ナルト まとめ。 ナルト

NARUTOナルト疾風伝

ナルト まとめ

この記事の目次• 大人気漫画ナルトの続編のBORUTOなど なら、多くの人気漫画が読めます。 開眼すると目の周りの血管が隆起することが特徴。 関連記事 瞳術としては洞察眼に優れ、チャクラの性質を識別でき、洗脳などのチャクラの乱れも把握できる。 チャクラの流れである経絡系を見ることが出来るので、この白眼を持つ日向一族は経絡系をチャクラで攻撃する柔拳を得意としている。 ネジの場合にはチャクラ経絡系のツボである点穴を見抜くほどとなっている。 物質を透過して見ること、数キロ先まで見通せる、ほぼ360度の視界(唯一第二胸骨の真後ろに死角がある。 )と視ることに特化している瞳術。 基本的には日向一族のみであるが、霧隠れの里の青は日向一族と戦って自身に移植したことで白眼を使用できる。 転生眼 日向一族の白眼に大筒木一族のチャクラが合わさることで発現する眼。 写輪眼の上位者である輪廻眼とは対になる眼。 六道仙人の弟である大筒木ハムラが最初に開眼した。 目の周りに血管が浮き出る白眼とは違い、眼が青白く輝くことが特徴。 関連記事 開眼することで輪廻眼に似た引力を操ることができ、更に尾獣モードに似たチャクラモードになり、力を増すことも可能。 淨眼(じょうがん) ボルトが大筒木トネリにチャクラを渡されたことで右目のみ開眼した白眼の亜種と位置付けられている瞳。 関連記事 開眼して発現する時には眼が青白く光ることが特徴。 通常の白眼と同じく透視やチャクラの識別が可能であるが、それ以外に通常の白眼と違い、異空間のチャクラのみを識別できます。 また、異空間への移動する能力を備わっている。 写輪眼 うちは一族が持つ血継限界。 愛情の深いうちは一族が、大きな愛が無くなった時、失意に苦しんだ時に脳内に特殊なチャクラが噴出して視神経に影響が出て発現する。 発現時は勾玉模様は1つだが、成長することで3つになり、完全になる。 血継限界以外の基本的な忍術、体術、幻術を見切ることができ、更に体術においては動体視力が格段に向上する。 チャクラの色で識別可能であり、白眼とは違い、影分身での本体も識別が可能。 目を合わせただけで幻術や催眠をかけることも可能。 写輪眼同士の場合には幻術にかけられた場合に幻術をかけ直すことで幻術から逃れることが出来る。 白眼同様に開眼した眼球を移植可能で、うちは一族以外でも使用可能であるが、うちは一族以外での使用ではチャクラと体力の消耗が激しくなる。 万華鏡写輪眼 うちは一族の中でも開眼したものは少ない写輪眼の上位種。 目の模様も開眼者によって異なり、基本的な写輪眼の能力が上がるだけでなく、開眼者に固有の能力も発現する。 開眼の条件は最も親しい友を殺すこと、最も親しい者の死を経験すること。 非常に強力が瞳術を持つが、使えば使うほどに視力が低下して失明に向かって行く。 これを逃れる方法として他者の万華鏡写輪眼を移植することで失明のリスクはなくなり、永遠の万華鏡写輪眼となる。 但し、目の移植は必ずしも成功するわけではない。 うちは一族が万華鏡写輪眼を両眼に宿すことで強力な防御力を秘めた巨大な像を操る須佐能乎を使用可能になる。 輪廻眼 忍の始祖である六道仙人が始めて開眼した伝説的な眼であり、崇高であり、最強の瞳術とされている。 薄紫色で波紋の模様。 うちは一族と千手一族の両方の力を持つものとされ、開眼の条件は永遠の万華鏡写輪眼を開眼したインドラの転生者が、アシュラの転生者のチャクラを取り込むことで写輪眼から開眼する。 輪廻眼を開眼することで全ての性質変化と地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道・外道の六道の術を使用可能。 但し、写輪眼から輪廻眼に変化すると写輪眼の能力は使えなくなり、併用は不可。 ジャンプでも大人気のNARUTOやBORUTOなど なら、多くの人気タイトルの漫画が読めます。

次の

ナルトネタバレまとめ!最終回の内容や真のラスボスの正体

ナルト まとめ

NARUTOナルト疾風伝 マダラとの最終決戦を迎えるナルトたち第七班。 しかしマダラの部下だった黒ゼツが裏切り、六道仙人・ハゴロモの母である大筒木カグヤが復活する。 カグヤを封印できるのはハゴロモから力を受け取ったナルトとサスケだけなのだが、絶大な力を持つカグヤに成す術なく黒ゼツに捕まってしまう。 さらにナルトとサスケに転生しているというハゴロモの二人の息子、アシュラとインドラの生い立ちと、忍宗の成り立ちについてハゴロモが語る。 2020-07-19• 2020-07-19• 2020-07-19• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-17• 2020-07-17• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-11• 2020-07-11.

次の

【ナルト】結婚相手が意外…結ばれたカップル情報まとめ

ナルト まとめ

このページの目次 OPEN• 1.ナルトの最終回(699〜700話)をネタバレ! ナルトは1999年から連載をスタートさせ、2014年に完結を迎え 全700話、単行本は72巻となりました。 週刊誌でこれほど長く連載を続けられたのは、作者ならびにアシスタントが多忙を極める毎日を送っていたからこそ。 物語はいつかは終わりを迎える訳ですから、ダラダラと長引かせるよりもナルトの最終回の迎え方は多くの読者が納得しています。 ではナルトの最終回は、どのような形だったのか、以下から紹介するので閲覧する際は注意してくださいね。 その後に現れたラスボス「 カグラ」は、さらに強力な技を持つため、「こんなの誰が勝てるんだよ!」と突っ込みを入れる人が多数でした。 ナルトは1人で勝てないと見込み、因縁の相手である「サスケ」と手を取り合い一緒に戦うことになります。 多くの人はナルトとサスケが、前のような関係に戻って欲しいと切望していたので、最終回前に協力関係になってくれたことは大きな喜びです。 お互いが全力で「カグラ」に挑み、やっとのことで倒すと、今度はサスケが敵側に回ります。 そう、この物語における真のラスボスは「サスケ」だったのです! とはいっても、お互い全ての力を出し切った中での戦いだったので、真のラスボスといっても子供の喧嘩のごとく、ただ単に殴り合うだけ。 つまりは、友情を確かめ合うサインのような働きに終始しており、友情を築くのに必要な行為とも言えるでしょう。 最終話は699話とは時系列が異なり、「 しばらく時が経過」という形でスタートし、ナルトはすっかり大人になりました。 すると、ナルトは「ヒナタ」と結婚しボルトとヒマワリの2人の子供が誕生しています。 ヒナタと結婚するとは思わなかった…• どうしてヒナタを選んだのか作者に問い詰めたい気持ち• 何だかアットホームなナルトになったなー• これからどうなるのかという点も楽しみにしたいね 読者の間でも、ナルトとヒナタが結婚という形に驚きを隠せない人が続出。 それでも、ナルトはとても幸せそうなので、こういった形で最終話を迎えることが出来たというのは大きな喜びでもありますね。 他の仲間も、時間が経過したこともあり結婚して子供を設けているカップルが確認されています。 サスケはサクラと結婚し、 サラダという子供がいます。 シカマルはテマリと結婚し、シカダイという子供が誕生しているのです。 サイは「いの」と結婚し、イノジンという子供が登場します。 仲間のその後もしっかりと描かれているので、最高の形で本編が終了したことが分かるでしょう。 それと同時に、ナルトの人生が大きく変わる出来事が発生します。 それは、「 新火影に就任」という、当初の目的を達成しことです。 忍者にとってこれほど名誉なことはなく、ナルトが当初から追いかけてきた目標だったので、最終話でその点が明らかにされたのは読者も納得ができる結末。 戦争の英雄という形になった訳ですから、火影に就任したのは当然の結果ともいえます。 忍界に平穏が訪れており、ナルトは火影として里の平和をどう守っていくのか、難しい問題を抱えながらも充実した毎日を送るのでしょうね。 こうしたナルトの物語は終了しました。 スポンサーリンク 2.ナルトとヒナタが結婚した理由をネタバレ! ナルトが最終話でヒナタと結婚していることに、衝撃を受けた読者は少なくありません。 というのも、ナルトは当初から「サクラ」が好きであり、本編でも度々ナルトがサクラに好意を持っているような描写がありました。 しかしサクラはサスケを一途に想っており、ナルトに対して特に興味が無かったのです。 ところが、ナルトの母が「 お母さんのような人を好きになりなさい」と発言し、サクラがナルトの母とソックリなのでフラグが立ちます。 それでも、サクラの心はナルトに向くことはなく、両想いになれないことが明確になったのでサクラの線は消えました。 一方のヒナタですが、こちらはナルトのことが好きであることが本編で明らかになっています。 逆にナルトはヒナタの好意に対して、特に気付くことは無かったのです。 そうした中、ペイン戦でヒナタがナルトを命がけで庇うイベントが発生し、 ナルトの心は少しずつ動くことに。 結果的に2人の結婚フラグが立つキッカケになったのは、「ネジの死」に他なりません。 作者がとある番組で、「ネジにはナルトとヒナタのキューピットになってもらう役割があった」と説明しているので、この出来事が2人が結婚に向かう大きなキッカケになったんですね。

次の