生き様 類語。 「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

「生きざま」という言葉を目上の人に使ってはいけない ~「生きざま」の誤用とその理由

生き様 類語

「刹那的」の意味は? それでは「刹那的」の意味と語源から紹介します。 「刹那的」の意味は3つある• 時間がとても短い様子• 将来を考えず、瞬間だけを充実させて生きること• 一時的な快楽を求めること 「刹那的」にはこれら3つの意味があります。 もともと「刹那」には「とても短い時間」「瞬間」「一瞬」など、時間的に極めて短いという意味があります。 加えて、はかなく短い時間の中で、行く先々のことを顧みず、一瞬の享楽を求めて生きていくというニュアンスが強い言葉でもあるでしょう。 「刹那的」は一つの短い快楽が終われば、また次の快楽へと、時間的にも極端に短いスタンスで進むことを表す言葉となります。 「刹那的」は悪い意味? 「刹那的」には仏教の教訓で示されるように「一瞬一瞬、その時を大切にして生きていく」という良い意味が基本的にはあります。 しかし、逆に言えば「目先にある享楽だけを求め、その一瞬だけを求めて生きていく」という意味にも解釈できます。 将来の夢や自分の未来に対して必死に努力することではなく、その瞬間だけの快楽を追及する方に重きを置いているため、言葉の捉え方によっては、あまり良い意味ではないとも言えるでしょう。 「刹那的」は、短い時間での自己欲求だけを求めるさまを表しますが、「快楽主義(エピキュリアン)」に通じる考え方として混同されてしまうこともあるようです。 もっとも「快楽主義」のイメージは必ずし良いとは言い難く、生き様を象徴する言葉の一つとしては賛否両論と言えるでしょう。 「刹那的」の使い方と例文 続いて「刹那的」の使い方と例文をご紹介します。 「刹那的」は「悲しく寂しく生きること」ではない 「刹那的」という言葉が使われる状況は、世間一般的にもどことなく「悲しい」「寂しい」「はかない」といったものが多いようです。 そのため「刹那的」を「虚しく生きること」という誤った使い方をする場合があります。 たしかに、「刹那的」に生きるということは、短い時間で得た享楽のあとに、空虚が胸を埋め尽くしてしまうかもしれません。 しかし、「刹那的」とは、将来を考えず一瞬一瞬の快楽や満足感を得るはかない生き方となります。 結果的には「虚しい生き方」と感じる場合もあるかもしれませんが、「刹那的」が持つ本来の意味に沿った正しい使い方ではないと言えるでしょう。 「刹那的」を使った例文• 一週間しか生きることができないセミは、実に刹那的である。 刹那的な考えでは、ゴールに達するための要素が足りなすぎる。 彼女は昔から刹那的に生きる人だ。 刹那的な人生を続けていては、婚期が遅れるばかりではないか? 「刹那的」の類語と対義語は? 「刹那的」の類語と対義語にはどのようなものがあるのでしょうか? 「刹那的」の類語は「瞬間的」「即物的」「快楽主義的」 「刹那的」と同じような意味を持つ言葉は、短い時間を表す「瞬間的」や「即物的」などがあります。 時間的に極めて短いことを意味し、一瞬一瞬を表す言葉です。 また、瞬時の享楽を求める生き方に似た言葉には「快楽主義的」や「エピキュリアン」があります。 代表的なエピキュリアンは美食家やブランド志向派などですが、瞬時の享楽というよりは、長期的な趣向や動向を軸にした言葉となります。 「刹那的」の対義語・反対語は「永劫的」「禁欲的」 一方「刹那的」の対義語は、時間的にとても長い年月のことである「永劫的(えいごうてき)」や、瞬間的に起こる欲を抑えることを意味する「禁欲的」が挙げられます。 「永劫的」は「永遠に存在する状態」や「来世」を意味する仏教用語で、「禁欲的」も欲のない世界に身を置くことを意味しています。 「刹那的」を英語で表現すると? 最後に「刹那的」を英語でどのように表現するか紹介しましょう。 「刹那的」は「ephemeral」 「刹那的」や「刹那に」という意味の英語は「ephemeral(エフェメラル)」です。 「つかの間の」「はかない」「一時の」という意味を持ち合わせ、加えて、動物や植物などが一日しか生きられない(短命の)という意味でも使われています。 Does love will last for eternity or is it just ephemeral? 愛は永遠に続くものなのか、はたまた、刹那的なものなのか? 「刹那的に生きる」は「live for a moment」 「刹那的に生きる」は英語で「live for a moment」となります。 この表現は、その場しのぎで短絡的に生きるというニュアンスが強くなるため、英語圏ではあまり良い意味では使われません。 どちらかと言えば、物事の本質を深く考えず、適当な答えを見つけて結論付けてしまうような意味合いがあります。 「live for a moment」は直訳すると「その瞬間のために生きる」となりますが、一瞬の時を大切にして生きる、という意味とは全くかけ離れた表現となります。 しかし、病に伏した時など、一瞬一瞬を大切にしたいと心から願う場合は別です。 このような場合は「瞬間を迎えることに感謝しながら生きている」というようなニュアンスに変化しますので、状況に合わせて使い方を確認するようにして下さい。 Who cares? I just live for a moment. 誰が気にするかって?ただ刹那的に生きるだけさ。 まとめ 「刹那的」とは「時間的にとても短いこと」「将来を見据えず瞬間だけを充実させて生きること」「一時的な快楽を求めること」の3つの意味を持つ言葉です。 最も多い使い方は「刹那的に生きる」で、一瞬だけを充実させ満足する生き方、という意味で使われています。 刹那的に生きることは決して悪いことではありません。 しかし、「私は刹那的な生き方をするのが好き」と周囲に語れば、「将来のことを考えていない人」と不本意な解釈を受けてしまうことがあります。 言うまでもなく、人の生き方はそれぞれです。 刹那的に生きることを美学とする人もいますので、言葉を使う時は相手や状況を確認してからにしましょう。

次の

「生きざま」という言葉は本来ない言葉です、それに私はこの言葉が大嫌い・・・...

生き様 類語

熟語「無為徒食」を構成するワードの「無為」と言う言葉は中国哲学の「道家」思想から由来しています。 「道家」思想は、中国の春秋戦国時代(紀元前770年~前221年)までさかのぼり、この時代は思想・科学技術などが発展し、とりわけ政治哲学のジャンルで孔子・老子・荘子・孟子などさまざまな思想家が輩出し「諸子百家」と呼称される思想界の黄金時代でした。 その「諸子百家」の一つである「道家」思想では、その基本的概念として「無為自然(人為的な行為を排除し、人間を含めた自然界の道理に従って自然のままであること)」が主張され、「無為」とは「あるがままにして作為しないこと、またはそのような状態」を本当の意味合いとしていました。 このような歴史的背景から見て、中国の春秋戦国時代には熟語「無為徒食」が存在しなかったことはよく理解できます。 「徒食」とは 熟語「無為徒食」を構成するワードの「徒食」と言う言葉は、「無為」とは違い中国哲学の「道家」思想とは何の関係もありません。 「徒食」の「徒」は、「いたずらに」と読み、「むなしく」「むだに」と訳し結果が得られない意味を示します。 この「徒」と「食」が合わさった「徒食(としょく)」は、文字どおり「むだ食い」と言うことになります。 「無為徒食」の使い方 冒頭で説明したように、「無為徒食」とは、「働くことをしないで、遊び呆けてぶらぶら暮らす」ことを言い、この「無為徒食」を会話表現や文章表現で使う場面によっては、よい意味合いは持ちません。 このため、「無為徒食」を用語として表現する場合は、あなたや相手を傷つけるおそれもあるので、その使い方には慎重を期すのが最善でしょう。 「無為徒食」の類語・類義語 「無為徒食」の類語や類義語を見てみましょう。 「無為徒食」の類語 「無為徒食」の「仕事もしないで無駄飯を食う」と言う意味合いから、類語として次のようなものが挙げられます。 親のすねかじり 子供が経済的に自立できずに、親からの援助や扶養を受けることを意味し、無為徒食と同義になります。 穀潰し ごくつぶし 前述したように、熟語「無為徒食」を構成するワードの「無為」と言う言葉は中国哲学の「道家」思想から由来しています。 「道家」思想では、「無為」とは「あるがままにして作為しないこと、またはそのような状態」を本当の意味合いとしていました。 このような道教の思想は、平安期に中国から日本に伝来し、江戸期に漢学として隆盛を極め、その唱道する「無為自然」「無為徒然」が学問の世界で深く認知されていました。 一方では、「無為」の用語に、形而上学的な意味づけのほかに「何もせずにぶらぶらしていること」と言う意味が加えられていきました。 このような意味での熟語「無為徒食」は、明治32年頃新聞紙上で時の内務省衛生局長が目の不自由な人を「無為徒食」者と発言したことが物議を醸しており、このころまでに「無為徒食」の用語が成り立っていたことが分かります。 「無為徒食」の例文 ・「無為徒食」で、浪々の身を過ごしています。 (意味)何もせずぶらぶらしながら、失職中の状態で過ごしています。 ・「無為徒食」の輩(やから)とは話したくもない。 (意味)働くことをしないで、遊び呆けてぶらぶら暮らしている者とは話したくもない。 ・親の財産を頼りに「無為徒食」の日々を過ごす。 ・彼は夢ばかり語り、定職に就かず「無為徒食」で毎日を暮らしている。 ・「無為徒食」の生活は人間を駄目にする。 歴史検証:「無為徒食」者・井伊直弼の生き様を見る 井伊直弼は、1815年(文化12年)に彦根藩藩主・井伊直中(なおなか)の14男として彦根城に生まれました。 出自としては正室の子でない庶子であったことや兄弟も多く世継ぎとなる可能性はほとんどありませんでした。 直弼は出生した時点で、その人間的存在意義が万が一の安全牌(数多くの兄弟が病死・養子などで後を継げなくなったときのスペアー)として運命づけられていました。 もし、ほかの兄弟が父・井伊直中から家督を相続したら、井伊直弼の存在意義は霧消し単なる用済み人間となる訳です。 直弼は1831年(天保2年)まで城中の槻(けやき)御殿で、部屋住みの身(居候)として過ごしていました。 この間にも兄弟に他家からの養子の口が見つかり井伊家を離れていき、養子口も見つからない直弼はふさぎ込み部屋住みとして不遇な時代をかこっていました。 「埋木舎 うもれぎのや 」における部屋住み時代 井伊直弼は、1831年(天保2年)、父であり先代藩主であった井伊直中の逝去により、藩の定めにより300俵の「捨て扶持」を与えられ、城郭内の尾末(おすえ)町の屋敷に移りました。 直弼もこの時点で、家督相続の可能性はないと判断し、「扶持米」で生きてゆく「無為徒食」の身を自覚しました。 屋敷と言っても、中流藩士並みの住宅で、以前住んでいた城中の槻(けやき)御殿とは比べるべくもない簡素な屋敷でした。 直弼はこの屋敷に住むころに次のような歌を詠み、その陋屋(ろうおく:狭い家)を「埋木舎 うもれぎのや 」と名付けました。 「世の中を よそに見つつも うもれ木の 埋もれておらむ 心なき身は(意訳:世捨て人のような身の上であるが、このまま埋もれていないなどと言わず、自然体で生きていきたいものだ)」 このような心境に至った直弼は「埋木舎」で、心のおもむくままに、禅・茶道・国学・和歌・兵学などの道に勤しみました。 苦節32年に耐える 井伊直弼は、もはや表舞台には立つ事がないという諦観から開き直り、表には立つ事が無くとも、自分のできることを成し遂げようと前向きに生き抜くことを選んだとも言えます。 このような埋木舎の井伊直弼の不遇時代は、1846年(弘化3年)彦根藩主直亮の跡継ぎ・直元の急逝により突然終わりを告げます。 跡継ぎ候補の他の兄弟は既に養子に出たり早逝するなどしていて、彦根に残っていたのは部屋住みの井伊直弼だけで、直弼は32歳にして当主・直亮の養嗣子に迎えられました。 このことについて直弼は部下に宛てた書簡の中で、「尋常のことではない。 どのようにしても世に出ることのあり得ない身の不思議な昇身」と驚きを隠していません。 歴史の表舞台に登場した井伊直弼 井伊直弼は、1850年(嘉永3年)に彦根藩主として家督を継ぎ、1858年(安政5年)には譜代大名筆頭として大老職に就任しました。 しかし、このころの日本は1853年(嘉永6年)のペリー来航以後、開国の賛否と将軍継嗣問題で混乱していて、英明なリーダーであった井伊直弼はその難局にあたり死をも辞さない覚悟で臨みました。 桜田門外の変当日の早朝、直弼のもとには襲撃を警告する封書が届きました。 封書に目をとおした直弼は誰にもこのことを知らせず、警護の藩士を増やすこともなく、降りしきる雪路のなか彦根藩邸から江戸城登城の駕籠列を桜田門へと進めたのでした。 井伊直弼の生き様から得るもの 歴史検証で見てきた「井伊直弼」の前半生は、現代で言えば「ニート」に近い立場でしたが、置かれた環境や境遇のなかで、「無為徒食」として自己否定の烙印を押すことなく、日々を自然体で生きていきました。 あるがままにして作為しない「無為」の日々の繰り返しが直弼の人をつくり、人間としての幅を広げていきました。 最近のニートに関する調査(労働政策研究・研修機構「資料シリーズ有数44:2014年」)によれば、「若年ニート(15~34歳)」のおおむね半数近くが就業希望を持っていて、社会に出たい気持ちを持っています。 そしてその過半数が正規の職員・従業員を目指しています。 今はニートの状態である若者たちも、「無為徒食」であった江戸時代の井伊直弼さんの生き様を見て、これからのライフ・プランの参考にして下さい。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

出来事の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

生き様 類語

「偲ばれる」の意味とは? 「偲ばれる」の読み方• 「偲ばれる」の英語 解釈• 「偲ばれる」と「忍ばれる」には違いがある? 「偲ばれる」の言葉の使い方• 「偲ばれる」の例文・短文 解釈• 「偲ばれる」の類語や類義表現 「偲ばれる」の意味とは? 「偲ばれる」の意味は、 「過ぎ去ったこと・離れている人が懐かしく思い出されること」や 「好ましい特徴・内面などが自然と推測されること」になります。 「偲ばれる」という言葉には、 「過ぎ去った昔の出来事・人間関係」について好意的に懐かしく思い出すという意味があります。 また 「今は離れている人 昔、親しくしていた人など 」のことを、賞賛・好意・同情の気持ちを込めながら、懐かしく思い起こすという意味があります。 例えば、 「大勢の人が駆けつけた葬式の様子から、亡くなられたお父様のご人徳が偲ばれます」などの文章において、 「偲ばれる」の意味を示すことができます。 「偲ばれる」のもう一つの意味として、 「彼女の優しい笑顔から、その人柄が偲ばれる」や 「立派な古いお屋敷から、昔の先祖の繁栄・豊かさが偲ばれる」というように、 「ある物事・体験から、好ましいことが自然に推測される」という意味もあります。 「偲ばれる」の英語 解釈 「偲ばれる」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 「偲ばれる」と「忍ばれる」には違いがある? 「偲ばれる」と 「忍ばれる」の言葉に違いはあるかということですが、 「忍ばれる」という言葉には 「過去の出来事や人間関係を懐かしく思い起こす。 懐古する」といった意味は基本的にありません。 「忍ばれる」に使われている 「忍」という漢字は、 「忍耐 にんたい ・忍従 にんじゅう 」という言葉に使われているように、基本的に 「ぐっと耐えて こらえて 我慢すること」という意味があります。 「忍」には、 「ひっそりと隠れるようにするさま。 控えめにすること」などの意味もあります。 それらの 「忍」の漢字の意味から、 「忍ばれる」という言葉は 「じっと耐えておられる・ぐっと我慢していらっしゃる」や 「世の中 他人の目 から隠れてひっそりとしている」という意味になります。 それに対して、 「偲ばれる」は 「過去の出来事や人間関係を好意的に懐かしく思い出す」や 「好ましいことが自然に察せられる」の意味になります。 「偲ばれる」の言葉の使い方 「偲ばれる」という言葉には二つの使い方があります。 一つ目は 「過ぎ去った出来事・離れている人のことが懐かしく思い出される場合」に使うという使い方になります。 この 「偲ばれる」の使い方では、例えば、 「祖母の命日には、亡くなった祖母のことが偲ばれて温かい気持ちになってきます」や 「みんなと一緒に放課後に遊んでいた懐かしい日々が偲ばれます」などの文章で使うことができます。 二つ目の 「偲ばれる」の使い方は、 「何らかの物事・体験から、好ましい特徴や内面などが自然と察せられるような時」に使うという使い方になります。 例えば、 「礼儀正しい彼の普段の振る舞いから、彼のご両親のしっかりとした育児方針が偲ばれます」や 「古典文学に詳しい彼女を見ていると、彼女の過去の知的なライフスタイルが偲ばれます」などの文章で、 「偲ばれる」の言葉を正しく使うことができます。

次の