五 等 分 の 花嫁 水着。 【五等分の花嫁】二乃(にの)の可愛いシーン・名セリフランキング【画像】

【ネタバレ】五等分の花嫁 87話 『私と姉妹①』のネタバレ、感想

五 等 分 の 花嫁 水着

五等分の花嫁 97話「変わり始める日常」 感想 五等分の花嫁 最新話 感想 ネタバレ注意 祝・連載2周年! 今週の『五等分の花嫁』は 巻頭カラーです。 扉絵を飾っているのは 「夏だ!水着だ!世界一可愛い五つ子だァァアアア!!!」仕様の5人。 まさか、で着ていた水着をフルカラーの見開きで拝める日が来ようとは....。 とても素晴らしい計らいに全力で感謝を申し上げたい気持ちでした。 の時期を思い返すと、作中最長のシリーズ「七つのさよなら」編が大詰めを迎えていた頃で、センターカラーの扉絵と共にちょうどTVアニメ1期の制作が発表されたタイミングでもあったんですよね。 本当に懐かしい....。 今やアニメ2期の制作決定や『五等分の花嫁展』の開催まで実現させてしまいましたし、今後どのような形で『五等分の花嫁』が更なる飛躍を遂げていくのか、いちファンとして心より楽しみにしております。 <関連記事>• 第97話:変わり始める日常 たこ焼き派 vs パンケーキ派 さて本編。 学園祭に向けて色々と不穏な雰囲気が漂っていた前回のお話でしたが、案の定、開幕からトラブルが勃発。 屋台のメニューを何にすべきなのか、 「パンケーキ派」の女子と 「たこ焼き派」の男子とで内部分裂が起こり、発案者である二乃と三玖がその争いの渦中に巻き込まれていました。 なるほど。 まぁこの言い争い自体は本来、二乃の言う通り 「二つともやればいい」で結論が付くお話ではあるのですよね。 仮にそれが現実的に難しくとも、じゃんけんなりでどちらの案を採用するか決めれば公平に済ませることは容易にできるわけですから、そこまで感情的になって揉めるような案件でもない。 二乃を睨んでいた女生徒だって、何がなんでも「パンケーキ」をやらなきゃ気が済まない... という感情を抱いていたとは思えません。 女の子の事情 女子なのに男子組の中にいるのはおかしい 媚を売って男子の誰かを狙っているに違いない もしその相手が祐輔だったら... 二乃ちゃんが相手なんて... 私に勝ち目ないよ... だからこそ、そこにはやはり 感情的になって反発をする理由が 他にあったわけですね。 正直、「二乃ちゃんが相手なんて... 私に勝ち目ないよ... 」というこの主張自体は、模擬店の出し物の話からは論点がズレている気もしますし、むしろそこを気にするなら「たこ焼き」派に属する男子の祐輔くん(つまりは あの武田くんですよね?)に賛同的な立場を示しておいた方が合理的なのでは... と僕なんかは思ってしまったりもするのですが、そこらへんの事情は複雑な乙女心というやつでしょうか。 まぁ、当の武田くんは「パンケーキ派」でも「たこ焼き派」でも「二乃派」でもなく、 断然「上杉郎派」なので、この女子に勝ち目がないのはある意味において真実ではあるわけですが.... (遠い目)。 勘違いを正したい ともあれ、郎としては二乃に向けられている「事実無根の勘違い」をきちんと正しておきたかったのでしょう。 ゆえに 「二乃は俺をすっ... 好きだからな」「だから仲良くしてやってくれ」と言ってまで事態を収束させようとした。 その説得の仕方はあまりにも " 不器用"で、そりゃもう一同を唖然とさせてしまうくらいの大事故発言ではありましたが、同時に二乃てみれば本当に嬉しいことでもあったわけです。 郎の不器用なやさしさ フー君が自分の為に問題の解決にあたってくれている。 無論、学級長としての役割や責任感も関係はしているのでしょうけれど、主体となっている動機は 「二乃にも学園祭を目一杯楽しんでほしい」と考える郎の想いなんですよね。 確かに「陰でコソコソ」動くことは二乃のポリシーに反するのかもしれない。 実際に自分の気持ちをオープンにして行動ができる二乃の在り方は理想です。 でも、陰から見守るしかない何らかの理由や想いを抱えている人だっている。 きっと何か理由がある そんな台詞をずっと陰から郎のことを見つめてきたちゃんが語っていた点がまた非常に趣深く感じられる部分でした。 その笑顔の裏にはどれだけの「想い」が詰まっているのか。 今後の物語の中で本格的にクローズアップされる日が楽しみですね。 目に見えない"愛"に気付くとき パンケーキ また、そんな流れを受けて、今週もう一つ重要なキーワードとして用いられていたのが 「パンケーキ」です。 作中で繰り返し「ふわっふわ」とか言われると個人的にちょっとふわふわしてきてしまうのですが、二乃にとってはとても大切な「亡き零奈さん」との思い出の品であり、同時に 「初めて挑戦した料理」でもありました。 父との思い出 その昔、母が作ってくれたパンケーキの味が恋しくて、父・マルオへ 「パンケーキのお店に連れて行ってほしい」と懇願をした二乃。 しかし、マルオは頑なにその申し出を断ります。 なぜか。 それはきっと、 「お母さんとの思い出の味」を大切にして欲しかったからですよね。 一朝一夕では作れないお母さんのパンケーキ。 その味はたとえどれだけ裕福になろうともお金で買えるものではありません。 だからこそマルオは、二乃をパンケーキのお店に連れていく事を拒んだ。 お母さんの味を忘れず大切にしていた二乃には、 自分でその思い出の味を再現できるようになって欲しかったから。 マルオの想いとしてはそういうものだったのではないでしょうか。 二乃が気付いた想い そんな風に考えてみると、二乃が 「自分のお 店」を持ちたいという夢を見つけていった事とマルオの不器用な優しい行動には、物語的な繋がりを見出すことが出来るのかもしれません。 あの日、お父さんが調理道具を用意してくれたからこそ、料理に興味を持った自分がいる。 お母さんが作ってくれた思い出の味とお父さんの"不器用"な優しさ。 そんな2人の存在が 二乃にとっての「夢の原点」になっていたんですね。 五人が気付いていく父の優しさ 私たちが ここまで成長できたのは お父さんのおかげ 私もそう思えるようになってきました そして、お父さんという存在にずっと「戸惑い」や「蟠り」を抱いていた五月が、父の不器用な在り方を認識し「感謝」の気持ちを顕わにしていたシーンも非常に意義深いものを感じました。 子供の頃からずっと気付くことのできなかった父からの"愛"を、いざ大人にならんとする彼女達が実感していく。 贈られた招待状を見て、マルオは娘たちの感謝の想いに気付くのか。 是非とも注目していきたい部分であります。 中野五月の悩みと成長 五月の進路問題は... ? 一方、五月の「D判定」問題に関しては、未だ郎との情報共有に至れておらず... な状況が継続。 五月と郎のすれ違いが後々どのような展開を生み出していくのかは気になるところですが、今回の五月の様子を見ると、正直そこまでシリアスな印象は受けませんでした。 受験生なら誰だって等し並に悩みを抱えているものですし、思っていたよりは状況を客観視出来ているようにも見えたので、まぁ現状では何とも言い難いところです。 五月の今後 とはいえ、二乃が「B」判定で五月が「D」判定ということは、五月はそれなりにレベルの高い志望校を目指しているような雰囲気はありますよね。 結果的に郎と同じ志望校を目指していた... なんて状況であれば王道感溢れるドリーム展開ですが、果たしてどうなのか...。 もちろん普通に考えれば全国トップクラスの秀才と同じ大学を志望する学力を身に付けるなんて不可能だろうとは思いますけれど、郎の志望校が明かされていない以上は、まだあり得ないとも言い切れないんじゃないかなと。 とりあえずは、「有名な講師の方による特別教室」とやらに期待ですね。 というわけで、今回の感想をまとめると、 三玖とフータローのデートに注目! 次回の三玖と郎のデートはどうなる? 三玖と郎のデートに要注目ってことですよ! 「フータローに用がある」と言っていた三玖ですが、一体どこに行く約束を漕ぎつけたのか。 huwahuwa014.

次の

コミケで売られた『五等分の花嫁』水着抱き枕、一番最初に完売した & 最後まで残ったキャラはあの子だ!!!!

五 等 分 の 花嫁 水着

タグ Amazon ANiUTa C. 五つ子たちは全員魅力的で個性的!• 印象的な見開きシーンに注目! 五つ子たちは全員魅力的で個性的! 1つ目の注目ポイントはなんと言っても、ヒロインの五つ子たち。 最初に、 「 やばいです!三玖可愛い過ぎる!」 で始まり、読み進めていくにつれて、 「 二乃がデレた!可愛い!」、 「 五月の色々な表情が可愛い!」、 「 四葉の明るい所が可愛い!」、 「 一花のギャップも良いです!」 といった感じに、最終的には全員のことが好きになっています! 他のヒロインが多く登場する作品だと、一人のヒロインがメインの時は、他のヒロインがオマケな感じに描かれることが多いですが、この作品に関しては、それを感じさせない所も魅力です! ちょっとしたシーンでも、五姉妹それぞれの個性が魅力的に描かれていて、「いつまでも見てられるような楽しさ」がこの作品にはあります。 ちなみに私の推しているヒロインは、二乃! ちょっと 睡眠薬を盛るなど 過激でキツイ所もありますが、実はそれは姉妹達への愛情の裏返しで…。 実は姉妹たちのことが大好きだと分かったこのシーンで、一気に二乃のことが好きになりました。 私の好きな五姉妹のランキングを作成しました!合わせてどうぞ! 印象的な見開きシーンに注目! そして2つ目の注目ポイントは、印象的な印象的な見開きシーン! キャラクターの見せ場である見開きシーンの見せ方が凄く上手いんです! 特に、1巻の三玖が風太郎に自身への諦めを救ってもらったシーンは、今まで無表情だった三玖の魅力が「これでもか!」と詰まっています。 他にも様々な見開きシーンがあり、どのシーンもキャラクターの魅力が最大限に描かれています。 主人公と結婚するのは姉妹の誰か。 そしてこの作品の面白い所は、最初の1話で、 主人公と結婚するキャラクターの姿がガッツリ出てるところ! でも五つ子の中の誰と結婚するかは分かりません。 個人的にはこの見せ方は凄く良いなと思っていて、最近のラブコメっていきなりヒロインが増えたりするじゃないですか。

次の

マンガ「五等分の花嫁」の感想。五つ子の中であなたは誰が好きですか?

五 等 分 の 花嫁 水着

『五等分の花嫁』あらすじ 高校2年生の上杉風太郎は、「焼き肉定食 焼肉抜き」で食いつなぐほどの超がつくド貧乏。 破格の給料で家庭教師のアルバイトを引き受けた彼の目の前に、同じ顔、同じ体型の5人の美少女転校生、一花、二乃、三玖、四葉、五月が現れます。 一卵性の五つ子である彼女たちは、同じ見た目に反して一人一人が強い個性を持ったクセ者で、全員が勉強嫌いの赤点候補。 以前の学校を落第しかけたために、風太郎の学校に転校してきたのでした。 さまざまな困難を乗り越え、風太郎が誰とゴールインするのかが見どころです。 あなたの推しは何番目? 『五等分の花嫁』 主要人物紹介 「美少女がかわいいハーレム漫画」といえばそれまでですが、では本作はなぜこんなにも面白いのか? それは、五つ子たちが全員異なる個性を持ち、あの手この手で風太郎と読者の心をかき乱すから。 それぞれの魅力が全力で描かれ、誰が花嫁になってもおかしくないのが面白さの一因です。 あとかわいいから。 そこで、まずは五つ子を中心に、中心人物をチェックしていきましょう。 〈その他の主要キャラ〉 上杉風太郎 この物語の主人公。 全教科100点満点を取るほど頭脳明晰。 しかし、デリカシーがなく、女心がわからないなど、人格に多数問題アリ。 照れたり困ったりすると前髪を触る癖があります。 上杉らいは 純粋無垢な風太郎の妹。 能天気な父親に代わり、上杉家の家事を担当するしっかり者。 風太郎だけでなく、五つ子からも溺愛されています。 零奈 五年前、まだ金髪だった風太郎が京都で出会った美少女で、風太郎の初恋の相手。 その正体は……。 5人のうち誰が風太郎と結婚するのかは、読者全員が気になるところでしょう。 しかし、巻ごとに各キャラと風太郎の接近度には変動が起きており、誰が最有力候補かはなかなか言い切れません(春場先生の匠の技…!)。 そこで、現在発売されている11巻までを巻ごとに分析し、五つ子と風太郎の接近度を5段階で勝手に評価。 風太郎との接触の多さ、風太郎への接し方を中心に、最も接近度が高い場合を五つ星ならぬ五つハートで示します。 しかし、学食で風太郎ともめた後は一貫して塩対応を貫きます。 比較的リベラルなのは一花ですが、ミステリアスで大人のお姉さん的な雰囲気(と部屋の汚さ)に風太郎の反応はイマイチ。 四葉はその純粋さで親しげに風太郎に近づきますが、ただの優しさ以上の感情は読み取れません。 そんな中、戦国武将好きをきっかけに素直になり、いち早く風太郎に懐いた三玖は……。 ということで、三玖が一歩リードです。 本作でもそのセオリーに則り、5人それぞれが活躍する名場面が目白押しです。 二乃の家族想いな一面が発覚する第6話。 おんぶや手繋ぎなど、風太郎と三玖の無自覚のいちゃつきが見られる第9話。 一花の秘密が明かされる第11話。 そして、四葉がお人好しの殻を破った第13話。 どれも各キャラをより好きになれるいい話ばかりです。 そんなわけで今回のハイライトは、あえて全員が揃ったこのシーンをセレクト。 美少女の浴衣って最高だよね。 一方、一花の応援を受けて三玖は積極性を見せていきます。 そんな一花も、風太郎の優しさに触れ、徐々に自分の想いに気づき始めます。 このもだもだした感じがハーレムラブコメの醍醐味ですよね! しかし、実はこっそりと五月も風太郎との距離を縮めているのです。 素直になれない五月が三玖のふりをして風太郎と勉強するシーンでは……。 三玖が一花に宣戦布告をするシーンは非常に印象的。 レストラン、スパ、買い物……と、こういうベタなデート回は正直たまらんの一言です。 天真爛漫なため、ほかの4人に比べてあまり色気を感じさせない四葉ですが、その分素朴な公園デートで風太郎の全力の笑顔を引き出すことに成功しました。 長い髪をバッサリと切り、マンションに帰ることに。 以降、デレ多めのツンデレキャラとして、5人の日常が元に戻ることに。 ようやく5人全員から信頼を得るという展開上、五つ子と風太郎との接触度は全体的に穏やか。 比較的バランスが取れた状態です。 暮らしを支えるために女優業に邁進する一花、味オンチながらバレンタインのチョコレート作りに励む三玖、さらには四葉のほっぺチューなど、名シーンが多すぎて正直迷います。 が、ここにきて震えるほどのデレを見せつけた二乃に乾杯! 気を許したのは第6巻と遅まきながら、誰よりも思い切りのいいこの告白ぶり……恐ろしい子。 温泉旅行や、難易度の高い五つ子見分けゲームを通じて、五人への関わり方にも変化が生じます。 恋の戦いは相変わらず一花、二乃、三玖を中心に展開。 そのかたわら、天然すぎて何を考えているかわからない四葉と、風太郎をまだ友達としてしか見られない様子の五月にどんな変化があるかワクワクします。 臆病な乙女心が、恋のバトルをかき乱します。 また、9巻で意味深なのが、風太郎とともにクラスの委員長となった四葉の言動。 接点が増え、風太郎の優しさに頬を赤らめる一方で、付き合っているのかと問われればバッサリと否定。 風太郎が誰を好きになっても全力で応援するという四葉……一体、何を考えているのでしょうか!? また、零奈のことを思い出させるため、五月も積極的に風太郎に接近。 徹底的にサポートに回る四葉を残し、ラブバトルはヒートアップしていきます。 一花はまたもや三玖になりすまして姉妹を出し抜こうとしますが、結果として三玖を応援することに。 ほかの4人に陰で支えられた三玖は……。 姉妹の中では最も子供っぽいとされ、風太郎と誰が一緒になっても応援すると言うほどお人好しな四葉の独白に、誰もがキュンとしたことでしょう。 ここにきて風向きが変わってきましたね! ワクワク。 学園祭の出し物が男子+二乃の支持するたこ焼きと、三玖が提案し女子が支持するパンケーキに分裂してしまった風太郎のクラス。 三玖と風太郎の水族館デートや二乃のステージでの(四葉に代わっての)大活躍も気になるのですが、なんといっても学園祭最終日が姉妹ごとのルートに分かれており、本気で誰とくっつくかわからなくなってくるところが…。 もはや選挙の最後のお願い状態。 12巻の後半は一花と二乃のターン。 お忍びでやってきて夜のベンチで…という一花ルート、バイク二人乗りシチュにときめきつつも家族を思う気持ちがあたたかい二乃ルート、どちらも最高でしかありません。 もはやハートの数がキャラごとに差別化できなくなってきています。 過去編で風太郎と一緒に修学旅行に行った竹林さんの再登場など意外な展開もありつつ五つ子全員が本気を出し始める、恐ろしい巻です。 クラスを二分してしまったたこ焼きvsパンケーキの闘いに決着をつけようと頑張る三玖ルート、あくまで自分自身のままで風太郎と向き合おうと決意するも無理がたたって倒れてしまう四葉ルート、さらに五月ルートでは五つ子の出生の秘密が意外なかたちで明かされ、そして五月ルートでは、誰よりも母の面影にとらわれて苦しんでいた五月の気持ちが少し和らぎます。 学園祭を5人そろって楽しんだ後、風太郎はついに本当の意味でひとりを選ぶことになります。 そのひとりとは…!? 風太郎が最終的に誰かひとりを選ぶ巻ではありますが、夢に向かって頑張る気持ちが見えたり、家族を気遣ったりする姿が尊すぎて読後「五つ子最高…!」という気持ちしかなくなります。 もはや接近度の計測は無意味なので、全員接近度最高にしておきました。 察してください…! 今までの五つ子それぞれの接近度をまとめたグラフがこちらです。

次の