新幹線 グリーン車 料金。 東海道・山陽新幹線グリーン車料金表【東京から/まで】総額表示でわかりやすい|新幹線旅行研究所

東海道・山陽新幹線グリーン車料金表【東京から/まで】総額表示でわかりやすい|新幹線旅行研究所

新幹線 グリーン車 料金

目次 CLOSE• グリーン車とは グリーン車とは設備が豪華で、座席もゆったりと利用できる特別な車両を指します。 JRが国鉄の時代から続くサービスで、飛行機のファーストクラスよりは劣りますが落ち着いた環境で移動ができます。 利用には通常料金とは別にグリーン券を購入する必要があります。 北陸・東北・北海道新幹線では、更に上位クラスの「グランクラス」がありますが、東海道新幹線ではグリーン車か普通車のどちらかになります。 グリーン車の号車 東海道新幹線に直結している山陽新幹線の新大阪〜博多、九州新幹線の博多〜鹿児島中央では一部グリーン車が無い列車もあります。 新幹線 列車別のグリーン車の号車と有無 列車 グリーン車の号車 運行区間 のぞみ N700系 8、9、10号車 東京〜博多 みずほ N700系 8両編成 6号車 新大阪〜鹿児島中央 さくら N700系 8両編成 6号車 新大阪〜鹿児島中央 ひかり N700系 8両編成 6号車 新大阪〜博多 ひかり N700系 8、9、10号車 東京〜博多 ひかりレールスター 700系 なし 新大阪〜博多 こだま N700系 8両編成 6号車 新大阪〜三原、新下関〜博多 こだま N700系 8、9、10号車 小倉〜博多、東京〜新大阪 こだま N700系 8両編成 なし 新大阪〜博多 こだま 500系 8両編成 なし 新大阪〜博多 かがやき 11、12号車 注 東京〜金沢 はくたか 11、12号車 注 東京〜金沢 つるぎ 11号車 富山〜金沢 (注)「かがやき」「はくたか」の12号車はグリーン車よりも上のグランクラス グリーン車の料金 グリーン車は普通車の料金にさらに上乗せでグリーン料金が必要です。 距離に応じて6段階で料金が決まります。 目安としては100km毎に1,000円です。 東京〜名古屋が約4,000円、東京〜京都・新大阪が5,000円ぐらいの追加料金となります。 グリーン料金は距離だけで決まるため、「のぞみ」「ひかり」「こだま」、「おとな」「こども」、「閑散期」「繁忙期」のいずれでもグリーン料金は同じです。 私は小柄なので普通車の座席幅で十分かと思いきや、グリーン車に乗った後は普通車が「狭っ!」と感じるのでやはり体系に限らず快適なのでしょう。 (グリーン車) 座席自体の横幅は51cm、前の座席との間隔は54cm (普通車) 座席自体の横幅は40cm、前の座席との間隔は52cm 普通車にない設備がある〇 グリーン車ならではの設備がいくつかあります。 全席にコンセントがある• 空調の風量調整• 足載せがある• レッグウォーマーで足元が温かい• リクライニングレバーで楽に動かせる• テーブルサイズが大きく、大小2つある• 読書灯がある 詳しくは、で写真入りで詳しくご紹介しています。 一人で乗車する方が多く、騒ぐような子連れや若者が少ないのが一番の理由です。 普通車は走行音が結構ありますが、グリーン車はほんとに静かです。 実際にグリーン車に乗る人の25. ちなみに世帯収入は43. (出典) 気のせいではなく、私と違って相応の人が利用する率が高いのですね。 特に接するわけではありませんが、ガサガサお菓子を食べたり、パソコンの操作音がうるさかったりというのがありません。 サービスの違い〇 普通車と大きな差はありません。 座席には旅雑誌や車内紙があり、車内紙は持ち帰ることもできます。 「のぞみ」「ひかり」であればおしぼりを配ってくれます。 このおしぼりは肉厚で、嫁が子供と出かけるときに重宝するらしく、グリーン車を利用する度に持ち帰るよう指示を受けております 笑 グリーン車のおしぼり あと、グリーン車専門のパーサーさんが頻繁に通りますので、切符の変更、座席の変更などタイミング良く対応してもらえます。 静かな空間だからです。 普通車であれば多少騒いでしまってもお互い様の面がありますが、グリーンはそうはいきません。 静かな移動時間を買っている人たちからすると迷惑になってしまいます。 また、普通車であれば隣の席が空いていれば子供に使わせてしまっても車掌さんは黙認です。 (本来はダメですよ)。 グリーンになると必ず注意されます。 このように、子供を乗せるのであれば、おとなしく席に座って寝る子や、本でも静かに読む性格の子であれば可能ですが、少なくとも我が家は高校生ぐらいまでは無理だと思っています。 普段であれば隣に人が座ることはめったにありません。 隣に人がいないのも、なんとなくグリーン車の特権だと思っている人もいるはずです。 ところが、連休前や週末の18時、19時頃になるとグリーン車も満席になったり、混雑したりします。 こうなると隣に人が座る率が高まります。 隣に人が座るとせっかくのグリーンが台無しという気分になります。 私の場合ですが、グリーンは「人に邪魔されない静かな時間」というイメージが勝手に出来上がっており、隣に人が座ることでこれが半減してしまいます。 混んでいても、空いていても同じ料金なので損した気分です。 グリーン車の利用方法 グリーン車のきっぷの買い方 グリーン車を利用したい場合は切符を購入する際に「グリーン車で」と言うだけです。 自動券売機でも買うことができます。 グリーン券は特急券と同じ1枚のきっぷになります。 グリーン車に変更するには 駅の窓口であればグリーンへの変更ができます。 また、列車内で車掌さんに言えばグリーンへの変更もできます。 もちろんグリーン車との差額の支払いが必要ですよ。 JR東日本の新幹線では自動券売機で普通車からグリーン車への変更ができるようですが、個人的には試したことがありません。 まとめ の会員になると、東京〜新大阪を6往復するとグリーン車に無料で乗れます。 私はいつもこのエクスプレス予約のなるポイント制度を利用しています。 グリーン車を利用する場面ですが、必ず連休前や週末の普通車が混雑しているタイミングを狙います。 個人的には空いている普通車であれば、わざわざグリーン料金を払って乗るまでではないと思います。

次の

東海道・山陽新幹線

新幹線 グリーン車 料金

広告 東京-新大阪の新幹線割引きっぷ 東京-新大阪の割引きっぷは、以下の通りです。 割引価格は変更になることがあります。 19,590円 - (のぞみ正規料金)• 19,270円 - (ひかり正規料金)• 19,270円 - (グリーン車)• 14,720円 - (のぞみ正規料金)• 14,670円 - (グリーン車)• 14,670円 - (グリーン車)• 14,520円 - (のぞみ普通車指定席)• 14,400円 - (ひかり正規料金)• 14,200円 - (ひかり普通車指定席)• 13,940円 - (普通車指定席)• 13,870円 - (正規料金)• 13,870円 - (普通車自由席)• 13,820円 - (普通車指定席)• 13,620円 - (普通車指定席)• 12,930円 - (のぞみ普通車指定席)• 12,610円 - (ひかり普通車指定席)• 12,570円 - (普通車指定席)• 12,200円 - (グリーン車)• 12,080円 - (普通車自由席)• 11,410円 - (グリーン車)• 11,200円 - (普通車指定席)• 10,700円 - (普通車指定席)• 10,080円 - (普通車指定席) 東京発着料金表• 品川発着料金表• 新横浜発着料金表• 名古屋発着料金表• 新大阪発着料金表• 博多発着料金表• あなたへのおすすめ.

次の

新幹線でグリーン車に!東京-新大阪間の+5000円は得なのか検証してみた

新幹線 グリーン車 料金

新幹線のグリーン車に格安に乗りたい! この新幹線グリーン車の料金を格安にするには、いつくかの手段があります。 あくまでも通常料金より安くなる方法であって、画期的に安くなるわけではありません。 しかし、チケットの購入方法によっては 普通車の通常きっぷより安くなることも! では、新幹線のグリーン車に格安に乗る方法をいくつかご紹介しましょう! グリーン車用の回数券・新幹線格安チケット JRでは新幹線の回数券を販売していますが、その中にグリーン車のがあります。 設定区間は限られており、東海道・山陽新幹線でも、東京からは名古屋~博多の「のぞみ」停車駅の回数券がありますが、名古屋や京都からは小倉・博多と東京のみの販売。 (東京との往復はこだま限定のグリーン車用回数券も有り) 回数券は全国の各新幹線で販売されていますが、グリーン車用回数券の 設定区間についてはそれぞれ確認が必要です。 また、金券ショップでも回数券を1枚売りにしたが販売されています。 グリーン車用回数券の販売がある区間なら、グリーン車用の新幹線格安チケットを購入することもできますが、安くなるのは東京~大阪で500円から1,000円程度です。 なお、回数券・新幹線格安チケットは、グリーン車の切符であっても年末年始やお盆などには利用できず、有効期間も決まっていますので、利用できる期間については注意が必要です。 往復割引等の割引を使う JRでは新幹線でも使えるがあります。 特に、新幹線のグリーン車で使いやすいのは。 片道の営業距離が601キロ以上の区間を往復する時、同一区間の乗車券を往復分同時に購入すると、乗車券は1割引になります。 往復割引で割引になるのは乗車券だけですが、もし株主優待券を持っている方は、株主優待を利用すると乗車券・特急券の両方が割引になります。 会員制の新幹線割引サービスでネット予約 全国の新幹線は会員制の割引予約サービスでネット予約することができます。 新幹線予約サービスなら、普通車と同じく グリーン車料金を格安にすることができます。 しかし、新幹線予約サービスはいくつかありますので簡単にご紹介しましょう! エクスプレス予約・スマートEX どちらも、の予約ができるサービス。 エクスプレス予約の利用には年会費が必要ですが、通常予約も料金は格安。 それに対して、スマートEXは年会費もかかりませんが、通常予約時の料金は普通のグリーン車料金より200円安くなるのみです。 ところが、このエクスプレス予約・スマートEXには「早特」というのチケットがあり、これを利用するとグリーン車の料金もさらに安くなります。 例えば、東京から名古屋まで通常14,960円のところ、スマートEXの通常予約なら14,760円、エクスプレス予約では通常予約で13,970円。 そして、3日前までに予約する「EXグリーン早特」(朝6時台出発のぞみと終日ひかり)と「EXのぞみファミリー早特」(2名以上で土休日限定)で12,050円まで安くなります。 エクスプレス予約には、ポイントが貯まると普通車料金でグリーン車に乗れる特典も! JR九州インターネット列車予約 また、九州新幹線も同じようにグリーン車を格安料金で予約することができます。 「」を使えば、九州新幹線も九州新幹線&山陽新幹線のグリーン車も通常料金より安く予約することができます。 例えば、博多~熊本間のグリーン車料金は通常6,800円です。 これが、JQカード会員限定の「eきっぷ」を使うと6,700円。 九州ネットきっぷで5,670円、九州ネット早特3なら5,060円になります。 e5489 北陸新幹線と山陽・九州新幹線のグリーン車はe5489を利用しても安くなります。 グリーン車料金が安くなるのは「eきっぷ」というJ-WESTカード会員限定のきっぷ。 特急券部分のみ安くなるきっぷで、JQカード会員もJR九州インターネット列車予約から購入することができます。 例えば、新神戸-博多間の「のぞみ」グリーン車料金は20,140円です。 この料金は「eきっぷ」を利用すると17,680円になります。 えきねっと 「」を利用すると、「トクだ値・お先にトクだ値」で東北・上越・北陸新幹線のグリーン車に格安に乗ることができます。 グリーン車が安くなる列車は限られ、東北新幹線「やまびこ・なすの」、上越新幹線「とき・たにがわ」、北陸新幹線「あさま」。 「えきねっと」で安くなるのは、乗車当日の午前1時40分までに購入する「トクだ値」と、乗車日13日前の午前1時40分までに購入する「お先にトクだ値」。 「トクだ値」は10%または15%の割引、「お先にトクだ値」は30%または35%の割引でグリーン車に乗ることができます。 新幹線パックでグリーン車に乗る 往復新幹線と宿泊をセットで予約する。 新幹線で往復・宿泊する方なら、グリーン車に最も格安に乗れるのは新幹線パックです。 普通車指定席を利用するパックも安いですが、グリーン車利用のパック料金も格安! 特に、東海道・山陽新幹線の料金は格安で、往復割引やエクスプレス予約・スマートEXより間違いなく格安にグリーン車に乗ることができます。 以上がグリーン車料金を格安にする方法です。 日帰りの方は、金券ショップの格安チケットや新幹線予約サービス。 泊まりの方は、新幹線ホテルパックを使うとグリーン車料金が格安になります。 新幹線のグリーン車が最も格安な方法は? ご紹介した通り、グリーン車に格安に乗る方法はいくつもあります。 しかし、それぞれ利用できる路線も区間も違うので、料金は利用する区間ごとに比較しなければなりません。 例えば、東海道・山陽新幹線なら、往復割引・回数券・新幹線格安チケット・エクスプレス予約・スマートEXと新幹線ホテルパックを比較します。 東北新幹線などは、回数券・新幹線格安チケットと、えきねっと・新幹線ホテルパックの料金を比較しなければなりません。 では、実際に例を挙げて区間ごとに料金を比較してみましょう。 東海道・山陽新幹線(例:東京~広島) 東海道・山陽新幹線「東京-広島」のグリーン車料金は片道26,700円です。 このグリーン車料金はいくつかの方法で安くすることができます。 まず、往復割引を利用すると25,510円、回数券なら25,290円。 スマートEXの通常予約で26,500円、往復割引を使えば25,310円。 エクスプレス予約なら、通常予約で24,590円、往復割引で23,200円です。 そして、エクスプレス予約・スマートEXでは早特を利用すると安く、この区間で使える「EX早特」なら平日22,790円、土休日20,580円。 新幹線料金だけの比較は以上で、最も安いのはエクスプレス予約・スマートEXの「EX早特」。 しかし、往復+宿泊で新幹線に乗る場合、新幹線ホテルパックを含めて料金を比較しなければなりません。 これを入れて「往復+1泊」で料金を比較します。 東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線(例:東京-青森) 東北・山形・秋田・上越新幹線の場合、回数券・格安チケットなどと、えきねっと・新幹線ホテルパックの料金を比較します。 北陸新幹線の場合は、これにe5489の料金を合わせて比較します。 例えば、東京-新青森のグリーン車料金は片道22,380円です。 この料金は、新幹線eチケットサービスで200円安くなり22,180円。 そして、往復割引を使えば片道21,340円になります。 なお、この区間には回数券の販売はなく、新幹線格安チケットも購入できません。 また、えきねっとでは「トクだ値」で普通車料金は安くなりますが、グリーン車は安くなりません。 したがって、東京-青森間のグリーン車が安くなるのは、新幹線eチケットサービス・往復割引・新幹線ホテルパックのみです。 これを同じように一覧にして比較してみましょう。 なお、東北・・山形・秋田・上越新幹線でも、多くの区間でえきねっと「お先にトクだ値」を利用してグリーン車に乗ることができます。 もし、グリーン車に設定がある区間なら、1人で往復する場合には「お先にトクだ値」を使った方が安いです。 普通車指定席はすぐ満席になりますが、グリーン車の場合はそれほど完売は早くありません。 ただし、2人以上での往復には新幹線ホテルパックを使った方が安いです。

次の