし、 減らすんだから、問題ないでしょ? と、考えずに、 ゆっくり・じっくり 減量・中止して下さいね。 終わりです。 ありがとうございました。

次の

名医たちが実名で明かす「私が患者だったら飲みたくない薬」(週刊現代)

パキシル やばい

パキシルのネットでの悪評について 私は現在パキシルCRを強迫性障害と鬱のため服用しています。 パキシルに出会う前は、もう廃人のような状態でどんな薬を飲んでもダメだったのですが、 このパキシルを飲んで2週間後、明らかに自分の見える世界が変わりました。 その後も継続して飲み続け、まだ半年弱ですが仕事や学業や趣味が楽しめるようにまでなりました。 しかし、ネットでパキシルについて調べると、 「覚せい剤と同じで一生やめられなくなる」 「SSRI自体がセロトニンが精神病の原因という仮説から作られている」 「グラクソスミスの誇大広告である」 と何とも悪評ばかりで、パキシルを服用しているのが不安になりました。 なぜここまでパキシルだけが叩かれているのでしょうか? それはやはり個人差に大きく左右される精神薬の中で、効果を実感できない人が大多数を占めているからでしょうか? 今後も飲み続けていく薬だと思うので、とても心配になり質問させて頂きました。 お詳しい方いらっしゃいましたらご意見お聞かせ願います。 84 pt 長期のウツ病患者です。 医療関係のご質問については、自分は 医師や薬剤師のような専門家にご相談をと、常々回答させて頂いています。 パキシルについては、知人が服用していた事があり、その時の体験談は聞いています。 自分は服用や医師から勧められたことがないのでわかりません。 質問者さんご自身が「個人差に大きく左右される精神薬」とお書きになっているように、同じ薬でも患者さんによって効き目や副作用、気持ちなど変わってきます。 大切なのは、質問者さんが薬の効果を感じているかではないでしょうか。 そして、副作用や、身体の異変、効きが悪くなったとかを感じたら、即、担当医と相談することを忘れないでと思います。 服薬量は適宜増減) 朝霞さんの仰るとおりドクターや薬剤師の方など専門家のご意見に 重きを置かれるべきかと思います。 (専門家の方はちゃんとした医学的根拠があって対応をされているので。 ) インターネットの普及によって私達のような医療の専門家でなくとも 手軽に情報が入手できることは良いことですが、 それをどう認知するかは読み手によるものです。 私的な意見で恐縮ですが、病気や薬の知識を学ぶのは ドクターなどの専門家の話をより理解するためのものだと考えています。 (よく精神科の治療は医者と患者の共同作業という表現がされるようです。 ) ですので、不安になるだけの情報は質問者さんにとって有害情報なだけですので、 スルーされるのがいいです。 質問に書かれている3つの内容について、素人意見ですが 私は下記のように認知しております。 覚せい剤と同じで一生やめられなくなる =>パキシルは離脱症状(薬を減薬した際の症状の再発のこと)が比較的 起こりやすいと言われています。 実際私も減薬は医師の指導のもと 数度行いましたがその時の生活習慣(仕事に付いている、 学生だった、療養中である) などでうまくいったりいかなかったりしています。 しかし、症状が安定した後他の種類の薬(SNRIなど)に置き換えたり することで減薬できている方もたくさんおられます。 現在は精神疾患の多くは 明確な原因の特定には至っていないため、仮説となっていますが、 向精神薬と呼ばれる類の薬は(作用機序は異なりますが) いずれもセロトニンという脳内物質の流れに働きかけるもので、 SSRIだけが特別なものではないです。 (それぞれ特徴が異なるので、ドクターは様子を見ながら 今後の処方を決められるのではないでしょうか?) グラクソスミスの誇大広告である =>パキシルは2000年ごろに登場し、SSRIという新しいタイプとして 効果が高く、「魔法の薬」ともてはやされた時期があったそうです。 (また、それまでの三環系や四環系の薬に比べ副作用が少ないと うたわれていたた)。 ただ、処方開始から何年かたって わかってきたこれまでと異なるタイプの副作用 (強めの離脱症状、若年者の場合稀に攻撃性の増加など) もあり、そういった流れでクラクソスミス社を懐疑的に 捉えられている方もおられるかと思います。 実際私自身も下記の理由により、あまりよい印象はありませんが 少なくとも私にとってパキシルは症状改善に役立っている (のを喜んで良いのかどうか微妙ですが、、、)のは事実です。 ・薬価が高い ・パキシルの特許が切れる直前に特許対策としてパキシルCRを発売した。 (CRは徐放剤という薬の効き目がゆっくり現れる成分です。 これにより副作用や離脱症状が抑えられると謳っています。 特許に対する対策はどこの製薬会社もやっているそうですが やはり利用者としてはいい感情は持てないです) 長文失礼いたしました。 お役に立てれば幸いです。 はじめまして。 A.Poeと申します。 主題:netの情報より主治医の言葉を信頼すべきである -- ま、主題以外の何者でもないんですが、こんな話があります。 #話です。 小生の実体験ではない、という事にしてください、法律上。 「リタリン」という薬が流行った時、精神が正常であるにも関わらず友人から頂いて飲んだ人がいました。 ウワサの「覚せい剤並みに効く」「絶好調になる」というのをやってみたかったから、だそうです。 #「覚せい剤をやると音楽が素晴らしく聴こえる」という話を鵜呑みにして #バッハやコレルリを聴きながら神を感じたかったようです 結果、全く効かなかったそうです。 なーんも変わりなし。 もちろんリタリンは友人自身が薬局で処方してもらった本物に間違いなかったそうです。 となると「アレだけ世間及びnetで『効く』というウワサのリタリンも、相当に個人差がある」と考えてリタリンの乱用は数回でやめたそうです。 というか 「これだけ効かないってことは、別な薬がもし『効く』でハマった場合にとんでもないことになる」「ヘタすると しなくても 救急車のお世話になる可能性がある」 と考え、「相当にヤバい実験をしたんだなあ」と実感したとか。 -- これは「netで『効く』というウワサが全く当てにならなかった」例ですが、asdf212asutrf7ik78 さんが直面しているのはちょうど逆の例だと思います。 小生のこの意見も「netの情報」なので矛盾してはいますが、やっぱり「netの無責任な情報より主治医の言葉を信頼すべき」だと思います。 不安があるなら主治医か処方してもらった薬局に相談しにいくべきでしょう。 なに、それも 仕事のうち=料金のうち ですから、遠慮する必要はないと小生は思います。

次の